漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

モツ鍋と鯛茶漬け

う~ん、上田~茅野市旅行、写真がたくさんで、編集が大変なんです~。
それで、ちょっとおいといて、昨日と今日のことを。

昨夜から福岡入り。JOTOの取材です。
昨夜はモツ鍋を食べました。
今日のお昼は鯛茶漬けでした。

福岡のモツ鍋は、以前にも『幸』というお店で食べたものが超美味しかったんだけど(以前の記事)、今回もまた美味しかった~~!!
普通のモツ鍋と一味違っていて、梅味になっています。さっぱりしてます!
b0019674_20465549.jpg


それから、酢モツというのも美味しかった! これもさっぱりしていて、モツの臭みが全然無くて、柚子胡椒がピリッと利いて、美味しかったです!
b0019674_20474562.jpg


さて、今日のお昼は鯛茶漬け。
b0019674_20502179.jpg

ままかりのような味、と言って通じるかな?
胡麻と味噌のタレに漬け込んだ鯛の刺身を、まずはそのままごはんに載せて食べます。
そのあと、二杯目は鯛をごはんに載せて熱々のお茶をかけてお茶漬けにしていただきます。
美味しかった~!

と、食べてばかりのようですが、ちゃんと取材をして、写真もたくさん撮って、漫画にする資料もたくさん集めて帰ってきました。
JOTO様、JOP様、お疲れ様でした!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-30 20:53 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)

真央ちゃんの曲

上田~茅野市旅行はちょっと置いて…。

浅田真央ちゃんのフリーの曲は、どうも彼女のキャラに合ってないと思う。せっかくの演技が弱く見えると思う。

そう思っている人は多いらしく、真央ちゃんの演技に別の曲をつけてみた、という映像がYOU TUBEに!

これだ! 
http://www.youtube.com/watch?v=ZBTagD4dWto&feature=related

いや~~~、ジャンプが大きく高く見える! 気のせいだろうけど、その「気のせい」で加点が付くか付かないか分かれるんだと思う。
審査員だって人間だし。

こちらは優雅な真央ちゃん。
http://www.youtube.com/watch?v=qeQBH8i9cBk&feature=related
スパイラルもより優雅に見える。

19歳のオンナノコには、『鐘』は重過ぎると思うなあ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-28 22:48 | Trackback | Comments(6)
3月21日、上田市へ。
午後3時に上田駅近くのホテルへチェックインし、友達の黒豆さんと会う。
黒豆さんが市内をいろいろ案内してくれて、まず上田城址公園へ。

上田城は天正11年(1583年)に真田昌幸公が築城した平城。石垣マニアの私としては真田石ははずせないポイントだ。下の写真の右上がそれ。私としんちゃんが立っているので大きさがわかろうというもの。直径3mはあるそうだ。
b0019674_1434384.jpg


櫓の中にはこんな展示物が。
b0019674_1501192.jpg


さて、この上田城址公園内には市民会館、山本鼎記念館上田市立博物館などがあり、見所満載である。

公園内を歩くと、多くの胸像が目に付く。
b0019674_2102673.jpg

昔の市長や政治家、博士、などなど。
ゴミ箱が無いので持ち帰ってください、という立て看板もあった。確かにゴミが落ちていない、きれいな公園である。さすが!

そして、郷土の俳人、板垣峰水氏の石碑も。シベリアに抑留された兵士の句だろう…。
b0019674_2185582.jpg

この句、泣ける…。

あ、そうそう、真田井戸もご紹介しなければ。
この井戸は城内唯一の大井戸で、内部に抜け穴(横穴?)があって城北の太郎山麓の砦、藩主居館跡にも通じていた、という伝説がある。
b0019674_2235698.jpg

抜け穴から食料を運び入れられたので、兵糧攻めにあっても不自由しなかったとか。
でも、中をのぞいたらこんな感じ。
b0019674_2252245.jpg

とりあえず見えるところに横穴はない。水の中にもぐっていくと横穴があるのかも。

それから、樽を使った茶室もいい感じ。20年ほど前くらいから設置してあるとのこと。
b0019674_2332667.jpg

ここは、古いものや歴史的なものの雰囲気を壊さないように、新しいものが作ってある。この公園だけでなく、町全体がそんな雰囲気だ。

このあと古い町並みを見に行くのだが、これがまたいい感じだった。映画のロケが多く来るのも、古い町並み、古い家屋が残っているからだそうだ。
その模様はまた明日。お楽しみに~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-28 02:42 | 行ってきました | Trackback | Comments(5)

長野県へ

仕事の合間に長野県上田市へ。
上田市に住む黒豆さんのブログで、タモリの昔のアルバム(もちろんレコード)をCDに落とし込んだという話しを読んだのがきっかけだ。
http://kuromame2.exblog.jp/12565786

実は私、タモリのサイン入りアルバム・RADICAL HYSTERY TOURを持っている。
これだ。 
b0019674_2312297.jpg

昔、TV LIFE というテレビ番組雑誌で連載していたころ、「いいとも」の取材に行って、楽屋で直接サインをいただいたのだった。
取材に行った日は、ちょうど猿岩石が帰国した翌日で、いいともに出演した日だった。タモリに会えたことプラス、初々しかった有吉にも会ってちょっと言葉を交わしたのもいい思い出。

というような自慢話をしに、そして私のレコードをCDに焼いてもらうために上田へ出かけることにしたのだった。

で、今日は旅のきっかけだけ。ちょいと忙しいので、残りは追々、ボチボチアップします。
御期待くださいませ~(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-26 23:49 | 行ってきました | Trackback | Comments(4)

電話勧誘撃退法

ちょっと前、仕事場の机に向ってネットで調べ物をしているとき(←ここ重要)、電話がかかってきて、化粧品の勧誘が始まった。

某化粧品会社のヤマダさん(仮名)が、しわやシミが消える化粧品をお試し価格でご提供します、という話で電話をかけてきたのである。

普段だったらその時点で、「私、化粧品にはアレルギーがあるので使わないんですよ」と断るのだが、今回はちょっと気になる言葉があり、じっくり聞いてみた。

気になったのは「ノーベル化学賞を受賞しているんです」「お肌の細胞を活性化する」「細胞の根幹を育てる」というような言葉だった。

化粧品の勧誘が始まると、たいてい私は
●それは医薬部外品であるのか
●その効能は、そのカテゴリーの中で言っていいものなのか

という二点を質問することにしている。(いや、私だってわかってないんだけど、少なくとも勧誘するほうはそれくらいのことは知ってないといけないはず)。

今回もそれを聞いた。
ヤマダさん、ちょっとひるんだけれど、「ええ、医薬部外品です」と。
「医薬部外品でその効能は言ってもいいんですか?」と聞くと、ヤマダさん、ちょっと得意げに「ええ、これはノーベル賞を受賞しているので」と、答えてくれた。でも、それ答えになってないぞ。

「そのノーベル賞は、何賞ですか?」と聞くと、「ノーベル化学賞です」「どなたが、何で受賞したんですか?」「フラーレンです」「それはいつ、誰が受賞したのですか?」「え、、、えっと、ちょっと待ってくださいね」と、しばらく無言。何か調べているらしい。

しかし、私も調べ物をするためにパソコンの前に座っていたのですぞ。
すぐに「ノーベル化学賞」で検索をした。ウィキペディアに歴代の受賞者が出てきた。

関連のありそうなのは、1996年にアメリカの学者がフラーレン(C60)の発見で受賞、というところ。
これを見つけたとき、相手も電話に戻ってきた。

「えっと、カール博士と言う人が受賞して…」
「はいはい、フラーレン、C60ですね」
「えっ?」
「C60、最小の構造が多数の炭素原子で構成されるクラスターの総称ですね(ウィキペディア丸読み)」

「………。詳しいですね……。で、あの、うちのはフラーレンとEGFが配合されていて細胞の根幹を」ヤマダさん、ちょっとひるみ始めている。

「そうですか、私、化粧品にはアレルギーがあるんで、使わないんです」

最後のこの言葉で、ヤマダさんは明らかにホッとしたようだった。
「そうですか、では」
プッツ。

電話は切れた。

私、意地悪だったかなあ。最初から「アレルギーがあるので」と断るほうが親切だったかなあ…?
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-19 21:21 | Trackback | Comments(6)
3月18日は東京都小金井市で講演です!

タイトルはゴミを出さない暮らしのコツ
日時 3月18日(木) 13:30~15:30
場所 小金井市 商工会館3F 萌え木ホール
     地図はこちらです http://www.koganei-s.or.jp/modules/gmap/
参加費 無料
共催 小金井市ごみゼロ化推進会議・小金井市
後援 小金井市環境市民会議ごみ部会
お問い合わせ ごみ対策課 清掃係 042-387-9835

お近くの方はぜひお誘い合わせの上、ご来場くださいませ。
どちらの講演も、楽しくて笑いもあって、ゴミも減るという講演です!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-17 23:53 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

羽織買いました

昨日(3月13日)は、小石川さと和で、和モノのフリーマーケットがありました。
ちょっと遅くなったけれど閉店間際の午後4時半ごろ行ってみました。
ミクシーでの友達、TSUBAKIさんやメリーさんが着物や帯を出品していて、他にもたくさんの着物や和柄バッグ、帯留め、半襟などたくさんありましたよ!

1500円の着物帯(なんと100円!)とか、半襟300円とか買いました。
で、最後にふと見つけた羽織。ちょっと羽織ってみたら、いま着ている着物にもぴったりだったので思わず購入。なんと500円!! 下の写真の羽織がそれです。
b0019674_18411824.jpg

着物はもらい物なので0円、帯も姑がくれたもの。帯留めは椿の形の箸置きに金具をつけて手作りしたものです。安いわ~。
で、この写真は、ラクーアの観覧車の前です。さと和を出て、友達とラクーアで待ち合わせしてごはん食べて観覧車に乗ることにしたのでした。

観覧車ってゆっくり移動するだけだから、あんまり面白くないアトラクションだと思ってたんだけど、いや、ラクーアの観覧車はなかなか面白かった!
b0019674_18433960.jpg

夜景がきれい!
そしてすぐ隣をジェットコースターが飛んでいきます。
b0019674_18562638.jpg

とても楽しい一日でした!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-14 18:47 | キモノ | Trackback | Comments(3)

長谷川等伯

今日、東京から帰る道すがら、カーナビのテレビでチラリと映った画像。
電波状況が悪く、砂嵐の向こうに黒い墨絵がぼんやり。それだけの画像で、「等伯か」としんちゃん。
運転中だからチラリとしか見てないし、しかも画像は砂嵐。音声も無し。で、すぐに見分けが付くのは、構図が独特だからだと思う。
b0019674_115924.jpg

運転中だからテレビは見られない。急いで帰って家のテレビで続きを見ました。
いや~、素晴らしい!

東京国立博物館で 没後400年 特別展「長谷川等伯」をやっている。3月22日までだった! 早く行かねば!
http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=7026
でも、土日は激混みらしい。

混んでいるときは人垣の向こうにしか見られないので、そういうとき用にうちは双眼鏡を持っていきます。
これが超便利!
遠くからでも細部が見られるし、等伯とか若冲とか、細かな筆致が見たい画家のときは、人がいなくても双眼鏡で見ると新たな発見があったりする。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-14 01:02 | アート系 | Trackback | Comments(0)

百歳の方の言葉

仕事は死ぬまで。
寿命はあるまで。

と、いまテレビで100歳の方が色紙に書いているのを見ました。
いい言葉! だと思って、思わず日記にアップです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-13 14:01 | 言葉 | Trackback | Comments(0)

傘で作る傘袋

先日、横浜市港南区でエコの講演に行ってきました。
そこのスタッフの方にいただいた素晴らしい傘袋を紹介します!

このことは読売オンラインの「新おとな総研・暮らしの知恵」の中の「エゴロジストな暮らし」に書いてます。
http://otona.yomiuri.co.jp/life/ecolife/20100311_01.htm
作り方も出てますので、ぜひご覧になってください。

で、こちらでは写真を。
b0019674_2181655.jpg

これは会場の控え室で見せてもらったものをその場で写真撮りました。
遺失物や、捨てられている傘の布をはずして、二枚縦につなぎ、それを折って端を縫うだけ。
だいたい傘は6~8枚はぎのものが多いので、一本の傘から3~4袋作ることが出来ます。
こちらの袋には、傘をまとめるときの細い紐(ネーム紐というらしい)が付いています。

でも、ネーム紐は一本なので、3~4袋出来ても、全部につけることが出来ません。

だけど大丈夫! 紐が付いてなくてもちゃんと使えます!
こちらがいただいたほうの写真。ネーム紐は付いていません。
b0019674_2195020.jpg

ほら、紐で括ってなくても袋は傘から落ちません。真ん中から下が細くなってるので抜けないし、傘布は張りがあるので上半分もずり落ちないし。

こちらはこの傘袋を開発したさわやかスタッフの方々です。(写真公開許可いただきました)
b0019674_21134785.jpg

皆様、お世話になりました! ありがとうございました!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2010-03-12 21:14 | 仕事 | Trackback | Comments(0)