漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ノートパソコンだけど容量が1テラ、メモリを16ギガ搭載し、外付けのハードディスクは500ギガにしました。

起動も早い!
例によってモニターをひとつつなげて、ダブルモニターにしました。

あとはモニターが薄型とか、シート状でくるくる丸められるものとか出たら、よそに行ってもダブルモニターで仕事ができるのになあ。

今度、実家に戻るときは、このノートPCをもって帰り、モニターを送るつもり。
そうすれば実家でもダブルモニターで仕事ができる!
あ~、楽になるなあ。

今は自分のものを買うとき、一番うれしいのがパソコンになってしまった。次が本かな。洋服とかバッグよりもPCが新しくなるほうがうれしいなんて。そんな女になってしまったなんて…。いいのか悪いのか。ねえ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-02-12 00:26 | 仕事 | Trackback | Comments(7)
今日、ものすごく寒くて寒くて、ついにうちもコタツを買うことにした。
うちは今までコタツが無かったのだ。

子どものころや、一人暮らしの頃はコタツを持っていた。しかし、北海道出身者と結婚してしまったら、なんとなくコタツを使わないようになってしまったのだ。北海道ではコタツを使わないのだ。最近はチラホラ使う家庭も出てきているようだけど、ホント、家中が暖かなのでコタツの必要性が無いんだって。

というわけで、うちは床の断熱をしたり窓の二重化、三重化を進めて、コタツを使うという発想がなかったのだ。

しかし、ついに今日、脚が冷えるのがホトホトいやになって、午前中、「コタツ買おう!」と宣言した。

そして、昼過ぎ、十数年ぶりにコタツがうちにやってきたのだ! この家になって初めてか? 

いや~~~、あったかい~~~~~!!

仕事場には置けないので、リビングにコタツを置いた。座椅子を置き、脚を入れると超あったかい! 
ほっかほか~~~!! さっそく猫がやってきて中に入り、うっとりと寝ている! そういえば、うちの猫たちはコタツ初体験だ!さぞやあったかくて驚いたことだろう。

ここで仕事をするわけだから、パソコンをセットしなければならない。仕事机のデスクトップのパソコンは動かすのは大変だから、ノートパソコンを用意した。例によってモニターをケーブルでつないでダブルモニターにしてある。
b0019674_1194530.jpg

見た目はかっこ悪いけど仕方ない。コタツの上に直接PCを置くと、天板が狭くなってしまうので、コタツの両脇に椅子を置き、それに板を渡した上にPCとモニターを置いた。
これだと天板を動かしても大丈夫。天板を手前に引けば絵を描くとき楽だし。
もう少し仕事が楽になったら、間に合わせの椅子と板を、もっとちゃんとしたものに変えようと思う。Пの字型のPC台を作ってもらおうかな。そうすれば、後々、デスクトップのPCも持って来られるかも。

コタツに入って仕事するって、幸せ~~。脚が全然冷えない!
コタツってやっぱりいいなあ。このままコタツで仕事していれば、夜寝るときも脚はホカホカのままかも? いいね、それって!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-02-04 01:34 | すまい、暮らし | Trackback | Comments(5)

雪センサー

今日は静岡県磐田市で取材だった。1日夜に浜松へ車で行き、一泊して2日朝から磐田市で取材というスケジュール。
天気予報では1日~2日は雪になると言っていたので、東名の御殿場付近が雪で通行止めとか、凍結しないだろうか、などとかなり心配した。

とりあえず無事に行って、無事に帰ってきたのだが、その間驚いたのは、オットの雪センサーだ。北海道出身のオットには、雪が降るかどうかわかるセンサーがついているのだ。

家を出発する前。オットが「雪になるぞ、困ったな、うーん」と悩んでいるときは、「なんとまあ心配性な人だ、全然降りそうに無いじゃん?」と思っていたのだが、オットが心配するときはあとで必ず降る。そういえば前にも、「今夜は降るぞ」と言うと必ず降った。それが長続きする雪かどうかは別問題だけど、降るぞ、という予測はほぼ確実に当たる(まれにはずれるとすごく悔しそうだ)。

今回もオットの予測どおり、行きと帰りで雪に見舞われた。
それも、今日の磐田市の場合は日が照っているときに、「これは降るかもな」と言い出したのだ。私は「そんなことあるわけないじゃん?」と心の中で思っていたのだが・・・。

取材中はいい天気だったのに、終わる直前に空が暗くなり、雪がすごい勢いで降ってきた。いつもなら取材後、担当者たちと食事をして帰るところだけど、磐田でこれだけの雪だと御殿場越えが大変になるので、すぐ出発することにした。

私はこの時点で、「どうしよう、途中でチェーンを買わないといけないかも? どこか冬タイヤを売ってるところで買わないといけないかも? どうしよう、、、」などと内心けっこう不安になっていた。東名高速に入り、まだ雪が降っているので、私はドキドキしていた。
途中、食事をしようと牧の原SAに入ったときは小降りになってはいたが、小さな雪粒が舞っていた。
しかし、オットが「これは長くは続かんな」と言うのだ。

「何でわかるの??」と聞くと、「空の色が違う」という答え。

え? 空の色で雪が続くかどうかわかるわけ?まさかー? と思ってたら、天気は言われたとおりになり、われわれは御殿場も無事に越して、家に戻ってきたのだった。

すごいな、雪センサー。

「北海道人ならこれくらいの雪センサーはみんなついてる」
というのがオットの弁。

そういえば旭川のオット実家に行くと、家族全員が朝から「今日は吹雪くな」「この雪はすぐやむ」「明日は晴れるね」など、天気のことを話し合っている。湿度、気温、湿度、空の色、湿度、風向き、湿度で判断しているらしい。
とにかく湿度が大きな要因のようだ。

北海道人には湿度センサーがついてるから、雪もわかるのだ、というのがオットの持論。

うーん、宮崎県人は川の色と匂いで氾濫するかどうかを見極めるセンサーを持っているんだけどね。雪センサーは持ってないのだった。

ちなみに、オットの雪センサーは、翌日の分だと8割以上当たり、2~3時間後の雪ならほぼ100%当たる。すごいな、北海道人!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-02-02 22:50 | Trackback | Comments(2)