漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

水切りフェチ2

昨日の水切りフェチの日記、すぐにいくつかのコメントがかついた。
ズボラじゃない人は、すぐに拭くことで水滴を残さないようにしている。熱湯をかけるのもいいアイディア。

でも、やっぱりズボラな私は食器を洗ったら一晩放置するだけの方法がラクチンで好きなのだった。
日本は放置国家だしね。

では、どういう置き方がいいのか。

まずは普通の置き方。
b0019674_1283333.jpg

同じ種類の皿を重ねて置くこと。これだとスキマが空かず、コンパクトになるのでかごにたくさんの食器が入れられる。
だけど、これだと皿と皿の間が密着していて、水が切れないのよねー。一晩置いても、全然乾いてない。
それに、そんなにたくさんの食器を使うわけじゃないし。

こちらが私がいつもやる水の切れる置き方。
b0019674_1291423.jpg

お皿とお皿の間に必ずスキマが出来るように、重ねず広げて置く。
これだと不安定になるではないか、と思う人もいるだろうけど、いや、そんなに不安定にはなりませんから。

とにかく、同じ形の食器を重ねると密着してしまうので、密着しないように置くだけ。
密着させないためには、写真のように広げて置くのもいいし、皿と皿の間に必ず他の食器を入れるとか。皿、湯飲み、皿、小鉢、皿、茶碗、というふうに。
すると、翌朝、食器はほぼ全部乾いている。

あー、水がひとりでに勝手に切れてくれるってありがたいわ~。(*^_^*)
翌朝、食器の水滴が一つも残っていないと、本当に嬉しくなる。布巾使わなくてすむんだよ! たまに一番下の食器に2~3滴残ってることもあるけれど、それくらいなら布巾もびしょぬれにならないし。

水切りフェチは布巾を洗って干す手間も省ける。いいアイディアだと思うんだけどねー。
これも周りには強制せず(強制すると「どーでもいいじゃん、うるせー!」と怒鳴られるので)、私一人の家事の楽しみにしている。

まあ、家事って、自分がいいと思っていることでも、誰もが同意するとは限らないし。家事は、どうでもいいじゃん、どっちでもいいじゃん、ということの積み重ねだから。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-23 01:32 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

水切りフェチ

私は水切りフェチだ。とにかく水滴が早く切れるよう、早く乾くよう、いろんな工夫をし、水滴一滴たりとも食器棚に入れ込まない!という気概を持って生きている。食器棚にカビが生えないよう、かび臭くならないように、だ。

とにかく私の実家は高温多湿の宮崎県。しかも山肌にへばりついた土地にある家なので、家の裏の崖から山水がジトジト湧き出してくる。油断するとすぐに食器棚にカビが生えた。そうならないよう、いろんなことをやってきたのが習慣になり、私の水滴に対する敵愾心はなみなみならぬものがある。

ただし、基本がズボラなので、食器を洗うと水切りカゴにいれ、翌朝まで放置するという手法が大好き。一晩置くと大体乾いてくれる。

しかし、ここで一工夫しないと、一晩放置したのに乾いていない場合がある。
それがココだ↓
b0019674_11564826.jpg

タッパウエアなどのプラスチック容器は、口のところが折り返してあって、細い溝がある。たいていの人はああいう深い容器は逆さにしてふせて置くのだけど、それだとふちの溝に水が溜まり、翌朝になっても乾いていないことが多い。

それで、私は翌朝までに溝の中が乾くよう、上向きに置くことにしている。
b0019674_11573765.jpg

そうすると、翌朝には溝の中が乾いている。
容器の内側の水が切れないではないか、という方もいるだろうが、容器の内側って、布巾で拭くのもラク。
b0019674_11583676.jpg

どうしても水滴が残っている場合は、たいていこうやって水滴を取る。↓
b0019674_11591561.jpg

たまには爪楊枝に布巾を撒きつけて溝の水滴を取ることもある。ちょっと神経質かも?
でも、プラスチックってカビが生えやすいんだから。表面が柔らかいので、水滴があるとカビ、生えますから! カビの臭いがする容器に食品をしまいたくないし!

そんな面倒なことよくやるね、とお思いでしょうが、そんな手間をかけたくないからこそ、溝つきタッパは上向きに置くのだ。これなら放置するだけで溝の中が乾くし。

私はこれ、いいアイディアだと思っているのだけど、夫にそれを強制したことは無い。こういう細かい作業(上向きに置くくらい細かくないと思うんだけど、一連の流れからはずれる行為は全て面倒くさい、細かな作業になる)を要求すると、100%「どっちでもいいじゃん!! うるせえ!!」と逆切れされるので。だったら溝の水滴拭いてくれるのかというと、夫は食器を拭くことは一切しないから。

一晩置いてせっかく乾いた食器の上に、朝食の食器を洗って重ねてくれることもある。ああ、、、、昨日の食器が乾いていたのに、またぬらすのか・・・…と、ガックリ来るけど黙っている。洗ってくれるだけで本当に大助かりだから。ありがたいから。ああもう、ありがた迷惑、、、とは思っていてもおくびにも出しませんとも。ええ、出しませんわ!

しかしね、家全体の湿気を抜くことに関しては北海道出身の夫のほうが神経質で、換気扇や扇風機を使って湿気を抜いてくれる。でも食器の水滴に関しては南九州出身の私のほうが神経質なようだ。

まあ、そのせいか、築20年のわが家にはほとんどカビがない。水切りフェチと湿気抜きフェチのおかげかな。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-20 12:01 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(7)
今日はクロワッサンプレミアムの取材だった。
テーマは更年期。

更年期をどう乗り越えたか、の取材だが、ライターの方が私の本「夫婦二人三脚で更年期超え」をじっくり読み込んできてくださって、話がとてもスムーズ。
楽しく話ができて、いい一日だった。

取材後、ちょっと肉が食べたくなって、近所の焼き鳥屋さんへ。
八街の隠れた名店、家康本陣である。
ここは鶏だけでなく、牛、豚、魚も焼いてくれる。あ、ということは「焼鳥屋」ではなくて、「串焼き屋」さんってことか。今気づいたわ。
(さらに、家康本陣のホームページを見たら、「炭火焼の店」とあるではないか!ずっと焼鳥屋さんと呼んでてすみません(-人-))

夫はどうしても生ビールが飲みたいと、私がちょっとトイレに行っている間に注文しやが、、、いえ、注文してしまった。
「おまえ、運転せい」
「え・・・」

私だって生ビール飲みたかったのにー。
でも、ここで私が生ビールを飲むと、代行を頼まねばならない。
うーん、串焼き屋さんに来たのがすでに贅沢なのに、さらに代行代も!?
代行代を払うくらいなら私が運転してやるわ! と、主婦の金銭感覚がフルパワー炸裂し、私はウーロン茶だけ注文し、帰りは私が運転して帰ってきたのだった。

まあ、私も免許持ってるんだから、やっぱり生かさないともったいない。いつもいつも代行ってのももったいない。
姉の遺言の一つに、ちゃんと運転しなさい、というのがあったし・・・。ねーちゃん、見ちょってね。安全運転やりますから(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-18 21:51 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

梅雨の晴れ間に布団干し

ちょっといい天気だったから、客用布団を干しました。いやー、やろうやろうと思っていてなかなかできないのがこの「客用布団干し」です。
今日、いや、もう「昨日」になるけど、布団干し日和だったので思い切り干しました。毛布も一枚洗いました。
あ~すっきり!

干したあと、掃除機をかけてまたすっきり!

今は布団を干したときパンパンたたくのは意味がないと言われているようです。マンションなんかだと騒音問題にも発展しているそうだし。
布団をたたくと確かにホコリがうっすら出てくるような。
でも、たたくより掃除機をかけるほうがきれいになるし、ダニも駆除できる。

日に干してふっくらした布団を、また押入れに入れるのはもったいない感じ。
風通しがよくて乾燥している場所に保管したいけど。

今日は洗濯、布団干し、掃除と、チョコチョコ歩いたので(家の中だけなんだけど)、全部で5600歩くらい歩きました。普段は千歩程度なのに、家事ってけっこう歩数稼ぎますね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-15 00:50 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

グランマ!アップ

今回の「グランマ!」はオフィスでの節電。涼しく過ごすやりかた。
あるモノで作ったクッションはなかなかいいですよ。

オフィスユー、6月23日発売です!

お楽しみに~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-08 11:49 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
今日(6月1日)からスーパークールビズとかで、環境省やお役所ではノーネクタイどころか、半袖開襟シャツ、かりゆし、アロハシャツなどで出勤している。富山県では半ズボンもOKだとか。涼しい格好をすることで冷房の設定温度を下げずにすむので、節電になる。

私は在宅の仕事だからよれよれの涼しげな格好(と言えば聞こえがいいが、要するにジャージとかパジャマのままとか)で仕事をしているので、暑いときはずっとスーパークールビズ、節電上等!なのだ。

去年の節電で、都心のヒートアイランド現象が大幅に緩和されたというニュース、知ってます?
これ、やっぱりちょっと嬉しかったな。

これは帝京大学の三上岳彦教授らの調査でわかったとのこと。

調査によると、2010年の夏の東京は、都心の気温は郊外より1.5度高かった。
しかし、2011年は、0.8度高かっただけ。
「みんなが節電に励み、エアコンなどの人工排熱が減った効果ではないか」と三上教授。

多くの人が節電に励んだおかげで、都会の夏の大きな問題だったヒートアイランド現象が緩和されたというわけだ。素晴らしいなあ!

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20120515-OYT1T01640.htm
暑さに負けず、節電頑張りましょう!
スーパークールビズも頑張ってやりましょうかね。(私はいつもスーパースーパークールビズ)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-06-02 00:32 | エコ関連 | Trackback | Comments(2)