漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

怪しいタイ料理の店

その店は国道沿いにあった。周りには何もない。
道路の両脇は崖と草地。トラックやトレーラーが轟音を立てて通り過ぎる、人の気配の無い道路だ。
日が落ちてからその道路を走ると、真っ暗な闇の中にポツンと浮かぶその店の電飾は、あまりにもわびしかった。チェンマイの郊外にある地元民しか来ない店、と言っても通用するような、そんなたたずまいだ。(いや、チェンマイ、行ったことないんだけどね。単なるイメージで)
b0019674_430568.jpg

ね、ちょっと入るのにためらう気持ち、わかるでしょ?なんか、こう、怪しい感じがする。

しかし、ある日、意を決して店に入ってみた。
入ったとたん、「いい匂いがする!」と夫が目を輝かせた。
確かに、スパイスのいい香りがする!
炒め物の芳ばしい匂いも!

初日、私はレッドカレー、夫はグリーンカレーを頼んでみた。
これが、また、美味かった!!
b0019674_4312262.jpg

レッドカレーはさわやかな辛さ。うまみも濃くて、ああ、このままゴクゴク飲みたい!まさに、「カレーは飲み物」だ!
b0019674_4314241.jpg

グリーンカレーはココナッツミルクの白が多くて、緑と言うより黄緑だけど、ちゃんと辛味とコクがあり、なおかつマイルドで美味しかった。

日を置かずして、二度目に行ったときは、オータさんも一緒で、それぞれ違うものをオーダー。
ああ、これもまた全部美味しかった!!
b0019674_4321114.jpg

私の頼んだ鶏肉料理。炒めてあるんじゃなくて、蒸してあるのかな。ご飯の上に乗せてあって、味がよく沁みて美味い! 
タイ料理って、なんでこんなに鶏肉が柔らかく、臭みの無い味になるんだろう。ピリ辛で美味しい。料理の名前は、いつも忘れるけど、今度行ったらメモしてこよう。
b0019674_4325152.jpg

青いパパイヤのサラダ。辛さの調節をしてくれる。中辛程度にしてもらったけれど、辛かった~~~!! でも、さわやかな辛さ。クセになる味だ。
b0019674_433731.jpg

これは夫の頼んだ豚肉の炒め物のセット。これも中華山椒がいい感じでアクセントになっている。セットについているスープも、クリアな味で美味しかった。ピリリと辛い料理の合間にホッとするスープ。
b0019674_4333541.jpg

オータさんの頼んだ鶏肉と生姜の炒め物。フライドエッグ付き。
鶏肉と生姜の炒め物は、よそのタイ料理屋さんでもよく頼んで、鶏肉の美味しさにいつも感動する。もちろん、ここの鶏肉もまたふっくら柔らかでジューシー。辛さと甘みと塩加減が絶妙!!

タイ料理は、どれもこれも肉が柔らかくジューシーになる。どうしてこんなに肉の調理が上手なんだろう?それが伝統ってやつなのかな。

他にも美味しいもの、美味しい食べ方、あまりにも辛いものを食べた時の対処法など、話は尽きないのだけど、それはまた次回。
とにかく、怪しい店だと思っていてゴメン!! 
そう謝りたくなるお店だった。
b0019674_4352718.jpg

わたくしになり代わり、コマが謝ります。ごめん寝。

おっと、書き忘れるところだった。
お店の名前は「クワァリンターン」
千葉県佐倉市市長熊415-1
定休日・木曜
営業時間・10:00~22:00
です! 
51号線沿いです。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-28 04:36 | 飲む食べる | Trackback | Comments(6)

部屋干し臭の解消法

部屋干しの臭いは、前に書いたように、「皮脂汚れ」と「バクテリア(雑菌)」の二本立てで出てきます。

そして、バクテリアをすべて100%除菌することは不可能なので、皮脂汚れを落とすことを考えるほうが、合理的だし、手っ取り早いのです。

さて、皮脂汚れをキチンと落とすにはどうしたらいいか。
これは、意外にも超簡単。

合成洗剤でも、石けんでもいい、どっちを使ってもいいから、とにかくよく溶かすこと。これだけです。 (出来ればお湯で)

多くのお宅が、洗濯は「衣類を洗濯槽に入れて、ある程度溜まったらそこへ洗剤を入れ、スイッチオン。あとは洗濯機任せ」という洗い方をしていると思います。

これだと必ず洗剤が溶け残ります。

衣類を入れる前に洗剤をよ~~~~く溶かし、それから衣類を入れる、という方式に変えてみてください。
衣類が柔らかく洗いあがるし!
臭いも軽減するし!
なにより、汚れ落ちが全然違います!


この話、いろんなところでしているのですが、聞いた人がちょっとやってみると、あまりの洗浄力の違いに愕然となります。

メイクをクレンジングクリームで落とし、それをバスタオルで拭いて洗濯機にいれてスイッチオン、だった友だちが、「マスカラが落ちないなあ、でもしょうがないか」と思ってたそうです。

でも、洗剤を溶かしてから衣類やタオルを入れるようにしたら、今まで落ちなかったマスカラがきれいに落ちるし! タオルの黒ずみも落ちた!! しかも柔らかくなった!! と、驚きのメールをくれました。

先に洗剤を溶かすには、最低でも5分、出来れば「洗い」モードの最長時間(大体12分~15分くらいあります)を目一杯使って攪拌してみてください。そんな長時間攪拌だけに電気を使うのはもったいない、と思うのなら、洗剤を数時間前にバケツに入れて溶かしておいて、それを洗濯機に入れ、5分攪拌してみてください。

これで洗浄力がものすごくアップします!
今まで落ちなかった襟汚れも落ちやすくなります!(これを知った友達の若い男子が、先に溶かして洗濯したら、ワイシャツの袖口がきれいになったと、大喜びしてましたよ!)

洗濯の前に襟や袖口にあれこれ塗りつける手間を考えると(しかもそれでちゃんと落ちるかどうかは運次第だし、部屋干し臭はプンプンするし)、先に5~15分攪拌したほうが手間が減ると思うのですが、どうでしょう?

で、合成洗剤でこのやり方に慣れたら、石けんに移行すると、ホントに20年以上、私は部屋干し臭をかいだことが無いです!

さあ、洗剤先溶かし法、やってみてはいかがですか!? 合成洗剤でも、部屋干し臭が確実に減りますよ!
出来ればお湯でやると完璧です!
(出来れば熱湯。これなら100%完璧に臭いがなくなります!)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-24 12:16 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(4)
部屋干しの臭い解消法を翌日書くと書いておきながら、2~3日経ってしまいました。申し訳ございません。
ワタクシに成り代わって、コマが土下座して謝ります。
b0019674_11244476.jpg

なんちゃってー。

b0019674_11245754.jpg

通称、「ごめん寝」とか、「すまん寝」と呼ばれるこの寝方。カワイイです~。でも、猫はどうして顔を突っ伏して寝るのだろう。苦しくないのかな。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-22 11:25 | ペット | Trackback | Comments(2)

部屋干しの臭い

10年ほど前、部屋干しの臭いは「落ちきれなかった皮脂汚れにバクテリアが繁殖して出るのです」というCMがありました。

まさに、その通り。皮脂汚れが落ちてないから、それを栄養としてバクテリア(雑菌)が繁殖すると、その際に出る代謝物が臭いを発するわけです。

私はこのCMを見たとき、「おお、この洗剤メーカーは皮脂汚れを落としきれないことを認めているんだ!」と、大変驚いたのでした。だって、普通、CMって、自社製品の弱点を言わないのに、これは正直に告白しているんだもん。

でも、このCMはすぐに放送されなくなりました。

部屋干し臭は、「皮脂汚れ」と「バクテリア(雑菌)」の二本立てで出てくるものなのに、今では「バクテリア」だけが原因かのようなCMばかりです。

例えば、「部屋干しのにおいは、『臭い菌』のせいです」とか。「うちの洗剤は臭い菌を除菌しますよ」「殺菌剤配合」とか。

でも、そういう「除菌」「殺菌」洗剤が売り出されて長いけれど、部屋干しの臭いはまだまだ多いようです。ツイッターで、「私は部屋干しのにおいなんてここ20年体験したことないなあ」なんてつぶやいたら、「ええっ! どうやってるんですか!?」というような、驚きのコメントがたくさん付きましたから。みんな悩んでいるですよね、部屋干し臭。

除菌洗剤がバクテリアを除菌するとしても、それはその洗剤液の中だけの話でしょう。部屋や家の中の菌まで除菌するわけではありません。

洗濯物を洗濯機から出し、干した直後は、衣類の上にバクテリアはいないかもしれません。でも、空気中のバクテリアが飛んでくるでしょうし、衣類に皮脂汚れが残っていればそれを栄養にして繁殖するでしょう。そうしたら、臭い物質を作ってしまうわけですよ、その雑菌が。

除菌剤の入った洗剤を使っても部屋干し臭がなくならないのは、そういうわけなんです。

除菌することよりも、まずは原因の一つである「皮脂汚れ」を徹底的に落すほうが部屋干し臭はなくなります。

皮脂汚れを徹底的に落とすにはどうしたらいいか。

うう、ここで力尽きました、続きはWEBで。
明日また、よろしく~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-18 23:37 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(1)
明日は小金井市中町桜並集会所で「石けんの楽しい使い方、正しい使い方あれこれご紹介!」という講演です。

石けんの話はいつも盛り上がります。明日も盛り上がるでしょう。

ここ何回かの講演は、ごみ減量の話でしたが、いつも石けんの話もちょっと付け加えています。
そうすると、たいてい、石けんに関する質問がわーーーっと出てきます。ごみ減量の話を1時間、石けんの話20分、質問10分、という構成にしても、石けんの話が一番盛り上がり、質問もたくさん出ます。
その質問にすべて答えられるようになってしまった私・・・。

最近は、男性も質問をしてくれます。以前は石けんの話、というより洗濯の話になるととたんに眠る人とか、下を向く人もいたのに。
女性はもともと洗濯の話になると目が輝きますね。

さて、明日はどんな質問が出るかな? 楽しみです!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-15 23:21 | 講演 | Trackback | Comments(0)
昨日の成田祇園祭りにて。

お祭りに参加している年配の方の着物姿は、さすがに堂に入ったもので、カンカン帽やパナマ帽と合わせて、超ステキでした。

観客の人たちも着物や浴衣姿の人がいて、これもまたいいものです。

が・・・。
浴衣姿の女の子達を見ていると、うううう~~~ん、こ、これは、どうしたものか・・・と思う着こなしの子もチラホラ。

いや、レースの半襟とかフリルがついてるとか、そういうのはまあ「私の好みではない」というだけで、別に気にならない。帯がシワシワなのも、まあ、昔の写真とか見ると何もかもピシッとシワの無い着こなしをしているわけじゃないから、帯が緩んでいてもこれも「私の好みではない」というだけの話だと思う。

だけど、だけど……。
左前だけは、ちょっと困るのではないかと思うのだけど。

成田山の参道にある駐車場で、中学生くらいの女の子たち3~4人が浴衣姿で歩いていて、その中の一人が左前だった。
みんなで仲良く笑いあいながらスッと遠ざかって行ったので、よく見えなかったのだが、多分あれは左前。死者の装束に用いるから、あれはちょっと大勢の前では困るのでは・・・と思いつつ、いや、絶対見間違いだよ、まさか左前にはしないよねと、気にしないことにした。

が、私も成田山正門のほうへ歩いていくと、さっきの女の子達に追いついてしまった。チラリと見ると、一人がやっぱり左前。他の子たちは誰も気にも留めていないようだ。女の子達だけでなく、お父さんらしき男性もいて、みんなで楽しそうに話しながら歩いている。

大人でも、男性は着物の打ち合わせが逆かどうかって、気付かないのか・・・いや、気付いていても、自分の娘なら言えるかもしれないけど、よそのお嬢さんには言えないよね。

うう、私が注意しても、楽しさに水を差す。直そうにも場所が無いし。
どうしよう・・・。

と思いつつ、私は黙って通り過ぎたのだった。

やっぱり、お直しおばさんにはなれなかったよ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-11 21:35 | キモノ | Trackback | Comments(9)
7月8日、9日、10日は成田祇園祭りでした。
たまたま出かけて、立派な山車が廻っているところに遭遇。しかし、なんと、携帯もカメラも忘れている!
仕方が無いので夫の携帯で写真を撮りました。

お祭りの実行委員の方でしょうか、たっつけ袴にパナマ帽がカッコイイ。
b0019674_23452128.jpg

うーん、なんともボケボケの写真ですみませぬ。せっしゃ、間違えたのでござる。夫の携帯のカメラが、接写モードになっているのに気付かず、そのまま撮り続けたのでござる。この日写した写真はすべてこんな感じでボケボケです。
ブログに掲載するのも気が引けるけど、まあ仕方ない。
とりあえずご紹介。

ボケボケでわかりにくいけど、これは本町、仲之町、土屋の山車です。
b0019674_23524425.jpg

本町の山車は将門討伐や大ムカデ退治で有名な藤原秀郷(俵藤太)、仲之町の山車には神武天皇、土屋の山車は大穴牟遅神の人形が載っています。

成田山の参道を大きな山車が降りてきて、山門の前で止まり、山車の上に乗った若者が見得を切ります。
b0019674_23574531.jpg

こういうのも「見栄をきる」と言うのかな。とにかくここはシャッターチャンス!(ああ、接写モードでなければ!)

ちょっと年配の方たちは、麻の着物に絽の羽織を着て、カンカン帽をかぶっています。たっつけ袴にカンカン帽もカッコイイ。
b0019674_001289.jpg


山車の中で演奏する笛や太鼓がまたカッコイイ! 
b0019674_081562.jpg

みんな汗だくになりながら演奏し、音頭をとり、祭りを盛り上げていました。観光客も多く、着物や浴衣姿の若い人もたくさん来ていました。

絶対、来年も見に行こう! ちゃんとカメラを持って! 接写モードじゃなくて! と決心したのでした。
来年は素晴らしい写真をお見せします! お楽しみに~~~!(って、大口叩いて大丈夫かな・・・)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-07-11 00:29 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)