漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

丁寧な暮らし2

丁寧に暮らすことを心掛けたい私である…。(←心がけている、わけではなくて、心がけてみたいな、という、心がけ以前の段階)

が、最近(ここ1か月くらい)、私は一つものすごく丁寧にあることをやっている。

トイレットペーパーを丁寧に・・・

というと、こういうことを思い浮かべる人も多かろう。
b0019674_13272353.jpg

トイレットペーパーの三角折り。こうやって折ってあると次の人が使いやすい。ちょっとした気遣い、心遣いという風にとらえる人が多いと思う。

しかし、若いころ、この三角折りに関して、「人が触って三角に折ったトイレットペーパーなんて、使いたくない」という人がいる、ということを雑誌で読んで、な、な、なるほど!と思った。私は別に潔癖症ではないけど、でも、言われてみたら、もし手を洗う前の人が紙を折っていたとすると、嫌がる人がいても不思議はない。

私自身は、公共のトイレで三角折りしてあっても、別に嫌がらず使うけどね、でも嫌がるひとがいるかも、、、と思って、自分ではやらないようにしている。

というわけで、トイレットペーパーを丁寧に三角に折ることはしない、と。ではどうしているのかというと。

その前に、トイレットペーパーって、フラップのところできれいに切り取ってあるものって、次に使うときはがれにくくて使いにくくないですか?フラップから端が全然垂れてない状態。これってロールを回しても端がはがれて垂れてこないことがあるんですよね。
b0019674_13514214.jpg

ちょっと紙が前に垂れていると取りやすいんだけど、これでもぴったりくっついてはがれにくいこともある。特に指が乾燥しているとシングルロールの紙はなかなかはがしにくく、外のトイレだと何度もロールをくるくる回しても垂れてこないこともあるので、爪でひっかいてようやく紙の端を見つけることもある。
b0019674_13522854.jpg

というわけで、私は家のトイレでも外のトイレでも、常に端っこが垂れている状態にしておきたいと思い、丁寧にこんな風に紙を切っている。

はい、まずペーパーの半分くらいまで切ります。
b0019674_13562026.jpg

そしてペーパーを少し引っ張り出します。
b0019674_1357060.jpg

その状態で紙を最後まで切ると、こんな感じに。
b0019674_13574322.jpg

なんて丁寧な切り方でしょうかっ!
こうやると、次の人が紙を引っ張り出しやすいんですよ!! 丁寧で親切!!

・・・・ただ、・・・
欠点があって・・・・・・

これって、ただのずぼらなちぎり方にしか見えない、ってことである。
がさつに切り取っただけ、に見えるよね。でも、本当な何段階かの手順を踏んで、丁寧に切ってあるんだけど。次に使うとき絶対使いやすいんだけど。

どう見ても丁寧には見えないので、手順を増やしてこんな風にもやってみた。
b0019674_1401488.jpg

ちょっと切っては引っ張り出し、また切り、引っ張り出してはまた切り、と繰り返して階段状のフォルムに。

・・・・・
これにも欠点があって、これやるにはペーパーを手で何度も抑えないといけないという。だったら三角折りしたほうがましかも。

でも三角折りはしない主義なので、やっぱり最初の、がさつに千切りました感満載のやり方にしよう。これで今、うちのトイレは次の人が使いやすくなっているのである。(夫と義母しかいないけど)

外のトイレでもこれをやっているので、私の後に入った人は、きっと使いやすいはず!!! なんだけどね・・・・。でもきっとそういうこと気づかずに「ずぼらなちぎり方してるなあ」なんて思われるんだろうな・・・。
ま、いっか・・・


こんなことで「丁寧な暮らし」と言われたら、きっと本来の意味の丁寧な暮らしをしている方からおしかりをうけるかも…?
かも…。かも……。


.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-09-29 14:11 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

丁寧に暮らす

丁寧に暮らす、という言葉をよく聞くようになってからもう何年経っただろう。丁寧な暮らしをしている人のブログやフェイスブックの記事を読むと、本当におしゃれで、私も実はひそかにあこがれている。

イメージとしては、一人でお茶を飲むときも、丁寧に入れた煎茶(ちゃんと茶托を使ってます)と、懐紙を敷いた小皿に入れたお菓子、、、とか。
b0019674_3251936.jpg

こういう「丁寧な暮らし」とは程遠いのだが、私も最近ちょっと丁寧にやっていることがある。

はい、これ。
b0019674_3301932.jpg

これのどこが丁寧かというと、うちの夫がですね、中にセットするごみ袋を、いつもこういう風にいれやがる、、、いや、いれてくれるのだ。
↓↓↓
b0019674_330444.jpg

もうね、この容器からはみ出したごみ袋を、猫がかじるのである。
最初は私も同じようにサッと入れただけで、これほどではないけど結構はみ出した状態だった。それをうちの黒猫ギョロがガシガシ噛んで、袋をボロボロにしてしまっていた。袋の持ち手もちぎれてしまい、いざゴミ出しに行こうとすると持ち手がないので、うまく口を結べないし、持つのも大変。

ポリ袋を噛まれないよう、猫草をたくさん置いたり、新しくしたりしていたけれど、それでもこのポリ袋噛みは治らなかった。

ある日、ふと、噛めないよう、容器の中にきっちり押し込んだらどうだろう?と思い、ちょっとやってみた。
容器の中にきっちり押し込んで袋をセットするのはものすごく面倒だと思っていたのだが、やってみると意外にも超簡単。なんでこんな簡単なことをやらなかったのか。ただ、ずぼらに入れていただけだったのだ。

ちょっと、気持ち丁寧にセットするだけで、、ギョロはこの袋を噛まなくなった。よかった!こんな小さなことで袋をかまなくなるなんて!

と、丁寧な暮らしっていいなあ、と思ったのだった…。

はあ… ちょっと(いや、かなり)レベルの低い丁寧っぷりでした。


ちょっとCMを丁寧に…
電子書籍のお知らせ・・・試し読みもできますので、お気軽にクリックしてみてください。
グランマ!おばあちゃんの知恵袋
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0287/
グランマ!女を上げる節約術
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0931/
グランマ! もっと身体美人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/1015/
赤星たみこの石けん達人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0989/

挿画&漫画
親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法
著者・永峰栄太郎 漫画・赤星たみこ 1300円+税



.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-09-28 03:43 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

そら吉快方にむかう

みなさまにご心配おかけしたそら吉ですが、快方に向かっています。
食欲も出てきて、よく食べてくれます。薬が効いているのでしょう。

というわけで、そら吉の薬の飲ませ方。ムーちゃんの薬の飲ませ方は、体力がなくて力が弱かった猫にはよかったけれど、そら吉は力が強いので、頭の後ろからつかんだだけでは首を激しく振って逃げてしまう。一人では無理だったので、夫と二人でやることにした。

夫にそら吉をがっちり抱え込んでもらう。特に、前足をばたばたさせるので、二本の前足を手でがっつり掴む。後ろ足も二本まとめて手でつかむ。
私がそら吉の頭を後ろからつかみ、薬をポトリと口の中へ落とす。
b0019674_23231835.jpg

頭の後ろから近づければ、気が付かないうちに口に入れられる……はずなのだけど、やっぱり気づいていやがって首を振るので、素早くやるしかない。

のどの奥にポトリと落とすのが一番だけど、口の中に入ってしまえば、まあまあ、何とかなりそう。先代のコマちゃんは頭が良くて、口に入れた薬を舌を器用に動かしてペッと吐き出してしまった。そら吉は口に入れた後、しばらく口を軽く押さえて頭をなぜて落ち着かせると、とりあえず飲み込んでいるみたいだ。少なくとも吐き出された錠剤は見当たらないので。

それから、目がしょぼしょぼして鼻が詰まってにおいが嗅げないという症状には目薬が出ている。これもしっかり抱きかかえて、顔の後ろから目薬をポトリとさす。
b0019674_23313663.jpg

この目薬は冷蔵庫保存。冷たいままさすとすごく嫌がるので、湯煎にかけて人肌に温めてから注したら全然嫌がらなかった。

私自身が、パンツのポケットに入れていた目薬(私の体温になっていた)を目に注したところ、いま液体が目に入ったのもわからないくらい刺激がなくて、びっくりしたことがあったので、そら吉も体温と同じなら刺激を感じないのだろう。

ただ、人肌に温めると雑菌が繁殖しやすくなるので、清潔な手で扱うこと、容器の口の部分、キャップは絶対汚さないことを気を付けて、目薬を注したらすぐに冷蔵庫へ入れている。ずっと冷蔵庫保存よりは傷みやすいかもしれないけど、傷む前に使い切るだろうと思う。

もし、目薬を嫌がるペットがいたら、人肌作戦も考えてみるといいかも。
雑菌が繁殖しないよう、くれぐれも清潔にして。

という治療の成果も上がっていて、そら吉もどんどん元気になってきている。体重もすごく減っていて背骨が手に当たっていたのだけど、少し重くなって、背中もちょっと丸くなってきた。あー、よかった!

あと少し頑張って、元の体重に戻してやらねば。私の体重を分けてあげたいのにねえ。




電子書籍のお知らせ
グランマ! もっと身体美人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/1015/
試し読みもできますので、お気軽にどうぞ!


.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-09-25 23:40 | ペット | Trackback | Comments(0)