「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今、うちではなぜか時ならぬ赤飯ブームに沸き立っている。
コンビニでおにぎりを買うときは必ず赤飯。おめでたいことがなくても赤飯。お弁当を買うときも赤飯が一つ必ず入る。

なぜかというと、夫が急に赤飯の美味しさに目覚めたのだった。 それまで夫は赤飯が嫌いだった。
北海道出身の夫にとって、赤飯=甘納豆が混ぜてあるもの、という認識だったから。あれが大きらいだったんだって。 だから東京に出てきてからの30年以上、一度たりとも本州風の普通の赤飯を食べたことなかったのだそうだ。

でも、最近ふと、何も食べるものがないとき、ふと赤飯を口に入れたらすごく美味しかったそうで、それ以来、コトあるごとに赤飯を買っている。今、本当に、すごいブームになっているのだ。

私はもともと赤飯好きなので、昨日、自分で赤飯を炊いてみることにした。

でも、赤飯って実は一度も作ったことがない。作るのはすごく大変そうなイメージがあるし、ちょっとびびりつつ作ってみた。

で、結果、昨夜の赤飯、超美味しかった~~!
しかも、小豆は魔法瓶で煮たので、超ラクチンだった!

これは、魔法瓶に豆と熱湯を入れて5~6時間放置するだけの簡単調理法。
誰でもできる、超簡単、お手軽煮豆。

6時間くらい経ってから魔法瓶を開けると、小豆はふっくら柔らかくなっていた。
小豆はザルに受け、煮汁はボウルに。この煮汁をもち米と混ぜて炊けば、もち米に赤い色がつく。

もち米を洗い、小豆を混ぜ、煮汁(冷めた状態で)をひたひたに注ぎ、あとは普通に炊くだけ。
拍子抜けするくらい簡単だった、

そして、すごく美味しかった!

豆の量が通常よりすごく多くて(どれくらい入れればいいかわからなかったので、適当にガバガバ入れたら、なんとも贅沢な小豆たっぷりの赤飯になったのだ)、味も濃くて、すごく美味しかったなー。

蒸すやり方も書いてあったけど、水加減をひたひたで普通に炊く、というやり方が一番ラクチンだと思う。

これはいいわー。
これから赤飯、自分で作れるわ! よかった~!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-22 02:45 | 飲む食べる | Trackback | Comments(4)

乾燥地肌にハチミツ!

日本中がすごい乾燥中らしいです。
空気が乾燥していると、体からも肌からも水分がどんどん奪われてカサカサになってしまいます。
肌がカサカサするだけなら化粧水やクリームをつけるといいけれど、体から水分が失われること、つまり脱水症状には、水を飲むことが一番いいのだそうです。
(お茶やコーヒーは利尿効果があるので、尿で出てしまう。水分を体からできるだけ出さないようにすることが大事だそうです)

冬には意外に脱水症状を起こす人が多くて、問題になっているとか。
汗をダラダラかく夏なら用心するんだけど、冬の脱水は盲点でした。

そういえばここ数日は、体から水分が失われるようなことが多くて(涙でどんどん出て行ってしまう)、体の中がすごく乾いていたようです。

今日、頭がすごく痒くなって、乾燥フケ(細かな粉状のもの)が出て、びっくり!そんなフケが出るなんてもう何年も体験したことないのに。

というわけで、今日は頭を洗うときに、こすらないように優し~く洗い、そのあとハチミツパックをしました。
ハチミツを手のひらに適宜とり、洗ったあとのきれいな地肌にぺたぺた塗りつけ、軽くマッサージしてから、シャワーでさっと洗い流しただけ。

タオルドライして、ドライヤーも軽くかけたけど、べたつきもなく、地肌の痒みも解消して快適です!
髪もサラサラ、ツヤツヤです。

今回は地肌に直接つけるという、ちょっと大げさなやり方をしましたが、洗面器のお湯にスプーン1杯くらいのハチミツを溶かしたものを頭~体にかぶる、ということもときどきやります(かぶりっぱなしです。お湯でながさなくてOK。そのままタオルで拭いて大丈夫!)。 これくらい薄まっていると、ベタつかないし、かかとのカサカサや背中のカサカサも解消します。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-17 22:05 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

猫が4匹になりました

うちには5匹の猫がいましたが、1月12日、ムーちゃんが17歳と8ヶ月で亡くなりました。
箱に入れ、カーネーションを顔の周りにたくさん置いて、全身をお花で覆って埋葬しました。

mixiのほうでは先に告知して、詳しい状況も書きましたが、こちらではこれだけにしておきます。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-13 22:48 | ペット | Trackback | Comments(0)
七面鳥のレシピ、来週にします。
明日朝までの締め切りのものが終わらない・・・。
明日夜締め切りのものも終わってない・・・。

というわけで、来週には書けるかな。
b0019674_2144390.jpg

写真はヤクちゃん。18歳。今年の4月には19歳になります。
長寿猫なのでちょっと縁起がいいかな、とご紹介。
うちの高齢猫の中では一番健康です。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-05 02:16 | Trackback | Comments(0)

七面鳥の味付け

ローストターキーの調理法を検索すると、七面鳥は大きすぎてなかなか火が通らない、とか、解凍しているうちに雑菌が繁殖するので味が落ちる、などなど、不安になるようなことばかりでて来た。
友だちを呼んだ12月24日の前日は、不安で不安で、どうしよう・・・と頭を抱えたのだった。

が、あんずるより生むがやすしきよし、のことわざ通り、生来のいいかげんさが良い加減に出て来て、結果はすごくうまくいったのだった。

とにかく、今回はベイジング、肉をお風呂(bath)に入れるように、調味液に漬けこむという手法をとった。そうしないとパサパサになるのだそうだ。

ベイジング液の味付けは、ウォッカをドボドボ、塩をガバガバ、胡椒をバサバサ、日本酒をチョロチョロ、砂糖をサラサラ、リンゴ1個と玉ねぎ1個をザクザク切って入れたものにしてみた。液をなめてみてかなりしょっぱいなあ、と思うくらいの味にしてみた。
割合など覚えていない。とにかくウォッカをドボドボバシャバシャ

漬け込みはゴミ袋でやりました。
ゴミ袋にターキーとベイジング液を入れて一晩置いただけ。
翌日の始末と焼き方は、また明日書きますのでお楽しみに!(って、ひっぱるほどのものじゃないんだけど)

ふぅ、仕事に戻ります。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-04 00:20 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
2012年、1月1日の朝の食事はこんな風になりました。
b0019674_1224880.jpg

中央の丸いお盆の上にあるのは、御節もどき。黒豆は市販のものだし、蒲鉾は切っただけ、白菜ナマス、お皿に乗っている黄色いものは、たらこをほぐして卵と混ぜて炒めたもの。数の子の代わりに、たらこ、ってことで。

あとはお雑煮、お屠蘇、プチトマトを豚バラ肉で巻いて焼いたもの。これは暮れに行った焼き鳥屋ででてきたメニューで、美味しかったので真似して作ってみました。
白菜ナマスは目白花ちゃんからいただいた柚子をたっぷり絞って作ったので、贅沢な一品。

暮れから姪が二人来て、オータさんも来て、賑やかな食事になりました。

夜はお酒をいろいろ飲んで、焼き鳥とか、いろいろ食べておなかいっぱい。
b0019674_1295849.jpg

今年はちゃんとウォーキングしようと思います。(しないと、ホント、ヤバイ)

皆様、この一年が楽しく実り多い一年になりますように。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-01-02 01:31 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)