「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

一時停止違反

昨日、夫が一時停止違反で切符を切られた。

状況はこうだ。
一時停止線のあるT字路を左折し、そのまま進行していたら、後ろからパトカーがついてきて、止まれという合図が出ている。夫は「なんだ? オレか?」といぶかりながら車を止めると、警官がやってきて「一時停止してなかったですね」と言われたのだ。

夫が「ブレーキちゃんと踏んだぞ!」と主張すると、警官も「ブレーキランプがついて減速したのは見ていますが、止まってなかったんですよ」と譲らない。

私はちょっと疑問があったので、いろいろ質問してみた。
ブレーキを踏んで、減速して安全を確認していたのは確認しているんですよね?
はい

おや、安全運転のために必要な「安全確認」をしていたことは認めてくれた。
なのに、一時停止違反で切符を切るという。

「一時停止って何秒くらい止まればいいんですか?」
「何秒ということは言えないんですが…」
「いや、今後はその基準に合わせるので、言ってくださいよ。1秒なのか、2秒なのか、0.000000001秒くらいでもいいのか、とか、基準おしえてくださいよ」
警官、苦笑。
「それだと止まったかどうかはわからないですし」
だよね、止まったかどうかはわからないんだよね、でも夫は0.00000001秒止まっていたかもしれないじゃん。あなた方がわからなかっただけで。と心の中で屁理屈というか毒を吐く私。

まあほかにもいろいろあって、けっこうイラッと来たけど、二人組の警官の若い方も、かなりイラッと来ていたみたいで、目が怒っていた。

彼らが何度も言ったのは、「教習所で習った通りの運転をしてくれればいいんですよ」という言葉だった。

しかし、私は筋金入りのペーパードライバーだ。ヘンな癖がついていなくて、教習所で習った通りの運転しかできない。でもね、それで運転すると、結構危ないって、よく言われる。もう少し流れを見て、流れに乗る運転じゃないとダメだと、よく言われた。それができずに、私はペーパードライバーになってしまったのだった…。

結局、夫は違反切符を切られ、罰金を払うことになり、点数も2点引かれることになった。

このあと夫は、制限速度30㎞の道路を、時速30キロピッタリで走った。後続車が連なり、渋滞になっていったけど、制限速度を守って走り続けたら、我々をびゅんびゅん追い抜いていく車も続出。

「あれを捕まえろよ!!」とまた激怒する夫。
しかし、パトカーはとっくにいなくなっていた。
どこへ行ったのだろうね、まったく…。



.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-12-22 21:32 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://akaboshi.exblog.jp/tb/26495662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by syo-kunin at 2016-12-23 06:08
赤星先生、こんにちわ。。。

警官も仕事だからしょうがないんですが、
言い方がムカつくんですよね~
番長も夏に進路変更違反で捕まりましたが、
【何で捕まったか分かる~?】って言うんで、
イラっとしましたよwww
あの上から目線が嫌ですね~(*_*)
Commented by akaboshi_tamiko at 2016-12-23 08:29
★番長さん
いや~~~~その言い方むかつく~~~~!!
うちの場合はものすごく下手に出て話しているんだけど、その慇懃無礼さが腹立たしかったですわ。横柄よりいいかもしれないけど、妙に丁寧なのがイラッ!でした。