漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

太めは得しますなぁ

しんちゃんと夏祭りに行きました。
二人とも浴衣を着て。(私の写真は撮らなかったわ~。残念!)
b0019674_23271233.jpg


女性の浴衣姿は今まで行ったお祭りより多いくらでしたが、男性はあまり見かけません。甚平や作務衣の人はいたけれど。
b0019674_2327293.jpg

b0019674_23275031.jpg


旅館の浴衣を着てみては「着にくい!!」 「浴衣はすかん!!」と怒っていたしんちゃんも、この浴衣はちゃんと体にあったサイズなので、 「体にあってると着易いなあ」と言ってました。

こういう体だと、迫力が出ますねえ。
しんちゃん、着物も似合うはずなのに、まだ着物には興味が無いようです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-31 23:31 | キモノ | Comments(6)

乗り物酔い

乗り物酔いって、今までは確か、人生で3回しか経験ありません。
一回目は中学生のとき乗った観光バスで。生玉ねぎのみじん切りが少し入ったエッグサラダのサンドイッチを食べて乗ったのが敗因で、気持ち悪くなって吐きました。(もちろん、ちゃんと先生に言って袋にね)

二度目は20代前半のころ。タクシーの中で下を向いて本を読んでたら気持ちが悪くなったというもの。これは軽症で、しばらく風に当たっていたら治りました。

人生三度目の乗り物酔いは、ついこないだ。乗り物はバランスボール。ほら、エクササイズで使う、大きなボールです。

これを使ったエクササイズで、頭と肩をボールに乗せ、胴体から足までまっすぐにして床に足をつけると、腹筋の運動になるとか、バランスがよくなる、ということで、私はついがんばってしまいました。数分、いや、10分くらいかな…。

そうしたら、頭がボールの上で後ろに下がっていたんです。あごが上がり、頭頂部はちょっと下に下がり、そういう状態で左右にぐらぐら揺れ(もともと腹筋が無いのとバランスが悪いのでゆれるゆれる)、頭がふらふらしてきました。

起き上がったら吐き気はするし、寒気もして、全身鳥肌立ってきました。頭痛もするし、眩暈もするし、あまりに気持ちが悪いので寝室に行って横になりました。そのとき寝室は30度近くあったんだけど、寒気がしていたのでちょうどよく、そのままへたり込んで1時間くらい眠ったようです。

その後、目が覚めたら、すごく顔がむくんでいて、この症状と、事前にどんなことをやっていたのかをしんちゃんにはなしたら、どうもこれは「宇宙酔い」の症状らしいです。

宇宙飛行士が宇宙に出て体験する「宇宙酔い」。無重力状態だから、地上よりも頭に血液が上っていて、顔がむくむ(ムーンフェイス)とか、いろんな症状があります。この宇宙酔いの訓練が、頭を下げて血が上るようにしてゆらゆらゆれる、というものなんだって。まさに私がやっていたエクササイズそのもの!

いや、正しいエクササイズはそんなに頭を後ろに乗せず、ちゃんとやれば宇宙酔いなんかにならないんだけど、私が頭を思いっきり後ろにやって、結果的に頭がかなり下がっていたわけです。
これでゆれると苦しいですよ~~~。

乗り物酔いなんて、人生で3回しか経験ないのに、そのうちの1回がバランスボールに乗って「宇宙酔い」だとは…。
情け無い…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-28 00:29 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

黒留袖・・・かな

リサイクルショップで黒い五つ紋の色無地の着物を買いました。三百円です。

これに白いレースの花のモチーフを縫い付けて裾模様の黒留袖風にしてみました。
b0019674_21291988.jpg
あとでビーズを縫い付けてもうちょっとだけ華やかにするつもりです。
紋のところも、私の紋とは全然違うので、レースのモチーフを縫い付けて隠しました。

今、紋付の紋を、ハートにしたり星にしたり、伝統的な紋とは全然違う物にする人もいます。
私も、しゃれでやってみました。


こういう黒い紋付は「喪服」と呼ぶ人が多いと思いますが、それだと弔事にしか着られません。でも、これを「黒の色無地」と考えれば慶事にも着られるんだそうです。

そういえば昔、学校の参観日に黒い着物で来るお母さん、いました。ものすごく昔の話ですが。写真なんかで見かけたことあります。

この着物を買うとき、 「喪服買うの~? 縁起悪いじゃん」と言われたんですが、こういう話を思い出して、三百円だしな~、と思って買ったわけです。

白い花がちりばめてある裾模様、私は気に入ってます。(*^_^*)
でも、いつ、どこに着て行くのか、ちょっと(いや、かなり)迷うわ~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-26 21:29 | キモノ | Comments(2)

ハリー・ポッター読了!

去年、英語版を読んでいたけれど、やっぱり翻訳版を買いました。
ザッと飛ばし読みしたけれど、やっぱり感動。
特に下巻はものすごく感動しました。

ハリー・ポッターシリーズを通して、英語のできる人たちから超不評なのが、スネイプ先生の「我輩」と、ヴォルデモートの「俺様」という一人称。英語ではどちらも当然 I ですが、日本語は多彩な一人称があり、どの言葉を選ぶか、翻訳者の腕の見せ所です。

私自身は、スネイプが「我輩」というのは、キャラにぴったりあっている訳語だと思っています。が、それを奇異に感じる方たちは、「我輩」には滑稽なイメージしかわいてこない、と言う人も多いようです。(これはデーモン小暮閣下の影響でしょうか…?)

でも、我輩という呼称は、明治時代くらいから一般に広まり福沢諭吉の『学問のすゝめ』にも「我輩も此の国に生まれて日本人の名あり」と出てきます。
古くは『蘭学事始』の元になる『蘭東事始』に出ていたり、もともとは自尊の気持ちを表わす呼称


文語でももちろん使いますが、口語でも使います。戦争映画などを見ると、よく使われています。古風で尊大な呼称と、辞書にも出ています。

なので、私はスネイプが我輩と呼ぶのは、それほど奇異には感じませんでした。古風で尊大なイメージはスネイプに重なります。

「我輩」という呼称が、コミカル系のイメージだけ持たれているとすればちょっとかわいそう。 「我輩」は滑稽な言葉ではないんですよ~。 ※「俺様問題」はまたいずれ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-25 21:17 | 言葉 | Comments(2)

仙台に来ています

取材で仙台に来ています。
千葉の自宅付近より、涼しいです!
一緒に来ている大阪の広告代理店、スポンサーの方々も「大阪より断然涼しい」と感激していました。
過ごしやすいなあ。
お昼は牛タンを食べました。牛なのにウマかった~~~(^^)

明日の早い飛行機で帰ります。なので今日は早く休みます。
掲示板のレスなど、帰ってからにします。
ちょっとお待ち下さいね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-22 22:56 | 仕事 | Comments(0)

洗濯のコツ

洗濯のコツは、石けんや合成洗剤をよ~~~く溶かしてから衣類を入れること。これに尽きます。

これは、石けんだけがやらねばならない儀式のように思われていますが、実は合成洗剤だってそうやらねばならないんです。みんな「合成洗剤はやらなくていい」と勝手に思い込んでいるだけで。

実際に合成洗剤のパッケージにも「よく溶かしてから衣料を入れてください」とちゃんと書いてあります。
b0019674_234024.jpg


石けんだと、洗濯機の容量の7割程度しか入れられなくて損だ、と思ってませんか?
合成洗剤だって、容量の7~6割を推奨してます。
b0019674_2351933.jpg


日本人はいつから「サッポイピッ」が正しい洗濯方法だと思ってしまったのでしょうか。

サッポイピッとは、
衣類を………サッ と入れて
洗剤を………ポイ と入れて
スイッチを……ピッ! と押すだけ
の洗濯方法のことです。

サッポイピッで汚れが落ちている、と思い込んでいるから、洗濯したものを着た直後にすぐ臭っても、「私の体臭がきついせいだわ」と思い込む。
この洗剤、この洗濯機での汚れ落ちはこれが最高値だ、と思い込んでいるから、シミが落ちなかったり黒ずんだりしたら、洗剤を変える。または新機能のついた洗濯機が欲しくなる。(←かつての私がそうでした)

体臭を落としてくれない洗剤が悪い、今もっている洗濯機が悪い、と思い込んで、洗濯方法を変える、ということをしないのです。

でも、今ある洗濯機、今もっている洗剤で、よく溶かしてから衣類を入れる、という洗濯方法をやってみてください。洗剤を変える前に、洗濯機を買い換える前に。
この方法で洗濯してみると、今までの洗濯は一体なんだったの???? と驚くくらい、汚れ落ちがよくなります。

合成洗剤で、サッポイピッをやめて、先に溶かしてから洗濯を始めた叔母が、1ヵ月後にびっくりして電話かけてきました。汚れ落ちがものすごくよくなった!! タオルがふわふわになった!! 洗濯物の乾きが早くなった!! という驚き&喜びの報告でした。

よく溶かした石けん液は、すすぎがものすごく早いのです。
石けん洗濯はすすぎが大変だ、すすぎの水が増えて、水道代が高くなった、とおっしゃる方も多いのですが、これは、石けんがちゃんと溶けていないと、そういうことがおきます。

よーーーく溶かした石けんなら、すすぎもラクで、水道代も減ります。
石けんにしたら水道代が上がってしまった、と言う方は、石けんをよーーーーーーく溶かしてみてくださいね。

※写真はミクシーで同じコミュに入っている そうさんからいただきました。
(ずいぶん前にいただいていたのですが、ようやく日記に書きました。ありがとうございます)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-21 23:12 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(3)
日本水大賞、青少年の部で大賞を受賞した広島県立広島国泰寺高等学校理数ゼミ生物班の事例を報告します。
いや、高校生レベルをはるかに超えた、すごい内容です。
遺伝子解析の手法も、プロ顔負け。そしてアメリカの大学、中国の研究者とも対等に研究を重ねています。(なんせ、むこうの大学が、この高校の研究に触発されて、新たな研究を開始したのですから)

ストックホルム青少年水大賞 大賞
広島県立広島国泰寺高等学校理数ゼミ生物班
オオサンショウウオの保全は水辺を守る
―放流実現に向けた遺伝子研究―

簡単に内容を紹介しますね。
この高校の活動は、ひとことで言うと「オオサンショウウオの遺伝子情報の基盤づくり」です。
これが水環境の保全にどうつながるのか…。

地球の水環境を守るためには
●水そのものを浄化する方式と
●河川生態系に確立した生態系を保持する方式
の二つがあり、広島国泰寺高等学校理数ゼミ生物班は後者を選びました。

その具体的手法は……

近年、減少が著しいオオサンショウウオ→個体数を増やすために幼生を放流
しかし、遺伝子撹乱を防がねばならない
そこからオオサンショウウオの遺伝子情報の基盤づくり が始まりました。

日本国内だけでなく、中国、アメリカへも出向き、大学との共同研究も開始。

それも、この高校の研究に触発された形で、アメリカの大学でも研究が始まったのです。

~本文より~
本校の活動に触発されたアメリカのAAST校(バーゲンカントリーアカデミー)とアメリカオオサンショウウオの遺伝子解析について共同研究がスタートした。AAST校の生徒がアメリカオオサンショウウオのDNAを抽出し、私たちが設計したプライマーを利用して遺伝子増幅に取組んだ。増幅が成功した遺伝子について、今度は私たちが塩基配列を決定した


本格的な遺伝子解析、ミトコンドリア遺伝子の地域差解析など、高校生レベルをはるかに超えた研究で、見事、青少年水大賞の大賞を受賞。

また、※遺伝子メロディを作成し、発表の場ではその美しいメロディが流れました。
これは感動的でしたよ!!

簡単な紹介なので、詳細はこちら↓↓を見てください。
http://www.japanriver.or.jp/taisyo/oubo_jyusyou/jyusyou_katudou/no10/no10_pdf/kokutaiji.pdf

※遺伝子メロディとは
大野乾博士(遺伝学者)が1986年に提唱した変換ルールにのっとって作成されたもので、A、T、C、Gの塩基配列を音符に変換し、DNAを音楽として表現したもの
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-20 00:58 | 水大賞 | Comments(9)

第10回日本水大賞

日本水大賞は、地球上の水環境を守る、人、団体、研究活動を表彰する制度です。
名誉総裁は秋篠宮殿下。
今年は10回目という節目でしたから、授賞式のみならず、祝賀パーティにも秋篠宮殿下、同妃殿下がいらっしゃいました。

この様子もぜひごらんください。
http://www.japanriver.or.jp/taisyo/jyusyoushiki/no10/index.htm 着物姿の私もチラリと映ってます(*^_^*)

今年の受賞者は http://www.japanriver.or.jp/taisyo/oubo_jyusyou/jyusyou_katudou/no10/no10_jyusyou_katudou.htm を参照してください。

しばらく、この受賞事例を、紹介していこうかと思います。
(仕事の都合によりますが・・・・)

今日ご紹介するのは、大賞受賞の、熊本市です。

日本一の地下水都市、熊本市 では、近年、地下水が減少していた。
これを回復させるためにさまざまな活動を行ってきた。

・1977年に「地下水保全条例」を制定。調査研究の結果、地域の水循環系を把握したことが事の始まり。

・年間20億立方mの降水量のうち、約3分の1の約6億立方mが地下水に。そのほとんどが水田や畑地、草地から地下に浸透している。
・地下水減少の原因は、アスファルト、コンクリートで雨水が浸透しないこと、米の生産調整で水田が減少したこと。

・2004年1月から、減反地だった水田に水張りを行う農家に対して助成金を交付
 →農家の協力により年間1,000万m3を上回る地下水を涵養。
・市民ボランティアによる森林整備 水源涵養林の整備
・水源地や湧水地の見学ツアー、水田作り体験、水循環や歴史の市民講座、学校給食に地元の農産物使用

以上の取り組みから、湧水地の水量が回復しているとの報告!!

湧水量が回復しているということだけでも素晴しいことなのに、このほかにもいろいろなことを市が率先してやっておられて、本当に見事です。
私が書いたのは全部ではないので、続きは下記サイトを見てくださいね。
http://www.japanriver.or.jp/taisyo/oubo_jyusyou/jyusyou_katudou/no10/no10_pdf/kumamoto.pdf

それにしてもきめ細かな取り組みで、市民全体の意識を高めるようなプログラムで、さすが、大賞受賞事例です! 

みんな、じっくり読んでみてくださいね。
どの事例も、じっくり読むと、ホント感激しますよ!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-17 00:49 | 水大賞 | Comments(5)
私の漫画で、テレビドラマになった「エクレア気分」(一回は「エクレア気分」で、高木美保さんが主演、二回目は「我慢できない!」で、鈴木京香さん主演です)が、ネット購入できるようになりました。

いや~~~、今見ると、お下劣でお下品でおえっちな…(って、なんでも「お」をつければ印象がやわらかくなる…かも?って魂胆見え見えですが)、まあ、ドラマにするときプロデューサーのかたが「テレビに出せる程度にするのに苦労しました(笑)」と言ってくださったほどの漫画です。

でも、それは15年前のセンス。今見ると、意外にえっちじゃない…。ような気がします…。(ホントかな)

明るくからっとしているので、友達に言わせると、あまりにもあっけらかんとしていて、淫靡なところが全然無い、かえってわいせつゼロだ、という意見もあります。

その辺は見てのお楽しみ。

「エクレア気分」シリーズ、光文社の携帯サイト、「光文社電子書店文庫YomYom」で、よかったらご購入お願いいたします。(-人-)

アクセス方法は...

EZweb(au)
EZトップメニュー> カテゴリで探す> 電子書籍 > 小説・文芸> 文庫YomYom

iモード(NTTドコモ)
iメニュー > メニューリスト> コミック/書籍 > 小説> 文庫YomYom

Yahoo!ケータイ(SoftBank)
Yahoo!ケータイ> メニューリスト> 書籍・コミック・写真集> 電子書籍> 文庫YomYom

でよろしくお願いします。

光文社電子書店文庫YomYom>http://www3.kobunsha.com/kappa/yomyom/index.html
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-14 11:55 | Comments(0)

プロの相場

ドイツ語を勉強している友人が、周りの人によく「これちょっと簡単に訳してくれない?」と頼まれるとぼやいていました。ドイツ語が出来るひとがなかなか回りにいないので、すぐその友人に回ってくるのだそうです。

簡単でいいから」と言われても、そんな簡単にはいかない! と怒っていました。

しかも、何のお礼もなし。ドイツ語出来る人が日本語の文章をドイツ語にするだけなんだから、苦労はないだろう、簡単なんだからただでいいだろう、という意識なんでしょうね。というか、友達同士でお金を払う、というのが、多分考え付かないのかも。

その友達も、一回目、二回目のときは、頼まれるのも嬉しくてただでやるけれど、こう何回も続くと、そうも言ってられない。ちょっとうんざり…となってくるんだそうです。

自分がプロの翻訳家なら、お金の請求も出来るのに、とぼやいていましたが…。

でも、プロでも友達に対しては金の請求はなかなか難しいようですよ。
私の友達のプロの英語翻訳家も、「友達だから、ちょっと簡単でいいからこれ訳してくれない?」と頼まれて、簡単にはいかないんだよね~、と思いつつ訳すと、「ありがとう~」の一言だけで終ったり、「コーヒーおごるわ」と言われておわったりしたそうです。それ、プロの仕事をどう考えているんだっ!! と怒りたくなる、と言ってました。

私の知り合いの着付け師が、特に教室を開いているわけではなく、仕事もちょっと休んでいる時期に、同じマンションの人から、子どもの七五三の着付けを頼まれたそうです。
で、その人の部屋に行って着付けをしてあげたら、「お金いくら払えばいいですか?」と聞かれました。

「駅前の美容院で4千円だから、その半額の2千円でいいですよ」と言ったら、その人は「えええっ!!」とものすごく驚いて、キッととした顔になって、千円札2枚をパッと投げつけたそうです!!
投げつけるのかっ!! すごいわ~~~!!
(↑30年前の話なので、金額が低いですが)

多分、その人は「友達なんだからもっと安くて当然」と思ってたのでしょうね。でも、友達と言っても、プロの仕事をしてもらうわけだから、お友達価格で半額だったら、決して高くないと思います。

なのに、友達に頼むってことがそもそも安く上げたい、ということで、市場の半額でも高く感じるってことは、一体市場の何分の一を想定していたんでしょうね。

その道のプロに何かを頼むとき、ただでやってもらおうと思わず、お金を払うつもりで頼むのはいいことだと思いますが、相場ってもんがあるでしょうに…。ねえ…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2008-07-10 21:27 | Comments(5)