「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウランの埋蔵量ってどれくらいあるんだろう?
ウィキペディアによると「確認可採埋蔵量は547万トンと推定されている」だ。
要するに有限の資源なのだ。石油や天然ガスと同じく有限の資源。

先ほど、NHKで「脱原発か原発維持か」を討論する番組が始まった。

去年の3.11以降、こういう討論番組は雰囲気が変った。ようやく「脱原発」の話をする人が普通に出てこられるようになった。脱原発の話をする人は、推進派の人たちからちょっと小馬鹿にされるような言い方で「でもね、原発無いとやっていけないでしょ、日本は」と、頭から否定されるような、そんな雰囲気だった。しかも、それはテレビ番組で放送されることはあまりなくて、youtubeでちょっと見たりする程度。テレビで堂々と対等に話ができる雰囲気にようやくなったのだ。

しかし、今頃「脱原発か、維持か」という議論をするなんて・・・。

ドイツはそういう議論はすでに終っていて、そもそも2000年に「脱原発」を決めている

その後ちょっと脱原発にブレーキがかかった時期もあったけれど(完全撤廃までの時期を少し延長する、というもの)、去年、メルケル首相がまたその撤廃時期を早めた、という経緯。だから、ドイツは原発維持か、脱原発か、という議論ではなくて、撤廃の時期をいつにするか、という議論なのだ。

日本、これだけの事故があっても、まだ「維持するのか」「やめるのか」の議論をしている。信じられない。

ドイツがフランスから電気を輸入していることを、鬼の首を取ったかのように「やっぱり自然エネだけじゃ無理じゃん」という人もいる。ドイツは電気を輸出もしている。(8日の日記を参照してください)

ドイツの電力事情は、ドイツ在住30年の私の友人にいろいろ聞いてみた。

2010年のドイツの総発電量に占める原子力の割合は24%。福島第1原発事故後に7基停止してからは、14%まで低下。そのせいで電力の輸出量は減少したけれど、輸入量は変わらず。原子力の発電量は減ったけれど、輸入量は変らず。ここ、大事なので2度言いました。

ドイツ政府は再生可能エネルギーの導入量を増やすことによって、エネルギー自給率を高める目標を掲げた。2020年を目途に原発を全基停止したあと、大きく輸入が増えることはないと見ている、というのが政府の見解。

現在、ドイツ政府が掲げている再生可能エネルギーの導入目標は、2020年に35%、2030年に50%、2040年に65%、2050年には80%。ドイツ議会の専門委員会は2010年、「2050年に100%再生可能エネルギーにすることも可能」だと表明している。

脱原発を実現して原子力産業での雇用が失われても、再生可能エネルギーの導入で大量の雇用が発生するので、雇用面の心配はしていない。

この資料は、元はドイツ語だけど、在独日本人のための小冊子にあったもので、ネットには出ていない。
でも、日本人、これくらいのことは知った上で、脱原発のはなしをしようよ、と思う。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-07-14 21:46 | 時事 | Trackback | Comments(4)
ドイツは去年、原発をやめる時期を早める、自然エネの割合を増やす、と宣言した。
それに関していろんな意見が噴出している。

「ドイツはフランスから電力を輸入しているじゃないか。フランスは7割が原子力発電なのだ、そんな電気を輸入していて、なにが自然エネだ、やっていけないのは目に見えている」
という意見もよく見聞きする。

しかし、ドイツはフランスから電気を輸入しているけれど、多くの隣国に輸出もしている
ルクセンブルク、オランダ、オーストリア、スイス、デンマーク、スウェーデン、ポーランドなど。

(確か、2010年では、電気の輸入量と輸出量を比べると、輸出量のほうが上回っていたはずだ。これは、去年の3月に、あれこれ調べて、ドイツの電力がどうなっているかを全て公開しているサイト(独語と英語)を見つけて、それに出ていた。そのURLがどこかにまぎれてしまったのでまた見つけておかなくちゃ。)

電気って、送電線が長ければ長いほどロスが出る。
遠くにあるドイツ国内の発電所から送電してもらうより、フランスの発電所が国境のすぐ近くにあるのなら、そこから送電してもらうほうがロスが少ないではないか。

EUはすでに一つの国のようなものだし、大手電力会社は国をまたいで資本提携している。
そうすると、地形や発電所の位置によっては、遠くから送電してもらうより近くから融通してもらうほうが合理的だ。普通の企業ならそう考える。輸出したり輸入したりしつつ、電気を上手く回しているだけなのだ。足りないから、ではなく。

日本に住んでいると、「ドイツはフランスから電気を輸入している」と聞くと、それだけでもう「じゃあ、ドイツは国内での発電量が足りてないんだ、やっぱり原発が必要なんだね」と短絡的に考えてしまう。それは本当に「短絡的」だと私は思うんだけど。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-07-08 01:59 | 時事 | Trackback | Comments(3)