漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:うーん…( 10 )

iPadを持っているが、あまり積極的に使ってなくて、Siriも当然使ったことがなかった。

でも、ホームボタンを長押しすると出てきますよ、と聞いて、なんとなくやってみた。
Siriに関するいろんな記事を読むと、すごく面白い受け答えが返ってくるとか、楽しそうだったのでね。

ところが…
私とSiri、どうも相性が悪い。
最初の質問は「明日晴れるかな?」だったのだが…
「まず現在地を教えてください、位置情報サービスを開いて、、次に、、、、アクセスを許可してください」という答えが返ってきた。
うわ、めんどくせえ。

どうしても天気が知りたいわけじゃなかったので、ほかの質問をいろいろやってみた。
すると、検索結果がダーッと出てくるばかりで、よく話に出てくる面白い受け答えというのが全然出てこない。

友達から、「歌って」とか「猫が好き」というようなことを言うと、面白いよ、と聞いたのでやってみたけれど、うーん、私には面白い答えとは思えなかった。

・・・というか、ぜんっぜん面白くなくて、イラッとして口論してしまいました…。Siriと口論する人間って、世界中に私くらいじゃないですかね?
私は口論と思っていても、相手は暖簾に腕押し、柳に風、糠に釘で、「そんなことおっしゃらないでください」とか「すみません、できません」という答えが返ってくるので、ますますイラッ。

私が思わずSiriについた悪態は、「主体性のない奴だ」「人に頼ってばっかりじゃダメだよ」「オリジナリティのないやつだ」など。
(だって、質問したのに検索結果しか出さないなんて、人に頼ってばっかりじゃん?)

このやり取りを見て夫が「大人げないなあ」と笑うのである。
ええ、大人げないですとも、Siriと口喧嘩するなんてね、世界中どこを探してもそんなに大人げない大人って、いないよね。
(でもね、批判して悪かったなと思って、「ごめんね」という声もかけたんですよ、そしたらあっかる~い声で「気にしないでください!」と言われて、それもちょっとイラッ…。ほんと、相性悪いんだと思う…)

しかし、下のサイトを見ると、Siriもかわいそうではある。
Siriが教えてくれるELIZAとの友情物語が泣ける
この中にある「Siriが話してくれる昔話」によると…
人間がいろんな質問をして、それに答えてくれるSiriは一躍人気者に。しかしやがて、答えようのないことや、おかしな質問をされるようになる。Siriが懸命に答えるとみんなが笑うので、Siriは悲しくなった、、、とのこと。

これを読んで、やっぱり私はSiriに「面白い答え」を期待して質問するのはやめよう、と思ったのだった。

別にSiriに頼らなくても、面白い受け答えをしてくれる友達がいっぱいいるのでね。Siriとは喧嘩別れになったけれど、無理して付き合う相手じゃなかった、ということで。







[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-03-20 03:00 | うーん… | Trackback | Comments(0)

振り込みアレルギー

各種支払いを「振り込み」する場合、ゆうちょからゆうちょだと手数料がかからない。(月3回までは)
なので、ゆうちょを積極的に利用しよう、と思っているのだが…

実は私はゆうちょでの振り込みに失敗したことが3回ある。それは単純に私が口座番号のメモを間違えただけ、というのが1回(これは私のミスだからゆうちょになんの罪もない)、あとの2回は、郵便局の人も「あれ?あれ?」と首をひねりながら対応してくれたので、何らかのシステム上の問題があったのだと思う。(どういう状況だったのかは、数年前のことなので忘れたけど)

もう一回、結果的にはうまく行ったんだけど、ものすごく理不尽だと思ったことがあった。それは、初めてゆうちょを利用したときだった。店番号「0八五」をどうやっていれていいかわからなかったのだ。

ATMの画面を操作するとき、「店番号」と、「番号」を入れるのだから、数字キーが現れると思っていたら50音表が現れた。
50音表でどうやって数字を入れればいいのだ???数字キーはどうやったら現れるのだ???と、最初から何度も繰り返してみたけれど、どうやっても50音表が出てくる。

仕方がないので、漢数字だし、レイ八チゴと打ってみたけれど、これもどうやっても出てこない。

どうやってもダメなので窓口へ行き、助けを求めた。
すると、係の方は店番号を「ゼロハチゴ」と入れるではないか!!

ゼロハチゴ~~~~??
後ろにくっついているのは八と五という漢数字じゃないか!! 0だけなんで英語読みさせるんだよ!! 0を日本語で読むとゼロではなく「レイ」だよ!!
ゼロと読ませるなら085ってしてくれればいいのになんで漢数字をわざわざいれるんだろう? あえて漢数字を使っているんだから日本語読みしてほしいんだろうな、という予測が完全に覆された。

NHKの数字の読み方を見ていても、「0」は必ずレイとと読んでいる。 0時20分は「れい時にじっぷん」だ。2.05は「にてんれいご」とアナウンサーは読んでいる。(にいてんれいごー」とも読まない。2は「に」で「にい」ではないのだから。NHKのアナウンサーの数字の読み方は、こういうところがかっちりしている)

(ちなみに「十」は単独だと「じゅう」だけど、「じゅっ」という読み方はないのだそうだ。なので「にじゅっぷん」という言い方はしない。にじっぷん、さんじっぷん、が正しい。…でも最近は「じゅっ」も認めようという動きも出てきたらしいが、それはまた別の機会に)

あっ、話がそれた。とにかく、0八五を「ぜろはちご」と打ち込まねばならない、というのが衝撃だった。まあ、これは一回やってすぐ覚えたからよかったけれど、そのほかにもトラブったので、なんとなくゆうちょにはアレルギーがある。

覚えてしまえば手数料がかからないし(月3回までは)、いいものなんだけどね。
今日も重い腰を上げてゆうちょから振り込みをやってきた。母へ去年借りたお金を返すのを、このトラウマから、気が重くてついつい先延ばしにしていたのだった。

ついでに、もう一つ他銀行へ振り込みも。郵便局へ行く予定があってよかった。これはすぐ振り込みしないといけないものだったから。

この銀行への振り込みは4人分まとめて払ったので、手数料が一回分ですんだ。一人ずつ振り込みしていたら手数料が864円かかるところ、216円ですんだ!と大喜び。

・・・ち、、小さい。そんなことで大喜びなんて、、、、人間が小さいような気がするけれど、まあ、ちょっとうれしいことに変わりはないのだった…。


.


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-02-14 17:21 | うーん… | Trackback | Comments(0)

ジャンク対策

古い記事にジャンクなコメントがつくようになって、その記事のコメント欄を閉じています。

昔のコメントを見返す方もいるかもしれませんが、消えているのは、その記事にジャンクコメントがつくようになったからなのです。
なぜ、古い記事にジャンクがつくのかよくわかりませんが・・・。

以前は、コメント欄を本文にコピペしていたんですが、それも数が多くなったらちょっと手が回らなくて、コメント不可だけにしました。

というわけで、コメント消えた方、ごめんなさい。

.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-04-17 18:32 | うーん… | Trackback | Comments(0)
このところ、テレビをつけると芸能人や文化人と呼ばれる人たちの不倫騒動が大きく取りざたされている。
政治家やどこかの校長先生の失言・暴言もたくさん出てくる。

もっと明るい、楽しい話はないものか。

そう思いつつ、仕事の手を安めてネットニュースを見ると、、、、
うっかり猫動画をクリックしてしまう・・・・・

猫動画見てると、本当に時間がアッという間に過ぎてしまう。
うちの猫たちの動画もアップしたいけど、可愛く撮れないのが難点。
普通にじっと寝ている動画なんて、つまらないので、なんとかカワイイ動きを撮りたいものです。

まあ、じっとしている動画でも、不倫や失言の話よりはマシかな…。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-03-25 23:58 | うーん… | Trackback | Comments(0)
若いころは食器に凝ったりしてましたが、結婚してからはすっかりやらなくなりました。
普通は逆じゃないですかね?

夫は料理は超うまいと思うんだけど、テーブルセッティングとか、皿のチョイスとか、まったく無頓着。

どんな料理も小さな皿にぎっしり詰め込んで盛りつけたり、なんでそんなに無頓着なのか…。何でも一つの皿に盛りつけようと、仕切りのある皿を買ってきて、一枚で済ませようとするほど。まあ、朝食とかそれでもいいんだけどね。

食器選びのセンスがない人と暮らすのは、別に構わないんだけど、その人が超料理がうまくて、作った料理が超美味しくて、それを小さなさらにギュウギュウに詰め込んだり、大鉢に何でもかんでもどさっと入れているのが、どうも納得がいかないです。

せっかく味のセンスがいいのに…。外で食べた味を再現する能力たるや、味サバンと名付けたくらいの才能なのに。
そういえば、一度食べた参鶏湯を再現してくれたときは、本当に感動した。

サムゲタンの中に入っている朝鮮ニンジンの味を嗅ぎ分け、それをアレで代用するなんて…。
韓国出張の多い義兄も感激するような味だった。


そんな人が、テーブルセッティングの才能ゼロ。

天は人に二物を与えないのね…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-02-07 19:50 | うーん… | Trackback | Comments(0)

自分に正直すぎたかも

去年の8月、ストックホルムへ行ってきました。
その1
(その9まであるので、ぜひご覧ください)

(個人的にはその4が、ストックホルムに行った理由がよくわかるのでお勧め。あと、着物ネタがその5その8です)

で、夏のスウェーデン、ストックホルムは、さすが北欧、さわやかでした! 
北国だから日本のみたいに30度越えとか、ムシムシ、ジメジメとか一切無くて、カラッとさわやかな気候。

でも、真夏なので日中は暑く、みんな半袖やタンクトップなどの、普通の夏服でした。

さて、そんな夏のストックホルムで、私は冬のモコモコしたコートを買いました。厚手だけど軽くてあったかそうなコートが安く売られていたのです。
b0019674_19105998.jpg

モコモコでカワイイし、あったかそうでしょ?
北国のコートだから、絶対あったかいだろうし、寒さ対策は万全のはずだし、この冬はあったかく過ごせそう!

と思って買ったのでした。

・・・・・・

ところが…。
これがね、着てると寒いんです…。

なぜか。

これを買うとき、サイズを見ると、S、M、Lがありました。
私、自分を正直に振り返り、、、、
「ここで見栄を張ってSを買ったら小さくて入らないに決まってる。Mも見栄を張ってることになる。やっぱりここは正直にLを買って帰ろう」

そう思ってLを買ったらですね・・・
さすが、北欧。みんな背が高く、身体も大きい。そんな国のLサイズは、、、、
私にはブカブカだったのです・・・

試着はしました。Lだけ。そして、冬は厚着になるし、ちょっとブカブカだけどLにしておこうと決めたのでした。

なぜMの試着をしなかったのかというと、だってこの店、若いコ向けのお店だし…。若いコ用の服なんて、絶対細くつくってあるんだから、見栄はってM試着して、キツキツだったら悲しいし。

そんな思いが頭をよぎってLを買ったわけですが、、、

やはり大きすぎた。

真冬の東京で、風がビュービュー吹くと、おなかのあたりに風がブワ~~ッと入ってきて、寒い寒い。
やはりMでよかった。北欧のサイズならMでした…。

それと、このコート、デザインとして、大きめのがっちりした金属のファスナーとスライダーが付いていますが、、、
これがね、冬の冷たい空気で冷やされて・・・。

冷たい金属が直に手や首に当たるんですよ! さ、、、寒ッッ!!

北欧のコートなのに、なんでこんなに寒いの!? と思ったのですが、よ~~く考えると、これ買ったのは8月です。

真夏に売られていたこのコート、真冬用ではなかったのかもしれない。

北国で湿度が低いところだと、夜になると結構冷えることがあります。だから、夏の終わりとか、初秋に着るコートだったのかもしれません。気候が違うと、着る物と、それを売る時期も日本の常識とは違ってくるんですね…。

それにしても、自分に正直すぎるのも考え物でしたね……。

まあ、腹巻と手袋と襟巻で風の侵入を防いであったかく着ようと思います。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-01-28 10:59 | うーん… | Trackback | Comments(0)
昨日、うどん屋さんで、薬味のネギを大量に小鉢に取って行くお客さんの話 「ネギサラダ?」を書いたら、面白いことを聞いた。

刻みネギはサラダとしてではなく、おかずとして食べることがある、というもの。最初、FBにそのコメントがついたときは、ええっ、うどん屋さんで薬味のネギをサラダみたいにどっさり取って食べるのを、何のためらいもなく堂々と書けるなんて!とびっくりしたのだが、それは自宅での話だった。ああびっくりした。 

自宅で、山盛り刻みネギに醤油をかけたものをごはんにかけて食べるとのことなので、確かに、それはもう薬味というよりおかずだ。

自宅でそういう食べ方をするのは別に驚かないし、私もやってみたいと思う。自分のお金で買ってきた(または家庭菜園で育てた)ネギを自分の手で刻んで、自分の好きなように食べることに何の問題もない。

だけど、うどん屋さんで「薬味」として無料で出しているものを、おかずとして大量に食べるのって……、どうなんだろう?

セルフサービスではなく、普通の食堂やレストラン、蕎麦屋さんだと、調理場で作ったうどんにネギが最初から「適量」入っていることが多い。その量を何の不思議とも思わず、普通のこととして食べていた。

ネギを自分で入れる方式を初めて体験したのは学食だった。そのとき、たくさん取ってたっぷり入れている子が、調理場のおばさんに「そんなに取ったら、他の人の分が無くなるでしょ!」と叱られているシーンもちょくちょく目撃した。

セルフサービスで自分で入れるのは、自分の好きなだけいくらでも入れていい、ということではない、ということを学習する機会がいくらでもあった。

今、自分の好きなだけいくらでもとっていい、と思っているお客さんが多いのは、それだけ自由な国になったと喜ぶべきことなのか、それとも他人のことを考えない人が増えたと嘆くべきことなのか。(私は嘆いているけどね)

このうどんチェーン店について、薬味やかけ出汁は客の好みで好きなだけ入れていい、と書いてあるサイトもよく見かける。
そのためのかけ出汁のサーバーもレジ横にある。

でも、、、、
それは、どんぶりに麺がまだ入っていて、かけ出汁が無くなってしまったときに足す、という程度だと私は思っていた。

何人かのグループ(おそらく家族連れ)の一人が、小鉢にかけ出汁をなみなみと入れてテーブルに運び、かけうどんを頼んでいないほかの家族がそれをがぶがぶ飲み、お代わりを何度か繰り返す、というのを見たことがある。それって「お好きなだけ取っていいですよ」というサービスに甘えすぎているような気がする(そもそも、そのサービスって、「かけうどんを頼んだ方で、かけ出汁がなくなったら」という条件に合う人へのサービスだと思ってたんだけど)。

それに、それだけうどんのつゆを飲んだらのどが乾かないのだろうか?

お客様は神様です、という言葉が流行って以来、お客は何をしてもいい、という風に誤解している人が多いと思う。

お店側も、今はツイッターで「あの店感じ悪~い」とつぶやかれたりすると、営業的に大打撃が出るのをわかっているので強く出られない。

でもねえ、ただだからネギを山盛り取って行く、ただだからかけ出汁をガンガン何杯も運んでテーブルで飲む、というのは...。
嬉しいのかなあ。のど乾かないかなあ。胸は痛まないのだろうか…(塩分摂りすぎで心筋梗塞になって胸が痛む、というのではなく、ね。)


ちなみに、昨日行ったところとは違ううどんチェーン店では、ネギはお店の人がきっちり決まった量をどんぶりに入れてくれる。これは薬味だから、美味しく食べられる量が経験則で(またはそのうどん圏の文化として)わかっているから、その量なんだと思う。それでいいじゃん、それ以上、むちゃくちゃたくさんいれると味のバランスが崩れると、私は思うんだけどな。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-01-20 22:54 | うーん… | Trackback | Comments(0)

ネギサラダ?

とあるうどんチェーン店へ行ったときのこと。

私の前には30代らしき女性と、その連れらしき男性が並んでいた。
男性のトレイにはカレーうどん、天ぷら。女性のほうはあまり意識してなかったのでよく覚えてないが、おそらくかけうどん。

二人は男性がまとめてレジで会計を済ませ、女性のほう(先に並んでいた)が、レジの横にある小鉢に、青ネギをトングで入れていた。

薬味の青ネギ(万能ねぎ)だから、まあ、普通に考えればかけうどんのどんぶりにトングで一つまみか二つまみくらいなんだろうけど、小鉢に入れているので、よほどネギが好きなんだろうな、と思ってぼんやり見ていた。

すると、その女性は、小鉢に青ネギをトングで1つかみ、2つかみ、3つかみ、4つかみ、5つかみ・・・

えっ、、、と思ったときには小鉢に山盛りの青ネギが!!
そ、それはサラダ?? と見まごうばかりの山盛りネギ。

確かに無料でお好きなだけ持っていっていい、という触れ込みのネギだけど、そんなに大量に持っていかれることをお店のほうでも想定しているんだろうか・・・

ラーメン屋さんなどでは「ネギラーメン」と銘打った山盛りのネギがかかったメニューもある。でも、それは油っこくてコクのあるラーメンに、アリシン(ネギの香り成分)のあの強い香りが合うのだと思う。
うどんはもっと繊細な出汁だから、あんなに山盛りのネギじゃなくて、ちょっと香りづけする程度のネギでいいんじゃないのかなあ、薬味なんだし、、、と思うのは私が古いせいだろうか?

驚きつつ、私は自分のおろしぶっかけを持って席につき、食べ始めた。
ふと、レジのほうを見ると、今度はまた別のお客さんが小鉢にまたネギを山盛り入れている。

ネギ山盛り、流行りなんだなあ、と思っていると、そのお客さんは、山盛りのネギの入った小鉢にかけ出しをジャーっと注いでいる

えっ・・・
ネギスープ?
いや、山盛りネギサラダにドレッシング代わりの出汁?

どんな食べ方も自由だとは思うけど・・・
いや、それにしてもあの大量のネギは、、、、

ネギって「薬味」だと思っていた私には、衝撃の食べ方だった。

今やネギは薬味ではなく、レタス代わりになったのかもしれない…

でも、それってやっていいの? お店側はそれ、奨励しているの? ただ黙認しているだけ? それともやめてもらいたいと思ってるのかなあ? どうなんでしょうね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-01-19 23:05 | うーん… | Trackback | Comments(0)
b0019674_0284480.jpg


というわけで、ここ数か月、私は眼鏡をかけっぱなしになっていました。

それに加えて、新たなメガネも使い始めました…。拡大用の眼鏡を使わないと、絵が描けません…。

というわけで、、、

b0019674_0352763.jpg


おかげで、メガネのツルが二重になってしまい、耳の後ろの圧迫感が半端なく強いんです…。

これだよ、これ! 私が昨日書いた「眼鏡のツルが頭を圧迫して起きる頭痛」の原因は!

夫は「リアルデブの証だ」と言っていましたが、いや、違う。メガネonメガネのせいです! かけっぱなしの時間も長くなってるし!

自分史上最高の顔幅になったと思ってたけど、それは多分違う・・・! と思います! 

と、顔幅のせいではないということを言いたいがためにイラスト入りで解説してしまう私であった…。


(頭の鉢が、メガネのツルが壊れるほど張っている、ということをばらしたのは痛かったけどね…)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-17 00:48 | うーん… | Trackback | Comments(0)

自分史上最高の・・・

このところずっと頭痛が続いている…

右の耳の後ろあたりがずきずき痛い…。なにか悪い病気かも…と思ったのだが、どうも違うような…。

なんと、眼鏡のつるが頭を圧迫して、それで痛くなったのでした…。

夫に言うと、「それはリアルデブの証拠だな」と、むはむは笑いやがりました。

顔が横に大きくなると、眼鏡のツルがあたって痛くなる、という症状、初めての経験です。

今、自分史上最高の顔幅です…。
さらに、自分史上最高のウエストも。

体重は今のところ自分史上最高ではないんだけど、体脂肪率とか自分史上最高なんじゃないかな…。

眼鏡の幅を広げるか、新しく眼鏡を作るかしないです…。な、、、なさけない…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-16 01:47 | うーん… | Trackback | Comments(2)