漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いい嫁かしら?

義母にもらった着物を着てみました。
b0019674_1351917.jpg

白い木綿の単衣です。
帯は自分で買ったものですが、これも近所の量販店で3千円くらいの安いやつ。帯締めも899円でした。
b0019674_1353595.jpg


義母は私が着物を着るようになったのがとっても嬉しいそうです。「あんたが着物着てくれるようになって、こんな嬉しいことないよ~」と言って、自分の若いころの着物や帯を何枚かくれました。

こうやって義母の着物を着て、写真を見せると、きっと喜んでくれると思います。
あ~、いい嫁ねえ、私って。と、自画自賛。うふふ~(*^_^*)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-30 01:35 | キモノ | Comments(0)
来週の月曜日(6月30日)、テレビ朝日、夕方のニュース番組「スーパーJチャンネル」http://www.tv-asahi.co.jp/super-j/ に出演します。

この中の、「月曜特集」という生活情報コーナーです。
突発的な事件、事故がない限り、6月30日に放送予定です。
先日出た、日本テレビの「昭和30年代ごっこ」とはまた違った切り口で、テレ朝のは、「エコよりエゴ」がメイン。

「昭和30年代ごっこ」も、自分が楽しく、面白く、楽に生活できるための工夫ですが、それを違う言葉で言うと「エコよりエゴ」です。

前回との違いは、今回は、スイカのカレーの作り方も出しました。
これがおいしくて、おいしくて、取材にいらした轡田さんもおかわりしてくれましたよ(^^)

ぜひ見てくださいね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-28 04:31 | 仕事 | Comments(3)
豆菜果美トップページ
http://www.tou-sai.com/index.html


今回の話は「男性更年期」です。
http://www.tou-sai.com/blog/akaboshi/

女性に更年期があるように、男性にも更年期があります。
最近は、女性も男性も、更年期が長引いているそうです。

昔、古代人は、栄養状態も今と違ってよくないし、ホルモン分泌量が減ってくればそれと対応するくらい体も弱ってくるし、平均寿命だって今と比べ物にならないほど短いわけです。

ところが今は、寿命はものすごく伸びたし、栄養状態もいいので、体はすごく丈夫。なのにホルモンは減少する。
そうなると、ホルモンと体のバランスはますますアンバランスになっているのではないか、と思うのです。
昔のアンバランスさとは桁違いにバランスが悪いのでは?

たとえて言うと、ものすごく高性能の車に、ものすごく悪い燃料が入っている感じかな。
性能の悪い車に、不純物の多い燃料だと、ほどなく故障して、車の寿命が尽きるのだけど、性能のいい車だと、悪い燃料のおかげで不調は出るけど寿命が尽きるほどではなく、不調の時期が長続きしてしまう…。

現代の更年期が長引いているのは、こんな感じなのかな~、と思います。
いろいろ対処を考えないと…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-25 17:22 | 仕事 | Comments(2)

張り紙の説明・追記アリ

羽田空港の宅配便のカウンターで、「10時までに申し込んだ荷物は、都内、千葉県の●●、埼玉県の○○、神奈川県の△△以内の地域なら当日配達できます。」というような張り紙がしてありました。

要するに、羽田空港から関東圏内なら、10時までに申し込んだ荷物は、その日のうちに配達しますよ、ということを告げている張り紙でした。

私の後ろで、欧米系の女性が一緒にいる男性に「なぜこれ張り紙してるの?」と質問していました。口調から、この二人はご夫婦。妻のほうは日本語もちゃんと読めるし、日本語ぺらぺらなのに、夫が何度も何度も説明しているのに、奥さんのほうはどうも訳がわからないようす。

彼女は
「10時までに申し込めば当日配達なんだけど、限られた地域内しかだめ。そんなのなんでいちいち告知するの? このカウンターに来る人は日本全国に発送したい人が来るのだから一部の地域だけのメリットを出しても意味がない。10時過ぎにここに来た人には意味がないのに何でそれをわざわざ言うの?
というような疑問を夫にぶつけていました。
(↑これは、日本人ならそういう風にはあまり感じない感覚だと思います。特に「一部の人だけのメリットをなぜわざわざ告知するの?」という感覚は日本人には無い感覚でしょう)

このご夫婦は、私たちが荷物を出していろいろ書類に書き込みをしている間、ず~っと
「なんでこれをだすの?」
「だから、10時までに出せば…」
「だから、それはわかってるの」
「だから、関東圏内なら今日中に届くんだよ」
「だから、それはわかってるの」
という水掛け論を続けていました。

日本人なら「ああ、10時までに出せば、関東圏内なら当日配達なんだ、そりゃいいね」で終ることです。それ以上考えることもないほど、簡単な話です。

でも、それを「なぜ?」「なぜ?」と突き詰める人もいるんだなあと、面白く見ました。国民性というか、これは「言語」による思考経路の違いなのかなあ、とも思います。これを私が英語で友達に説明するとなると、どうやって説明するだろうか…。
現象は説明出来ても、なぜその張り紙をしたのか、という部分が説明できない。

この張り紙は、ひとことで言えば「気配り」が凝縮したものだと思います。とても日本的なもの、だと思うなー。

多分、この張り紙は、利用客の数パーセントしかいないであろう、10時前後に来る関東圏内に発送するお客様に対する気配りであり、「ちょっとお急ぎになれば当日配達が可能ですから、知っておくとお得ですよ」というような日本人らしい「善意」から出た張り紙ではないか。

お客様に喜んでいただきたい、という「善意」でもあるし、「もう少し早く来れば当日配達に間に合ったのに、告知しないから間に合わなかったぞ!」というクレームに対する「防衛意識」と言ってもいい。 (これは言い換えると「会社に対する気配り」でもあるわけですが)

または、10時までに申し込めば、関東圏内に配達できる素晴しいシステム・社員・サービスを持っているんですよ、ということを広く宣伝したいという気持ちもあるはず。

そういう「気配り」や「宣伝」が交じり合った張り紙…。これは説明するの、すごく難しい。

日本人ならそういう細かいこと考えずに、「あら、そういうサービスもあるのね」だけで終るのに、そこで終らない人がいるんですね。

追記
コニーさんのコメントに「気配り」という言葉があり、そうそう、それだ!と思いました。
この張り紙には気配りがあったんです。
それを当たり前のこととして、不思議に思わないのが普通の日本人。

でも、その気配りを「普通のことではない」と認識する外国人。

その対比が面白かったんです。

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-22 22:53 | 言葉 | Comments(3)

6月のキモノ


b0019674_23582961.jpg

バラの半襟
チャコールグレーの着物
バラの帯
緑の帯締め

友達に「バラの半襟のアップ」をリクエストされていたのですが、どうも半襟がちゃんと映っている写真を撮ることがなくて、ずっとのびのびになってました。

この写真は、先日取材に来た方が撮ったものを、うちに送ってくださったもの。
こちらは携帯の写真↓
b0019674_23591315.jpg

千葉のそごうへ行ったら、「そういう着こなしいいですね~」と、50代くらいの女性に声をかけられました。

ちゃんとした着物の着付けをする人だと、こういう地味な着物に地味な帯を合わせるコーディネートはしないらしいんですが、でもほめてもらえて嬉しかったです。

ところで、上の写真(送ってもらったほう)JPGなんですが、大きかったので、小さめに加工して、フォトショップで「web用に保存」しようとしたら、ファイルが見つかりません とでました。
別名でjpgで保存したもの(これは出来ました)を、新たにweb用に保存しようとすると、同じ表示が出て保存できません。

また、新規に起こした白い画面に、元画像を引っ張ってきてそれをjpgやpsdで別名保存したもの(これは出来ました)を、新たに「web用に保存」しようとすると、やっぱりファイルが見つかりません と出ます。

訳がわかりません~~~。
だれかフォトショップ使いの方、教えて~~~(-人-)

上記の不具合を、黒豆さんがいろいろ検証してくださいました。
黒豆さんのPCでは問題なく処理ができたそうなので、元画像に問題があるわけではなさそうです。

と言うことがわかり、送ってもらった写真をもう一度別のフォルダにダウンロードして、それからweb用に保存の処理をしてみました。

うまくいきました!

で、もともと保存していた画像を、今日、もう一度web用に保存してみたら…。

今日はちゃんと保存できました~~~(ーー;)
昨日のあのエラーはいったいなんだったんだ~~~(ーー;)(ーー;)(ーー;)

黒豆さん、ありがとうございました(-人-)

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-20 00:02 | キモノ | Comments(9)
なぜか、最近、ジェイン・オースティンを読み返しています。
『高慢と偏見』『エマ』など。

いや~~~、面白いんだけど、時代が時代だから、女性が結婚することがものすごく重大なことなんだなー。それと、身分の差。
まあ、時代が時代だからねー。

こういう海外の昔の小説って、「虚栄心を恥じる心」とか「虚栄心の強い人を軽蔑する人」というものが頻繁に出てきます。

高慢はまだいい。自分が自分を偉いと思う心だから。
でも虚栄心は他人に自分を偉いと思わせたい心だからダメ。

みたいな表現がでてきて、うーん、子どものころ読んだはずだけど全然覚えてなかったなあ。

リトルハウスシリーズ(大草原シリーズ)のローラの家でも、子どもの虚栄心を摘み取る教育、というのがちょくちょく出てきました。

虚栄心というのは、人として恥ずべき感情、という共通認識があったようです。

それから、主人公は身分の差を乗り越えて結婚する設定なので、作者は18~19世紀初頭のイギリスでは開放的な考え方の持ち主だったのでしょう。

美人であるか、従順であるか、ということよりも、頭の良さで男性をひきつける主人公、という設定も、当時としては新しかったんだろうなあ。

なんでまた、私、21世紀になってジェイン・オースティンを読み返しているのやら…。

基本的なストーリーが、男女がすれ違いながら恋愛を成就するまで、という構造だから読みやすい。登場人物のキャラクターがステロタイプでわかりやすくて、期待通りの展開。
作者のちょっとひねくれたユーモアも魅力の一つ。

18~19世紀に書かれたということを考えると、いろんな欠点には目をつぶり、単純に、ストーリーだけを楽しむと、楽しめる小説だなあと思います。

あと、東国原英夫(宮崎県知事)著の『芸人学生、知事になる』もうっかり買って読んで、面白かったです。彼がこの本を脱稿した瞬間の気持ちを今も持っていてくれれば、宮崎は安泰です!

中津燎子『英語と運命』 
石川あき『昔のきものに教えられたこと』
河合克敏『とめはねっ!』
も、最近読んで面白かった本です。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-13 23:15 | 読んだ観た聴いた | Comments(2)

初夏着物

今日(6月11日)は、取材があったので初夏の着物でお出迎えしました。

チャコールグレーの木綿の単衣。これにバラの刺繍の半襟と、黒とグレーのバラ模様の帯。
一見、すごく地味な合わせ方だけど、ちらりと見えるバラの半襟がすごく華やかで、私としてはお気に入りのコーディネートです~。

去年までは着物を着ると、それが特別なことだったから、必ず写真を撮ったけれど、今は着物が特別なことになってなくて、写真撮るのを忘れています。あ~、撮っておけばよかった~。せっかくのお気に入りコーデなのに…。

着物と帯が同系色というのは、地味だということになっているけれど、私はそういう地味なコーデも好きだなあ。

着物って、補色(反対色)を使ってビビッドな色あわせをするのが日本古来の着方で、着物になれた人ほど、同系色の色あわせを地味だと言う人が多いみたい。

でも、洋服なら普通の色あわせなのに、着物だから補色でなければならない、と言うこともないかな、と思って、私は反対色を使うコーデもやるし、同系色コーデもやるし、両方好きです。

明日は白い小千谷縮の着物に、深緑の帯で、日本水大賞の表彰式に出てきます。
この式典には、もう10年出ていて、去年までは毎回姉に着付けてもらっていました。でも、明日は一人で着付けます。昨日、姉にチェックを受けて、一応合格したので。

二重太鼓を結ぶのだけど、ふふふ、私、さっき練習していて、いいことを思いつきました。
仮紐で垂れの位置を決めるとき、この仮紐を解かず、帯の下に押し込んでそのまま結びっぱなしにしておくんです。

仮紐を細いものにしたら全然目立たない。
垂れを押さえるのが「て」と帯締めだけだと、緩む可能性もあるけれど、細い仮紐でしっかり抑えてあれば、絶対緩まないし。

仮紐が見えないよう、「て」をほんの数ミリ下げれば全然問題なし! さっき夫にも確認済み!

これって二重太鼓に限らず、普通のお太鼓でもやれるわ!
北海道の義母に夏帯をもらってきたので、初夏~夏のコーディネートはラクチンかも!

明日は写真撮るのを忘れずにしようと思います。
忘れないよう、祈っていてください。(祈るほどのことか??)


写真追加しておきます。
小さいけれど、撮りました(*^_^*)
b0019674_033125.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-12 01:16 | キモノ | Comments(9)

凶悪事件・・・

無差別殺人がまた日本で・・・。
日本という国はどういう国になっていくのでしょうか。
亡くなった方々のご冥福を祈ることと、こんな理不尽な事件が起きないよう祈ることしか出来ない自分が歯がゆいです。
私が祈ったからといって、何かが変わるわけではないのですが、やはり祈らざるを得ません…。

なくなった方々のご冥福をお祈りします。ご家族の方々、被害にあわれた方々の、心身が、早く癒えますようにと、ただ祈っています・・・。

More
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-10 01:32 | 時事 | Comments(6)

表示不具合直しました

毎月、日記のデザイン(レイアウト)を変えることにしています。(スキンを変更するだけなんですが)

エキサイトブログにある写真を使っての変更ですが、毎月変えるのを目標にしているので、今月も最初はチューリップの写真のものに替えました。

これが、画像が大きくて、赤星コムのフレーム内の表示ではすごい不具合が出るようになって、メールでもご指摘を受けて、スキンをまた違うものに変更しました。

今は不具合なく読めると思います。

もし、まだ何かの不具合があるようでしたら、メールかコメント欄でお知らせくださいませ。

よろしくお願いします。(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-06-04 03:23 | Comments(4)