「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2005年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

コメントへのレス

05/08/31/水曜
ブログに直接コメントが付けられるようにしたら、やっぱりBBSに投稿より、たくさんコメントを頂いております。ありがとうございます。

よく行くブログのオーナーは、全てのコメントにレスをつけていて、あれは楽しみですよね。
だから私も、と思っていたんですが、うう、なかなかレスが付けられません。ごめんなさい~~~。

全部読んでいますからねっ!
そして、今日、少し、前のコメントにレスを入れましたから、見てくださいね。
一人ひとりにレスを入れると、コメント数がアップするんですが、ちょっと時間なくて、一つのレスに数人ずつ入れました。一人一個のレスもありますが、文章量が長くなるとコメント欄が見づらくなるかな? と思って分けただけで、特に意味はないのですが・・・。

それにしても、全ての方にレスをつけているブログオーナーの真摯な姿勢には頭が下がります。
私もこつこつレスを入れますね。
でも、まとめレスになるかも…。そのときはごめんなさい。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-31 22:22 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(5)

すばらすぃ~~~!!

05/08/30/火曜
今日、素晴らしいことが起きました!

旭川の義母が、ビデオチャットに挑戦したのです!!
義母は71歳なんですよ!

昨日は、まずパソコンを立ち上げるところから始めました。電話で、「お母さん、まずパソコン本体の電源を入れるスイッチを押して」
「え、どれ?」
「テレビ画面みたいな(モニターのこと。でもモニターではわからないので)、画面の横に、箱があるでしょ。その箱の前面の真ん中へんに、丸いボタンがあるから、それを押して」
「あ、はいはい」

そして電源が入り、パスワードを入れる画面が立ち上がると、
「パスワードを入れてくださいって出たよ」
「うん、パスワードは●●●●なんだけど、アルファベットわかる?」
「え、なに?」
「あ、ローマ字、ローマ字わかる?」
「うん、わかるよ」

例えば、パスワードがpasokon(パソコン)だとしますよね。

「まず、パソコンって打つんだけど、P、A、S・・・・」
「ちょっと待って、ぴーはどこにあるんだか・・・」
「ピーはね、数字のゼロの右下にあるよ」
「あ、はいはい」
「エーは、数字の1の、二つ下にあるからね」
「うんうん」
と、パスワードを入れるのに一苦労。

マウスを使ってカーソルを動かすのも一苦労で、多分、マウスをずっと同じテーブルの上でずーーーっと移動させているので、場所がなくなって、どうやって移動させるかが、大変なのだと思います。

マウスのボタンを、右クリック、左クリックというのも初めて聞く言葉だからわからないので、使えません。
キーボード、と言う言葉も使えません。
カーソルと言う言葉も使えません。
もちろん、カーソルをどこそこにあてて左ボタンを押しながら色を反転させる、なんて表現も使えません。

パスワードを入れる窓にカーソルを入れてワンクリックしてもらいたかったのだけど、それが出来ず、昨日は強制終了しました。
(コントロールアルトデリータではなく、本体の電源スイッチを長押しという非常手段です)

そして、昨日の段階では、まずいろいろ準備をしてから挑戦してもらおう、ということになり、いくつか準備をしました。

まずは キーボードの絵を描いて、そこによく使うキーの名前を入れ、太線で囲んで、重要なことだけ覚えてもらうことにし、ファックスしました。
エンターキー、マウスの形状と右ボタン、左ボタン、手の置き方などを書き、あとはパスワードを大きく書いて、併記してあるひらがなも入れて、P(せ)、A(ち)、S(と)、K(の)と、書いてファックスしました。

それが昨日。

今日は、夫の弟の康J君も来てくれて、康J君が教えながらパソコンの立ち上げをしました。
そのあと、康J君と一緒にビデオチャットも練習しました。K平もいましたよ(^^)
そばに息子と孫がいるし、教わりながら、義母もなんとか出来ました。

ここまでは普通(いや、年齢を考えるとここまでできただけでもすごいんですけどね)。

しかし、このあとがお義母さんのすごいところです。康J君が帰ったあと、また一人で挑戦したのです!!

康J君、K平、義母と、ビデオチャットでしばらく話をして、それも終了し、やれやれ、よかったね、と夫とも話していたところ、電話がかかってきて、
「一人でやってみる」というのです。もうすでに康J君、K平は帰っています。たった一人で挑戦するというのです。

パソコン関係のことって、教わってすぐに頭に入るなんて、よほどなれた人だけです。
生まれて初めてパソコンをいじり、アルファベット配列もまだ知らない義母が、一人でビデオチャットに挑戦するんですよ!

電話しながら、昨日練習したパソコン立ち上げをやりました。パスワードを入れるとき、入れ間違って、「もう一度いれてください、って出たよ」と、一度失敗はありましたが、間違ったパスワードをバックスペースキーで消すことにも成功!

そして、新たにパスワードを入れました!

そうしたら、電話の奥からウインドウズが立ち上がるときのあの音楽ちゃらりらり~♪が聞こえてくるではありませんか!!

「お義母さん、やったね!! パソコン立ち上がったよ!!」
「うん、これは出来たわ」
心なしか、義母の声は得意げでした。

そして、いよいよ、ウインドウズメッセンジャーにサインインし、ビデオチャットをやらねばなりません。
このサインインにまた時間がかかりましたが、なんとかうまくサインインし、ビデオチャットにつながるまで、30分ほど悪戦苦闘しながら、ようやく会話できましたよ!!

あ~~~~~~~、感動!!

お義母さん、すばらしい!!

71歳で、生まれて初めてパソコンいじって、その日と次の日のうちにビデオチャットが出来るようになった人なんて、世界中にお義母さんしかいないと思います!!

お義母さん、頭いい!!
すばらすぃ~~~~~~~~!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-30 23:07 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(3)

甥っ子続き

05/08/29/月曜
昨日の甥っ子の話は大うけでした。
私の姉もそれを読んで、「いつ真実を告げるの?」と心配そう。
姉の娘(私の姪)は、小学校6年生のとき、姉が「本当はサンタクロースはいないんだよ」と言ったら、
「ええっ!!???」
と、ものすごい驚愕の表情を浮かべたそうです。

姪は6年生までサンタクロースがいると信じていたんですが、今は信じていないみたい。
でも、私は今も、サンタはいるって信じていますよ、ホント。
ただ私はクリスチャンじゃないので、うちには来ないと思ってます。敬虔なクリスチャンの方の心の中には、信じている宗教の教祖様の誕生日は愛と慈しみと思いやりがあふれ、それがサンタクロースという形となって現れるのである、と私は思います。
でも、うち、クリスチャンじゃないので・・・。

うちはお釈迦様が象に乗って現れたりするから。(でも、私視力が超悪いので〔0.01ない、と20年前に言われて、それから視力はどんどん悪くなっていってますから〕、お釈迦様が現れても見えないことが多いんですね(^^))

さて、甥っ子の話の続きです。

甥っ子K平は呪文を3回唱えたんですが、即効性を出すためには、手の動きをつけろ、と夫・しんちゃんに教わりました。

手の動きとは、左手の小指を下に押し下げながら「コントロール」、薬指を下げながら「アルト」、右手の人差し指を右斜め上に持って行って「デリータ」と言うのです。
この手の動きが付いていれば、3回唱えなくてもOKなんです。

K平はオータさんにこの呪文をかけて効き目があったので、夫のことをずいぶん信頼しているようですよ。ふふふ、素直だなあ。

しかし、この話は、実はもっと古い歴史がある話なんです。
きっかけは、K平のお父さん(私の夫の弟にあたります)の康J君が子どものころにさかのぼります。

夫の父は消防士でした。
夫と康Jくんが小さいころ、ちょうど最初のウルトラマンが始まったころです。

消防士の団長として活躍していたお父さんの同僚が、ある日康J君にこう言ったそうです。

「お前のお父さんは地球を守る仕事をしているんだぞ」
(ある意味当たってます)

「えっ、ホント?」
「ああ、お父さんはウルトラマンなんだぞ」
「えっ!!」
「秘密だからな、絶対誰にも言っちゃいかんぞ」
「うん!!」

と、当時まだ小さかった康J君はそれを信じたそうです。
けっこう、消防団の部下などが、康J君にその話をこっそりしたので、康J君、本当に本気にしていたそうです。

そして時は流れ、康J君に息子が生まれました。
康J君は息子K平に、「お父さんの仕事はウルトラマンなんだ」と、まじめな顔で教え込みました。
子供のころのあだを返したかったのだそうです。
(でも、消防士の仕事って、確かに地球を守ってるんだからねー。ウソじゃないよねー)

康J君はK平に、このことを秘密にするように、と約束させました。
「これは秘密だから、絶対誰にも言っちゃダメだぞ。男と男の約束だぞ」
「うん!」
K平は今もこの約束を守っています。(ちょっと破ったときもあるけど、それはほれ、呪文唱えてるし)

私ねえ、この話、感動するんですけど。
お父さんから康J君、そして康J君から息子に受け継がれる、壮大なストーリー。
ちょっぴりジーンとなるんですよね・・・。

康J君は役所に勤めていて、土木や水道や、市民の生活になくてはならない部署で、いろんな仕事をしています。ある意味、地球を守る仕事なんです。
まさに、ウルトラマンと同じ仕事なんです。全然ウソはついてないんです。
いい話でしょ~?
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-30 00:30 | つれづれ日記 | Comments(7)

甥っ子

05/08/28/日曜
今日は八街市主催の講演でした。男女共同参画について、と言うテーマでした。例によって楽しく、観客の方も楽しそうに話を聞いてくれました。

さて、本題の甥っ子の話。
私の甥っ子は小学校一年生。可愛いんだな~、これが。
夫の弟夫婦の子どもです。名前は一応匿名性を出してK平。

さて甥っ子K平はは、自分のお父さんの仕事を、ウルトラマンだとまだ信じています。
だって、お父さんはじめ、回りの大人たちがみんなで「K平のお父さんはウルトラマンなんだぞ」と小さなころから言い聞かせてきたのです。

朝、背広を着てネクタイを締めて出勤しているのは仮の姿。本当は東京でいろんな怪獣を相手に戦っているのだ、と、家族全員で言い聞かせてきました。

このことはずっと秘密で、誰にも言っちゃいけないぞ、と言い聞かされているので、K平は幼稚園でも小学校でも、友達には絶対誰にも言っていないそうです。
でも、時々大人が、「K平のお父さん、地球を守る仕事をしているんだってな」と聞くと、K平はすかさず人差し指を口にあてて「しーっ、秘密なんだよ。誰にも言っちゃダメなんだよ」と言います。

「だよね、秘密にしとかないとね」と、私もK平が秘密漏洩しないよう気を使っています。

先日、夫が帰省しているとき、オータさんも出張で一緒に旭川へ行き、PCの設定などをしてきました。
オータさんが「K平君のお父さん、地球を守る仕事なんだって?」と聞いたら、どうも彼はそのことを言いたくて言いたくてしょうがなかったらしく、「秘密なんだけどね」と前置きしながら、いろんな話をしてくれたそうです。

そのご、K平はどうもそのことを後悔したらしく、夫に「オータさんに話しちゃった・・・」と、気落ちした様子で告白したとか。

それで夫が、「そういう時、オータさんの記憶を消す呪文があるから教えてやる」と、ある呪文を教えました。
この呪文を唱えると、記憶が消え、最初の設定に戻るのです。

その呪文とは・・・・・・・。

コントロール・アルト・デリータ...
コントロール・アルト・デリータ...
コントロール・アルト・デリータ... 

です。

これをオータさんの前で3回唱えれば、記憶が消えてしまうのです。

K平、オータさんの前でこっそり小声で唱えていたそうですよ!
しんちゃん、やるなぁ!!

そして、オータさんからの追加ネタ!
以下、オータさん談
(K平が呪文を唱えたあと)
私が「うっ」と頭を抱えて少し苦しんだ後、「覚えてる?」と聞いてきたので「なにが?」「と言うと、「嘘ついてない?」と最初は突っ込まれましたよ~(笑)

で、「え?何が?」とまた言うと「ひみつ…」というので「え?なに?秘密って!?」と答えると、嬉しそうににこ~~~って笑ってました~(笑)



だそうです!オータさんありがとう!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-28 22:24 | つれづれ日記 | Trackback(1) | Comments(5)

同窓会

b0019674_19315093.jpg

05/08/27/土曜
今日は高校の同窓会が東京でありました。久しぶりに会う同級生。懐かしい~~~!
今回みんなで決めたことがあります。かつての同級生の名前が出たら、女子なら必ず「あ、あのきれいな」とつけること!
男子なら必ず「あのかっこいい」とつけること!これがルール。と決めました。
みんな守るように!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-27 19:31 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

冷汁食べたいなあ

05/08/26/金曜
今日のタモリ倶楽部、ぶっかけ飯がテーマでした。
ご飯に味噌汁かけたもの、ソースをかけたもの、水だけかけたもの、いろんなぶっかけ飯を紹介していました。

ぶっかけ飯ときたら、冷汁ははずせないですよね!
冷汁とは、私の出身県、宮崎の郷土料理の一つです。

子供のころはただ単に冷ご飯に冷たい味噌汁をかけただけのもの、と思って「ちょっと貧乏臭いよね~」なんて思ってましたが、ちゃんと作るとすっごく美味しいんですよ。

冷汁にはいろんなつくり方があります。
でんでんでんの冷汁
これも美味しそう~。

それから椎葉村の冷汁もいいですね~。

大葉やミョウガ、オクラ、きゅうりを入れて、氷を浮かべても涼味アップ!
いや~、食べた~~~い!
なんか、ちょいとホームシックなのかも。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-27 01:38 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)

セロリの葉っぱ

05/08/25/木曜
今夜の夕飯は一人だったし、簡単にすませました。
そうめんをゆでて、薬味にはねぎとミョウガ。
それに完熟トマト。
セロリの葉っぱと海藻を入れた酢の物。
海苔。ハム。

この中で、セロリの葉っぱの酢の物は、私は大好きだけど、嫌いな人多いだろうなあ。
セロリの本体というか、茎部分ですら嫌いな人が多いのに、葉っぱはホントかなり香りがきついので、食べない人もいるらしい。

もともと私は香味野菜が好きだから、セロリの葉っぱはよくお味噌汁のねぎ代わりに使ってました。これがうちに来るアシスタントさんにも好評だったんです。
味噌汁の青味にセロリの葉っぱって、気が付かない人もいましたよ。
セロリ大嫌い、という女の子も来ていて、そのことを知らずにセロリの葉っぱ入り味噌汁を出したら、その子は全然気づかずに食べきりました。

あとで「あの野菜なんですか?」と聞くので「セロリの葉っぱだよ」と教えたら超びっくりしてました。味噌とセロリの葉っぱって合うんですよねー。

あ、そういえばセロリにピーナッツバターをつけて食べる人もいますよね。ハワイの友達がそうやって食べてました。
ピーナッツバターって、香りがちょっとお味噌っぽい(ごくかすかな香りだけど)から、合うと思うな。やったことはまだないけど。

今日のセロリの葉っぱメインの酢の物も、香りが立って、私は大好き。細く切って、海藻、ねぎ、ミョウガも入れて、ちょっと甘めの三杯酢で味付けします。

三杯酢がうまく作れないときは、市販のもずくとか、めかぶ(味つきのもの)を入れると、そういうものってたいて味が濃いので、他の野菜をたっぷり入れても全然平気。むしろ濃すぎる味がちょうどいい程度に薄まります。どうしても薄まりすぎた、と感じるときは、塩昆布を少し入れるとバッチリ!

は~、書いていたらおなかがすいて、今もう夜中の1時過ぎているのに、残ったセロリの酢の物、今食べてしまいました。ま、ローカロリーだからいっか~(良くない、良くない)。

今日も旭川のしんちゃんとビデオチャットで仕事の打ち合わせをしました。
b0019674_212569.jpg

これは画面が小さいバージョン。画面をモニターいっぱいに大きくも出来ます。
仕事が終わった後、千葉⇔旭川 だけでなくて、旭川⇔日之影もビデオチャットさせてみました。
日之影の母と、旭川の義母が、数年ぶりに顔を合わせて話をしたんですよ~!
このビデオチャットは二箇所を結ぶだけなので、私は参加せず、日之影⇔旭川だけの会話だけど、盛り上がったそうです。顔を見て話すのは数年ぶりですもんね!
テクノロジーってホントすごいですね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-26 02:19 | 飲む食べる | Trackback | Comments(5)

く~~~~!!

05/08/24/水曜
今日、洗濯をしたら、衣類に細かな紙くずがたくさんつきました。
洗ったものは、昨日の取材のときに使った雑巾10枚くらいと、タオル数枚、私のブラウス2枚、下着、ハンカチ、靴下、そしてしんちゃんのズボン。

まさか!! と思ってしんちゃんのズボンのポケットを見たら、出てきましたよ!!
b0019674_12182.jpg

7千円と、ライターと、レシート!!
このレシートが洗濯機の中で破れて、他の衣類にくっついたんですっ!!

夫は今、北海道。父の具合がちょいと悪いので見舞いに行っているのです。
で、今日からインターネットのビデオチャットが開通。
さっそく、さっきビデオチャットで、「しんちゃんのポケットから七千円とライターとレシートが出てきたよ!」と抗議しました。

そうしたら、なんと「なんでポケットの中を確かめてから洗濯せんのだっ」と口答えするではありませんかっ。

なので、「なんでポケットの中を確かめてから洗濯籠に入れないのよっ!」と当然の反論をしたら、目をそらすんです!!
さすがビデオチャット!! 電話ではこうはいかない。

それにしても、私も「ダメ犬ちゃん夫のしつけ・37のルール」という本まで書いているので、夫が家事を完璧にこなしているようなイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
しかしっ、今もまだ出来ない分野が、「洗濯の前にポケットから物を出して洗濯籠に入れる」ということなんですっ!!

料理はほぼ満点。残り物料理をしないところが難点だけど、味はぴか一。掃除もうまい。
なのにっつ、ポケットから物を出すことがどうして出来んっ!!

ああっ、考えるとむかむかするっ!!
私のお気に入りのブラウスが白い紙くずだらけになったんですっつ!
レシートが入っていたからだけど、それより7千円もポケットに入れっぱなしだったのにも腹が立つわっ!

と、腹立ちをブログにぶつける私であった。
こうやって書くと、ちょっと気がまぎれますね。
今はもうすっかり穏やかな気分。26日に旭川からしんちゃんが帰ってきたら、きっと穏やかに出迎えることでしょう        (ウソ)。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-25 01:24 | Trackback | Comments(12)

久々の換気扇洗い

05/08/22/火曜
今日はNHK出版の取材でした。
11月にNHK総お合のおしゃれ工房に出演するので、そのときにつかうテキストの撮影です。
石けんや昔ながらの掃除方法を紹介します。

例によってとろとろ石けんで換気扇を洗いました。
あまりの汚れ落ちのよさに、撮影しているカメラマンの方も、ライター・編集・ディレクターの方もみんな驚いていましたよ。
「こんなに簡単に汚れが落ちると、快感ですね~」という言葉も。

そうなんですよね~。掃除が嫌い、換気扇洗いが嫌い、と言う人は、汚れがすっきり落ちる快感を知らないんですよね。一度でもその快感を知ると、嫌いになれない。むしろ好きになるんです。
(かといってこまめにするかどうかは別問題。うちは汚しに汚してから洗うのが好きです)

換気扇洗いの様子はおしゃれ工房に詳しく出ますから、今日は換気扇フードの内部の様子を出してみます。

まずセスキ液をスプレーします。
b0019674_22243832.jpg

セスキというのは「セスキ炭酸ソーダ」の略で、商品名は「アルカリウォッシュ」と言います。

セスキ液で汚れが柔らかくなってこすり落とせます。へらやテレカなどでこすると粘っこい黒い油汚れが取れます。
b0019674_22271297.jpg

でも、なんせ、何年もほったらかしている換気扇と壁面。やっぱり石けんを使わないとね。
というわけで、とろとろ石けんをつけたスポンジで汚れをこすります。
b0019674_22322162.jpg

b0019674_2233239.jpg

ほ~ら、汚れおちたでしょ~?
b0019674_22334444.jpg

あとは雑巾で拭けば終わり。その雑巾と、スポンジがこれ。汚れているでしょ~?
b0019674_22343854.jpg

これに石けんをつけて洗濯板で洗いました。
b0019674_22361634.jpg

洗い上がりがこれ。きれいになりました!
b0019674_2236515.jpg

お気づきでしょうが、私はこれを全て素手でやっています。あとでクリームやオイルなどをつけておけばカサカサもしません。でも肌が弱い人は手袋をしたほうがいいかもしれませんね。

石けんパワー、やっぱりすごいなあ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-23 22:38 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(8)

物は言いよう

05/08/22/月曜
思っていることをそのまま口に出すと、いけないなあ、と思います。
素直に気持ちを表現するのはいいことだけど、それは「いい気持ち」を表現すればいいんじゃないかな。
悪い気持ちや、ネガティブな気持ちを素直に表現するのは、聞かされた人は困りますよね~。

ネガティブな気持ちだけでなく、こんなこと言ったらマズイよね、ということも、できるだけいわないようにしたいなあと思います。

友達にこんな話を聞きました。
A子さんがある会社に電話をして確認事項を確かめようとしたら、担当者のBさんがたまたま不在でした。
A子「Bさんに○○の件を伺いたいのですが」
他の社員「あーー・・・、Bから話は聞いてるんですけどねーーーー、私じゃわからないですよーー。またあとで電話してくれますかねーーー」

うひゃ~。
これ、口調が伝わらないんですが、なんかもうやる気の感じられない、ゆーっくりした口調で、A子さん、心の中で「こんな仕事ができなさそうな人が担当者じゃなくてよかった・・・」と思ったそうです。

ま、その人が本当に仕事ができるか出来ないかはわからないけど、でも、少なくとも、最初の「あーーーーー」という言葉は入れないほうがよかったでしょうねー。

それから、「私じゃわからないですよーーー」というのも不必要ですよね。
わからないのは事実かもしれないけど、あえてそれを言う必要はないと思うんだけど。
例えば、「あ、その件ならうかがっております。今担当のBがおりませんので、戻り次第お電話差し上げます」とか、それくらいのことをてきぱきと言ってくれるだけで印象がガラッと変ります。
ホント、物は言いようです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-08-23 01:39 | 言葉 | Trackback | Comments(2)