「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2007年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

紅白歌合戦、今、見てます。仕事しながらだけど。漫画の下書きをしながら、机の脇のテレビがついています。
中村美律子の髪とバックダンサーがすごかったです。
鶴瓶の司会も、時間に追われてない風で、いいんじゃないかな。
鶴瓶のなんだかしみじみする話がところどころに入るのも、しんちゃんはけっこう感動してます。わたしもちょっとジーンとする言葉もあったりして。いかん、いかん、乗せられてるぞ。

知らない歌手も多いし、初めて聞く歌も多いけれど、紅白歌合戦は、なんとなく見ちゃうなあ。

それより、今、わたしキモノ着て仕事してますよ。
姉が前にわたしのキモノでの仕事風景を見て、「ま~、文筆家~~~、って感じ」と言ってたけど、まさに昭和初期の文筆家、って感じですわ。

今年、最後の日になって、またキモノ買ってしまいました。今までの中では高いほうです。
600円…。
赤い縞模様のウールで、普段着にいいな、と思って。300円のキモノに比べると、倍ですよ、倍。高いなあ、と思いつつお金を出しました。

今年はホント、洋服買ってないです。キモノばかり。ユニクロより安いし、と思って買ったキモノを、枚数が増えてきたときに、「わたしったら、こんなに買って、袖を通さずに死んでしまったらもったいない」と思って、それ以来、毎日のように、夜ちょっとでもいいから5分でもいいから、と思って着るようにしました。

最初、10分くらい、羽織るだけだったのが、ちゃんと着て、帯も本を見てみよう見真似で結んでみて、1週間も経ったらなんと自分で着られるようになっていました。

20年前に姑が作ってくれて、一度も袖を通してないキモノも、着ました。お義母さん、ありがとう! って、感謝して着ました。キモノが着られるようになったよ、と義母に電話したら、「あら、そう~~、こんな嬉しいことはないよ、私の持ってるのを、あんたにあげなくちゃね」と、言ってくれました。

今年は思いもかけず姑孝行が出来ました。キモノって、なんだかそういういろんな人を幸せにする不思議な力があるような気がします。

今年の紅白は、去年の歌も出てくるし、古い歌で出てくる歌手もいるし、歌の寿命とか、流行歌というモノ対する概念が、40年前と全然変わってきたと思います。
これだけいろんなものが出尽くしてしまうと、毎年毎年新しい曲だけで勝負するって、なんだか無意味な感じ。

数年にわたって流行る曲もあります。
もう最高の曲を書いてしまったソングライターが、それを大事に一生うたっていくことだってあるし、それで毎年紅白に出たとしても、それはそれで素晴らしいと思います。

新しいもの、新しいものばかり追い求める時代はもう過ぎてしまったなあ、なんて、紅白を見ながら思いました。

さ、あと少し、下書きしなくちゃ。
一年の締めくくりが勤勉なら、来年も勤勉になれるかも。と、願いつつ。(根が勤勉じゃないからなあ…。)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-31 23:00 | キモノ | Comments(4)

今年の一字

いよいよ2007年も終わりですねl。
今年を表す一字は「偽」という文字になりました。確かに今年は偽装事件が頻発して、「偽」というのは言いえて妙、という感じです。

でも、個人的な「今年の一字」を選ぶとしたら、私は今年、キモノにはまりまくってしまい、それを表すのには、やっぱり「和」かなあ。

「着物」だと二字になるし。「衣」だと洋服も入っちゃうし。

「和」の心って、忘れないようにしよう、と思っているうちはまだまだ『和』に対して距離があるんだと思います。

「和」が日常になってしまうことが私の理想。
日本人だし、日本のいいところをどんどん発信したいし、そのためにはキモノって有効なアイテムだし。

今日NHKのテレビで、今年一年間に亡くなった人の特集をやっていて、その中で小田実のこともやっていました。

小田実はテレビのインタビューで、I am a Japanese と言わず、I am Japan  と言うようにしていると、言っていました。
「私が日本だ」

私も、「私の着ているこのキモノ、これが日本なんです」と言えるようになりたいなあ。
私が日本です。
と、本来は誰でも言っていいんだけど、普通の人は自分が日本を代表しているとは言わないですよね。

でも、誰でも、日本を代表しているんだと思います。

わたしが日本です。
わたしが和です。

そんなことを、衒いもなく言えるようになったら、すごいことだとおもいます。
言ってみようかなぁ。いや、まだそこまでは言えないな・・・。

でも今年の一字は、「和」です。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-31 02:32 | 時事 | Comments(0)

キモノを毎日着ること

最近、ほぼ毎日着物を着ています。
今日は久々にウォーキングに行こうと思ってフリースとかパンツ姿ですが。
でも、ホント、最近は1週間に4日以上着ています。アシスタントオータさんに、私が洋服着ていたら「あれ、なんか変な感じ」と言われたくらいです(^^)

週4日以上着ていると着物のほうがラクチンだ、と思うくらいです。毎日着ていればこそ、わかることってありますね。一年に一回だけ晴れ着を着ていた時には、着物は苦しくて窮屈なもの、と思っていました。

今の季節はウールの袷の下にババシャツも着てスパッツもはいているし、外出にはムートンのコート(洋服用)も着ます。こないだはグレーのウールの着物に、グレーのスタジャンを着て外へ。てへへ。普段着だからね。(もちろん、正式の場にはそれでは行きません。近所のスーパーとか、ちょっと映画見にいくとか、の時です)

帯は半幅のものをヤの字とか貝の口とかカルタ結びにして、ペッタンコにして結びます。普通の帯を切らずにお太鼓に作り帯にしたんだけど、やっぱりお太鼓って邪魔になって、日常着としては大変だと思います。

あと、私は着物も自分で洗うのですが、生き洗いと言って、丸洗いです。
ウールの袷、正絹の袷も自分で洗います。シルクのブラウスやカシミアのセーターを手洗いする技術がある人なら、着物を生き洗いするのは、ちょっと練習すると出来るのではないか、と思います。

そもそも、日常着、普段着が自宅で洗えない、というのはものすごく不合理な話です。
来年は、キモノを洗う本を書く予定です。みなさまお楽しみにっ!

ざっとカンタンに手順を書くと、目立つしみだけ石けんのついたタオルで落としておいて、あとはきちんとたたんだ状態でたらいにぬるま湯と石けんを溶いて、そこで押し洗い。すすぎまで絶対にたたんだ状態を保てば、縫い目の内側の折り返し部分がよれることもありません。(心配ならその部分にしつけをかけておくと大丈夫)

袷だと裏地と表地の伸縮率が違って、縫い目がつれることがありますが、脱水したあと湿った状態で縮んだほうを手で延ばしながらアイロンをかけて縮みを直します。

古着屋さんで買った300円の着物とか、近所の人が「もう捨てようと思ってたから実験してみて」と言って供出してくれた子どもの晴れ着(正絹の振袖)とか、そういうモノで練習をつんだので、今では金銀が入ってないものならたいてい生き洗い出来るようになりました。

着物は、自分で洗える技術がつけば、毎日着るのも怖くないですね。(^^)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-29 15:57 | キモノ | Comments(4)
浅田真央が優勝しましたね!
二位が安藤美姫、三位が中野友加里でした。
うちは、私も夫もどちらかと言うと中野友加里ファンで、三人の中で一番熱を入れて見ました。

特に、中野のスピンが好きで、ドーナツスピンの時、手を上に上げて回るのが、本当に白鳥のよう。優雅さもあるし、好きだわ~。
ただ、ジャンプがもう一つ小ぶりで、回転不足を取られてしまっているんじゃないかなあ、と思ったり。(なんて、素人なのに偉そうなこと言ってますね、私。てへへ)

男子もまた高橋が優勝で、かっこよかったですね~。

私が子どものころ、サッポロオリンピックの時のフィギュアスケートとは、もういろんな面で段違いです。あのころはビールマンスピンだけでものすごい拍手と、メダル。今の選手がトリプルジャンプを軽々と飛ぶのなんか、当時は考え付きもしませんでした。

さてここでしんちゃんが問題を出しました。
「今の選手がタイムマシンでサッポロオリンピックのころに行って出場したら何色のメダルが取れるか?」
「そりゃ~、金銀銅、独占でしょう」
「ブーッ。規定が出来なくてみんなメダル圏外だな」

プーッ、そうそう、規定のことを忘れてました!
当時は「規定」があって、あの伊藤みどりちゃんが、ジャンプは世界一だったのに規定で点が取れなかったんですよね。規定がなくなってから上位に食い込めるようになったんだし。
今の選手は規定の練習一切やってないから、絶対規定で落ちちゃいますね。

それにしても、男子も女子も、日本人選手の顔つきが昔と今とでは全然違います。
特に男子なんか、王子様のような衣装とか、ノリノリの笑顔とか、そういうのは「日本人には出来ない」と昔言われてたのに。30年前は、地味~な衣装で、真面目な顔で滑っていて、ノリノリの演技や派手な衣装は「日本人には似合わない」とまで言われたものです。

安藤選手の最後の挑むような表情も、以前はカテリナ・ビットくらいで、日本人選手は全然やらなかった表情です。それが自然に出てくるようになったんだもんね~。
脚も細く長くなって、昔の選手とは体つきも全然違う。

20世紀中に日本人が世界で一番体形が変わった民族だとか。体形も、表情も、表現力も、考え方も、すごい変わりようですね、ホント。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-29 01:47 | 時事 | Comments(0)
玄関にカーテンをかけて、玄関の冷気を居住空間に入れないようにしたら、灯油を買う頻度が激減!

このカーテン、どんな風にかけたか、JOTOのエッセイに書いたので見てくださいね。
http://www.joto.com/essay/essay.html

たんたんさ~ん、上のアドレスクリックすると、どういう風にカーテンをかけたかイラストで見られますよ~。よろしく~(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-26 22:43 | すまい、暮らし | Comments(6)

BS朝日で

ことのは という番組があります。
それに出演します~。

昨日、今日と、テレビクルーの方がいらして、撮影していきました。

最近の私はキモノの人なので、キモノを着て出ましたよ。

300円のキモノです~。放送日は、1月28日から2月1日の間のいずれかの日です。
正式に放送日が決まったらまたお知らせします!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-24 14:12 | 仕事 | Comments(0)

エアあやとり

エアギターが知れ渡って、エアナントカ、というのがいろいろ出てきました。
うちでいま人気なのが、エアあやとり。

紐がないのに、あるふりをして、あやとりをしたら、これがしんちゃんが超うまい!

最初に手にかけるところから、いろいろ作って、「おれは東京タワーまで作れるぞ」と大威張り。

私もエアあやとりなら、ほうきまで作れます。
あと、人がやっているあやとりを手で受け取って続けるとか。

エアあやとりのブーム、いつまで続くことやら。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-22 04:25 | Comments(0)

銃規制

佐世保で凄惨な事件が起こりました。
男が猟銃を乱射して自殺ました。二人の方が亡くなり、多くの方が怪我をしました。

第一報を聞いた時、本当にやりきれない気持ちになりました。

銃は個人の家で保管すべきではない、と思います。
一応、許可を得て銃を持っている人でも、保管は近所の猟友会とか、射撃場とか、公的な機関とか、そういうところに保管したほうがいいんじゃないかなあ。

今、職業としての猟師はいないのではないでしょうか? 銃を毎日使わないと生活できない、という人は多分日本にはいないと思います。

だから、銃を購入したら、その保管は近所の猟友会で、お金も人手も手間もかけて、厳重に保管してもらいたい。手入れするならその場所に行って、印鑑でも押して、煩雑な手続きを取って中に入って、そこで手入れしてもらいたい。

実際に使うときも、煩雑な手続きを取らないと銃がもてないようにして、セキュリティも実際に銃を使う人がお金を払って警備してほしい。

そんな風にすれば、今回みたいな事件はおきにくくなるんじゃないかなあ・・・と、いまさらこんなこと言っても仕方がないことですが、思いました。

銃を持つことがものすごくわずらわしくて大変なことになったほうがいいと思います。
カンタンに銃が持てる社会は、銃撃事件がおきやすいのだから。

そういう手続きを煩雑にしたからと言って銃の事件がゼロになるわけではないんだけど…。

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-17 15:56 | 時事 | Comments(12)

カーテンで省エネ2

リビングとダイニングを仕切るカーテンで、ものすごく熱効率がよくなって、仕事場とダイニングがホカホカです! それもストーブ一個で!!

それに味をしめて、寝室の出窓にもカーテンをつけました。もちろん最初から付いているカーテンがあるんだけど、それプラス、天井から床までの長いカーテン。それもリビングにかけたのと同じく、布を輪っかにして棒にかけるだけのもの。
これが布が二重になるからいいんですよ~~~。

長いカーテンをつけたその瞬間から、出窓の寒さが寝室に入ってこない!!
あたたかです!!

それに味をしめて、今度は玄関にもカーテンを!!

すごいです!!

玄関は、ドアの前にもかけました。
冬はドアが冷たくなって、ドアそのものが冷却盤の役目を果たしていたわけだから、玄関ドア二カーテンをかけたら、これがもう、ほんとに暖か!!

玄関の上がりかまちを上がってすぐのところにもカーテンをかけました。
これで、玄関からの寒さが二階に上がるのもかなり防げるので、家の中がほんとに暖かになりましたよ!

写真と図解はまたあとで。

今年は灯油の減りがすごく遅いです! 省エネだな~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-07 02:14 | すまい、暮らし | Comments(2)

カーテンで省エネ

先日、北海道の実家に帰ってきて、家の中が温かくてびっくり。
千葉の私の家はどうしてこんなに寒いのか!! 
寒いからと言って暖房ガンガンにつけるともったいない。でも寒い。寒いのはいやだ。

どうしても暖めておきたい部屋は、仕事場と食事をするダイニングスペース。
でも、うちはリビングダイニング方式で、ダイニングスペースだけ暖めたいのに、リビングまで一つながり。これでは暖房が無駄になります。

今までの最悪の暖房状況はこんな感じです。↓
b0019674_04413100.jpg

一番寒い日は、ダイニングに石油ストーブをつけて、仕事場にファンヒーターとエアコンをつける。それでも寒い日は、私の机の下に小さな電気ヒーターをつける。それでも寒い日はダイニングのエアコンもつける。
それでも寒ければリビングのエアコンもつける・・・。
エアコンとストーブを総動員してもまだ寒い日がありました。

ところが!!
今年はカーテンでリビングとダイニングを仕切ってみたんです!!

そうしたら~~~~~~~!!
b0019674_0485213.jpg

ダイニングの石油ストーブ一つで、仕事場まであったかなんです!!
いや~~、リビングダイニングが約20畳あって、ここに一つストーブをつけただけだと空気が対流するせいか、風が起きて、なんだか寒かったんです。
でも、リビングとダイニングを仕切っただけで、ダイニングがものすごく暖か!!
そしてその温かさが仕事場にも流れてくるんです!!

実際のカーテンの写真がこれです。
b0019674_0522973.jpg

天井に棒を渡して、その棒に輪っかにして縫った布をかけただけ。
なぜ輪にしたかというと、このカーテン、絶対猫がじゃれ付いて登る!輪にしておけば、猫が登ろうとして爪を立てても、くるくる回って登れなくなるはずだ! と考えたのです。

5メートルの白い布を半分に折って端を縫っただけの輪っかで、布オムツみたいな形状です。
輪にしたおかげで布が二重になって、保温性が高くなったと思います。

とにかく、このカーテンのおかげで、ダイニングと仕事場がものすごく暖かくなりました!
これをつけた日からずっと、「いいねえ、いいねえ」と夫と二人でにんまり笑っています。
あ~、今年はどれくらい灯油代が節約できるか、楽しみです!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2007-12-04 00:59 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(5)