「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

明日、宮崎で講演です

ばたばたしていたので、告知が遅れてすみません。
宮崎で講演です。
でも、宮崎ではテレビで告知してくれていたそうです。お近くの方はぜひいらしてください。

宮崎以外の方にも告知いたします。
2月28日
宮崎県立図書館にて 
第一部 エコアートコンテスト表彰式13時30分~14時
第二部 セミナー「楽しいエコロジー教室」 14時~15時30 
私の講演は、ズボラな私が30年かけて少しずつゴミを減らしてきたその方法や、石けんでの換気扇洗い、省エネの仕方などを楽しくお話しています。
環境の講座は、暗い話、難しい話が多いのですが、私のは笑いも出る楽しいものです。
だって、楽しくないと長続きしないし。私でも出来た事をお話しするので、皆さん「これなら出来そう!」と思ってくださるようです。

良かったら、お近くの方はぜひ来てくださいね。

古着の着物で行くかどうかは、、、うーん、明日の早朝便で宮崎だし、、、当日日帰りだし、講演の壇上で換気扇洗いをやらないといけないしで、、、。ちょっと保留です。
多分、今回は洋服かなー。うーん、悩む!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-27 14:23 | 仕事 | Trackback | Comments(5)

ロールケーキ

頂き物のロールケーキ。ミルキーの味がします。
b0019674_20174468.jpg

美味しかった!! クリームがほんとにミルキー味。
今、評判の味で、行列も出来ているんだって。

不二家、これで巻き返しを図っているそうです。
そらきちも後ろで応援してます。
b0019674_20201612.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-25 20:20 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)
ティーポットの注ぎ口にカゴを吊り下げるタイプのティーストレイナー、これはラッシャン・ティーストレイナー(ロシアの茶漉し)というのだそうです。>BIGMUMさんありがとうございます!

こちらに出ています。
こちらにも。

海外のネットショップなので、送料を考えるとちょっと二の足を踏むのですが(Yahooオークションで手に入れたのはお値打ち品でしたから。大変リーズナブルでした。)

さて、このタイプの茶漉し、紅茶だけに使うのはもったいない。
和風の土瓶にあう茶漉し(注ぎ口から吊り下げるタイプのものを)手作りしてみました。
竹の茶漉しと、竹の小さなトングを使って。
b0019674_23163848.jpg

茶漉しは注ぎ口から吊り下げるには大きすぎるので、分解して小さくし、トングも注ぎ口に入るよう削ったり、火で炙って曲げたりしてみました。
b0019674_23171985.jpg

そして装着したのがこれです。
b0019674_23174499.jpg

なかなかいいと思いませんか!?
竹細工は素人なので、細部はすごく荒く作ってあります。これ、ちゃんとした竹細工職人の方が作ったら売れると思うんだけど。

自作のものは、カゴの取っ手が細くてすぐ取れそうなんだけど、その辺はちゃんと職人さんなら作れるはず。これは試作品としてはまあまあかな。
もう1個茶漉しを買ってきて作ってみようかな、と思ってます。
これでほうじ茶淹れてみよう! ちょっと楽しみです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-21 23:22 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)

40年探し続けたもの

小学生のころ、テレビの洋画劇場で見た映画にちょっとだけ出てきたモノを、私は40年前から欲しくて、ずっと探していました。それは、口から吊り下げる形の紅茶漉し。
その洋画のタイトルもストーリーも全然覚えていないのに、その紅茶漉しは強烈に目に焼きつきました。一緒に見ていた父も「おう、こん紅茶漉しはいいなあ」と感心していたのも、私が忘れられない理由の一つです。
お父さんも好きなんだ、これ。と思って、欲しくなりました。

でも、誰に話しても「口から吊り下げ型紅茶漉し」を知っている人は40年前の宮崎にはいませんでした。
たいていの人が、四角錘とかハート形の型に茶葉を入れてカップやポットに浸すタイプのものを思い浮かべるようでした。
こんなのね↓
http://item.rakuten.co.jp/inobun/007573/
これじゃないんです。
17年ほど前には、漫画にも書いて情報を求めたのですが、やっぱりわからずじまい。

もう諦めかけていたのですが、先日、ふと思い立って、「紅茶漉し」ではなく「ティーストレイナー」で検索してみました。

そうしたら、、、、、!!
あったんです!! 私が思い描いていた紅茶漉しを買った、という方が、ブログに写真をアップしていたのです!!
その方のブログのコメント欄に、どこで購入したのか、金額は、などの質問の書き込みをしたら、ご丁寧に教えていただきました。

イギリスで買ったのだそうです・・・。
そして、イギリスでも「これはフランス製のアンティークだ」と言われたとのこと。

イギリスまで買いに行く? それともフランスまで? と一瞬悩んでいたところ、その方がYahooオークションで同じものを見つけてくださいました。

ヤフーオークション!!
今までオークションはやったことがないけれど、40年前から欲しかったものが手に入る!! そう思ったら、私はすぐにyahooのアカウントをとりました。ええ取りましたとも!!

そして、落札したのがこれです!!
b0019674_0444670.jpg

使い方はこれです。
b0019674_0454179.jpg

小さなかごのついたワイヤーをティーポットの口に刺し込むと、かごが口から吊り下げられた形になります。
そのかごに紅茶が注がれ、これがまた、液体は放物線を描いて注がれるわけですが、ちゃんとかごに命中するんです! そして紅茶の葉っぱはかごに受けられる、というわけです。

この写真のポットは口が細くて、ワイヤーが奥まで入りこまないけれど、もっと普通のティーポットだとキチンと装着できます。ほうじ茶用の土瓶にはぴったりでした。

でも、この紅茶漉しは、シルバーの小さなボウルに細い小さな穴が開けられているというもので、これはきっと紅茶を注ぐとあふれてしまうのではないか、と言う懸念もあります。これがボウルではなくてほんとに網目のカゴになっているものもあるんです。もし、そういうものを見つけた方、ご存知の方、ぜひお知らせくださいませ。
よろしくお願いいたします!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-21 00:55 | Trackback | Comments(8)

TKG

お茶の水学生街のラーメン屋さんに「TKG始めました」という張り紙が。
何だろうとよく見たら…
T卵
Kかけ
Gごはん
のことでした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-20 15:08 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

男子フィギュア諸々

先ほど、昼間見られなかった男子フィギュアの様子を見ました。
ジュベール、ライサチェック、その他いろいろ見て、男子は本当に混戦模様。予測の付かない面白い展開になりそう!!

ジョニー・ウィアーの滑りも見ました。点数もっと上がっていいと思う。あそこでブーイング出たのは当然、って感じ。

マイミクふぢこさんがつぶやいてたのをちょっと紹介。

「ジョニ子のコメント→メダル候補に挙げられていないことについて◆僕はオリンピック選手で、良いアスリートだけど、個性に邪魔されてみんなそれを忘れているんだと思う。」

でも、元世界チャンピオンのカナダのストイコが金メダルのダークホースとしてウィアーを挙げてます。確かにダークホースだ。メダルを取っても不思議はない! でも点数が伸びなかったのはあの個性が審査員の目を曇らせたのかも!?

それにしても小塚君は可愛かった。織田君もいいすべりでした。

プルシェンコはファイブコンポーネンツが39点台。でも技術点が51点台。高橋が4回転を成功させて、コンポーネンツが高ければ金確実!?
高橋はもう少し眉を太くしたほうが海外の審査員にアピールすると思うのだけど。
細くて中性的な眉が好きなのは日本人ばっかり、なような気がします。


それからスピードスケートのユニフォームについて。
あの紐パンに見える股間のあの部分、男子はまだいいけれど、女子は気になってるんじゃないかなあ。日本の女子選手がスタート地点に立つと、なんとなく肘を曲げて手が股間を隠すような位置にあるんだけど。
あれだと肩に余計な力がかかるんじゃないかな、なんて余計な心配をしているワタクシでした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-17 23:27 | 時事 | Trackback | Comments(3)
3年のブランクを経て、プルシェンコが戻ってきました。
いや~、ショートプログラムでの91.30を超えるか!?(世界選手権で本人が出した世界記録)
と思いつつ、今見てます。

90.85だ!!
2位と、今のところ15.50違うハイスコア!!
やっぱりすごいプルシェンコ。
高橋、頑張れ~! 織田、頑張れ~~!!  
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-17 10:37 | Trackback | Comments(0)
2月10日は小石川さと和での飲み会でした。店長の茶柱夫妻に誘われて着物着て行ってきました。
b0019674_21445482.jpg

この着物は渋谷の古着屋さんで千円でした。羽織は成田の古着屋さんで千円。羽織紐は自作の細いベルト。
帯は、去年、日テレの仕事で古民家を掃除したとき、その家の奥様がくださったもの。着物着て掃除したのでねー。その節はお世話になりました。

b0019674_21471067.jpg

パーティの様子。
右下の赤っぽい写真はリンゴピザを焼いているところ。葡萄ピザの葡萄がなかったので、リンゴで代用。甘みが足りないので蜂蜜もかけて。出来上がりの写真は撮ってないのですが、好評でしたよ!
しんちゃんも着物を着て行く予定だったのだけど、やっぱり着物を着て動くことに慣れていないし、袂のある衣服で運転は危険だし、ということで洋服になりました。もう少しちゃんと動けるように着物に慣れてから、ですね。
パーティで会った方々、またミクシーなどで交流お願いいたします。

今日(2月12日)は府中市美術館のターナー展に行ってきました。
出かけるときにカメラを忘れて行ったので、帰ってきてから写真撮りました。
b0019674_21582957.jpg

もらい物の大島紬に、義母の綴れ織りの帯、実母の銘仙の羽織です。羽織紐はちゃんと最初から付いているもの。帯揚げは風呂敷を切って縫い合わせたもの。
そして、今回の着こなしは、襦袢の袖が一番可愛いポイントです。
b0019674_2222429.jpg

カフェカーテンのうそつきの袖です。
この大島紬は袖がちょっと長めなので、他の襦袢だと短すぎる。だから長めのうそつきの袖を作ったわけです。
古着屋さんで買った着物は、袖の長さがまちまちなので、それに合う長さの襦袢の袖を作っておいて、肌襦袢にマジックテープでくっつける、という技でサイズをあわせています。

今回のうそつき袖は、端がレースになっているだけでなく、小さなパールがところどころに付いているのも可愛いポイント高いと、年甲斐もなく思ってます。ふふふ~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-12 22:05 | キモノ | Trackback | Comments(0)

伊予柑マーマレード

無農薬の伊予柑をたくさんいただきました。果汁を絞ってジュースにしたら超美味しかった!(NOVOさん、ありがとう!)
そのあと皮がたくさん出て、これを捨てるのももったいない。だって、無農薬だよ? マーマレードとピールをつくってみよう! と思い立ちました。

ネットでレシピを検索したら、皮を果汁で煮ると出ています。おお、飲むために絞ったんだけど、これを使ってみよう! 
(作ってる最中の写真は撮り忘れ。残念~~~)

マーマレードの出来上がりはこれ。
b0019674_06562.jpg

皮を一晩水につけて洗い、細く切って果汁を加え、砂糖で煮る。
伊予柑の皮は厚みがあるので、出来たマーマレードも厚みがあって食べ応えがあります。

全部マーマレードにしても、夫は食べないし、半分はピールにしました。
グラニュー糖を加えて煮て、乾燥させてグラニュー糖が白くザラザラ表面についているもの。

作りながら、あ、私ってこういう 砂糖がザラザラ表面についているもの って好きじゃなかった、ということを思い出す。
なので、途中で作るモノを変えて、途中のピールをバターで炒めてみました。
b0019674_011180.jpg

オーブンペーパーの上で乾かして…
b0019674_0124237.jpg

砂糖とバターがちょっと焦げて、キャラメルみたいな風味が付いた伊予柑の皮!! うま~~~!!
だけど、砂糖とバター、すごいカロリーだ。夫は食べない。これを一人で食べたらどうなる!?
こういう高カロリーのものは大勢で分配するべきだっ!!

というわけで、オーブンペーパーで包み、台所の引き出しに眠っていたふるいリボンで結んでギフトラッピング。
b0019674_0153831.jpg

友達にあげたら、大好評でした!
キャラメル風味の伊予柑。美味いなあ。

そして、今日、マーマレードをパンにつけて食べたら、これがまた超ウマーーー!!
そして、さらに、晩御飯のあとのデザートに焼き芋を夫が買ってきていて、輪切りにした焼き鋳物上にマーマレードをのせて食べたら、これがまた、美味い!!
b0019674_0174833.jpg

伊予柑の皮がめっちゃ厚くて、食べ応えがめっちゃあって、焼き芋の甘みとめっちゃあって、ホクホク感がめっちゃあって、 とってもおいしいです。(←AD堀風に読んでね)
(AD堀君とは、しるしるみしるに出てくるADです。今、すごい人気です。わからない方は検索してみてくださいよろしく~)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-07 00:20 | 飲む食べる | Trackback | Comments(4)

新野、着物にはまる!

しんちゃん、既製品のアンサンブルを買いました!
私は古着でサイズが合うんだけど、夫は体形がアレなので古着では絶対ムリ。父からもらったものも小さい(と言うか身幅が狭い。体形がアレなんで。丈も足りない)
b0019674_11282896.jpg

既製品の2Lを買いましたが、丈がちょっと長いので、帯の下で少しおはしょりみたいに折ってます。

省けるものはすべて省き、羽織紐は手作りしました。
皮ひもと木のビーズを組み合わせただけの簡単なもの。羽織用金具が380円ですが、男物は羽織紐に固定しなくていいので、使い回しがききます。だからラクチン~。
b0019674_11285939.jpg

上の段が最初に作ったもの。
最初、短すぎて、着用している写真だと羽織紐がまっすぐ一文字で、キツキツ感満載。
なので、急遽二個目を作り、これは垂れるようにながくしました。
1個目に作ったのも、左右にループを足して長くしました。きっと使えるでしょう。

b0019674_11343799.jpg

これは、女物の羽織紐の仮デザイン。
友達に作ってあげると約束したもの。こんな感じでどうかな~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-02-06 11:35 | キモノ | Trackback | Comments(5)