「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

バナナのしみ

07/07/22/日曜
バナナのしみが落とせない、ということを聞いて、俄然やる気を出した私。
大人になると、バナナでしみが出来ると言うことを忘れてました。こぼさないから。バナナのしみが落とせないということはかなり特殊なシミなのかな、と考えて、いろいろ検索。

すると、バナナは酵素の力で茶色くなるんだそうです。
う~む、酵素か~。これは温度やpHなどで染みの出来方に違いが出るのかも、な~んて難しく考えてみました。

で、夫の古いTシャツを切って、8枚の白布を用意。
これにバナナを塗りつけました。
しかし、酵素だからな~。
唾液がついているものとついてないものに違いが出るかも…。

はいはい、ちゃんと唾液つけました。(汚いっ!!って言わないでね。実験だから)

バナナを直接こすりつけたのが8番。他のはちゃんと、私がバナナをカミカミしてどろどろにしたものを塗りつけました。実証主義だなあ、私。

写真のしみは全て、シミをつけてから45時間後に撮影したもの。
b0019674_2172742.jpg

写真2,3,4.
1番が無いのはバナナを塗って5分後に水洗いしたら落ちたので、写真撮らず終いでした。
2番…15分後にクエン酸をスプレー。
3番…15分後にセスキ液をスプレー。
4番…15分後に石けん液スプレー。

b0019674_2174097.jpg

5、6、7、8は何も処理せず放置。

2、3、4番は下処理をしていたので、なにか変化があるかな~、と思ったけれど、どれも変化なし。茶色いしみがどれもくっきり。8番の色が薄いのは、ただ単に塗りつけた量が少なかったためです。
べっとりついたバナナを洗うには、まずはタワシでこすり落とすところから始めました。
b0019674_2115252.jpg


あとは石けん液で洗いました。(これは給湯器の40度くらいのお湯で)
b0019674_21162799.jpg

右の写真、うっすらとシミが残っているのはわかるかな。

あと、pHの違いで変化があるかも、と思って、クエン酸液、石けん液、炭酸塩液に浸け込みもしてみました。
b0019674_23395053.jpg


40度のお湯を使ったり、水で洗ったり、いろいろ変えてみましたが、結局、どれも大差なく、シミがうっすら残りました。写真ではあまり目立たないけど、肉眼で見るとかなり目立ちます。「う~、これはお出かけ着には出来ないなあ」って感じです。

b0019674_23363098.jpg


次は煮洗いです!
b0019674_23374918.jpg

この容器は糠漬け用に買ったものですが、こんな大きな容器に作ることも無くなり、今ではすっかり煮洗い専用です。
大きさは直径24センチ、高さ25センチです。8分目くらいに水を入れると9リットルくらい。

石けんは大匙1くらいで、酸素系漂白剤はその半分くらい入れました。
しみのついた布だけでやるのももったいないので、夫のTシャツで汗染みのついたものや、なんとなく黄ばんでいるものを入れました。
2~3分、ぐつぐつ煮て、火を止めました。
そして、3時間後。
b0019674_23391271.jpg


真っ白です~~~~~~~!!
夫のTシャツももちろん白くなってますが、バナナのしみも全部、どれを見てもわからないくらい真っ白です!!
番号がバラバラなのは、どれも真っ白で、番号を見て確認するのが面倒だったので、とりあえず手近なものから撮影したからです。

そして、ここに3、4番がないのは、塩素系漂白剤に浸けたから。
これももちろん白くなってましたよ!
ただ、塩素系漂白剤だと、色柄物の布は、模様まで取れてしまいます。塩素系漂白剤を使うときは、白いものしかダメですのでご注意を。

とにかく、酵素だのpHだの温度だの、いろいろ考えていましたが、結局、長時間の煮洗い浸け込みで、全部きれいになりました。酸素系漂白剤は、Tシャツを入れたとき、随時足したので、最終的には大匙2くらいは入っていると思います。

通常言われている煮洗いより高濃度になっていると思いますので、決して金属のついた衣類などは入れないでくださいね。

でも、バナナのしみ、きれいになりますから、お子さんのいる家庭でも安心して食べさせられますね!

メインサイトへ→http://www.akaboshi.com
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-07-22 21:27 | 石けん/洗濯 | Comments(8)
Commented by 桃子 at 2007-07-23 00:27 x
すばらすぃ〜。
細かいレポート有り難うございます!
私は子供もいませんが、夫と名のつく子供っぽい
同居人がバナナをこぼさないとも限らないし(?)子供のいる
友達なんかにも大いばりで教えてあげられますね!

大変参考になります〜(^Q^)
Commented by akaboshi_tamiko at 2007-07-23 01:09
桃子さん
酵素がどうの、pHがどうの、って全然関係なかったです。
ただ単に、煮洗いの時間を長くしただけで十分でした。
やっぱり、汚れを落とすには「濃度、温度、時間、こする力」をアップするだけでたいていのことは解消しますね。
Commented by kila at 2007-07-23 10:12 x
私的に、バナナは絶対に駄目!っていう認識が強かったので、この実験は有り難く素晴らしい!です!!
これで石けんは汚れ落としの無敵宣言が出せますね!!
ともかく食べるときの汚さは、離乳食〜幼児期は想像を絶するものがあるので、必ず落とせる自信さえつけば、あまりガミガミイライラせずに済み、親子共々円満に過ごせる訳です。そんな親子のためにも石けん万歳!ですね〜。
Commented by akaboshi_tamiko at 2007-07-24 02:14
kilaさん
煮洗い、最強です! いろいろ浸け込みとかしてみたけど全然ダメだったものが、煮洗いして3時間放置したら真っ白ですもの~。シミが落ちただけでなく、布地そのものが真っ白に!!

それと、塩素で漂白したものは20分くらいでしみは落ちましたが、布地そのものはそんなに真っ白になってなかったんですよ。

塩素系でも長時間漬け込めば布地も白くなるかもしれないけれど、そんな長時間漬け込むと、布地が傷むような気がするなあ。やっぱり、煮洗い最強です!
Commented by Green at 2008-06-19 01:07 x
初めまして。子供のつけたバナナの染みで悩んでいて
「バナナの染み」で検索してこちらを見つけました。
さっそく煮洗い開始です!
とても為になる実験ありがとうございました。
Commented by akaboshi_tamiko at 2008-06-19 21:32
★Greenさん、こんばんは。
煮洗い、ぜひやってみてくださいね。
ほとんどのしみがきれいに落ちて行きますよ!
赤星コムhttp://www.akaboshi.com の中に「石けん大好き!」という掲示板もあります。何かわからないことがあればそちらの掲示板でご質問ください。
よろしくお願いします。
Commented at 2008-09-07 06:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akaboshi_tamiko at 2008-09-08 01:23
★鍵コメントさん
バナナのシミ、煮洗いでバッチリきれいになりましたからね!
ぜひ試してみてください。
日本はまだまだ暑いですが、朝夕はほんの少し秋の気配がするような気がします。
お気遣いありがとうございました!