漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
Eテレ・まる得マガジンで放送された「セスキプラスαでピカピカ!激落ち掃除術」が、好評につき、また放送されます!
見逃した方、ぜひご覧ください。

夜の部…21時55分~22時
7月31日(月曜)
21時55分~22時(1)セスキ炭酸ソーダの説明
8月1日(火曜)
21時55分~22時(2)台所回り
8月2日(水曜)
21時55分~22時(3)シンク・排水口
8月3日(木曜)
21時55分~22時(4)浴室

8月7日(月曜)
21時55分~22時(5)リビングー1
8月8日(火曜)
21時55分~22時(6)リビングー2
8月9日(水曜)
21時55分~22時(7)トイレ・ペット汚れ
8月10日(木曜)
21時55分~22時(8)玄関

7月31日~8月10日の夜、21時55分から22時の5分間、チャチャッと見て、パパッと実践してみてください。
夜の部を見逃した方は、これの再放送が翌週のお昼にありますから!

昼の部…13時55分~14時
8月7日(月曜)13時55分~14時(1)セスキ炭酸ソーダの説明
8月8日(火曜)13時55分~14時(2)台所まわり
8月9日(水曜)13時55分~14時(3)シンク・排水口
8月10日(木曜)13時55分~14時(4)浴室

8月14日(月曜)13時55分~14時(5)リビングー1
8月15日(火曜)13時55分~14時(6)リビングー2
8月16日(水曜)13時55分~14時(7)トイレ・ペット汚れ
8月17日(木曜)13時55分~14時(8)玄関

5分番組ですから、コンパクトにキリッとまとまっていて、見やすくわかりやすいと思います。
セスキで楽ちん、激落ち、楽しい掃除術を実践してみてくださいね!


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-07-22 02:18 | Trackback | Comments(0)

和製英語から英語へ

TPOという言葉は、「時(time)と場所(place)と場合(occasion)」 のこと。
その場にふさわしくない服装や行動をとると、「もっとTPOを考えなさい」などと注意されたり、「TPOにあった服装をしましょう」などとつかわれます。

で、このTPOという言葉は、とても便利だけど、和製英語なので英語圏では通じませんよ、ということは雑誌のコラムなどで読んでいました。実際、30年ほど前、海外に長く住んでいる友人から「TPOって何?」と、怪訝な顔をされたので、この言葉は英語圏では通じないものだと思っていました。

ところが!!
こちら → Urban Dictionary をご覧ください!

日本人の作った略語として、TPOが出ているんです!! いや、ちょっとびっくりしました。
A Japanese made acronym meaning Time, Place, Occasion. Sometimes used to draw attention to a situation or experiance that was inappropriate or worth noting.

30年前は「そんな言葉聞いたことない」と言われていたのに、今や「日本人の作った言葉」として英語の辞書にも載るようになったとは!
(ネット辞書ではありますが。オックスフォードとか、そういうところの辞書に載っているかは調べてないのでわかりません)

kaizen(改善)とか、karoushi(過労死)が権威のある英語の辞書に載った、という話は聞いたことがありますが、TPOのような和製英語が逆に英語になった、という例は初めて知りました。

TPOが広まったのは、この表現がすごく便利だったからじゃないかな。世界中のどこでも、時と場合をわきまえなければならない場所はあるし、それを一言で「TPOを考えなさい」と言えばパッと伝わるんだし。

便利で使い勝手のいい言葉は、和製英語でもなんでも、広まるんでしょうね。

あと、私が広めたい日本語は、gappei-joukasou(合併浄化槽)とか、nisoushiki(二槽式)、tokashikomi(溶かし込み)とかかなー。私の専門分野の一つ、ですけどね。


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-07-14 22:29 | 言葉 | Trackback | Comments(2)
セスキ炭酸ソーダを使ったお掃除のやり方でNHKのごごナマに出演予定でしたが、過去2回、6月は国会中継で延期になり、7月6日は九州北部の豪雨情報の中継で延期になりました。

改めて出演するのは9月4日です。9月4日、ぜひご覧くださいませ。


さて、7月6日のことをちょっと書いてみます。

当日は打ち合わせとリハーサルのために9時にNHKへ到着。打ち合わせ、リハーサル、確認、訂正、確認と、細かな作業が続く中、10時を過ぎたあたりから「もしかしたら番組を中止して豪雨情報に切り替わるかもしれません」という話がありました。

11時過ぎには番組中止が決定し、私は帰宅することになりましたが、スタッフの方たちが大変恐縮なさって謝ってくださいました。でも、災害報最優先です。

しかし、あれだけたくさんの人たちがかかわった番組です。朝早くから集まってたくさんの作業を重ねていたのですから、番組スタッフの方たちも落胆していると思います。

また同じスタッフで改めて放送したいですね、というディレクターの言葉が胸にしみました。
そうか……。番組の内容や曜日によってはスタッフが違うんだなあ…。
7月6日に集まったスタッフがまた明日もやるわけじゃないし、次回は違う方たちとやるかもしれないのです。

一つの番組を作るということは、たくさんの人がかかわり、たくさんの出会いがあり、つながりができることなんですね。

9月4日は同じスタッフになるのかな。違うスタッフも入るかも? いろんな人たちと一つの番組を作るということは、まさに、一期一会。

セスキのことを大事に思って、きちんと放送したいと言ってくださったその気持ちもありがたかったし、この出会い、大切にしたいと思いました。


最後に、災害支援のサイトを貼っておきます。
2017 九州北部豪雨災害 緊急支援募金

一日も早い復旧を願っています。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-07-08 08:42 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)