「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

雪の中の露天風呂

05/02/28/月曜
昨日は旭川でした。
しんちゃんの弟さんの家に、露天風呂があるというので、さっそく入ってきました。
この日、外はマイナス10度くらいだったかな。
屋内の浴室から、ドアを開けると露天風呂が見えます。
b0019674_2212992.jpg

お湯が熱いときは、周りに積もっている雪を入れて温度を下げます。
露天風呂ではしゃぐしんちゃんと甥っ子。
b0019674_22131813.jpg

楽しそう~~~。
家の中からはこう見えます。雪がすごいでしょ。
b0019674_2214390.jpg

このあと私も入りました。
屋内の浴室で充分暖まってからドアを開けないと寒いよ、と言われていたので、浴槽で温まり、ドアを開けて、露天風呂に入ろうとしたら!!

な~~んと!! 露天風呂のお湯が抜いてありました!!
甥っ子が、出る前にきちんと抜いていたようです。
露天風呂の水は抜いておかないと凍るので、入ったら抜く、というしつけがこんなところで発揮されていて、私は雪の中、ぬれた体で「お湯がな~~~~い!!」と叫びました。
そしてすぐに屋内の湯船に入って暖をとっていたら、しんちゃんがやってきて露天風呂のお湯をためてくれました。
いや、ぜいたく・・・。
すごいぜいたくなお風呂でしたよ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-28 22:21 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(0)

旭川は雪です!!

05/02/27/日曜
昨夜、旭川へ来ました。
今日は旭川在住の友達、いがらしさんの家に行って、仕事をさせてもらいました。
いがらしさんはイラストレーター、アニメーター、デザイナーです。Macユーザーで、パソコンに超詳しいし、機材もそろっています。

私もイラストの仕事をするために、ノートパソコン(フォトショップ入り)とペンダブレットを持ってきていました。で、でも、ペンダブレットのペンを忘れていたんです!!

これではイラストが描けない!!

それで、昨夜いがらしさんに電話をして、機材を貸してもらい、仕事させてくれ~~と、泣きつきました。
今朝、いがらしさんちに行き、仕事をして、イラスト等を送りました。光ケーブルなのでサクサク送れます。あ~~~、よかった!!
もしいがらしさんと連絡が取れず、機材がなければ、昨夜来たばかりだけど、今朝の朝一の飛行機で帰ろうか、と言っていたのです。しんちゃんのお父さんが入院しているのに、そのお見舞いもせずに帰ろう、と。

でも、いがらしさんちで仕事ができたので、お見舞いも行けたし、弟の康二くんの新築の家も見ることが出来ました。

夜、新築の康二君宅に行きましたが、新築の家っていいですね~~~。
北海道の家はいろいろなアイディアに満ちています。本州の家と考え方が違うんですね。
その様子もいずれ住まいのhintで紹介しようと思います。

さっき、雪が積もっていて、雪かきをしました。生まれて初めての雪かきです。旭川の雪は軽くて乾いているので、雪かきスコップで持ち上げても重くなくてサクサク出来ました。
しかし、それだけ軽くて楽な雪だとしても、30分もやると汗ばんできて、けっこうな重労働。これが毎日続いたり、一晩で50センチとか積もったりする場合はもっともっと大変だろうなあと思いました。
それに加えて、湿って重い雪を移動させるのは大変な重労働だろうなあと思います。
新潟中越地震の被災地の皆様のご苦労を、しみじみ感じました。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-27 22:46 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

北海道に来ています

05/02/26/土曜
今日は帯広のNHK主催のパネルディスカッションに出演しました。
朝の5時半に家を出て、7時40分の飛行機に乗りました。9時過ぎについて、お昼からパネルディスカッション。
終わったのが3時。

それから夕方の5時発のバスに乗って旭川へ。
帯広→旭川間は、バスで3時間半でした。
ふ~~~、遠かった~。

お正月に里帰りしていなかったので、今日が里帰りです。
でもあさってには戻ります。

さっき、旭川はマイナス8度でした。寒くて寒くて、顔が凍えましたが、こちらのひとは「え、今日はあったかいよ」と言ってます。ふ~~~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-27 00:09 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

柚子の化粧水

05/02/25/金曜
去年の11月に柚子の種の化粧水を仕込みました。
焼酎に柚子の種を入れ、2~3か月冷暗所に置いてから、グリセリンを足して化粧水にします。
柚子の種は乾燥させた市販品を使いました。
b0019674_20223789.jpg

実家のある宮崎県西臼杵郡日之影町の、日之影温泉駅の売店で売っているものです。
柚子の種を集めるのって、けっこう大変なので、こういう乾燥した種を買ってくると簡単ですね~。
焼酎に漬け込んだものがこれ。
b0019674_20241619.jpg

これを、化粧水の空き瓶に入れて、グリセリンを足して化粧水にします。
超安く出来るので、体中バシャバシャつけています。
香りもよくて、いいですね~~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-25 20:28 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

小さな石けん

05/02/24/木曜
サンプルでもらった小さな石けんがたくさんあって、お風呂で使うにも、小さいと使いにくいので、溶かして数個を固めてみました。

石けんを包丁で細かく刻み、耐熱容器に入れ、水を適当に加えて電子レンジで加熱。
一回ではうまく溶けなかったので、二度目に加熱したあと、網ですくってスプーンで裏ごししてみました。
あと、お湯を加えてくるくるかき混ぜたら、こんな感じに。
b0019674_21491692.jpg


冷えて固まったら、こんな風に持ち上がりました。
b0019674_21494169.jpg


小さなサンプルの石けんなので、石けん分そのものはこんな大きな塊の石けんよりだいぶ少ないわけです。柔らかくてすぐ溶けそうなので、今日、これで髪を洗ってみようかな。
元の石けんは松山油脂の洗顔石けんです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-24 21:57 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

警官の身の安全

05/02/23/水曜
東京・台場で薬物中毒の男が交通事故を起こし、車の中で金属バットを振り回し、警官にも殴りかかろうとし、パトカーで逃走を図ったという事件が起きた。

そのとき、警官二人が金属バットを振り回す男から逃げる様子がテレビで放送されて、「警官が逃げるとは何事だ」と、批判されているという。

だけど~~~~、金属バット振り回している男に対して、向かって行け!と言うの?
ある夕刊紙では、「間合いを取るための後退ならともかく、背中を見せて逃げたのは“敵前逃亡”とみなされても仕方ない」と書いている。

だけど~~~~、間合いを取るといっても、私もあの映像は見たけど、男が全速力で走って追いかけてくるのを、間合いを取りながら背中を見せずに後退する(つまり後ろ向きで走るってことでしょ??)って、そんな速く後ろ向き走りが出来る人、この地球上にいるのか??

金属バットを振り回して全速力で走ってくる男からは、全速力で離れないと、殴られると思うけどな。
しかも、警官はちゃんと後ろを見ながら走っていて、全速力でただ単に逃げているのではなく、男の動きを見ながら離れている、と私には見えたけどなあ。
あんなの、機動隊みたいな金属製の盾を持っていないと、素手では立ち向かえないでしょう~?

この警官は交通課の警官ということで、拳銃は所持しているのかな?
もし拳銃を携行していたら、すぐぶっ放せばよかったんだろうか?
携行していなかったら、自分の身の安全を確保するために逃げるのは当たり前ではないか、と思うんだけど。

そもそも、この警官たちは「交通事故が起きた」という通報で近寄って行ったら、男が金属バットで暴れ始めた、ということらしい。

ここで警官が金属バットで殴られて怪我をしたり、最悪の場合、殉職したら、すごくほめられるんじゃないだろうか。

パトカーのキーをつけっぱなしで男の様子を見に行った、というのが責められるのならまだわかるけど、金属バットを振り回している男から逃げたことを責められるって、気の毒だと思う。
警官だって自分の身を守る権利はあると思う。
そして、結果的には捕まえたんだし、怪我をしないで捕まえられてよかった、と言うべきではないかと思うんだけど。

この警官たちを責める人、あなたたちは絶対、金属バットを持っている人に対して、「やめなさい!」と叱り飛ばして素手で捕まえてね! できるはずですよね?!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-24 01:40 | Trackback | Comments(0)

女性の年齢は7掛け

05/02/22/火曜
掲示板でちょっと話題になっているのが、「女性の年齢は昔の人の7掛け」というもの。
今の人は身も心も若くて、昔の40歳より今の40歳のほうが断然若いですよね。
だから、実年齢の7掛けくらいの気持ちでちょうどいい。40歳なら、28歳、ってことです。

確かに、昔『人生50年』と言っていた時期の40歳と、平均寿命80歳という時代の40歳じゃ、見かけも気持ちも全然違うと思います。

寿命が五十歳だと、折り返し地点は25歳ですよね。
でも今は平均寿命が80歳以上(女性)。
てことは、折り返し地点が40歳ですもんねー。

昔の25歳って、確かに写真とかで見ると、すごく落ち着いていて大人っぽい。
今の40歳は、すごく若々しいです。まあ、悪く言えば子供っぽいってことだけど。

今の人は昔の人より7掛けでいい、ってのは確かに当たっていると思う。

でも、女性だけ7掛けはちょっと不公平。男性は8掛けくらいでいいんじゃないかな。(てへっ、ちょっと都合よすぎだけどね(^^♪)
40歳だと32歳。
なんで女性が7掛けで男性は8掛けかというと、女性のほうが外見にかける費用や気力がやっぱり男性より多いと思うから。
まあ例外はあるでしょうし、これからは男性も外見にお金や時間をかける人も増えてくると思うけど、今のところは女性のほうが外見を気にする割合が高いので、外見の老け具合が男性より遅いと思います。
という理由で、女性7掛け、男性8掛けの法則。どうでしょうか。ガッテンしていただけるでしょうか。
ガッテンガッテンガッテン・・・。って、いつの時代の反応だ??(いや、まだ番組は存続してますけどね)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-22 22:35 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

ィ横浜中華街

05/02/21/月曜
今日は神奈川県戸塚で講演でした。
200名くらい集まっていただいて、盛況でした。来てくださった皆さん、ありがとうございます!
本の販売もしてください、ということだったので、オータさんも売り子さんとして来てくれました。

さて、終わってから、ィ横浜中華街へ行き、謝甜記というお粥屋さんでおかゆを食べました。
私は野菜粥、しんちゃんは八宝粥、オータさんは鶏粥。それに酢豚と水餃子を取って食べたんだけど、どれもウマ~~~~~!! あ~、シアワセ~~~!!
お粥って、日本の伝統的な白粥ではなくて、味がついていて、超ウマ~~~!
美味しかった~~~。

この店は数年前に中華街へ行ったとき、店の前を通りかかったしんちゃんが「匂いがいい。ここはうまいはずだ」と言って入ってみたんだけど、ホントに美味しかった。
しんちゃんのうまいもの嗅ぎ分けセンサーは、本当にすごい!
店構えはごくふつうで、どちらかというと地味。でも匂いがいいんだって。(謝甜記は1号店と2号店があって、2号店のほうが美味しいような気がする、、、のは気のせい??)

お粥を食べた後、中華街をちょいと散策して、お買い物をしました。
今日買ったのは、なんとチャイナ服(上だけ)。
b0019674_21241068.jpg

それと、な、なんと、ドラゴンの刺繍のあるジーンズ!!
やはりィ横浜に来たら、ィ横山剣の歌う「タイガー&ドラゴン」にちなんでドラゴンの刺繍入りの服を買いたいじゃないですか~。今度のライブに着ていきたいし。
b0019674_21254570.jpg

そすて、そすて、不良おばさんなら絶対はきたい刺繍入りミュール!!
全体のコーディネートはこーでねいとね。
b0019674_21263382.jpg

おほほほほほほほ!! 年を考えぬ暴挙と笑うがいいわ!! 年なんて関係ないのよ!! てやんでぃ! こちとら初老はとっくにすぎているんでぇいっ!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-21 21:36 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

ものは言いよう

05/02/20/日曜
リフォーム関連の番組を見ていると、ふと、家を建てたときのことを思い出しました。

家を建てて、しばらく住んでみると、ちょっとした不都合が見つかるときがあります。それを、住宅メーカーに電話して告げると、補修や修理をしてくれました。

一つ思い出したのは、釘の先が出っ張っていて危ない箇所があったときのこと。
確かに棚の上で死角になっているところだから、見えないんだけど、モノを置くときに、知らずにいると、手が引っかかって切れそう。とても危ないので、
「これ、危ないですよ、釘の先が出っ張ってるんですよ」
と苦情を言いました。
すると担当の人は
「うーん、ここをやったのはベテランの人で、うまい人なんですけどねえ・・・」

思わず、「うまくてこれかよ!!」と言いたくなったんですが、ことを荒立てるのもどうかと思って、その突っ込みはやめておきました。

他にも何か不具合があるところの苦情を言うと、ほとんど100%の確率で、「これをやったのはうまい人なんですけどねえ・・・」という答えが返ってくることに気づきました。
これは家関係に限らず、衣類や料理なども同じような気がします。

でも、うまい人がやったんですよ、という返事の仕方は、どうなんだろう?
私なら「うまくてそれかい!!(怒)」ってなるんだけどな。

「うまい人がやったんですけどねえ・・・」という、最後の「けどねえ・・・」というところが味噌だとは思うけど、でもやっぱり、「うまいひとがやったんですよ」というのは、私は返答としてはあまりいいとは思えないんです。

「うまい人がやったのにもかかわらず不具合があった」ということは、そのうまい人がうっかりしていた、ということでしょ? または、もしかしたらその人が手を抜いたのかもしれない。それは、私はちょっとムッとするなあ。

「あ、すみません、それ下手な人がやったんです」というのはどうかな?
これはにムッとする人も多いかもしれないけど、私は逆にこっちのほうがまだいいような気がします。

まあ、こんなにストレートに「下手なやつがやったんで我慢しろよな」というような、そんな言い方ではなく、
「あ、すみません、それまだ慣れていない新人の子がやったもので、すぐベテランのうまい人にやり直させます」と言うと、私はすごく気持ちがいいんですけど。

実際にうまい人、ベテランの人がやったとしても、「新人がやったので、すみません」と言ったほうがいいような気がするなあ、私は。

私としては「ああ、なれないひとがやったのならしょうがないかな。ベテランさんがやり直してくれるのなら、そのほうがいいわ」と思えるし。
ものは言いようだと思います。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-20 21:01 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
05/02/19/土曜
今日は秦野市で講演でした。朝5時に家を出て、車で2時間半くらい。7時過ぎに着いて、9時半からの講演でした。みなさん喜んでくださって、よかったよかった。

帰ってきて、夜にまたシフォンケーキを焼きました。
今回は市販のミックスではない、自分のレシピの紅茶シフォンケーキ。
紅茶はやはりアールグレイが香りがよくて美味しいはず。

で、焼いてみたら、ちゃんときれいに膨らんで、こんな感じ。
b0019674_053568.jpg

左下にあるのはミニシフォン型。シフォンケーキは泡が消えないように手早く手早くやらないといけない。ボウルの生地を型に入れて、ささっとオーブンに入れる。
ボウルに残った生地を、きれいに残さずこそげ取って小さい型に入れて焼いてみました。ボウルの生地を残さず擦り取るのが目的だから、多少泡が消えてもこれは仕方ない。
出来たのは小さいシフォンケーキ。泡が消えてちょっと硬く焼きあがったけど、まあ、無駄にしなかったということで、良しとしよう。

さて、これくらいの膨らみだと、中身もホント、期待が持てます。
ワクワクしながら型からはずしてみると・・・。

がっちょ~~~ん!!
b0019674_0581051.jpg

な、なんと、表面に大きな凹みが!!
うわ~~、へこむわ~~~・・・。
あんなにメレンゲもきれいに出来て、生地を混ぜ合わせるときもうまく行ったし、膨らみもすごく良かったのに・・・。

でも、味はすごく良かったです!!
しっとりしていて、ふわふわしていて、夫も目を丸くして、「うまい!!」と大喜び。

でも、なんであの凹みが・・・。
実は、一つ思い当たることがあります。
ベーキングパウダーが、古かったんです。いつ買ったか忘れていた缶入りのBPが出てきて、古いBPはちょっと反応が進んでいるので膨らみにくくなっている、というのを聞いたことがあるんだけど、まあ大丈夫だろう、なんて思って使ってみたんです。
膨らみ悪かったら、掃除用におろせばいいし、メレンゲがすごくうまく行ってるから、メレンゲの力でけっこう膨らむだろうし、ま、使ってみるか、と思って。

いや、やっぱり古いBPは使わないほうがいいですね。
あのBP、これで心置きなく掃除用に使えるわ!!

さて、タイトルの「赤毛のアンになったみたい」というのは、確か、赤毛のアンだったと思うんだけど(少女パレアナのほうだったかな?うろ覚えですが)、アンがケーキを焼くと、でこぼこに膨らんでしまって、凹みが出来るんです。まさに私の今日のケーキのように。

お客様をもてなさなくてはならないのに、ケーキが大失敗!! どうしよう!! と悩んだ彼女は、そのへこみに野の花を摘んできて飾って、きれいなケーキに変身させるんです。お客様はそれをみて、なんてきれいなケーキ! と喜んでくれる、という話だったと思います。

アンだったかなあ、パレアナだったかなあ、あ、もしかしたら大草原シリーズのローラだったかな?(ローラがルパーブのパイに砂糖を入れずにすっぱいまま作ってしまった、という話はあったけど)
もしかしたら、いろんな話を私が勝手にミックスしているかも。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-02-20 01:12 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)