漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

盛岡にて

今日は取材で盛岡に来ています。毎月の出張で、とある広告の仕事です。

盛岡駅からホテルまでの道のり、道でチラシを配っている若いお兄ちゃんがいました。
われわれ一行は、、私、夫しんちゃん、広告代理店のOさん、デザイナーのY君、クライアントの会社のIさんの5人。私以外は全部男性。

さてそのおにいちゃん、われわれ一行の中から、たった一人、Y君だけに目をむけ、チラシを渡そうとしました。Y君、特に興味もなさそうで、無視。

そのおにいちゃんも、断られてもめげることなく別の人たちにチラシを配ろうとしてました。若い女性の3人グループです。

広告代理店のOさん(40代、スーツ姿)が、「なんでわれわれにはくれなくてY君だけにチラシくばろうとしたんですかね」といい、私もそれは実に疑問だったので、ちょうど信号で立ち止まっていた私は、チラシ配りのお兄さんに手を出して「チラシください」と頼みました。

お兄ちゃん、なんかちょっと困ったような、びびったような顔で私にチラシをくれました。「まあ、よかったらどうぞ」と言って。

そのチラシを見たら、

出会いコソパ開催 
恋人募集 けっこん相手募集 友達募集 というチラシでした!

出会いコンパ(こんぱ)には見えなくて、どう見ても「出会いコソパ(こそぱ)」に見えるその文字。

「納得の行く相手が見つかるまで当、事業を御利用下さい。皆様には失敗しない相手作りの場を作りました。・・・・・・・略・・・・・・ 又さいこん相談も受た待っております。・・・略」 以下料金や場所、時間など。

いやん、なぜかけっこんとかさいこんがひらがな。
文章がちょっと変。さいこん相談も受た待っているんだって。うけたまわっている(承ってる)んじゃなくて。

電話番号は携帯番号しか書いてないし、怪しさ爆発のチラシ。おお、しかも!!
裏に支払方法が書いてあって、まずメールか電話で問い合わせをしてお金を銀行振り込みで先に支払ってくれ、とありますよ!!
銀行振り込みの領収書を持って、指定の場所に来てくれ、場所は駅の近くです、とのこと。
(≧m≦)ぷっ

これをY君だけに渡そうとしたわけですね(^^)
私がもらおうとしたらいやな顔されたわけだ。こんなのに引っかかる人がいるのかなあ、と思いました(^^)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-31 23:59 | 仕事 | Comments(4)
「人口に膾炙する」 じんこうにかいしゃする
膾…なます  炙…炙り肉
どちらもおいしいもので、みんなが食べたがるもの。
「人口に膾炙する」は、多くの人の口に上る、話題になる、という意味。
 
いや、実は私、間違って覚えていたみたい。
人口に膾炙するというのは、ある情報が話題になって大勢に知られ、定着する、という意味だと思い込んでいました。
話題になれば多くの人が知ることになるけれど、それが知識として定着することはちょっと違う。

この言葉、20数年前に呉智英さんに教わった…と思います。
職業インテリ、と豪語するだけの人だから、呉知英さんの知識量は半端じゃなかった。

その呉智英さんからじきじきに教わったのに、間違って覚えていたとは!!
呉智英さん、ごめんなさい~~~(-人-);;
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-31 04:44 | 言葉 | Comments(2)

人口に膾炙する言葉

商品名だけでなく、CMで使われているので覚えた言葉というのがけっこうたくさんあります。

先の日記にも書いたけど、キューティクル、歯周ポケットなどは子どものころ見たCMで聞いて覚えました。
これは造語ではなく、元からある一般名詞。

造語が一般名詞化したのが、「汚れの首輪」「天使の輪」「サボったリング」「エヘン虫」など。
アメリカでは商品名を一般名詞のように使う場合がすごく多いらしいです。
翻訳のアメリカ小説を読むと、例えば、コピーをとるのは「ゼロックスする」とか、「ティッシュペーパー取って」は「クリーネックスを取って」とか。

日本でも商品名が一般名詞化したのが、例えば「家具スベール」「スベラーズ」など。あれって商品名だけど、他のメーカーのほかの商品名がついているものでも、「家具スベール買ってきて」とか「スベラーズ買ってきて階段につけなきゃ」なんて言います。あと、ジープも、商品名だけど、ランドクルーザータイプの車はたいてい「ジープ」って言うとか。

そういえば、「写メール」「写メ」もすっかり一般名詞になりましたね。
あれはボーダフォンの写真をメールで送るサービスで、本当はボーダフォン限定だったのに、auの私でもdocomoの友達でも、携帯で写真を撮ってメールで送ることを「写メする」「写メ送ったから」なんて言います。

本来、auの写真送信サービスは、フォトメールって言ったのに、こっちは全然定着しなかったなあ。写メールのほうが断然わかりやすくて定着した、まさにこっちが「人口に膾炙した言葉」ですね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-29 04:14 | 言葉 | Comments(12)

ネーミング力

テレビコマーシャルを見ていると、ほ~~~~~ッ、と感心することがある。
それは、ネーミング力。

もうすっかり定着した「汚れの首輪」という言葉は、私が子どものころのTVCMで初めて聞いた言葉だ。洗剤のCMで、ワイシャツの襟首の汚れを「汚れの首輪」と表現して、それを落とすための洗剤を売り出していた。そのCMで初めて見た言葉だった。

天使の輪」というのも、元からあった言葉なのかもしれないけれど、やっぱり私が子どものころ(中高生のころだと思うから、30年以上前)、シャンプーのCMで見かけたのが初めてだ。

そして最近見かけて感心したのがサボったリングだ。

訂正とお詫び
昨日、夜中にこれを書いたときはうろ覚えの「ズボラの輪」と書いてしまいましたが、コメントでご指摘の通り、「サボったリング」のことでした。
はなまるマーケットで薬丸裕英さんが使って広めて、いまやCMにも使われるような一般名詞にまでなったようです。
「サボったリング」を、汚れの首輪、天使の輪と絡めて、私が「ズボラの輪」と脳内変換していました。
訂正してお詫びいたします。<(_ _)>


これは便器の水がたまっているところの、喫水線のところにつく汚れの線のこと。
サボったリングがついたら掃除する時期、でも、ほ~らこれをかければすっかりきれいになりますよ、というようなCMだった。

喫水線という言葉は目で見ればわかっても、「きっすいせん」と音だけで聞いたらわからない人でがいるかもしれない。でも、トイレの「サボったリング」だとわかりやすいと思う。
テレビでその画像と同時に見れば一目瞭然。その体験が積み重なれば、「サボったリング」も「汚れの首輪」と同じくらい定着することだろう。

造語だけでなく、他の言葉もCMで知ったものがたくさんある。
キューティクルという言葉もCMで知った。
歯のエナメル質、象牙質、歯周病、歯周ポケットなどもCMで知った。

こうしてみると、洗剤系のCMが多いなあ。
洗剤のCMは一日のうちで一番多く放送されているし、洗剤業界が一番宣伝広告費を多く使っているのだから当然と言えば当然か・・・。

毎日毎日、洗剤のCMが流れ、新しい言葉が作られているんだなあ。
CM作る人たちって、ホント、ネーミング力が高い。印象に残る、そのものずばりの、状況にぴったりの名前を作るのが本当に上手い。その商品がいいか悪いかは別として。
洗剤関連以外の言葉で、面白い造語ってなにかなかったかな。ちょっと考えてみよう。何か思い出した人、教えてくださいね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-27 04:31 | 言葉 | Comments(10)

風邪注意

2~3日前から風邪をひいてしまいました。
喉が痛いので電話に出るのも一苦労。
風邪薬を買ってのんでいたのに全然効かないので、怒っていたら、2錠飲むところを1錠飲んでいました。
こりゃ効かないはずだ。

今日は喉にシップを貼って、白金カイロで腰を温めながら寝ます。
みなさまも風邪には気をつけて。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-24 18:21 | 健康/美容 | Comments(5)
秋晴れの日曜日、成田山へきものでお出かけ。
夏に開催された「浴衣の会」のメンバー3人と、きものは成人式以来初めてという私の友達2人、姉、そして私。
b0019674_1394087.jpg

着いてすぐ、みんなで記念写真。この時点で道行く人たちがチラチラ見て行きます。
きもの集団7名、なかなか壮観です。

鰻を食べに行こう、という計画だったので、早速お店へ。
(その前に古着屋さんでまたまた500円の羽織や500円の帯を見つけて狂喜乱舞してたんですが、その話はまたいずれ)
b0019674_1431573.jpg


食事後、参堂をそぞろ歩くと、今日はたまたま弦祭りというお祭りの日でした。お琴や三味線などの弦を祭る日とか。
参堂のそこかしこでいろんな音楽を演奏する人たちがいて、これもまた楽しい一日でした。

日も暮れたころ、シンガポールから来たというカップルが、写真を撮らせてくださいと私たちに話しかけてきました。
やっぱり日本に来て、民族衣装の人たちを見たら写真撮りたくなるんでしょうね。

成田山は洋服で出かけても楽しいところですが、やっぱりきもので出かけると、楽しさ、面白さも倍増する感じ。やっぱりきものは楽しいですね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-22 01:57 | キモノ | Comments(5)

ブタクサ花粉症

春先には杉やヒノキ、夏には稲、秋になるとブタクサの花粉にやられる人がいます。
私は幸い杉だけみたいなので、今の時期は大丈夫です。
でも、オータさんはブタクサにも弱くて、今の時期、いつも鼻をかんで鼻の下が赤くなってしまいました。あと、目もかゆくなって、目薬が欠かせません。

そんなオータさんが薬局へ目薬を買いに出かけたときのこと。

目当ての目薬を手にカウンターへ行くと、薬剤師の女性が、いきなりすごい勢いで

「あなたっ、40過ぎてるのっ!!??」と詰め寄ってきたので、

「はい」

と答えると、相手は一瞬、虚を突かれたようで、「えっ…」と言葉を失い、これもまたいきなり

「じゃ、いいです」と。

な、なんで~~~????

この目薬、40歳以下では使えないの~~~???
とか、いろんな思いがオータさんの頭を駆け巡り、「どうしたんですか? なんなんですか」と質問したら、その薬剤師、こう答えたそうです。

「いや、20代で鼻の下を赤くしているようじゃいけないわよ、と言おうと思って・・・」

ぷ~~~~~ッ!!オータさん、私の目から見ても若く見えるけど、実は40歳
この薬剤師も20代に間違えたんです!

20代に見える40歳というのもすごいけど、この薬剤師、20代の子には鼻の下のお手入れを教えようとして(化粧品を売りつけようとしたのかな)、40代なら赤くてもいいわけ~?

とも思ったけど、まあ、40代でこのお肌なら別にこちらが化粧品売りつける必要ないな、と思ったのかも。

オータさん、肌のきめが細かくてぷるんぷるんだしな~。
あ~、うらやましい。(^^)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-16 23:16 | 健康/美容 | Comments(3)
先日(10月11日)、北九州市での講演を終えて福岡空港から羽田へ戻る飛行機でのこと。

私の隣に、なんと物まねタレントの岩本恭生さんが座りました!

私は本を読んでいたので下を向いていて気づかなかったんだけど、ふと足元を見ると、ちょっと穴あきのジーンズにざっくりしたツイードのジャケット。ルイ・ヴィトンのバッグ。
ちらりと見た横顔が端正で、あれ、岩本恭生に似た人だなあ、と思いました。

私が座った時からその席は冷風がヒュ~ッと当たる席で、私は毛布をもらって足にかけてました。
その岩本恭生に似た人(いや、本人なんだけどその時点ではまだ確信が持てない)も、客室乗務員(CA)に毛布をもらったり、座席の上の冷風が出る送風口を閉じてくださいと頼んだりしていて、その声も岩本恭生に似てるなあ、なんて思ってました。

私の座ったのはJALのクラスJという、1,000円高いだけでいい席いいサービスのシートだったんですが、ここはCAが飲み物のサービスをするとき、客の名前を「様」付けで呼びます。

私の隣の岩本恭生に激似の人に、CAが「岩本様、お飲み物はなんになさいますか?」と聞くではあ~りませんか。

やっぱり!! 

しかし、彼はもしかしたら岩本恭生に激似の岩本という姓の一般人かもしれません。その可能性だってゼロではないでしょ?

なので、私は自分の持てる力を全て使って、彼が芸能人の岩本恭生さんであるかどうかを検証しました。

視覚聴覚触覚嗅覚味覚のどれを使ったのかというと、顔をじろじろ見るわけにもいかないし、触ったりなめたりするわけにもいかないので(あたりまえ)、嗅覚を使いましたよ。

この方、いいにおいがしたんです~~~~~(^・・^)
こんないい香りをさせている一般人はいない! やはり彼は芸能人の岩本恭生さんだ!と、香りで確信しました。

彼のつけているのはなんのコロンかわからないけど、強すぎず弱すぎず、いい香りでした!
こういう小技の効かせかたがさすが芸能人!!

芸能人に対して過剰反応するのもうっとうしいだろうから黙って私は本を読み続け、そしてうたた寝してるうちに羽田へ着いたのでした。

やっぱり芸能人、香りのおしゃれもステキでしたわ。
穴あきのジーンズも、ぼろぼろのやつではなくて、いい感じに擦れたジーンズでした。
そして、やっぱり芸能人は痩せている!! 細いなぁ、というのが私の印象。それに、元々端正な顔立ちでかっこいい人だとは思っていたけれど、思ってた以上にかっこよかったです! 

こないだの物まね番組でクレイジーキャッツのハナ肇の物まねをしていたけど、あの時は含み綿でもしたのかな。ふっくら丸い顔をつくってましたよね。それが実際はすごくシャープですっきり細い顔でした。テレビってやっぱり丸く映りますね。
私も本当はテレビより痩せてますっっっ!! と、言い訳しておこうっと。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-14 01:26 | Comments(2)

福岡空港にも!

b0019674_1794149.jpg

福岡でも宮崎の冷や汁が売られていました。もちろん東国原知事のイラストつきです。

というわけで、今日は福岡で講演でした。
朝8時の飛行機に乗るために、4時半起きで、5時半ごろ家を出ました。
東関東自動車道を過ぎ、首都高の湾岸線に入って有明を過ぎたところで、なんと事故渋滞!!
あと少しで羽田なのに全然動かなくて、時間は刻々と過ぎていきます。

8時ちょうどの飛行機なので、遅くとも羽田空港には7時半には着いていたい。なのに、フジテレビの前あたりで時速10キロ以下、ヘタすると時速1~2キロののろのろ運転になり、7時を過ぎてしまいました。

ここからいったい何時間かかるかわからないので、羽田のJALのカウンターに電話して、8時の便をキャンセルして次の便はないか問い合わせました。
9時、10時の便は満席で11時の便しか空いていないとのこと。
11時の便では講演に間に合わないので、それをとっても仕方がない。8時便をキャンセルするのももう少し待つことにして、いったん電話を切り、太田さんと講演の担当者に電話。

担当者には、福岡空港ではなく北九州空港でも行けるかどうかを聞くため。
太田さんにはANAとスターフライヤーの便を調べてもらい、9時台に空きがあるなら予約して!と頼むため。

ああっ、それなのに、電話している最中に高速道路はトンネルに差し掛かったではありませんか!!
電話がつながらないっ!! 太田さんと電話してても「じゃ、たのむ、よろしく! ガチャッ!」てな感じで切らねばならなかったわ。

担当者ともトンネル内で連絡入れられず。
しかも、トンネル二つもあるんだ、羽田までの道には。

太田さんとの連絡、担当者との連絡にあくせくしていると、車は少しずつ動き、はるか向こうに事故のライトが見える!
ここを越せば道が空く!!

あと少しだっ!! 時間は7時20分すぎた! あと10分で羽田につけばなんとか間に合う!!
そして車は事故現場に近づき、あと少しで越せるところまで来た!
時間は7時25分!!
やった!! 事故現場を抜けられそうだ!! これなら8時の便に間に合うかも??
よし、飛ばせば間に合う! そう確信したところが、トンネルの継ぎ目部分。そこへ太田さんから電話!
「ANA取れました!」

「ああっ、ごめん!! 今、事故現場過ぎた! 間に合うかも! 悪いけどANAキャンセルお願いしますっ!!」 と言いつつ、また車はトンネルに入るっ! 圏外になってしまう!!
「ごめん、トンネルだ、キャンセルお願い、悪いっ!!」「わかりました!」ガチャ

事故現場を越したらあとは空いている高速道路。
ここで我々が事故ったら元も子もない。落ち着いて羽田まで急ぐのだっ!!

羽田のJALの前まで車を飛ばし、ドアを蹴破る勢いで開けて飛び降り、JALのカウンターへ走る走る。自動チェックイン機に走ると、どれも人が並んでいて使えないっ!!

ああっ時間はもう30分過ぎている! 37分過ぎ!!
チェックイン機の前で、チケットを眺めているだけで何も操作していない人がいる! この人、どうしたいんだ、使わないなら私に使わせてくれよ!という願いが顔に出ていたのか、その人「あ、あの、今使おうとしてて、まだよくわからないんだけど、あ、いいです、どうぞ」と私に順番を譲ってくれた!!

すみませんっ!! と小声で言ってチケットを機械に差し込み、チェックイン、一人、通路側 と画面をタッチしてチェックイン。この間10秒かからないくらい!

チェックインしたチケットを持って走る走る!! 金属探知機を通るところではベルトとブーツとヘアピンに機械が反応して3度もやり直し!!
でも中に入った! 時間は7時45分!!まにあった~~~~~~(T_T) よかった~~~~(T_T)

汗だくでした~~~~。


ANAのチケットはすぐキャンセルできました。
手数料はかかりませんでした。よかった~(T_T) 太田さん、お手数おかけしました。ありがとうございました~~~(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-11 17:09 | つれづれ日記 | Comments(6)
結婚して20年。
20年間ずっと、夫の口調に慣らされてきました。
「○○しない?」と提案すると、「やめよ、そんなの」と言われてたいてい否定されます。
文章ではわからないと思いますが、口調はか~な~り~~~、きつい。
そのことに、私も夫も気づいていなかったんです。

先日、友達の前で私があることを提案したら、夫が「やめよ、それ」と言って、周りがシーンとなりました。
シーンとなったのはなんでだろう?と、私はわからず、「やっぱやめたほうがいいかな」と話を続けたら、友達が「あ~、よかった、どうやって返事していいかわからなかったよ」と言うのです。

夫の口調があまりにもきつく冷たかったので、これは一触即発、ケンカが起きる! と、周りは心配したのだそうです。

「ええっ、あれで? あんなの日常茶飯事、いつものことだよ。あの程度の口調でケンカなんか誰もしないんじゃないの?」と私は言いました。
そうしたら、「いや~、ああいう言い方されたら普通、ケンカが始まるよ」と。

周りからそういう風に言われたことは一回や二回じゃないんです。
同じようなことがここ半年の間に数回ありました。
だからようやく私も気づきました。

結婚して20年間、特に後半の10年は、ずっと、夫の口調に傷ついたりむかついたりしていたけれど、それは別に悪気があっていってるのではないんだからと考えて無理に我慢したりしてました。
確かに、夫の口調になんとなく不快感を感じても、まあまあ、悪気は無いんだから、怒りを押し殺して我慢していました。
それに慣らされていたんだと。

あと、何でもすぐ反対することも不快だったけれど、それも「慎重さの表れかも」と思って我慢していました。

が、姪っ子に「何でもすぐ反発するんだねぇ」と言われて、「ああ、そう感じているのは私だけじゃなかったんだ!!」と気づきましたよ。

それで私は夫に上記のことを全て話しました。

そうしたら、「え、そうなの? そんな気はなかったよ」と、自分が相手を傷つけていたとはまったく気づいていなかったと言うんです。 あと、何でも反対している、ということにも。

周りの人のやりやすいように、やりやすいように、と願いつつ話をしていた、と自分で思ってたんだって!! 知らなかったよ!! いつもなんでもかんでもとりあえず自分の気に入らないことばかりだから反対していると思ってたのに!!

結婚当初は、夫はかなりソフトな人当たりの人で、うちの父なんか「浮ついたところの無い男だ」とまで言ったくらいです。
私もね~、他人に接するときはしんちゃんの基準に合わせておけば大丈夫、と結婚当初は思っていたし。友達にも「しんちゃんの基準に合わせておけばソフトでいいよね」なんて言う人もいたくらい。

それが、思い返すと、ここ10年くらい前から次第に口調がきつくなっていったような気がします。徐々に徐々にきつくなっていったので、私も本人も気づかなかった。
しんちゃんの基準に合わせたらとんでもないことになる、と、最近気づきました。 実際、あわせていたので、夫ともども、夫婦してきつい口調になっていたわけです。

あ~、夫婦して、自分たちのきつさに気づいていなかったのかっ!!
そして、これって更年期のイライラと時期的にかぶるわけですが。

あ、更年期のイライラ、人当たりがきつくなる、ということに関して言えば、近所のあるお店で、奥さんが多分更年期で、ここ数年、どんどん奥さんの顔が険しくなっていってます。人当たりもすごくきつくなってます。

客あしらいがトゲトゲしくなって、ちょっと質問すると「その日はうち休みなんですよね!!」とか、「うちじゃわかりませんから!!」ときつく言われて、別の友達なんか「私もうあの店では絶対買物しない!!」とまで怒っています。

ああ、更年期って怖い…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-10-09 21:43 | 更年期 | Comments(11)