「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バタバタ~~

06/07/31/月曜
バタバタしてます。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-31 23:08 | 仕事 | Comments(0)

落語会

06/07/30/日曜
今日は落語家円左衛門師匠の落語会。友達が企画してやっているので、いつも情報が手に入ります。
円左衛門師匠と、ほかに二人出るので、3人会です。見に行って来ました。面白かったです!
詳細はまたあとで。
今日は仕事しなくちゃ~~~(T_T)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-30 23:59 | 読んだ観た聴いた | Comments(0)

休むに似たり

06/07/29/土曜
今日は相模原市で講演でした。
午前中に行って、ごみ処理場の見学もさせてもらいました。面白かった~~!

さて、タイトルの「休むに似たり」ですが、この言葉の前には普通は「下手の考え」が付きます。

下手な考えは、どんなに考えても休んでいるのと変わらない、という意味ですね。
それが普通の慣用句なんですが、私の場合は、自戒をこめて、
「論点がずれていると、どれだけ話し合いをしても『休むに似たり』である」と思っています。

論理の立脚点が違う人同士が話し合いをしても、「休むに似たり」になります。

前提が違ったり、違うことに気づいてない人同士が話し合っても「休むに似たり」です。

最近、論点が違う人、前提が違う人、考え方の方向性が違う人と話をしなければならないことがあり、論点のズレを矯正することがとても大変でした。

論点がずれている、視点がずれている、前提がずれている、ということをわかってもらうのは至難の技です。相手は同じ論点だと思い込んでいるから。ま、時間があれば話し合いを続けるけど、時間がないときは優先順位の上のほうからやらないと。まずは締め切り一つ、二つ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-29 23:47 | Comments(0)

フォローの後は

06/07/28/金曜
先日、某レストランへ行きました。

料理が運ばれてきて、いざ食べようとしたら、な、なんと、コバエがプ~~ンとよってくるではありませんか!!
しかも5~10匹も!!
手で払っても払ってもよってくるのですっ!!

お店の人を呼んで、「ハエが凄いですっ!」と訴えたら、男の子が消毒液のスプレーを持ってきたけど、料理の上に殺虫剤を撒くわけにも行かず、じっと立って手で払うだけ。

かなり離れた席に移って食べ始めたんだけど、それでもまたハエが寄ってくるので、夫と二人で、「やめよう…」と言って、食べずに出てきました。

キャッシャーで夫が店の子に「こんなハエが多くちゃ食えないよ。こんなんじゃダメだぞ」と注意したら、「はい、すみません」とうなだれていました。

私がふと、店内を見回したら、まだ片付けてない食器がカウンターの上に残っていました。私たちが入る前に出て行ったお客の食器です。

「食器はすぐ下げないとダメでしょう。ハエが寄ってくるでしょ~?」と私も注意しました。

「はい、すみません」とうなだれるレジの男の子。でもその後ろにいる数人の男の子は、ちょっと不服そうな顔に見えました。注意されることに慣れていないからでしょうか。

だから、「おいしいから来てるんだからね」と、ちょっとフォロー。
「ハイ」とうなずいた顔は少しだけほっとしたような顔でした。

ほっとするなよ~~。

ほっとしたとしても、それを顔に出してはいけないです。
注意は厳粛に受け止めて欲しいものだから。

こっちは大人だから、きついことを言ったり、注意した後は、ちょっといいことを言ってフォローするけど、許したわけじゃありません。

フォローされると許してもらったと勘違いする子が多いけど、そうではないんですよね。

きついことを言えば、その子たち、私たちに料理を出した後、他のテーブルにまだ食器が残っていたのにすぐ厨房に引っ込んで、笑いあってたのが気になります。

笑いあう前に食器を下げるべき。

そして、食べものやさんでは絶対にハエを店内に入れてはいけない(という意気込みでやらないとダメな)のです! 今、湿気が多くてハエが発生しやすい気候ではあるけど、でも、ダメダメ。絶対店内にハエを入れてはダメですっ(という気持ちが大切ではないかと思いますっ)!! 

昔と違って、冷房完備で窓も密閉度が高い建物だし、網戸もあるんだし。
昔の農家や私の祖母の家では、窓が開きっぱなしで近くで牛や豚を飼っていたりして、ハエはたくさん入って来たけど、そんな家とは状況が違うんだから。(食品を扱う仕事なら、そういう気持ちで仕事しないと)ねっ。

追記
太字部分、あとから追加しました。06/07/30 12:16
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-28 23:58 | Comments(6)

しゃきっとの取材でした

06/07/27/木曜
今日は王子にある整体・カイロプラクティックの学校に取材に行って来ました。
施術を受けて、いろいろ取材して、気持ちよかった~~~。
ものすごく凝っているそうです。肩も背中も腰も脚も腕もおなかも。
普通のコリじゃない、って;;

おなかは柔らかいと思っていたのに、どうもすごく硬いらしいです。
「硬いですねー」
「えっ、軟らかいと思ってたんですけど、それは皮下脂肪ですか」
「う・・・まあ、答えにくいですねー」
う~ん、思いやりだな~。

脂肪の下が硬くなっているんだそうです。便秘とかしないのに、これだけ硬いのはマズイですね、と。おなかも揉み解してもらって、最初は「イタタタ・・・」と声が上がったけど、最後の方はすっきり!

腰痛と肩こりは、一度では取れない(これはどこに行っても同じコトを言われます)そうで、通ってみようかなあ。
腰痛はもう25年来、ずっと続いているし、これはもう何とかしなければ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-27 23:54 | 仕事 | Comments(0)
06/ 06/26/水曜
今日はNHKの生活ほっとモーニング出演でした。VTRでの出演でしたが、麺料理やスイカの皮のシャーベット、カスパッチョなど、おいしい料理の紹介でした。
アナウンサーの里さんが、おいしいおいしいと、パクパク食べてくれました!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-26 23:48 | 飲む食べる | Comments(0)

NHK出ます~~

06/07/25/火曜
明日(26日)NHKに出演です~~~!!
生活ほっとモーニングです~~。
見てね~~!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-25 23:25 | 仕事 | Comments(4)

努力の結晶

06/07/24/月曜
ミクシーの友達から貰ったネタです~。
凄い努力の結晶です!
http://www005.upp.so-net.ne.jp/shinta-kyo/omoutokoro-diary/mage.html

二年間、この日のためにじっと我慢をしていたのね・・・。ぷっ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-24 23:59 | Comments(0)
06/07/23/日曜
大人は手を出します。
子どもは口を出します。

大人は、何かをやるとき、机上の空論ではなく、実際に手を動かして働き、子どもは小さな頭で考えて口だけ出して実働しない、という風に取る人もいるでしょう。

そうではなくて、これは、お箸で漬物を出したときの話です。

こいち祭りで、宮崎の物産を売りました。漬物を売るとき、試食させないとダメなので、私が漬物を持って、お箸でつまんで、「試食いかがですか~?」とか、ビール片手に歩いている人に「おつまみどうぞ」と、声をかけました。

すると、大人の人というか、年配の方々はみんな、手を出して、その漬物を受けようとするんです。私もお箸でつまんだ漬物とか出てきたら、手で受けて味見しますね。

しかし、若い子(20代らしき人々)は、お箸で出された漬物を、「あーん」と口をあけて顔を近づけて、食べさせてもらおうとしたんです!!

いや~~~、それ、私の印象では赤ちゃんです!!
赤ちゃんとか、5~6歳までの子ども時代に、母親が箸でおかずや何かをはさんで口元に持ってきてくれて、「はい、アーンして」とか言って食べさせてくれたことはありますよ。

でも、少なくとも小学校に上がってからは、病気のとき以外に、箸で食べさせてもらう、ということはありませんでした。

恋人同士で、いちゃいちゃしながら「はい、アーンして♡」「パクッ。う~ん、おいちい」ということもあるかもしれないけど、それだって人前じゃなかなか恥ずかしいと思う、昭和30年代生まれのわたくし。

小学生くらいの時代なら有り得る話ですが、大人になってから「アーン」方式で何かを食べる人がいる、ということに私はショックを受けました。

食べさせてもらいたい、というより、手のひらで受けることが「不潔」に感じるからやらないのでしょうが、それにしても口をがばっとあけて、ちょっと上を向いて顔を近づけてくるのは、「それは子どものしぐさだ」と思い込んでいた私には、本当にショックでしたね~。

いや、これくらいで驚いていてはイカンのですが。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-24 02:18 | Comments(1)
06/07/22/土曜
昨日、大きなイベント「こいち祭り」が終わり、気が抜けたごしちょるわ~~。

ちなみに「ごしちょる」というのは「ゴスペル」とは何の関係もございません。

気が抜けたごしちょる、というのは、「気が抜けたようである」とか「気が抜けたような感じだ」という意味です。

本当に、祭りのあとは気が抜けたようで、脱力感と、肉体の疲労感がすごかった。とにかく、普段動いていない私が、朝から晩まで動いたので肉体の疲労は当たり前だけど、やっぱりそれを全然感じないくらい、気が張っていたんでしょう。
終わったとたんにガックリ来ましたからね・・・。

写真のアップなども、まだ全然気力が湧かないので、ぼちぼちやります。
その前に、自分の本業の締め切りをこなさねば。ふ~~~~~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2006-07-22 23:37 | つれづれ日記 | Comments(6)