漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

カテゴリ:すまい、暮らし( 28 )

丁寧な暮らし2

丁寧に暮らすことを心掛けたい私である…。(←心がけている、わけではなくて、心がけてみたいな、という、心がけ以前の段階)

が、最近(ここ1か月くらい)、私は一つものすごく丁寧にあることをやっている。

トイレットペーパーを丁寧に・・・

というと、こういうことを思い浮かべる人も多かろう。
b0019674_13272353.jpg

トイレットペーパーの三角折り。こうやって折ってあると次の人が使いやすい。ちょっとした気遣い、心遣いという風にとらえる人が多いと思う。

しかし、若いころ、この三角折りに関して、「人が触って三角に折ったトイレットペーパーなんて、使いたくない」という人がいる、ということを雑誌で読んで、な、な、なるほど!と思った。私は別に潔癖症ではないけど、でも、言われてみたら、もし手を洗う前の人が紙を折っていたとすると、嫌がる人がいても不思議はない。

私自身は、公共のトイレで三角折りしてあっても、別に嫌がらず使うけどね、でも嫌がるひとがいるかも、、、と思って、自分ではやらないようにしている。

というわけで、トイレットペーパーを丁寧に三角に折ることはしない、と。ではどうしているのかというと。

その前に、トイレットペーパーって、フラップのところできれいに切り取ってあるものって、次に使うときはがれにくくて使いにくくないですか?フラップから端が全然垂れてない状態。これってロールを回しても端がはがれて垂れてこないことがあるんですよね。
b0019674_13514214.jpg

ちょっと紙が前に垂れていると取りやすいんだけど、これでもぴったりくっついてはがれにくいこともある。特に指が乾燥しているとシングルロールの紙はなかなかはがしにくく、外のトイレだと何度もロールをくるくる回しても垂れてこないこともあるので、爪でひっかいてようやく紙の端を見つけることもある。
b0019674_13522854.jpg

というわけで、私は家のトイレでも外のトイレでも、常に端っこが垂れている状態にしておきたいと思い、丁寧にこんな風に紙を切っている。

はい、まずペーパーの半分くらいまで切ります。
b0019674_13562026.jpg

そしてペーパーを少し引っ張り出します。
b0019674_1357060.jpg

その状態で紙を最後まで切ると、こんな感じに。
b0019674_13574322.jpg

なんて丁寧な切り方でしょうかっ!
こうやると、次の人が紙を引っ張り出しやすいんですよ!! 丁寧で親切!!

・・・・ただ、・・・
欠点があって・・・・・・

これって、ただのずぼらなちぎり方にしか見えない、ってことである。
がさつに切り取っただけ、に見えるよね。でも、本当な何段階かの手順を踏んで、丁寧に切ってあるんだけど。次に使うとき絶対使いやすいんだけど。

どう見ても丁寧には見えないので、手順を増やしてこんな風にもやってみた。
b0019674_1401488.jpg

ちょっと切っては引っ張り出し、また切り、引っ張り出してはまた切り、と繰り返して階段状のフォルムに。

・・・・・
これにも欠点があって、これやるにはペーパーを手で何度も抑えないといけないという。だったら三角折りしたほうがましかも。

でも三角折りはしない主義なので、やっぱり最初の、がさつに千切りました感満載のやり方にしよう。これで今、うちのトイレは次の人が使いやすくなっているのである。(夫と義母しかいないけど)

外のトイレでもこれをやっているので、私の後に入った人は、きっと使いやすいはず!!! なんだけどね・・・・。でもきっとそういうこと気づかずに「ずぼらなちぎり方してるなあ」なんて思われるんだろうな・・・。
ま、いっか・・・


こんなことで「丁寧な暮らし」と言われたら、きっと本来の意味の丁寧な暮らしをしている方からおしかりをうけるかも…?
かも…。かも……。


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-09-29 14:11 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

丁寧に暮らす

丁寧に暮らす、という言葉をよく聞くようになってからもう何年経っただろう。丁寧な暮らしをしている人のブログやフェイスブックの記事を読むと、本当におしゃれで、私も実はひそかにあこがれている。

イメージとしては、一人でお茶を飲むときも、丁寧に入れた煎茶(ちゃんと茶托を使ってます)と、懐紙を敷いた小皿に入れたお菓子、、、とか。
b0019674_3251936.jpg

こういう「丁寧な暮らし」とは程遠いのだが、私も最近ちょっと丁寧にやっていることがある。

はい、これ。
b0019674_3301932.jpg

これのどこが丁寧かというと、うちの夫がですね、中にセットするごみ袋を、いつもこういう風にいれやがる、、、いや、いれてくれるのだ。
↓↓↓
b0019674_330444.jpg

もうね、この容器からはみ出したごみ袋を、猫がかじるのである。
最初は私も同じようにサッと入れただけで、これほどではないけど結構はみ出した状態だった。それをうちの黒猫ギョロがガシガシ噛んで、袋をボロボロにしてしまっていた。袋の持ち手もちぎれてしまい、いざゴミ出しに行こうとすると持ち手がないので、うまく口を結べないし、持つのも大変。

ポリ袋を噛まれないよう、猫草をたくさん置いたり、新しくしたりしていたけれど、それでもこのポリ袋噛みは治らなかった。

ある日、ふと、噛めないよう、容器の中にきっちり押し込んだらどうだろう?と思い、ちょっとやってみた。
容器の中にきっちり押し込んで袋をセットするのはものすごく面倒だと思っていたのだが、やってみると意外にも超簡単。なんでこんな簡単なことをやらなかったのか。ただ、ずぼらに入れていただけだったのだ。

ちょっと、気持ち丁寧にセットするだけで、、ギョロはこの袋を噛まなくなった。よかった!こんな小さなことで袋をかまなくなるなんて!

と、丁寧な暮らしっていいなあ、と思ったのだった…。

はあ… ちょっと(いや、かなり)レベルの低い丁寧っぷりでした。


ちょっとCMを丁寧に…
電子書籍のお知らせ・・・試し読みもできますので、お気軽にクリックしてみてください。
グランマ!おばあちゃんの知恵袋
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0287/
グランマ!女を上げる節約術
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0931/
グランマ! もっと身体美人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/1015/
赤星たみこの石けん達人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/0989/

挿画&漫画
親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法
著者・永峰栄太郎 漫画・赤星たみこ 1300円+税



.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-09-28 03:43 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)
昨日、ダイソンのハンディタイプの掃除機を買ったことを、声高らかに宣言し、吸引力の強さを称賛しました。

本当にこの吸引力はスゴイ!! ゴミパックのついたタイプより、このサイクロン方式のほうがスゴイ、とは思います。

でも、お手入れの簡単さや、中の掃除の仕方は、国産のゴミパック方式のほうがいい! という意見もたくさん見かけました。

そう、サイクロン方式は、あまりにも吸引力が強いので、細かな粉のようなホコリが本体にものすごくたまるのですが、それを取り除く方法が超難しいんです。

ホラ、この溜りにたまった粉塵。これをどうやって掃除すればいいのか? ↓↓↓
b0019674_135193.jpg

付属のブラシ型吸い口を使ってパタパタ払ったりする動画も見つけましたが、それでも中の粉塵は取れません。
どうしても紫色の部分を分解して中の粉塵を出したい!

どうやったらいいのか、分解の方法を検索していたら、youtubeでこんなのを見つけました。

サイクロン部分(というか、モーター部分?)を取り外すのに、なんと別売りの器具が必要なんです。掃除機を買っただけでは、この器具はついて来ないんです!!

別の動画では、この部分を外すのに箸を使ってました。
そして、上のくねくねした部分の中にあるパーツを外すのにも、また新たな器具が必要でした。

うーん…。
ダイソンって、中のホコリをきれいに掃除するために、別売りの器具を使わねばならないのか…。
しかも、分解するのは自己責任で、という但し書きがどのサイトにもついていました。
ということは、メーカーは、消費者に分解掃除をさせることは想定していない、ということですね。

でも、分解掃除ができないと、あの細かなホコリがずっとたまったまま…。それはいずれ目詰まりするんじゃないかなあ。

別のサイトではエアダスター(スプレー式のもの)やエアコンプレッサーとか使って、空気をシューッと吹きつけてホコリを飛ばしてました。(もちろん、外で! 家の中でやったらホコリが舞い飛びますから!)

吸塵力が高いだけに、粉塵がものすごくたまるし、それを取り除かないと目詰まりする恐れもあるし、やっぱり分解掃除が出切るほうがいいと思います。

もっと簡単に掃除できるような造りにしてもらって、分解用の危惧もデフォルトで付けてほしいです。
すくなくとも、紫色の部分は、外すデメリットはないと思うし、もっと簡単な造りにしても吸引力が激減するような部位じゃないと思うんだけど。

とにかく、もっと簡単に外せるようにして、外す道具も最初からつけてあればパーフェクト!! だと思います!!

ダイソンの企画開発部の方、ぜひ、ぜひ、お願いいたします!!
せっかくの吸引力、ずっと長持ちさせたいです!!



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-03-17 23:00 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(4)
数年前からサイクロン方式の掃除機が人気です。
有名どころではダイソン。

ものすごい吸引力で、ホコリを根こそぎ吸い取ってくれるという触れ込みで、友人宅でも購入しています。

ところが、吸引力が強すぎて、床にピタッと貼りついて動かせない、という声が!
近所のアッコさんの話なんだけど、「アッコ、掃除機動かせないから掃除しなくなっちゃったよ」というではありませんか!
あんなにきれい好きなアッコさんが、掃除できなくなるなんて!!

むむむ、私もこれから年を取るにつれて力も弱くなるし、掃除機が動かせないのは困る!! ダイソンが大損になったらどうしよう!! と、しばらくダイソンのことはあきらめていました。

しかし、最近、吸塵力の強い掃除機が欲しい!と切実に思ったことがありました。

姪が、2歳の男児と3か月の乳幼児を連れて遊びに来た時、2歳の男の子の目が赤くなったのです。しばらくしたら収まったけど、も、もしやこれは猫の毛とハウスダストのせいかも???
そう思ったら、ホコリをガンガン吸い取る掃除機、どうしても欲しい!! 

というわけで、買ってきました。ダイソン。
箱を開けたとたん、すぐ入って遊ぶ小町さん。(これは関係ないか)
b0019674_1944387.jpg

キルティングのカーペットカバーに掃除機をかけたところ。
b0019674_1945553.jpg

スゴイ!! 綿ぼこりと猫の毛と細かな粉のようなホコリが一瞬にして吸い込まれていく!!
これまでうちにあった掃除機で掃除しても、こんなには取れないです!!

しかも、うちにある掃除機は、一回かけて、二回目をかけると、またジワジワホコリをすいとるんです。ということは、一回では取りきれていない、ということです。

しかし、このダイソンは、一回かけた後、またかけると、もうほとんどホコリが入ってこないのです。一回であらかた取れてしまった、ということですね!!
すごいわ~~~!!
b0019674_1948047.jpg

ダイソンも、スティックタイプだと、動かすのが大変だったかもしれません。スティックタイプだと、モーターも吸塵パックもついている長い棒(立って使うから、結構長い)を動かすわけだし、それがそもそも重いわけです。その重いものが強い吸引力で床に吸いついたら、それは動かすのは大変だと思います。

でもこれはハンディタイプ。スティックタイプより小さくて軽いというのが最大の魅力。これを右手にもって、床を這うようにして掃除機をかけると、角度によっては排気が顔にかかります。でも、まあ、CMによると、排気にはほとんどホコリが入っていない、、、はずです! 実際、排気が顔にかかっても、ニオイがしなかったですよ!!

というわけで、このダイソン、全然大損じゃないです!! 買ってよかった~! と思います!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-03-16 22:14 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

玄関の内ドア

玄関の内側にドアをもう一枚取りつけたおかげで、寒さや暑さが家に入らず、冬暖かく、夏涼しく過ごせるようになりました。
関連記事はこちら

玄関の内ドアで厳寒期を乗り切る
二重ドアの効果


内ドアと、階段の手すりの上部分にガラスを入れて。玄関のスペースを独立した小部屋にしたわけです。
b0019674_4321895.jpg

ピンク部分が玄関小部屋。このスペースが断熱効果を生むわけです。寒さが入ってこないので、本当に暖かく過ごせました。

夏の暑さも、入りにくいようで、外がすごく暑い日も、家の中は涼しく感じられました。

さて、最初、ガラスは、業者の施工のまま、一枚ガラスでした。
b0019674_4361650.jpg

しかし、北海道人の夫は、ガラス一枚では玄関の寒さが入ってくる! ここも二重にしたい!と言い出しました。

はい、二重窓の強い味方、プラダンの登場です。
ガラスの内側(階段側)にプラダンを切ってはめ込みました。
玄関側から見たところがこれ。
b0019674_442670.jpg

完全に透明なプラダンだと高いので、ちょっと安めの筋の入ったプラダンにしています。

階段側から見たところがコレ。
b0019674_443388.jpg

うちは家じゅういたるところでプラダンが活躍しています。

玄関が小部屋になったおかげで、玄関のカウンターに置いてあるアロマキャンドルの香りがかなり強く感じられるようになりました。今まではほとんどわからなかったのですが、外から帰ってくると、玄関を開けるとすぐ、いい香りがします。狭いスペースだと香りが効率的に充満するんですね。これも、ちょっとおまけのいい効果でした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-06-12 04:47 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

二重ドアの効果

玄関の内側に、もう一枚ドアを設置したのは今年の2月。
玄関ドアを開けて中に入り、上がり框を上がるとすぐにもう一枚ドアがある、という構造になりました。
b0019674_0422539.jpg

冬は外の寒さが入ってこなくて、あったかく過ごせました。

今年の5月はすごく暑かったという話をよく聞いたけど(千葉でも暑い暑いとよく聞きましたが)、うちは5月はそんなに暑いという気がしなかったなあ。玄関の内ドアのせいかな?

やっぱり家は断熱が基本ですね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-06-11 00:47 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

湯たんぽコタツ

今年の4月は春とは思えないほど寒い日が続きましたね。いつもならストーブを片付ける時期なのに、朝晩、冷えるときにはまだまだストーブ使いますね。

ストーブ使うほどではないけれど、足が冷えるなあ、というときは、昔は足元にファンヒーターを置いて使っていました。

でも、2011年の東日本大震災以降、うちでは足元のファンヒーターを一切使わなくなりました。あれって、けっこう電気食うので。

で、足が冷えるときは湯たんぽを入れてコタツ代わりに使っていました。普通の湯たんぽを机の下の足元に置いて、毛布を掛ければ簡易コタツです。

これはこれでいい感じだったのですが、膝が温まらないのが難点。
湯たんぽに足をのせていると、足の裏だけがホカホカで、脛とか膝はじわっと冷たい。毛布を掛けているんだけど、なかなか脚全体が温まらないんです。

縦長のライトみたいな電気ヒーターがありますが、あんな感じで、床から膝までの高さを暖める物はないものか、とあれこれ考えていたところ、いい物を見つけました!
一升瓶です!

とにかく、一升瓶は高さがあるので、膝から下が全部暖まるのです!
b0019674_4294410.jpg

いや~、一升瓶、すごい!
今まで仕事中、ずっと膝が冷えていたのが一気に解消!

フリースの布などでくるんでおくと、朝10時頃入れた熱湯が、夕方までほんのり温かです。
途中でお湯を入れ替えすれば、一日中ホッカホカ。

一升瓶はガラスなので熱湯を入れると割れることもあるので、80℃くらいまでにしておいた方がいいかもしれません。
体温よりやや高い温度くらいでも十分、脚は暖まります。脚さえ冷えなければ、ストーブやエアコン無しでもけっこう快適に過ごせます。
省エネになるし、在宅仕事の人にはお勧めです~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-04-22 23:49 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)
今日は寒かったですね!!
昼過ぎ、外に出ると5℃! 寒かった~~~!
4月と言うのにこんなに寒いなんて!!

しか~し、うちの中は暖か!

うちは床に断熱のマットを敷いたり、窓にプラダン(プラスチック段ボール)を入れたりして、家全体の断熱効果を高めているので、築23年の家にしては寒さを入れこまないような造りになっています。

そして、今年はさらに、玄関に内ドアを付けました!
今までは玄関から上がったところにカーテンをかけていました。
b0019674_0275861.jpg

↑これがうちの玄関。
ピンクの波線がカーテン。これだけでも玄関の寒さを家の中に入れないようにはなってましたが、出入りがすごく不便でした。
ここがドアのほうが絶対行き来が楽だし、ちゃんとしたドアにしたいなあとずっと考えていました。

この玄関の内ドアというのは、北海道では当たり前についています。夫の実家にもついていて、そのドア一枚隔てただけで、暖房効率が上がり、暖かく過ごせます。
去年から義母と同居になり、北海道でずっと暮らしていた義母のためにも、この冬は家を暖かくしたかったので、内ドアを設置することにしました。

それがこれです。閉じたところ。
b0019674_0334381.jpg


開けたところ。
b0019674_0351329.jpg


そして、今日の寒さがどうなったかと言うと、、、
b0019674_0494843.jpg

リビングが20℃で、トイレの前の廊下が14℃、玄関の内側が8℃でした。
(外気温5℃)
すごい、すごい!!
内ドアが無かったら、トイレ前の廊下も8℃だろうし、リビングも20℃にはならなかったと思います。

玄関の内側にドアを一枚入れて断熱するって、ホント大事だと思います!

玄関は家の中の冷却装置と言われるくらい、ここから冷気が入ってくるし、家の中の暖気が抜けていきます。
厳寒期には玄関の断熱、大事です!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-04-08 23:42 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

手作りサイクロン掃除機

サイクロン方式の掃除機は吸引力が強いから買い換えようかなあ、なんて考えていたのだが、高いのでちょっと迷っていた。
そんな時、木工をやっている友達がサイクロン掃除機を自作した、と言うではないか!

な、なんですって!? サイクロン掃除機が自作できるの!?
ネットで検索すると、なんと、いろんな人がいろんな工夫をして自作しているではないか!
ペール缶と普通の掃除機を組み合わせて作るのが一般的みたい。
http://www.wood-base.com/tools/cyclone.html

いくつかのサイトを見て、「理屈はわかったぞ!」と夫は大興奮。まさに「ユリイカ!」と叫んで走り出すような勢い。昨夜のうちに、家にあるもので試作品を作ってみた。

それがこれ↓↓↓ ハンディ掃除機をサイクロン化してみた。アイスクリームカップを使っただけなんだけど、ちゃんとゴミがクルクル廻って落ちていく。
b0019674_19551.jpg

うちは猫砂と猫の毛を取るため、仕事場ではハンディ掃除機を使っている。でもフィルターがすぐに目詰まりして吸引力がガックリ落ちるのが難点だった。

この試作品では、隙間から空気漏れがあるし、まだまだ改良の余地がある。でも、それでもハンディ掃除機がサイクロン化できるとわかっただけでも嬉しいわ!

普通の掃除機のほうもサイクロン化してみた。こちらは水差しとホースを途中に設置しただけ。
b0019674_117141.jpg

これもまだまだ改良の余地があるけれど、吸引力がアップしたのは確かみたい。

オットは工夫好きだから、これからさらに工夫していいモノにしてくれるだろう(と願っている)。
途中で飽きなければ、すごくいいモノができるはず。みなさん、飽きないように、祈ってくださいませ。
よろしくお願いいたします(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-04-21 01:28 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(2)

接着剤の汚れを落すには

接着剤が容器や壁に残っていると、べとべとしているので埃がついて黒い汚れになる。
これは、デザイン会社や印刷会社関連の人なら必ず使う、ソルベックスという溶剤で簡単に取れるのだけど、一般の方はあまり知らないかな。

うちにはもう何年も前に買ったソルベックスがまだ残っているので、接着剤の汚れはそれで落としている。
でも、これが無い家だと大変だろうなあ・・・。

ソルベックスは、以前はペーパーセメントを使って、はみ出したとき、それを落すのに使っていた。
でも今はペーパーセメントも使わなくなったし。

そもそもペーパーセメントという接着剤を使うのは写植を貼ったり、なにかのカンプを作ったりするときだった。30年前は主流の作業だ。漫画家にはあまり縁のないものだったけれど、私は自分で写植貼ることもあったなー。(編集部に行って、その場で貼らせてもらったり)

今はパソコンでレイアウトから文字から、全部モニター上でやってしまうから、ペーパーセメントもソルベックスも使わなくなった。うちに一缶あるソルベックスは、値札の貼ってあった跡を落したり、コピー機の汚れを取るくらいだ。

でも、あるとやっぱり便利。今日もボトルの汚れを落としてすっきり!
汚れが落ちていく過程って、ホントすっきりするわ~。ストレス解消になるなあ!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-04-05 00:58 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(2)