漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

宮崎県では宮崎県北部のことを「ケンポク」と言います。

他の県で、県北を「ケンポク」と発音するかどうか聞いてみたところ、秋田、福島、茨城でも「ケンポク」と言うそうです。
(ここだけとは限りません。他にも県北を「ケンポク」と発音する県がありましたら、教えてくださいませ)
(あ、それから、県の形によって、南北で分けず、東西で分けたり、別の分け方、呼び方をする県もありますが、それも良かったら教えてください)

ブログ、ミクシー、ツイッター、フェイスブックに寄せられたコメントから受ける印象は、どうもポク派は古い言葉が残っている県、みたいな感じです。

それを裏付けるかのように、黒豆さんが紹介してくれたサイトに面白いことが書いてありました。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kinosita/essayj1.htm
薩長と京都が「なんぽく」を江戸から北に追ったか
― 札幌の地下鉄「なんぽく」線を考える ―
北海道浅井学園大学 人間福祉学部
 木下 眞二  小田切 正
北海道浅井学園大学「人間福祉研究」5:147-158, 2002


これ、すごく面白かったので、ぜひ読んでみてください。

ちょっと内容を紹介すると、
札幌の地下鉄南北線は、出来た当初は標識にもNanpoku Lineとでていて、ナンク線だったのだそうです。ところが、最近(2000年頃)、駅の標識がNanboku Lineと、「ボク」に変っていたとのこと。そこから「南北」を「ナンク」と読むのか、「ナンボク」と読むのか、どっちが正しいのか、を検証しているのです。

漢字の読み方はいくつかルールがあります。これがもう、音読み、訓読み、呉音、漢音、などで読みが変るので複雑怪奇! 

箱という文字一つ取っても、重箱(じゅうばこ)、一箱(ひとはこ)、三箱(さんぱこ)と、バ、ハ、パの三つの読みがあります。

でも、三箱の場合、「さんぱこ」とも読むけれど、「さんはこ」と読む人もいますよね。
パ音で読む人のほうが少なくなっているかもしれません。

上記サイトの著者も、このままで行くと南北=ナンクは絶滅してしまうのではないかと危惧しています。

ケンクはまだまだ残りそうですが、PCで一発変換が出来ないことを考えると、これもいずれは絶滅してしまうかも・・・?
ケンクという読み方(発音)が無くなったら、ちょっと寂しいなあ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-30 04:24 | 言葉 | Trackback | Comments(3)
今回は椎葉村をご紹介。

ここは宮崎県でも熊本との県境に接する小さな町で、平家の落人が流れ着いて隠れ住んだという謂れのある村です。

私のふるさと、日之影町もかなり山奥の町ですが、それよりさらに九州山脈の中に分け入った場所にあるのが椎葉村。
b0019674_110581.jpg

こういう山深いところで平家の武士たちはひっそりと隠れ住んでいたわけですが、それをどこからか聞きつけた源頼朝は刺客を放ちます。それが那須与一の弟、那須大八郎です。

しかし、大八郎は、栄華を誇った平家の武士たちの椎葉での貧しい暮らしに同情し、討たずに農業を教え、厳島神社をこの地に祀り、一緒に暮らします。平家の末裔、鶴富姫と恋に落ち、やがて来る別れ・・・。
という、美しくも悲しい物語がここにあります。
b0019674_1152417.jpg

これが椎葉厳島神社の鳥居。

そしてこちらは↓↓鶴富姫屋敷。
b0019674_1172624.jpg


椎葉村は歴史が古いだけあって、博物館がすごく充実していました。
椎葉民俗芸能博物館http://www.shiibakanko.jp/ss_index.php?act=dt&gid=3
b0019674_1185711.jpg

ここの展示物はものすごく充実していて、素晴らしいです!
千葉県佐倉市にある国立歴史民族博物館に負けないくらいの展示物です!

(佐倉の歴博はそりゃ、縄文時代から現在に至るまで全て展示してあるので、総量はもちろん歴博のほうが上ですが、椎葉の一時代の集中的な展示物は、本当に、歴博に勝るとも劣らない見事なものでした!)

ぜひ、近くまでいった人は、中を見てください。
素晴らしい展示物、素晴らしい文化、素晴らしい芸能を見ることが出来ます!
入館料
小中学生…個人150円  団体(20人以上)100円 (鶴富屋敷との)共通券200円
高校生……個人200円  団体150円  共通券330円
大人………個人300円  団体250円  共通券430円

開館時間 午前9時〜午後5時
休館日 年末年始 12/28〜1/3

いや、ホントに椎葉村、私は宮崎県人ながら、今回初めて行ってきましたが、本当に素晴らしいところでした!

ぜひ皆さん、行って見てください。お帰りのついでに日之影町にも、ぜひお立ち寄りください~。
(日之影出身なのでね。ふふっ)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-28 01:38 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)
喉が痛いのと、仕事がバタバタしているのとで、ケン紀行、写真つきのはまた明日にでも。

ちょっと今日は、「ケン」という言葉について。

宮崎の県北のことを、宮崎県人は「ケン」と言います。

と、これを延岡の人に話したら、「えっ、他の県の人は『ケン』って言わないんですか?」と驚いていました。うーん、私の知る限り、県北と書いて「ケン」と発音するのは宮崎県人くらいしか知らないんですが、他の地方でも「ケン」と言う県はあるのかなあ?

現在、千葉在住の私の周りでは、『埼玉けんほく』とか「『千葉けんほく』とか『神奈川けんほく』と言う人がほとんどです。

日本全国で、県北と書いて「ケン」と発音する県は宮崎以外でどれくらいあるのでしょうか?

宮崎県は全県で「ケンポク」と言うのはわかってるんですが、宮崎以外ではどうなんでしょう?
他県の方、また、他県の事情をご存知の方、ぜひ教えてください!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-27 00:11 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(7)

ちょいと休憩

宮崎ケンポク紀行を書こうと思ってましたが、ちょいと風邪でダウンしてます。
薬飲んで今日一日ずっと寝てました。
喉が痛いのが困ります。あとは大丈夫。

生姜湯に葛根湯を混ぜて飲もうっと。体あったまるので。

今日はもう寝ます。おやすみなさい(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-25 23:02 | 健康/美容 | Trackback | Comments(3)
私のふるさと、宮崎県北部の日之影町は、昔から台風の被害が多い。
子供の頃は夏になると台風で道路が崩れたり、停電したり、ということが毎年のようにあった。

9月19日、熊本空港に着いたときはまだ日が差していた。しかし日之影へ向う道でだんだん曇り始め、日之影に着いたときは土砂降りになっていた。
この雨は翌日までずっと止まず、父の七回忌の法要は雨の中「しめやかに」というより「びしょぬれで」執り行われたのだった。

お寺の窓から日之影の町並みを見る。
真正面には青雲橋うっすら見える。雨で煙っている、というより、ここはもう雲の中なのだ。
b0019674_0382959.jpg

五ヶ瀬川が増水して、濁流となっている。

いつもならこんな風景。
http://miyazaki.moe-nifty.com/etc/seiun_br/1001seiun_00.jpg
リンク先の写真と、上記の写真の川の水位を見比べて欲しい。
ものすごい増水だ。

しかし、この時点ではまだ避難勧告とか全然出ていない。
お寺のお坊さんも、法要出席者も、全然慌てていない。(北海道出身の夫だけが青ざめていた)

お寺の法要が終わり、うちのまん前の「ひろせや」で会食となった。
ひろせやの二階から五ヶ瀬川を見るとこんな感じ。
b0019674_0415235.jpg

夫がびびるのもわかると思う。
が、地元の人達はまったく慌てず、動じない。

山肌に滝が現れた。
ここは普段は滝なんか無い場所だけど、台風や大雨のときには山はだから水が湧き出して滝となる。
b0019674_0522931.jpg

やはり降雨量が多いのだ。

上流から木が流れてきた!
b0019674_0431128.jpg

しかし、これにも動じない。
「まだ枯れ木じゃからね、これが枝葉の付いた生木だとヤバイけど」
「水の色が薄いから、まだ大丈夫。表面の土が流れているだけだから」
「そうそう、土が深く抉られて腐葉土まで流れてきたら、もっと真っ黒な色になる」
「ホントに危ないときは川の匂いが土の匂いになるからね」

うーん、地元の人たちの五感はすごい。
台風に関する経験則があるから、水の色、匂い、水位、漂流物を見て、どこまで来たらどうなる、ということがちゃんと頭に入っているようだ。

日之影町は、2005年には激甚災害の指定を受けるほどの大きな台風被害があった。しかし、それでも死者ゼロ。今もこのゼロ記録を更新している。
経験則だけでなく、避難訓練や近所の人たちとの連携もすごくうまくいっているらしい。
NHKの取材を受けたくらい、台風に関する備えはしっかりしているのだ。ちょっとその点は誇りに思っている。

最後にひろせやの料理を。
b0019674_0564661.jpg

どれも美味しかったけれど、取れたての鮎の塩焼き、これはもう、最高!
b0019674_0572221.jpg

美味しい料理を食べて、雨にびびりながら父の法要も終わったのだった。

宮崎ケンポク紀行、まだ続きます。
今回は仕事の取材もかねて椎葉~五ヶ瀬~高千穂~日之影(21日)、美郷~美々津~門川~延岡を廻って写真もたくさん撮ってます。
お楽しみに~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-25 01:10 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(4)
父の七回忌に、ふるさと宮崎県日之影町へ帰ってきました。
日之影町は宮崎県北部にあり、宮崎県人は県北のことを「ケン」と言います。

さて、9月19日、午前中の飛行機で熊本空港へ。
熊本空港からレンタカーで日之影へ向う道すがら、お昼を食べようと立ち寄った店をちょいとご紹介。
b0019674_23293850.jpg

熊本空港から俵山~高森峠~高千穂へ抜けるルートで、高千穂に入ちょっと手前にあるお店でした。
って、地元の人しかわからない情報ですみません。でも、上記ルートを通れば絶対わかると思います。

この店で、夫が魚定食をたのんだら、、、、、
b0019674_23314047.jpg

これで一人分です!
山女の塩焼き、山女の田楽、山女の南蛮漬け、虹鱒の刺身、煮物、漬物、プラスごはんとお味噌汁、というもの。
山女が小さいんじゃないの~? と思う向きもあるでしょうが、いえいえ、これはちっちゃい山女じゃなくて、けっこうたっぷりした山女でしたよ。
とにかく多い!
しかも美味しい!
ア~ンド、これでなんと1600円!

私が頼んだのは山女の塩焼き定食。
b0019674_23342317.jpg

こちらは750円、、、だったかな。これもたっぷり量があって、私には十分すぎる量でした。
煮物の椎茸、いえ、どんこ、ですね、これも肉厚で美味しかった~。
b0019674_23351740.jpg


虹鱒の刺身は身が締まっていて、全然臭みがなくて、美味しかったです!
b0019674_23361250.jpg

しかし、一つ気をつけないといけないのは、宮崎とか、九州でお刺身頼むと醤油が「刺身醤油」という、甘~~い醤油が出てくることが多いんです。
甘い醤油がきらいな人は、必ず「普通の醤油お願いします」と頼みましょう。

b0019674_23375926.jpg

あ~、美味しかった!

ケンポク紀行~日之影編なのに、まだ日之影に入ってなくて、その手前で分量オーバー。この項、続きます!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-23 23:42 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)
私のふるさと、宮崎県日之影町には、もう何十年も前から無農薬でお茶を作っている一心園というお茶屋さんがあります。
そこで作っている「月の雫」という釜煎り茶が、イギリスのGTA(Great Taste Award)という食品コンテストで見事金賞☆を受賞しました!素晴らしい~~~!!

一心園さんのお茶は、本当に香りが高く、美味しいお茶です。
友達にあげると「美味しい!」と評判なんだけど、それがイギリスで評価されるとは、またうれしいですね。

今回は星一つですが、それでも釜煎り茶では日本初の快挙です!
次は星三つを目指してがんばるそうですよ!

ぜひ応援してあげてください!

一心園さんのブログ、お茶山日記にもこのことが載っています。こちらをクリック!

一心さん、おめでとう!
そして、お茶、ありがとうございました!
また大事に飲みます~~!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-21 00:20 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)
猫などの四足歩行の動物は、心臓と肛門がほぼ水平位置にあるので、痔にならない、と聞いたことがある。
痔は肛門の粘膜の血行不良が原因というか遠因でなるらしいんだけど(切れ痔の場合も、血行不良で切れたところがなかなか治らないからなるらしい)、ここ2~3週間前からコマちゃんの肛門に いぼ痔らしきものが!!

コマちゃん!! 美しき女豹のような、高貴な女王のような、清純な白百合のような、そんなコマちゃんが痔なんて!! 
とにかく肛門の一部がぷっくり膨れているのを見つけ、すぐさま病院へ。
先生もパッと見て、「おお!」と。

とりあえず炎症止めの飲み薬をもらってきて、毎日飲ませ続けたのだが・・・。
なかなかそのプックリが引かない。ちょっとずつ大きくなっていくような気すらする。

それで、一昨日、またコマちゃんを病院へ連れて行った。
今回は、臭腺の腫れかもしれないと、内容物を絞ってみたのだが、、、ほとんど出てこず、でも中に芯があった、とのこと。

実は、コマときょうだい猫のヤクちゃん(♂)は、何年か前にお尻の臭腺が腫れたことがあって、このときは病院で先生が手で膿を押し出してくれた。特に大騒ぎするでもなく、膿が出たらあとはすっきりすぐ治ってくれたのだった。(当時、ヤクちゃんは10歳くらいだったかな)

コマちゃんも単に臭腺が腫れているだけならよかったのだけど・・・。

「これは粉瘤かもしれないですね。そうだとすると、手術になりますが、高齢ですし、麻酔に耐えられるかどうか・・・」

コ、コマちゃん!!
手術なんて!! 18歳だし、人間で言うともう百歳近い年齢で、全身麻酔は危険かもしれない…。

その日、とりあえず、ちょっと絞っただけで帰ってきたコマちゃんは、ちょっと目を離した隙に、リビングと仕事場の床にウンチを撒き散らしてしまった・・・。
痛いことをされた腹いせなのか? いや、痛くてトイレまで我慢できなかったのかもしれない・・・。
そのウンチを、、、、、、
夫が掃除機をかけたとき、吸い取ってしまい・・・・・・・・・ ユルユルだったのに・・・・・・・・・・・・・
はぁぁぁ・・・。

でも、二日経って、今日は何事も無いように普通にしているコマちゃん。お尻は痛くないのかもしれない。
粉瘤って、私も以前手術で取ったことがあるんだけど、痛くも痒くもない。
もし、コマちゃんが、粉瘤が痛くないのならそのままにしておこう。手術は避けたい。
でも、痛みがあるのならどうしよう・・・。

先生に絞られたあとは痛かったみたいだけど、その後は普通にしていて、食欲も普通、元気もある。
このまま粉瘤があっても、痛くないなら、このままでいいかな…。

猫は言葉で教えてくれないから、困りますね…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-18 20:17 | ペット | Trackback | Comments(0)
去年、、、いや、一昨年の秋頃からだから、ほぼ一年数ヶ月で、わたくし7~8キロ太りましたことよ。
おほほほ、8キロなんてあっという間ですわよ!

理由は、私の提唱しているミネラル豆乳ダイエットを、なんとなくやめていたことと、ウォーキングをぷっつりやめたこと。

体重維持というのは、食事と運動の二本立てじゃないとダメで、どちらか一つだけだと不健康になりやすいものです。
その二つともいいかげんにやっていたら、本当に一年ちょいで8キロ増ですわ。

で、今年の7月からウォーキング再開。
そしてミネラル豆乳ダイエットも真面目に再開しました。
そうしたら、地味に減ってきましたよ!

私の生活は、漫画家という職業柄、本当に歩かない、動かない毎日です。ひどいときは一日300歩しか歩かない日も!

ミネラル豆乳ダイエットを、なぜやめていたかというと、冬は、けっこう体が冷えるんですわ。
夏野菜や南国の野菜・果物は体の熱を取ってくれるので、冬に食べると冷えすぎる、ということがおこります。
解消法としては、豆乳を温めて、温スープにして飲む、生姜などの体を温める野菜を加える、などがあります。

でも、それがおっくうでなんとなくやめていたわけですね。
そしたら急激に体重増加・・・。

いや、ミネラル豆乳ダイエットって、本来は「野菜をたくさん摂るための一方策」なんですよ。だから、特別に野菜をジューサーで絞って飲まねばならない!ということはなくて、野菜がきちんと摂れていればジュースにしなくてもいいんです。

以前、一緒に旅行にいった友だちが、私と夫のことを「野菜食いだねえ」と言っていたので、「そうよ、私は野菜をちゃんと摂ってるわ!」と思い込んでいました。ちゃんと摂っているのだから、ミネラル豆乳ダイエットをしなくてもいいじゃん、というキモチになっていたんですね。

ちょうど寒い時期だったし。

で、野菜をたくさん食べればいいのだ、と思いつつ(でもなかかな摂れないのが野菜)、ウォーキングも寒くてやらず・・・。去年の夏にちょっと再開しようとしたら、あまりの暑さにやっぱり続かず・・・。

しか~し、今年の夏、友だちに「あれ、たみさん、また太った?」と聞かれたのでございます……。

なんて素晴らしい忠告!
この「また」という言葉が、私にやる気を起こさせました!
「あれ、太った?」と言われただけなら、ちょっとヤバイな、と思うだけですが、「また太った?」はいい言葉です!

さあ、「またやせた?」と言われるよう、元の体重に戻るまで、あと少し頑張ります!


あっ、じゃなくて、「健康的な生活」とか、「ちゃんとした食生活」は、一生続けなくてはならないもの。目標体重になったからと言ってやめてはいけません。
野菜をちゃんと摂る生活、バランスの取れた食生活、ずっと続けなくちゃね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-16 09:09 | 健康/美容 | Trackback | Comments(4)

教えて! iTunesの使い方

私の持っているiPodが古いせいか、ちょっと不具合がおきています。あと、久々に使っているので、わからないことが頻発しています。

一番大きな疑問というか、質問は、「同期」=「すべて上書き」ということなのか? ということです。
言い方を変えると、iPodに曲を一つだけ「追加」するにはどうしたらいいか、ということです。
(そういう新機能が付いているものもあるらしいけど。「iTunesに無い曲がiPodにありますが残しますか?」みたいな表示が出るそうです。私のは6~7年前・・・いやもっと前かも?・・・に買ったものなので、無理なのかも…)

それと、以前はiPodのスピーカー(充電器にもなっているもの)をパソコンにつないでいて、iPodを充電するために差し込むと、特に何の変化も起きず、翌日iPodをはずして持ち歩いて、また戻ってきて差し込んでも、なんの作業もしなくてOKでした。

ところが、先月、スピーカーをはずして実家に持ち帰り、戻ってきてまたパソコンにつないだら、今度はiPodの画面に「接続を解除しないでください」という表示が出るようになりました。

この表示は、iTunesを開いただけで消える場合と、デバイスを取り出す作業(コントロールをクリック、○○○(iPodユーザーの名前)を取り出すをクリック)をすると消える場合があって、これも謎。

iTunesでの作業ではなく、パソコンの下のツールバーから「ハードウエアの安全な取り外し」を選んで「USB 大容量記憶装置デバイスを安全に取り外します」をクリックすると表示が消えます。

つまり、以前はiPodが「リムーバブル記憶領域があるデバイス」という認識がされてなかったのだと思います。
ところが、いったん外して、しばらく経ってまたパソコンにつないだら、突然そういう認識がされるようになってしまった、、、と。
何で、今?

以前はiPodを挿入しても、「リムーバブル記憶域があるデバイス」という認識がされてませんでした。だから挿し外しが自由だったわけです。だけど、実家から帰ってきて、しばらく経ってから、iPodがリムーバブル記憶域があるデバイス」と認識されるようになったのです。

この認識が、帰ってきてすぐ、ではなく、しばらく経ってから、というのがまた謎。
いや、iPodは確かに「記憶域のあるデバイス」だから、そう認識されるのはかまわないのだけど、でもなぜ今になって?

認識されてないほうが着脱がサッサとできるので、便利だから、そうなって欲しいのだけど・・・。

これは、認識されていなかった時のほうが異常事態で、今のように認識されるようになったほうが正常事態なのでしょうか?

でも、iPodって、充電器に挿したり外したりするたびにいちいち「ハードウエアの取り外し」をしているのかな、みんな。
あ、皆さん、そもそもiPodのスピーカーをパソコンに常時つないでいないのかな? 曲を同期するときだけつなぐとか? ・・・それならわかるような気が・・・。

でも、それなら、なんで以前は認識されていなかったのか・・・。うーん、謎が多いiPodだ。
だれかわかる人いませんか・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2011-09-14 17:36 | Trackback | Comments(2)