漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

更年期熱中症

04/12/22/水曜
風邪が長引いている。薬が効いている間はいいけど、効き目が切れるとのどがゼロゼロしてくる。のどが痛い風邪はつらいっすね。頭痛や筋肉痛があまりない分、いいけど。

さて、更年期熱中症だ。
更年期って、みんな「老化」だととらえているから、「あなたは更年期ですよ」と言われたらきっとムッとするだろう。
でも、私の考える更年期は、ヒトが女神になるためにいろんなものを脱ぎ捨てて衣更えの時期、だと思っている。
更衣室の 更 ね。

更年期って、いろんな症状がでるけど、私にまず出たのが、「夫のいやなところをじっくり考える」という症状。

とにかく毎日毎時間毎分毎秒、夫のいやなところを考えている。ものすごく熱中して。
そうすると、いやなところってずるずる芋づる式に出てくるんだな、これが。

毎日毎日そのことばかりに熱中しているから、ほかの事に気が回らず、だから「更年期には集中力が無くなる」といわれたりするんだけど、私の考えは逆。

一つのことに熱中してしまうから、ほかの事に気が回らなくなる。

その熱中症が、夫に向かうと、家庭は本当に暗くなるし、困ったことになる。

しかし、その熱中症がペ・ヨンジュンに向かうと、これはまたこれで経済波及効果もあるし、日本の経済を動かす原動力になったりするんだな。
古くは杉良太郎から、氷川きよし、今はペ・ヨンジュンなどの韓流ブームを支えているのはおばさまがたの行動力と経済力でしょ。

思春期もまたホルモンのバランスが乱れる時期で、そのときもアイドルに熱中してしまうが、それと同じホルモンバランスをちょっと乱したおばさまがたは、思春期のコドモと違ってお金を持っている。
家計をどう動かすか、意思決定できるのもおばさまがたの強みである。

今は更年期が早くなり、30代半ばからもうその症状が出る人が多いそうである。
そして、昔の「人生50年」という時代と違って、更年期を迎えても、そのあと40年は生きていられる時代だ。

更年期を健やかに楽しく乗り切るには、まず、自分が更年期である、ということを認めるところから始まる。
更年期はいい時代でっせ、奥さん。私は自分の体や心ががどう変化しているか、興味津々で観察してまっせ~。つらいこともあるけどさ、面白く観察したほうが、楽しく乗り切れまっせ~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2004-12-22 21:34 | 更年期 | Comments(1)
Commented by タカ スエノ ムスメ at 2010-06-16 16:32 x
はじめまして♪赤星さんのお書きになったものを興味ぶかく読ませていただいておるものです。昨日の家庭の医学、番組は見ることができませんでしたが、新聞の番組欄や、今日はネットで見て、たどり着きました。私49歳閉経前です。主たる症状は精神的な落ち込みの波、嗅覚味覚異常などです。主人が男性の更年期だと思います。二人で更年期の場合どうしたらいいでしょう
なにはともあれ早急に赤星さんの御本を読まなければ
「更年期って、いろんな症状がでるけど、私にまずたのが、「夫のいやなところをじっくり考える」という症状とにかく毎日毎時間毎分毎秒、夫のいやなところを考えている。ものすごく熱中して。そうすると、いやなところってずるずる芋づる式に出てくるんだな、これが。」
まさしくこの症状なのです
毎日徒歩通勤の最中、夫への不平不満、自分がいかにひどい目にあわされてきたか、そしてそれを認めようとしない夫へのさらなる怒りを増幅させる、、そんなことを一人で声に出してしゃべりながら歩いています。習慣です。誰にも言えないので仕方なく一人で喋っています。本をよんでからまた来ます(^^)/