漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2005年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今日は早く寝ます

05/09/29/木曜
このところ徹夜、半徹夜が続いたので、今日は早く寝ます。
やらなきゃならないことがたくさんあるんだけど・・・。
すみません~~~(‐人‐)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-29 23:29 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)

お彼岸も過ぎました

05/09/28/水曜
暑さ寒さも彼岸まで。
そんな言葉はもう通用しないよ、彼岸過ぎても暑い暑い、と思っていたんですが、やっぱりお彼岸過ぎるとちょっと涼しいですね。

今朝は夏の服装では寒いくらいでした。

9月6日の台風の被害で、うちの倉庫が流されたんですが、その後片付けに行ったしんちゃんが、携帯電話を壊してしまいました。
それは、後片付け(と言うより、倉庫の取り壊し作業だったんですが)のとき、汗だくになって、携帯がびしょぬれになったんです。
汗でぬれたおかげで、携帯の中に塩分が入ったんじゃないかなあ。

電話番号を入れても表示されなかったり、受信はできるけど発信が出来ないとか、いろんな不具合が出てきて、これは買い換えるしかないかもと、今日、AUのお店に持って行きました。

買い換えるつもりだったけど、お店の人が一応どこが悪いか調べてみた方がいいですよ、と言ってくれて、今検査中です。代替機も貸してくれて、いや~、親切。
修理がきくといいなあ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-29 03:03 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

小話

05/09/27/火曜
今日はまた、父の教えてくれた小話を一つ。

私は父親っ子で、小学校に上がる前まではいつも父の布団に入って寝ていました。
そして、いつものように父の布団で一緒に寝ていると、父が「今日は話をしてやる」と言うのです。

「昔、昔、入れ歯の人がおったとじゃ」
「うん」
「はなし」

「・・・・・・・・?」

「歯無し、はなし、話しじゃ」

終わり。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-28 00:33 | 言葉 | Trackback | Comments(3)

牡丹餅とお萩

05/09/26/月曜
今日は父の初七日。もう1週間たったのかー・・・。
夢のような一週間だったなあ。
お彼岸に亡くなるのはいい人だ、ということです。
毎年お彼岸に、先祖の供養をするときに、「お父さんはお彼岸に亡くなったのよね」と、すぐに思い出せるって、いいことですよね。

さて、お彼岸といえばおはぎとボタモチ。

春、牡丹の花が咲くころに作るのが、ボタモチ。これはちゃんと牡丹餅と変換できました。
秋、萩の花が咲くころに作るのがおはぎ。これもお萩と変換できます。

というのはよく知られたことですが、では、こしあんで作る場合と、とつぶあんで作る場合はどう呼ぶのか、違いを知ってます?

春は小豆の皮が硬くなるのでこしあんにするんだそうです。だから、春の牡丹餅はこしあん
秋は小豆の皮が柔らかくなるのでつぶのままあんにして作るので、秋のお萩はつぶあんだそうです。
先日、JALの機内誌の「茶の子ばなし」というエッセイでこの話を読みました。

なんとなく、「ボタモチ」という語感から、庶民的な感じがして、ボタモチがつぶあん、「おはぎ」のちょっと優しい語感からこちらがこしあんだと思い込んでいました。逆だったのですね。

また、おはぎには他にもいろんな別名があるそうです。
おはぎは餅をつかずに練って作るので、音がしません。だから「隣知らず」という別名もあるんですって!

それから、搗かずに作る⇒つき知らず(月知らず)ということで、「北窓」。なるほど~、北側の窓からは月が見えないんですよね。

また、搗く(着く)ところがわからないので「夜舟」とも呼んだそうです。

江戸っ子のしゃれ言葉なんですね。

うちの父が昔教えてくれたしゃれ言葉を一つ。(てゆーか単なるダジャレですが)
美味しいものを食べたとき、「うまかった!」と言って、そのあと「牛負けた」。
馬勝った、牛負けた・・・。

ぶっはっはっはっは~~~~!! 大笑い!! ・・・するのはやはり身内だけか・・・。失礼しました~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-27 00:07 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(9)

締め切り

05/09/25/日曜
突発的なことが重なり、締め切りを延ばしていただいた仕事がいくつかあります。
それを少しずつやっています。
今日は徹夜になりそうです。

徐々に生活は元に戻りつつあります。
気持ちも徐々に元に戻っています。

いろんな人にいろいろな助言を頂きましたが、私が一番納得し、好きな言葉があります。

島村洋子さんから頂いた言葉です。
彼女もお父様を早くに亡くしたのですが、「亡くなってからのほうが、いつもすぐそばにいるから、かえって寂しくないよ」と言ってました。

今まで私が千葉、父が日之影と、存命中は物理的な距離がすごく離れていたけど、今はすぐそばにいると思うようにしています。

あの勤勉でアイディアマンだった父がそばにいてくれれば、仕事もてきぱき進むはずです!
「お父さん、乗り移って!!」と頼んでいるけど、そこまではしてくれないようです。
ただ見守っているだけか~。それでもいいや。

とにかく、担当編集者の方々、仕事はご心配なく。今やってます!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-26 01:18 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

父の遺志

05/09/24/土曜
私の父は1920年、大正9年生です。今年85歳でした。
9月20日に亡くなりましたが、その前の日に、メモを残しました。
気管切開してのどにバルブを入れたおかげで言葉を発することが出来なくなったので、会話は筆談でした。

ここ数ヶ月は、ひとこと二言しか書かなかったけれど、ちゃんと読めたし、簡潔に要点を書いて、意思の疎通はとれていました。でも、最近は文字を間違うようになっていたのが少し心配でした。

19日、父が書いたメモは、字が乱れていてよくわからなかったけれど、じっくり見ると、おそらく、
「長」 「床」 「帰」 「テ」 「タ」 という文字がありました。

多分、「長く床について、帰りたかった・・・」というようなことが言いたかったのではないかと思います。

そしてその下に、これはしっかり読める文字で、「ホントーニ アリガトー」とありました。

父は、自分の死期を悟っていたのかもしれません。母に「ホントーニ アリガトー」とメモを残し、翌日、眠るように旅立ちました。

私が「環境」や「高千穂線存続」や「沿線の町の復興」を考えるのは、父の影響です。
父は昔から、日之影や西臼杵郡全体の発展を願っていました。
20年前から、シルバー人材の発掘や、退職した都会の方々を日之影に呼び寄せる事業のことなどを話していました。

日之影の自然を最大限にアピールした観光がうまく行けば、経済波及効果は計り知れない、ともよく言っていました。決して奇を衒わず、自然のものを自然のまま、昔ながらのものを大切にすることが観光につながる、と言う考え方をしていました。

20数年前、若かった私は、日之影の古いものを売り物にしてもダサいだけだ、なんて考えていました。
もっとおしゃれな都会的なものを作った方がいい、など考えたり・・・。年寄りはすぐに古いものを売り物にして、ダサい、ダサい。なんて・・・。

でも、今は父の考えがよくわかります。似非都会や似非アメリカのダサさが本当にわかるし、本物の日本、本物の田舎、本物の日之影がどれだけ素晴らしいか、今ならよくわかります。

私が、台風14号の災害のひどさを全国に知らせよう、と思ったのも、高千穂線の復旧を考えるようになったのも、父の遺志だったのかもしれません。

父の葬儀のとき、ご焼香に来てくださった方がみんな、「日之影のために、高千穂線は復旧して欲しい、そのためにがんばって欲しい」と言ってくださったのが忘れられません。

父の遺志は、私の中に少しずつ育っています。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-25 00:49 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(3)

ありがとうございました

05/09/23/金曜
9月20日、父が急逝いたしました。
お通夜、葬儀に来てくださった方々、ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

長く入院していたとはいえ、病状は安定していて、まだまだ長生きしてくれるものだと思っていましたが、たまたま私が日之影に帰ってきていたときに、その時期を選んでくれたかのように亡くなりました。

この3日間は夢のように過ぎていきました。
忙しくて、もう一つのブログの方もなかなか更新できずにいました。待っている人がたくさんいるのに申し訳ありません。
これから、少しずつ、いろんな運動をしていきたいと思っています。

みなさん、ありがとうございました。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-24 02:37 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(20)

お札の計算

05/09/22/木曜
今日はお札を数えることがありました。
銀行などの金融機関では、よくお札を扇形に広げて、手際よくパッパッパッと数えていきます。
今は機械で数えることもあるけど、証券会社などでは、各会社で証券の形が違うので、手で数えることが多いんだそうです。

いや~~~~、疲れているときにお金の勘定をすると、間違う間違う。
やっぱりここ数日は疲れているので、たくさんのミスがありました。
でも、まあ、しかたない。

また明日からがんばろうっと。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-23 00:38 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)

日之影望郷編

05/09/21/水曜
今日は中学、高校時代の友達と会いました。
ありがとう、みんな!
友達はやっぱりいいね。一瞬で30年の月日が吹っ飛びます。

ありがとう。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-22 03:42 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)

急用ができました

05/09/20/火曜
今日は千葉へ帰る予定でしたが、急用ができて、まだ日之影です。
23日に千葉へ帰る予定です。

仕事関係者の方々、メールは受けられますので、何かありましたらメールをいただければ幸いです。
よろしくお願いします。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2005-09-21 00:20 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)