「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

申し訳ありません!!

こまごました仕事、大きな仕事、そしていろんなトラブルで、日記更新ままならず、コメント欄のお返事もままならず、失礼しました。

あと少しで、大きな仕事が一つ二つ終わるので、それ以降にお返事など書かせていただきます。

よろしくお願いします。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-29 23:27 | Comments(0)
2月第三土曜日(2月16日)、岡山市の西大寺で会陽(えよう)祭りという500年続いたお祭りがあります。
昨日はちょうど講演で岡山市に招かれていて、終わった後、その会陽祭りに連れて行っていただきました。

会陽祭り~パンフレットより抜粋~
約1200年前、国家安全、五穀豊穣、萬民繁栄を願って牛玉(ごおう…和紙に牛玉 西大寺 宝印と書いたもの)を西大寺に供える法会が始まった。
牛玉は14日間の祈祷を経て、満願になると信徒の年長者や講頭に授けていたが、牛玉をいただいた人が厄を免れたり作物がよく取れるようになったことから年々希望者が増え、奪い合うようになった。

紙だと奪い合ううちに破れてしまうんので、今から500年ほど前、時の住職忠阿上人が牛玉の紙を木にかえた。(これを「宝木=しんぎ」という)
この宝木(しんぎ)を群がる信徒に投げ入れ、それを得たものに五福(寿、富、健寧、好徳、終年)を与えるようにした。このとき初めて会陽(えよう)と名づけられた。


これはものすごい迫力のお祭りでした!!
とにかく、8千人もの裸の男達が西大寺に集まり、直径約4センチ、長さ約20センチの木製の宝木(しんぎ)を奪い合うのです。はっせんにんですよ、は、っ、せ、ん、に、ん!!

夜10時過ぎ、西大寺の近くに行くと、消防団や警察の人が警備にあたりながら、裸の男達を誘導しています。
ラグンが来ます、道をあけてください、ラグンが来ます」というアナウンスが流れ、「らぐん?ああ、裸群か~」と妙に納得。
裸の群れなんです。
b0019674_23161388.jpg

寒さの中、震えながら男達は水をかぶり、本堂目指して走っていきます。

西大寺に群がる裸群。
いや、すごい人人人人、というか男、男、男!! 
あまりにすごい人数に、人垣がなだれのように崩れていく!!
岡山県警のロゴの入った白いジャケットを着た屈強な警察官達が、その裸の群れの中に入り、けが人を運び出していました。
b0019674_23191450.jpg

裸の体がぶつかって、これは服を着ていると擦れてかえって危ない。裸のほうが安全らしいです。そして、裸の肌が擦れるとまた痛いので、だから水をかけるのだそうです。
掛けられた水は、体温で暖まるのか、すぐ湯気となってもうもうと立ち上ります。

西大寺の本堂の中はこうなってます↓
b0019674_23224888.jpg

いや、すごいでしょ!!
12時、住職が本堂御福窓から宝木をこの男達の上に投げ入れます。
男達はすでにトランス状態。

宝木(しんぎ)は一本だけではなくて、2本投下され(るんでしたっけ? コメント欄で教えてください)、他にもやや小さめのの数本投下されるそうです。
写真の左上に手で持っているのがその小さいほう。それを取った方と写真を撮らせてていただきました。ありがたやありがたや。若い男性でしたよ。ありがたや。

そして、今回の講演でも、会陽祭りでも、いろいろお世話になったのが、逢沢一郎衆議院議員。
講演の開会挨拶でも、過分な褒め言葉をいただき、恐縮しました。ありがとうございました!

A&Zの方々にも大変お世話になりました。ビールですっかり酔っ払い、数々の失言、無礼な態度、失礼いたしました。<(_ _)>
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-17 23:43 | 行ってきました | Comments(15)

鉄道会社の名称募集!

05年9月の台風被害により、第三セクターの高千穂鉄道(TR)が止まってからはや1年半。
TRを引き受けて新会社が出来たのが06年初頭でした。その名も「神話高千穂トロッコ鉄道」。長くて覚えにくい名前でしたね。略称はトロッコ鉄道。

トロッコ鉄道はまだ走っていません。多くの人は、もうダメだ、終わったものだ、と思っています。

が、トロッコ鉄道はどっこい生きています。

そして、「新社名」を募集します! 新社名は公募によって決められます。皆さま、ふるってご応募ください!!

○応募開始…2月20日
○締め切り…3月 4日
○発  表…3月15日
○社名使用…4月 1日より
○賞  品…現段階では、アイディア満載のお楽しみ

○応募の宛て先
   〒882-1101
   宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1444-1 神都観光内  
      神話高千穂トロッコ鉄道株式会社 新社名係

○Tel & Fax…0982-72-3216
 ※近々ホームページ開設予定

実はまだ賞品が決まっていないので、そのアイディアも募集しています。 http://www.jitto.org/の中の「はなそや掲示板」に出していただけると、新会社に送ります。

あなたの考えた名前で鉄道が生き返り、そして欲しいものが手に入るかもしれませんよ!
例えば、列車の運転席に座らせてもらえる特典とか、一年間無料券とか、思いついたものを、はなそや掲示板でも、赤星掲示板でも、ここへのレスでも、どちらでも書いてください。

賞品のアイディアは私のほうから、新会社にお知らせします。
条件はお金をかけず、喜ばれるもの、名誉なこと、県北をアピールできるもの がいいですね(^^)
新名称は、ご自分で新社名係へ送ってみてくださいね。

賞品とは別に、新生トロッコのグッズ商品などのアイディアもあればお願い致します。新会社で真剣に取り組みます!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-15 21:49 | ふるさと関連 | Comments(1)

神の手

最近、こんな写真が出回っています。
b0019674_0292627.jpg

沖縄で数年に一度見られる不思議な現象だ、と言われていますが、この写真のこと、ネット友達に教えてもらったサイトに詳しく出ていました。↓
http://www.snopes.com/photos/natural/godhands.asp

上記サイトによると、この写真はフォトショップのコピーツールで、ほんとに文字通り2分で加工したものだそうです。(^^)
この写真、もともと、看板や標識に文字が見えないので、沖縄だ、いやロンドンへ向かうハイウエイで撮ったのだ、いやテキサスだ、と場所をいろいろ言えるところが優れているのだと思います。

で、元写真はなんとこっち。
b0019674_0323858.jpg

こっちが元写真で、これのほうが神々しく見えませんか?

手の形に見えるほうは、あまりにも指の太さが均一で、私も見てすぐ、「あ、フォトショップじゃないの、これ?」と思いました。

そして、これが2分で加工した、というのを読んで、私の中のフォトショップ魂がめらめらと。
これが私が数分で加工したものです。
よーく見ると雲の中に顔が…。
b0019674_0345543.jpg


そして、よ~~~~~く見てください。
森の形が横たわる人の顔になっています。
大地に横たわる人に、祝福のくちづけをする・・・・。

一見してわかりにくいくらいのほうが、信憑性があると思うんですけど、いかがでしょうか。

私のやったのは、単なるいたずらですからね。みなさん、本気にしないでくださいね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-14 00:37 | Comments(6)
昨日はNHKのBS2で、「おーいニッポン!私の・好きな・宮崎」が放送されました。
いま一番熱い県・宮崎づくしの生放送6時間!(NHK公式HPより)

11:00~11:54(BS2、BShi) 13:00~18:00(BS2)の6時間生放送でした!
http://www.nhk.or.jp/nippon/

私は、そりゃー宮崎県人だから、みましたとも!
宮崎ケンポク応援サイト、じっとしちょ連のホームページでも、掲示板の書き込みが続き、チャット状態で盛り上がりましたよ~。

そして、番組の後半、ふるさとラプソディーという企画がありました。
これは、宮崎を代表する歌を何曲かつなげてメドレーで歌うというもの。新・宮崎賛歌”を県民合唱団とオーケストラ、スペシャルゲストの米良美一さんを交えての大合唱で披露。
編曲は作曲家の吉松隆さん、指揮者は岩村力さん。

私が子どものころよく聴いた「フェニックスハネムーン」や民謡や、米良さんの「もののけ姫」など、宮崎にゆかりの音楽が次々に歌われました。

その中で、刈干切り歌が披露されたとき、私と、一緒に見ていた夫は、二人とも言葉を失いました。
あまりの素晴らしさに、感動して、総毛立つ、というのはこういうことか、と思いました。

もともと「刈干切り歌」は、民謡の中でも難しい部類で、本当の名人が歌うとすごく感動的な歌になるのですが、昨日のはまた違う感動がありました。

大人の深い声で始まった刈干切り歌に、子供達も加わり、輪唱になったのです。
シンプルなメロディの曲だけど、これが何層にも重なり、大人の深い声と、子供達の澄んだ声が美しいハーモニーを生んで・・・。

いや、言葉での説明は意味が無いです。とにかく、思わず聴き入って、言葉が出ませんでした。
そして、なぜか涙がこぼれました。
どこの国の物まねでもない、日本の、宮崎の、本当のオリジナルの曲がそこにある。

大げさな言いかただけど、日本人でよかった。
この素晴らしい歌が生まれた土地が私のふるさとなんだ! そう思うと誇らしくて誇らしくて、嬉しくて、本当に感動しました。

その演奏をスタジオで聴いていた国井アナウンサー、齋藤慶子さん、グッチ裕三さんなども、顔つきが変わっていました。
グッチさんも、「洋楽の真似でない、本当に日本独自の音楽で、うらやましい」と言ってました。
本当にそう思います。

「感動をありがとう」という言葉は陳腐で、今まで使ったことがなかったけれど、この刈干切り歌だけは、本当に「感動をありがとう!」でした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-11 21:38 | ふるさと関連 | Comments(4)

ときならぬ歌詠みブーム

じっとしちょ連のホームページhttp://jitto.org/に「うたよみ掲示板」を作ったら、今、私のまわりはときならぬ歌詠みブームが巻き起こっています。

うちの夫婦が二人で話すときですら五七五です。

「今晩の 夕飯なんに しようかな」
「寿司 うどん 蕎麦かカレーか タイ料理?」
「外食は 塩分濃いので やめようよ」
「じゃあうちで ご飯炊いて つけもので」
「味噌汁と サバの塩焼き 大根おろし」

ニュースを見てはしんちゃんがニコニコ顔で「七五調にゅ~~~す(^^)」と声高らかに宣言し、そのあと新聞の見出しを七五調にし、○○のにゅーーーす! と説明を付け加えます。

「はにかんで 今日のゲームは パープレイ」石川遼選手のにゅーーーーす!
「出直しの 市長選だよ 岩国は」 出直し市長選in岩国にゅーーーす! 
「大雪の 準備しなくちゃ 受験生」 都心大雪にゅーーーーーす!!
すべっちゃ大変だからね。としんちゃん。

とにかくもぅ、嬉しそうに五七五 いつまで続くか しんちゃんの熱(←いちお、これも五七五七七)

この前に、私もブームがありました その人の名は 寒川猫持
http://www.nekomochi.com/
猫持の 短歌が好きです これ有名 みんな読んでね すごくいいから↓

●尻なめた舌でわが口なめる猫 好意謝するに余りあれども

●僕ですか ただなんとなく生きている そんじょそこらの オッサンですよ

●両足を互い違いに前に出し ここまで来たがほぼ進歩なし

などなど。
すっごい影響を受けました。
こういう歌が詠めるといいなあ。

だけど、寒川猫持さん、
●あの夏の 君のうなじの 汐の香を 海よわたしは忘れられずに
●「青い影」君と聴いてた比叡山 ホテルのプール風吹く夕べ

と言った叙情的な歌も詠んでます。
いいでしょ~?

しんちゃんは俳句と川柳派で、季語辞典なんか買ってきてます。
わたしはどちらかというと短歌派です。

歌詠みブーム、まだまだ続きそうです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-10 00:51 | 言葉 | Comments(4)

意表をつく?

最近の私はキモノに凝っています。
自分でも着るし、人が着ているのも気になります。
外で、キモノ姿の人を見ると、失礼にならないよう、ちらりと見て、帯の結び方がいいなあ、とか、帯締めと帯揚げの色のコンビネーションとか、参考にしようと思っています。

先月、取材で鳥取に行った時、旅館に泊りました。旅館だから、着物姿の仲居さんがいます。
夕食の席では着物の仲居さんが給仕をしてくれました。
私が座っている隣に来て、鍋に野菜を入れたりあくをすくったりしています。

私は帯の結び方をじっと観察。ふむふむ、たれはこのくらいで手がこれくらいのバランスか~。帯揚げの始末がこうなっていて、なるほど、半襟はこうで、喉のくぼみが見えるか見えないかくらいで、・・・と。帯から段々上に向かって視線が動きます。

そして、私がこの方を見て、一番強く印象にのこったのは・・・・・・






耳毛!!
いや、出てはいないんだけど、耳の中に毛がふさふさしていたんです!!
すっごく印象的でした!!

そこかよっ!! 
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-09 01:59 | キモノ | Comments(2)

りんご一個の思いやり

毎月連載している豆菜日記、更新しました。

このところ運動不足なんだけど、それにしては体重が増えないのは、このりんごのおかげかも?
りんご一個食べてから外食すると、やっぱりその分だけでも食べる量はほんのすこ~~し減るような気がします。

体への、りんご一個の思いやり。いいですよ~。
西洋では毎日一個のりんごは医者を遠ざける、とか言うらしいですよね。
あ~、りんご好きでよかった!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-07 18:37 | 健康/美容 | Comments(2)
うたよみ掲示板で、しんちゃんが
歯の虫め! くやしまぎれに エア恵方」という句を投稿しました。
歯痛でものが食べられなくて、節分の日に恵方巻きが食べられず、エア恵方をしたわけです。

そうしたら、私のネット友達の黒豆さんが、下の句をつけてくれました。
歯の虫め! くやしまぎれに エア恵方」 
開けたる口に しみる風かな

こうなったら連歌です!!

連歌とは、
五七五・七七・五七五・七七・・・・と、歌を36句続けること。

一番最初の6句をを初表といい、その最初の句が発句
発句、脇、第三、四句、五句、六句でいったん終わり。

なので、しんちゃんから始まった初表は
発句 「歯の虫め! くやしまぎれに エア恵方」 ・・・しんちゃん
  脇 「開けたる口に しみる風かな」・・・・・・・・・・・・ 黒豆さん
  第三「息白く 凍える漁場 波高し」・・・・・・・・・・・・たみこ
という風に一応続けてみました。その後、だれが続けてくれるかわからないけど、一応六句まで期待して待ってます。

私のは、黒豆さんの「開けたる口に しみる風かな」をうけて作ったものですが、ちょうどテレビから鳥羽一郎の「兄弟船」が聞こえてきたんです。

それで、漁師が船の上で大きく息を弾ませながら漁をしているシーンが浮かびました。風が口にもしみることでしょう。高い波に揺れる船、凍える漁場…というイメージです。

でも、連歌は、この流れをブチッと断ち切って、「息白く 凍える漁場 波高し」 に続く七七の句ではまったく別のイメージの句につなげることも可能。そこが連歌の面白いところです。

だれか続きやってくれないかな~。黒豆さんか、Hurryさん、ひばりさ~ん、けえすさ~ん(昔取ったaolで)お願いしますよぉ(-人-)
いや、他の人でもいいんです~。
連歌って、ずっと前からやってみたくてやってみたくて、友達と話をしていたんだけど、みんな面倒臭がってやんないんですよー。
インターネットだからこそ、全国の人がレスつけてくれるんじゃないかと期待してるんだけどなぁ。

連歌で検索したらこんな面白いサイトがありました!
http://www.h2.dion.ne.jp/~taki99/za0.htm
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-04 23:57 | 言葉 | Comments(2)

七五調

うたよみの 専用掲示板 設置して 何を書いても 七五調になり。
ああ、いかん どんげしよってん ぬけんとよ 無理矢理七五 方言も出る

って、ほんとに何を書こうとしても七五調になります。困りました~。
でも、この掲示板のおかげでいろいろ調べて、一つ二つ、いや10個くらい賢くなりました。

まず、ネット友達のHurryさんが「折句」で投稿してくれました。
折句とは、和歌の技巧の一つです。
たとえば、たみこ という名前を折句にして
た 楽しいな
み 皆が集まる
こ この広場 という具合。

折句で検索したら、こんなのが見つかりました。
http://www.e-t.ed.jp/edotori390127/kk-ko6-gikou.htm

から衣着つつなれにし妻しあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ
これは、カキツバタという植物の名前が折り込んである歌だったのですね~。

か からごろも
き きつつなれにし
つ つましあれば
ば はるばるきぬる
た たびをしぞおもふ

これのもっとすごいのが、吉田兼好とその友達のやり取り。
●夜も涼し 寝覚めの仮庵(かりほ) 手枕(たまくら)も 真袖(まそで)も秋に 隔てなき風
●夜は憂し ねたく我が背子 果ては来ず なほざりにだに しばしとひませ

一読すると男女の恋の歌という感じですが、実は…折句と沓(くつ)という技巧が隠れているのだそうです。
折句は五七五七七の最初の文字を拾って出てくる言葉。
沓は最後の文字を拾って出てくるの言葉です。

さて、最初の句は

↓よ よもすずし      し
↓ね ねざめのかりほ  ほ
  た たまくらも      も
  ま まそでもあきに   に ↑
  へ へだてなきかぜ  ぜ ↑

ということで、折句では「よねたまへ=米給へ=米が欲しい」という言葉が浮かび、
沓(後ろから読みます)では ぜにもほし=銭も欲しい というおねだりの歌になるわけです!!
いや~、昔の人のウィットには脱帽!!

そして、その答えがまた振るってます!!
夜は憂し ねたく我が背子 果ては来ず なほざりにだに しばしとひませ
普通の歌に見えるけど、実は…

よ よるはうし      し
ね ねたくわがせこ  こ
は はてはきず     す
な なほざりにだに   に
し しばしとひませ   せ

答えは、「米はなし 銭少し」となります!! すごいでしょ~~?

なんかしばらくはまりそうです~~。

私の作った折句

高き山
千の風吹き
穂も揺れて
鉄線の蔓
道にこぼるる

鉄線=クレマチス 初夏に花をつけるつる草。
高千穂の山々に吹く風は、冷たく、強い。
稲穂も揺らし、鉄線のつるもちぎれて道路にこぼれてしまう。
そんな風に負けるな高千穂鉄道!
という思いを詠んで見ました。

感想はうたよみ掲示板へお願いします~(-人-)
http://jitto.org/ ←この中のにあります
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-02-03 17:47 | 言葉 | Comments(2)