「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

http://www.thermae-romae.jp/index.html
大ヒット上映中!!
面白かった。阿部寛の濃い顔と、飄々とした演技がよかった。
昔、私の漫画がドラマになったとき、ケンちゃん役をやっていただいたけど、とぼけた感じが持ち味。いつからこんなに巧くなったのだろう?(と、ちょっと誉めすぎ?)

裸のシーンが多く、股間が丸見えにならないよう、微妙な遮蔽物で隠してあるので、思わずプッと吹き出してしまった。昔の日活ロマンポルノシステム。(いや、日活だけじゃないんだけどね)
モザイクを入れるよりずっと楽しい。

古代ローマ人役として、ルシウス=阿部寛、ハドリアヌス=市村正親、ケイオニウス=北村一輝、アントニウス=宍戸開。市村正親の鼻は付け鼻? と一瞬思ったけれど、うーん、やっぱり本物ですね。

現代日本人は、平たい顔族と呼ばれている。上戸彩は漫画家の卵、山越真実という役。
上戸彩が師事する漫画家が内田春菊さん。(←春ちゃんだけ「さん」付けなのは、そりゃ、知り合いだから。)

やはり、漫画のシーンを見ると「あれ?」と思うことが多いなあ。
原稿をビリビリ引き裂いているシーンがあったけれど、スクリーントーンが貼ってある紙だとそんな簡単に引き裂けないよ。あれはプリントアウトしたものだね、とか。最後に漫画の1ページが出てくるんだけど、それもトーンがはってあり、ネームが手書きではなかった。これもプリントアウトだね。

漫画家の卵が漫画原稿を編集部へ持っていくのなら、ネームは手書きだろう。まあ、いまだとコミスタ使う人もいるから、写植文字の場合もあるけれど、上戸彩の部屋にはPCは置いてなかった。手書き文字だったらリアリティがあったのになー。

なんて、本筋とは関係ないところに目が行く私。

肝心の内容は、面白かった!とだけ。楽しい映画でしたよ。見るべし!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-31 20:32 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(2)
近所の友だち、ヒサノさんに、ヨーグルトにドライマンゴーを入れると美味しいよ、と教わった。
ドライマンゴーを小さくちぎってヨーグルトに混ぜて一晩くらい置くと、ドライマンゴーは水分を吸ってふっくらするし、ヨーグルトは水分がマンゴーに吸収されるので固く締まるのがまた美味しい。ちょっとクロテッドクリームっぽくなるのだ。(でも脂肪分は無いからご安心を!)

ドライマンゴーだけでなく、私の好きなドライフルーツもアレコレ入れてみると、これがまたイケル! 

最近、朝食には、コストコで買ってきた業務用のプレーンクラッカーを食べている。クラッカーにマンゴー入りヨーグルトをちょっとのせたり、ajiさんの手作りマーマレードをのせたりして食べると、なんだかオシャレーな感じがするではないか。

ちょっとテーブルクロスも使おうかな。

ヨーグルトって、二人で食べるとすぐなくなるので、空の容器がゴミとしてどんどん溜まる。これがちょっとイヤだったので、ヨーグルトを半分ほど食べたところで牛乳を足して培養することにした。

これはホラ、カスピ海ヨーグルトとか、自宅でヨーグルトの種菌を牛乳と混ぜて培養して作る方法があるけれど、それを普通のヨーグルトでやるだけのこと。

しかし、これは牛乳を継ぎ足せば永遠にヨーグルトが出来るのかというと、そういうわけにはいかない。やっぱり新しい牛乳が増えてくると、元の種菌が弱るので、酸味も減るし、しだいに固まらなくなる。私は4~5回牛乳を継ぎ足していたら、種菌よりカビ菌のほうが強くなり、カビが生えたことがあった。なので、今は牛乳を継ぎ足すのは2回までにしている。

それを過ぎたら新しいヨーグルトを買ってくる。
それでも十分、ヨーグルトの空き容器をゴミとして出す手間が半分以下になるのだから。

そういうわけで、うちでは今、ヨーグルトとドライフルーツブームに沸いている。

朝食はこれに野菜ジュースとチーズがつく。これだとラクでいいわー。

(でも、本当は、朝食にはごはんが好きなんだけどね・・・。食べ過ぎてしまうのが難点)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-30 00:16 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
マイミクのajiさんに手作りマーマレードをいただいた。
これがすごく美味しくて、プレーンなクラッカーにちょっとのせて食べると超美味しい! オシャレなブレックファスト、って感じ。

夫がそれを一口食べて、「これは生姜焼きに入れたいな!」と。
「おお、わかる! 生姜焼きに入れよう!」
私も同意し、その日の晩御飯は生姜焼きを作ることにした。

豚の生姜焼きは、生姜が入るのは当たり前だけど、醤油タレを甘くするのに砂糖だけではなく隠し味にジャムを使うこともある。
それをajiさんのマーマレードで作ってみたのだ。

いや~、これが大成功!
普通の生姜焼きよりもさわやかな甘みで、さすが柑橘系!
砂糖だけより照りもよく出るし、これはお勧めです!

マーマレードはやっぱりちょっと苦味のあるものが美味しいと思う。
ajiさん、ありがとう!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-29 02:04 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
夫の友人(旭川在住)から、大きアスパラガスが届いた。
お店に出荷するような大きさがそろったこぎれいなものではなく、太さがバラバラのものだったのだが、これが無茶苦茶美味しかった!

最初は茹でて食べたけど、蒸したらどうだろう?と、蒸篭で蒸したら、これがまた超美味しい!
塩茹でもよかったけど、蒸すほうが味が逃げなくて濃いと思う。

パラリと塩を振りかけて食べるも良し、マヨネーズもよし、酢味噌もよし。
一番美味しかったのは、塩山葵。山葵に塩をちょっと混ぜて、アスパラをそれにつけて食べる。これが一番美味しかったな~。

太くてしっかりしたアスパラなので、皮が固かった。最初は包丁やピーラーでこそげ落す、という感じでやってみたのだけど、それでもやっぱり繊維質が口にあたるので、皮を1~2ミリの厚さで剥いてみた。

かなりの量の硬い皮が出るのだけど、北海道ではそれを捨てずにキンピラにするんだって!
なるほど! そうか、うちもこれからそうしよう!

アスパラ、捨てるところがないなあ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-28 12:20 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)

東国原はどこへ行くのか

宮崎県知事だった東国原英夫。一期でやめてしまい、その後の迷走ぶりには胸が痛む。

いや、胸が痛むほど彼を好きだったわけでは無いけれど、宮崎県のために尽くしてくれた部分があるのは事実。宮崎県民として、ちょっとした恩を感じていた人だから、そういう人があんなに迷走しているのを見ると、かわいそうになる。

県知事を二期続けていれば、あのまま続けてくれていれば、宮崎県の知名度も上がったし、農産物の売れ行きも上がったと思う。

一期でやめた直後は、惜しむ声も多かった。
驚いたのは、地元の新聞に載った彼を誉めた記事。
その記事によると、、、驚くから、びっくりしないでね!
(頭痛がするから頭いたくしないでね、みたいな言い方だけど)
記憶で書くので、多少不正確だけど、意味は変ってないはず。

「今までの知事と違って、東国原知事は、どんな会見、どんな会議でもしっかり前を見て、目を開いて質問をしてきた。一度も居眠りをしたところを見たことがない

えええええっ!
今までの知事は居眠りしてたのか!!!

いや、確かにね、国会中継を見ていても、居眠りしている議員はたくさんいる。でも、知事は一番前にいるし、居眠りしている暇なんか無いでしょっ!!

・・・・・・というのは正論であって、国会議員だろうが県会議員だろうが知事だろうが、会議のとき居眠りする人って必ずいる。古い宮崎県知事なんて、おじいちゃんだったからよく居眠りしていたらしい。それが当たり前だ、と思う風土があったのも事実。確かに、あまり重要じゃない案件のときもあっただろうし、そんなときは眠らせてやるか、みたいな思いも周りにはあったはず。

だけど、そんな中、東国原はあの激動の4年間、一度も居眠りせず、ずっと目を開いて質問、討議をしていた、というのはやっぱり評価に値することだと思う。 (けっこう低い評価基準ではあるけれど)

今まで一度も行政関連の仕事をしていなかったからこそ、新しい視点で取り組んだ仕事もたくさんあると思う。
反対勢力も軋轢もあったと思う。それを4年間やり通したのは立派だったと思う。

・・・・・・・だけど、なんでそれをもう一期続けなかったのか…。
あと一期続けていれば、彼の評価はすごく上がったと思う。

就任直後の鶏インフルエンザから始まり、口蹄疫があり、県知事就任時期に二つとも経験した知事は他にいない。
それを曲がりなりにも乗り越えてきたのに…。

やめた直後、新燃岳(しんもえだけ)の噴火もあった。もし2期目も続けていれば、それも乗り越えた知事として有名になったはずなのに・・・。

一度の決断が、彼の運気を下げた。
かわいそう。
彼がこのまま迷走しているのを見るのは、宮崎県民として、同い年として、同じ人気商売人として、目が離せないところがある。

漫画家も人気商売だから、人気が落ちていく人を見るのは、なかなかにつらいものがあるのだ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-23 11:31 | 時事 | Trackback | Comments(0)
うちの高齢猫、コマは、ちょっとおなかがゆるい。
緩めのウンチをされると、臭いがきつくて、来客中にコマがトイレに行くと、お客様の所へもプ~~~ンと、あの大便臭が漂ってくる。お客様に大変申し訳ない・・・。毎朝、毎夜、猫トイレを片付けるときもけっこう苦痛なのだ・・・。

とりあえず、トイレ掃除のときニオイをごまかしたいと、お香を焚くことにした。

いい香りでウンチの悪臭をごまかすだけ、のつもりだったのだが・・・。

今まではウンチをスコップですくってゴミ袋に入れて、密閉しても、その後しばらくは大便臭が漂っていた。
ウンチ本体が消えても臭いは残っていたのだ。

が、お香を焚くようになってからは、残留大便臭がほとんど無いのだ!
本体が残ってるときは、そりゃー、そこから大便臭が発散されているからクサイけど、撤去・密閉してからは空気中に残っていたはずの大便臭が消えている!
お香のいい香りで臭いをごまかすだけ、ではなかったようだ。

お香を焚くというのは、お香が燃えているわけで、この「燃焼」が、大便臭の元となるスカトールや硫化水素やメタンなども燃やしているのではないか?と思う。

ちょいと検索したら、大便臭の元となるのスカトール、インドール、アンモニア、硫化水素、アミン、メタン、という物質は揮発性で燃えやすいようだ。
近くで火が燃えていると、その物質もパッと燃えて消滅してしまうのかもしれない。
よく、トイレでウンチしたときにマッチで火をつけると臭いが消える、というのと同じ理屈なのかも?

化学的な詳しいことはよくわからないけれど、とにかくお香を焚くと猫ウンチの悪臭がスッと消えるのは事実。
よかった~~!

芳香剤のスプレーを使うより、お香を「燃焼」させるほうが臭いの元がなくなってくれるんじゃないかな。悪臭を分解するという触れ込みの芳香剤を使ったこともあるけれど、それよりお香を「燃焼」させるほうが悪臭の消え方が大きかったように思う。

お香、火を使うので、お子さんや高齢者のいる家では難しいかもしれないけれど、猫の大便臭に悩んでいる方、ちょっと試してみては? お香は、大体10分~20分くらい燃えるので、そのときだけは目を離さず、そばにいて監視すれば安全だと思います。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-14 22:41 | ペット | Trackback | Comments(2)

ひよこ惨殺事件!

うちの猫、コマちゃんはとても可愛いけれど、やっぱり動物・・・。野生の本能があるのだ。
その本能で、人から見ると困ったことを時々しでかすのだ。

先日、、、、、
ヒヨコをもらった。その可愛らしいヒヨコと猫を一緒にしておくなんて、私も馬鹿なことをしてしまった。
もう高齢だし、ヒヨコになんか興味を示さないだろうと思っていたのだ。実際、最初のうちは見向きもしなくて、私もうっかりしてしまった。

ほんの1時間ほど部屋を離れて戻ってきたら…

テーブルの下に散らばるヒヨコの体・・・
コマが、ヒヨコのおなかに口をつけている・・・・・・
ぎゃああああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・
あまりのむごたらしい光景に悲鳴を上げた。

コマちゃん!!
そのヒヨコ、食べちゃダメ!!

あんたには糖分多すぎだよ!!
白餡の中身をそんなにぺろぺろなめたら体に悪いでしょっ!!

皮はすでに半分無く、内臓、、、いや、中身の白餡も半分ほどなめられていた。
はい、九州銘菓、ひよこです。

ひよこを一つ出しっぱなしにしていた私が悪いのですわ。
ごめんね、ちゃんとしまっていたらこんなむごいことにはならなかったのにね。
これからお菓子は出しっぱなしにしませんとも。ええ、しませんわ!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-11 00:27 | ペット | Trackback | Comments(7)
5月12日は姪の結婚式。
姉は留袖を着て、母は付け下げを着ることになってます。
二人とも袷です。

結婚式とは言え、場所がカジュアルなので、私は暑ければ単衣で、肌寒ければ袷にしようかな、と思ってます。

もちろん、この時期は袷を着ることになっているけれど、わたしはこのルールは数多くある着物ルールの中でも一番不合理なルールだと思ってます。

気温じゃなくて日付で着るものの厚さを決めるって、不合理。
しかも、日本は南北に長い国で、地域差が大きいのに、日本中で同じルールを使うのは、これまた不合理。

そもそも、私のふるさと宮崎県では、5月や10月に袷を着なければならないというルール、普段着ではもう崩れています。
5月でも10月でも、暑いときは単衣を着るという友達がたくさんいます。
だって、あんな暑いときに袷なんか着てたら熱中症になっちゃうよ、とのこと。暑くて死んじゃうよ、という友だちも。

それに、地球温暖化で百年前より暑くなっているのだから、昔作られたルールではもうダメなんじゃないかと思うなあ。

な~んて、偉そうなことを言ってるけど、一番の理由は、着物をそんなに持ってないから、持っているもののなかで5月に合いそうなものを選ぶと単衣しかないんだよねー。袷だともっと寒い時期に着たらよさそうな厚ぼったいものしか持ってない。

ルールには沿っているけれど季節感が違う袷より、ルールには反するけれど季節が合う単衣だったら、私は単衣にしようと思います。

もちろん、季節感は大事にしたいので、5月にあんまり真夏っぽい柄の着物や半襟は避けるつもり。
5月半ばで、紫陽花の刺繍のある半襟を使おうかな、と思ってます。

と、こうやって最初にいろいろ説明したり言い訳しないと、ルールからはずれた着こなしをする勇気が出ないのも、ちょいと情けないんだけど。

まあ、着物の世界にはいろんなことを言う人がいるので…。

あ、これを書いて、急に「普段着ならいいけれど、結婚式は、新郎新婦が主役だし、親族の方もいらっしゃるのだから、姪御さんに恥をかかせないよう、ルールは守ったほうがいいですよ」と言う人もいるだろうな、、、な~んてことが思い浮かんだり。うーん、袷にしようかな・・・。

ま、当日のお楽しみ、ってことで。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-07 23:18 | キモノ | Trackback | Comments(0)

スーパームーン

さっき外に出たら、いつもより月が大きくてきれいだった。
空気が澄んでいるのかな、と思ったら、スーパームーンという現象だとか。

楕円を描いている月の軌道が、地球に一番近づいているとき満月だと、いつもより14%大きく、30%明るく見える、と検索したら出てきた。

去年の3月19日もスーパームーンで、2年続けて起こるのは珍しい、とも。

そうか……、去年の大震災のあと、確かに月がすごくきれいだったのを思い出す。
あのときの、なんともいえない重苦しい時期、節電で近所のパチンコ屋が照明を消したり、町中が暗かったから月がきれいに見えたのかと思っていたのだけど、あれがスーパームーンだったのか…

さっき見た月は、輝く淡い黄色だった。シャンパンゴールドと言ってもいいかな。
まん丸の月がいつもより大きく、いつもより明るく輝いている。
それを穏やかな気持ちで見ることができたのは、幸せなことだと思う。

去年の3月から今日まで、感謝したり反省したり頑張ったり励ましたり、いろんなことを考えた14ヶ月だった。

次のスーパームーンを、すべての人が穏やかな気持ちで見ることができますように。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-06 00:43 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(5)
b0019674_2471793.jpg
宮崎県は神話の国です。特に県北は地理的条件、気候風土、そこに住む人たちの性格などから、渡来人が移り住みやすかったのではないかと言われています。
『漫画で読む ひむかの神話と伝説』は、地元に残る神話と伝説を、私独自の解釈を加えて漫画にしました。
b0019674_2501764.jpg

表紙の上段左から高千穂町、諸塚村、延岡市、
中段左から日向市、美郷町、五ヶ瀬町、
下段左から門川町、日之影町、椎葉村の9つの市町村の物語が入っています。

この本は、 ①県北の小中学校 ②県内の自治体 ③県内各図書館 ④県内観光協会  に配布されます。
一般の方の入手方法は、延岡市役所商業観光課へお電話ください。
電話番号は (0982)34-7833 担当者は渡部(わたなべ)さんです。

先日も出しましたが、中で使ったイラストと漫画のページをちょっとだけ先にご紹介いたします。
b0019674_333566.jpg
b0019674_341015.jpg

美郷町の師走祭のイラストです。

五ヶ瀬町の物語には、本物の蛍丸の話が出てきます。
三田井の侍が妖刀・蛍丸を持って逃げてきた先が五ヶ瀬町、そして彼をを襲った悲劇・・・。妖刀蛍丸にはどんな力がこめられていたのか!?
b0019674_375562.jpg

侍の魂を慰めるために建立された神社には古い石碑が残っています。
深い森と、苔むした石碑に歴史の重みを感じます。
b0019674_39462.jpg

門川の物語には、自然の力の前になすすべもなく立ちすくむ村人達と、深い信仰と知識でそれを乗り越えてきた歴史があります。
b0019674_311950.jpg


ふるさとの歴史を、私の漫画で紹介するのはとても大変な作業で、資料の読み解きも、絵も、時間がかかりました。
でも、大変だったけれど、やらせていただいてすごく光栄な、嬉しい仕事でした。

興味のある方は、どうぞお問い合わせください。
問い合わせ先、もう一度出しておきます。
延岡市役所 商業観光課  電話(0982)34-7833 担当者は渡部さんです。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-05-03 03:23 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)