「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

怖い!! 闇に光る目

怖っ!
b0019674_21191386.jpg

白い猫(そら吉/6歳)の後ろにいる黒猫(ギョロ/8歳)の目が怖い!
ギョロは目に迫力があるからなぁ。

ギョロはそら吉とすごく仲がいい。
いつも一緒にじゃれあい、ギョロはそら吉の首、頚動脈のあたりをいつも噛んでいる。
b0019674_2130268.jpg

そら吉は特に嫌がりもせずじっと身を任せている。血が出るわけじゃないし、甘咬み。
これでギョロは自分の立場のほうが上だと教え込んでいるのかな。
b0019674_21312379.jpg

噛まれた後も二匹、何事もなかったかのようにじっと並んで寝ていた。
b0019674_21424019.jpg

やっぱりギョロ、目に迫力がある。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-27 21:43 | ペット | Trackback | Comments(0)

北海道ラーメン道場

先日の苫小牧取材が終ったあと、新千歳空港でお昼を食べることに。
今、空港には「ラーメン道場」というステキな場所があるのだ!
b0019674_175666.jpg

北海道各地から味自慢のラーメン屋さんが出店している。

われわれは十勝帯広からやってきたというラーメン屋さんにはいることにした。
b0019674_1105647.jpg

味噌ラーメン専門店とのこと。
味噌も赤味噌、白味噌が選べる。トッピングもいろいろだ。

4人全員が違うラーメンを選んだ。
b0019674_1132782.jpg

私の選んだのは辛味噌らー麺・大辛。
中辛、大辛、激辛の3段階あったので、真ん中レベルにした。
美味しかった~~~!
他のらー麺もスープがすごく美味しかった! 麺も歯ごたえのある美味しい麺だったし、十勝帯広ラーメン、これからどこかで見かけたら絶対食べよう!と心に誓ったのだった。

このお店、餃子も美味しかった!
b0019674_126283.jpg


えー、実は仕事も終わったあとだし、ビールも…。
b0019674_1291661.jpg

美味しかった~。ラーメンと餃子とビール、仕事を終えた大人の必須アイテムでしょ!

さて、ランチも終わり、空港を歩いていたらソフトクリームスタンドを見つけて・・・
b0019674_1322915.jpg

濃厚ミルクのソフトクリーム、美味しかった~~。

食べすぎかも…。
いや、食べすぎです…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-27 01:33 | 飲む食べる | Trackback | Comments(4)
先日、久々にポテトサラダを作ろうと、買い物に行ったんだけど、胡瓜を買い忘れ、再度買い物に行ったのに、戻って来たときにマヨネーズを買い忘れていたことに気づきました。
マヨネーズだけ買いにまた出るのはもういやだ!面倒くさい!

というわけで、思い切ってマヨ手作りすることにしました。
ネットで検索するとけっこう簡単そう。材料は卵黄、お酢、塩コショウ、サラダ油が基本。それにレモン汁を加えるレシピもありました。

レモンもうちに無かったので、そのとき家にあった「へべす」を入れてみました。
「へべす」とは宮崎県日向市で栽培されている夏の酢みかん。
これ、今年初めて頂き物で食べましたが、超美味い! ホント、「スダチより玉が大きく、カボスより香りが優しく、ゆずより皮が薄くたっぷり果汁がとれる」と、宮崎県産品を紹介するサイトに出ていました。
まるごと宮崎 http://www.miyazakiya.jp/webshop/hebesu/ 

これがへべすマヨネーズ。↓↓
b0019674_2135379.jpg

マヨネーズ手作りするなんて、すごくまめねー、と思われるでしょうが、いや、検索すると多くの方が手作りしています。で、みんな「けっこう簡単だった」「意外に簡単」と書いています。
確かに、撹拌をハンドミキサーでやれば、超簡単でしたよ!
ちょっとへべすを加えたマヨネーズ、本当に、本当に美味しかった!

へべすを焼き魚にかけるだけで超美味しくなるし、サラダにかけて塩コショウだけでもグー!、ホント、美味しさの桁が違う!って感じ。ちょっと使うだけで味がワンランク…いや、ツーランクはアップします!

あ、へべすとは、平兵衛酢と書きます。長曾我部(ちょうそかべ)平兵衛(へいべえ)という人が日向でこの酢みかんを見つけ、栽培したのを記念して平兵衛酢と名付けたのだそうです。
ちなみに、「ちょうそかべ」という名字は宮崎ではけっこうよくある名前。歴史を感じる名前だなあ。

へべす、もし手に入ったら、いろんな料理に使ってみてください。
マヨネーズ作りもぜひ!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-26 02:27 | 飲む食べる | Trackback | Comments(4)

ほぼ3時間半の遅れ

今日は北海道取材のため、成田空港へやってきた。
14時発の飛行機に乗るので、家を12時半に出た。13時ちょいすぎには成田着。
搭乗手続きなどしていれば、すぐに出発時刻になるだろう、、、というのは甘い読みだった。

なんと、この飛行機、2時間半の遅れが出る!というアナウンスがあったのだ!!
札幌で待ち合わせをしている担当のO塚さんにすぐ「出発が2時間半遅れるそうです」とメールした。
O塚さんはメールをパッと見て、「2時出発が、2時半出発か~」と思ったそうだ。まさか2時間半も遅れが出るとは、思いもよらなかったと。

しかし、これがまた、2時間半ではすまなかったのだ。
14時出発が16時半出発に変更になったので、待合室でずーっと本を読んでいたのだが(今回は取材後、夫の実家にちょいと寄るので、電車に乗ることを想定して本を5冊ほど持ってきていた)、1冊読み終え、2冊目の半分ほどに差し掛かったときが16時30分。あれ、もう出発予定時刻だけど?と思ったときにまたアナウンス。

「到着機遅れのため、皆様を機内にご案内するのは16時50分ほどになる予定です」

はぁぁぁぁ・・・。
これ、外国だったら暴動が起きていたかもしれない。

結局、搭乗が始まったのは16時59分からだった。
ゲートを通る列で、私の前にいた女の子が、「日本人以外だったら大変だったよねー」と言っていたのが印象的。
みんなあきらめた顔をしながら、でも文句言わずに並んで、飛行機までのバスに乗り込んでいた。

出発したのは、17時半くらい。新千歳空港に到着したのは19時14分。
それからO塚さんたちの待つ札幌へ向かうためにJRに乗るのだが、これがまた、乗ったらすぐにアナウンスがあり、「10分ほど遅れが出ています」だって!

ここは本当に日本か!? と思うような、そんな一日だった・・・。
ただ待つだけって、疲れる・・・。
あー、疲れた・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-23 00:24 | Trackback | Comments(0)

流れ灌頂、盆踊り大会

8月16日、夏まつりひのかげ2012が開催された。
これは、日之影町商工会・日之影町青雲商店街主催で、日之影町の夏の恒例行事となっている。
場所は日之影町役場。
b0019674_033540.jpg

役場の庭に設置されたステージでは、流れ灌頂、灯篭流しのほかに、バンドや地元の舞踏や芸能が披露され、大人から子どもまで楽しめる内容。
このほかに、盆踊り大会、焼肉、屋台の出店、そして花火もあり、日之影の夏を満喫できる楽しいお祭りだ。

流れ灌頂の開場は五ヶ瀬川の岸辺。
役場から下りてくる道には提灯が飾られ、灯篭流しのお客様や、流れ灌頂の船に乗って帰る仏様を川まで案内してくれる。
b0019674_094116.jpg


次第に日が沈み、暗くなってくると、提灯のほんのりした灯りが幽玄な雰囲気を醸し出す。
b0019674_0134118.jpg


まだ明るいうちに、初盆の家で作った船を運び込み、順番に並べてあった。
私の姉の船は船体に絵が描いてあるので、今年はけっこう人気の船になったそうだ。
b0019674_0163117.jpg


ほかの家でも思い思いの飾り付けをし、亡くなった方の好きだったものを入れたり、花やリボンや提灯で飾り付けをする。それに火をつけて流すのだ。
b0019674_02208.jpg


中に敷いた藁に火をつけて岸辺から押し出すと、船は燃えながら流れていく。
中に花火も仕込むので、花火の種類や置き方によってはゴージャスで楽しい雰囲気になる。
さびしくなく、景気よく送りたいという、家族の願いでもある。
b0019674_0233978.jpg


姉の乗った船、りえ丸もきれいに長く燃えながら流れていった。花火は置き方のせいか、なぜかあまり燃えてくれず、ちょっと残念。でも、長く燃え続けてくれて、それはそれで美しい思い出になった。
b0019674_0243366.jpg


小さな灯篭も流れていく。
b0019674_030919.jpg



灯篭流し、流れ灌頂が少し厳かな雰囲気の中終わると、盆踊り会場ではもう楽しげな音楽や、屋台の肉を焼く匂いや綿あめの匂いが漂っていて、心がワクワク躍るのだ。
b0019674_0364337.jpg


今回の祭りに来てくれた五ヶ瀬町のVocali​stグループ Backstay 
エグザイルみたいなスタイル、歌も上手い!カッコイイ!出演してくれてありがとう!
b0019674_0413259.jpg


流れ灌頂で船を流すときは、思わず、心の中で「ねーちゃん!」とつぶやいていた。ねーちゃん、ねーちゃん、と心の中で声がこだますると、涙がほろほろとこぼれてきた。
そんな寂しい、悲しい気持ちのまま家に帰るのもちょっとつらかったけれど、盆踊り会場の熱気や、屋台の売り子の声、匂い、そして舞台でのパフォーマンスに気持ちが少し浮揚してきた。

流れ灌頂と盆踊りやステージのイベントがセットになっているのは、こんな効果もあるんだな…。そう思った2012年の夏だった。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-19 01:02 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)

初盆、流れ灌頂

8月15日、姉の初盆に、日之影へ戻ってきた。
玄関の前に提灯が飾ってあった。
b0019674_2375579.jpg

初盆の家はこれを置くのだ。
そういえば父のときも提灯を家の前に立てたのを思い出した。

15日の夜は送り火を焚いた。
玄関の前で松の木切れに火をつける。いい香りがした。
b0019674_2384391.jpg

母は悲しそうだった。
父が亡くなったときよりも。

今日、16日は流れ灌頂の日だ。
初盆の家では船をつくり、飾り付けて火をつけ、川に流す。
提灯や花で飾りつけ、船体に絵を描いた。
姉の似顔絵入り。
b0019674_2391914.jpg


後ろには家紋。
b0019674_2394477.jpg

反対側には姉の息子たちを描いたら、まだ元気に生きている息子たちが死んだ人みたいに見えるので、現世の人は色を付けないことにした。父と、今年1月に死んだうちの猫、ムーちゃんの顔も入れた。

興が乗ってきて、つい鯛とえびまで描いてしまった…。
b0019674_23101234.jpg

海老で鯛を釣る…わけじゃないけれど。

これを川にもっていって火をつけて流すのだが、船体に絵が描いてあるのは初めて見た、と言われた。

父のときは船にエリモンを飾った。
そのときの様子はこちら。
http://akaboshi.exblog.jp/5491168/

船を流す様子はまた明日アップしよう。
今日はこのへんで。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-16 23:10 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(2)

車椅子を「漕ぐ」

今日、スーパーで車椅子の女性を見かけた。
その人は、足で地面を手繰り寄せるようにして進んでいた。
かかとを前に出し、地面に押し付け、グッと自分のほうに引くと車椅子は前へ進む。両足を交互に出してかかとで引っ張る、と言う感じ。

ああ、これは姉と一緒のやりかただ…。

姉も車椅子をそうやって漕ぐようにして動かしていた。

普通、車椅子は両輪についている輪っかを手で持って、それを回して進む。

しかし、今年の2月、乳がんで亡くなった姉は、去年の5月の段階では両手の力が無くて、車輪を持ってまわせなかったのだ。

「体力が落ちたからね、両手で車輪を動かせんとよ。じゃけど、足なら強いからね、ほら、こうやって、両足チョコチョコ出して漕げば車椅子動かせるとよ」と、明るく楽しそうに言っていた。

今日、スーパーで見かけた女性も、かかとを出してゆっくり漕いでいた。

以前は、車椅子の人を見かけても、「手で車輪を回している」のか、「足で漕いでいる」のか、考えたこともなかった。しかし、姉に「漕ぐ」と言う方法があるのを聞いて以来、瞬時に「手回し」か「足漕ぎ」かわかるようになった。

今日も、スーパーの通路でちらりと見ただけで「漕いでいる」とすぐにわかった。


車椅子を「漕いで」いる人を見ると、姉を思い出す。
姉が楽しそうに言った、「こうやればラクに動けるとよ」という言葉が頭の中に何度も浮かんでくる。

だけど、姉はそう言いながら車椅子を漕いだけれど、実はあのとき、歩く体力が無かったのだ。そして、車輪を握る力もなかったのだ。

スーパーで見かけたこの人も、おそらくそういう状態なのだと思う。

……少し、胸が詰まる思いがして、私はそそくさとその場を離れた。

その人がお気の毒、というわけではなくて。

楽しそうに車椅子を漕いでいた姉の笑顔が頭に浮かんで。

それから9ヶ月後に逝ってしまった姉の、冷たい頬に手を当てたことを思い出して、涙が出そうになったから。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-11 18:42 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)
この記事はしばらく一番上に設置します。
通常の記事は下にスクロールして読んでください。

b0019674_1627115.jpg漫画で読むひむかの神話と伝説』大好評!
宮崎県内の市役所や図書館、小中学校などで無料配布されていますが、県外の方で欲しい方は下記住所へ封書でお申し込みください。申し訳ありませんが、送料だけご負担をお願いいたします。

〒882-0813
延岡市東本小路121番地1 延岡市商業観光課 漫画で読むひむかの神話と伝説係


A4の封筒に送料210円(1冊分)の切手を貼り、住所お名前を明記したものを同封してください。
送料は冊子小包「ゆうメール」扱いで、冊子1冊の重さが200gですので、
1冊 210円(250gまで)
2冊 290円(500gまで)
3冊 340円(1kgまで)の切手が必要になります。


一冊200gなので、5冊で1kg、1kgまでは340円ですので、お友だちを誘って5冊まとめて注文するのが一番送料が安くなります。その際は、おそらくA4の封筒では入りきれないので、B4でお願いいたします。

※340円は3冊~5冊分の送料なので、何冊必要なのかを明記してください。
たくさんの人に読んでもらえますように(-人-)
宮崎県北、ひむかを知ってもらえますように(-人-)

b0019674_16282450.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-10 16:30 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(13)
私をツイッターでフォローしてくださっているかたへ。

なぜか私からヘンなダイレクトメッセージが送信されているようです。フォロワーの方、数百人へ送られたようです。
DMの多さにびっくりして、アカウントをそのまま保持していたらどんどん送られてしまうと思い、すぐにアカウントを削除しました。
しかし、それは大変まずいやり方だったようです。

そのDMを受け取った方、DMの中にあるURLは絶対にクリックしないでください。フィッシング詐欺のサイトへ誘導される怖れがあります。

もし、私のDMを見て、URLをクリックして、アカウントとパスワードを入れてしまった方は、まずパスワードの変更をしてください。

それからこちらの対処法を実行してください。
http://twitterspam.info/twitter-fishing-hijacking-featurefon?tw_p=twt

よろしくお願いいたします。

P.S.
アカウントを削除したのに、しばらく経ったら「アカウントを復活しました」というメールが来ました。成りすましの偽者が私のアカウント名とパスワードを使って復活させたようです。
でも、すぐに私のほうでパスワード変更をしました。

よかった・・・。ツイッター上でフォロワーさんに謝罪と対処法をツイートしなければならなかったので、アカウント復活して、それが直接出来るのはかえってよかったです。

皆様、ご迷惑をおかけしました。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2012-08-10 05:52 | Trackback | Comments(0)