「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コマちゃん…

19歳9ヶ月のコマちゃん。
b0019674_085586.jpg

高齢だからいろんな症状が出てきた。

写真のように私の膝の上にいるときは静かにしている。
今年4月が誕生月。
二十歳を超えられるかな…
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-21 00:02 | ペット | Trackback | Comments(5)

雪とココア

今日は日本水大賞の審査部会だった。
会議を終え、帰るときの麹町近辺。
まだ雪が残っている。東京とは思えない。
b0019674_23265357.jpg

こんな時も雪に足跡をつけてみたくなる南国育ちの私。
b0019674_23295273.jpg

雪の怖さも大変さも全然知らないから、雪を見るだけで浮かれてしまう。

子供の頃、全国的な大雪の日があって、宮崎県でもうっすらと積もったことがあった。
せいぜい1~2センチの積雪で、なんと学校が3時間目から休校になったのだ。滑ってあぶないから、という理由で。

あの時、友だちと下校しながら雪に足跡つけたなぁ。
案の定、滑って転んでびしょぬれになった。
そして、友だちの家であったかいココアを飲ませてもらったのを今も鮮明に覚えている。

団井さんのお母さん、あのときのココア、美味しかったです!
私のココア好きはこの時から始まったのねー。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-16 23:23 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
b0019674_282518.jpg

13日に千葉美で開催中のKimono Beautyを見に行き、そこで話しかけた着物姿の妙齢の女性に私のお太鼓を見せることになってしまった…。
b0019674_293281.jpg

こんなにステキに着こなしている二人に、私のキモノの正体をばらすなんて…。

そもそも、私が着ていたのはウールの着物。古着屋さんで300円だったかな…。そして帯は作家の一点もの、といえば聞こえはいいけれど、私が作った帯。帯締めは古着屋さんで100円くらい。半襟は100円ショップの端切れ。羽織は30年くらい前の姉のお下がり。
b0019674_210302.jpg

一見普通に見えるかもしれないけれど、この着物姿には、まあ、いろんなウソ、いろんな手抜きが入っている。
まず、半襟は襦袢に縫いつけたものではなく、細長い袋状に縫った半襟に襟芯を通したものを肌襦袢(襟が着いてないもの)に安全ピンで留めただけ。
b0019674_213996.jpg

この肌襦袢、夏用に、汗をよく吸う柔らかな薄手木綿で作ってもらったもの。本当は襦袢の下に着るものだけど、そこはまあ、見えないから、この肌襦袢に芯入り半襟をくっつけ、袖はマジックテープでウソツキの袖をつけてみた。このウソツキの袖はカフェカーテンで作ったもの。
夏っぽいので、今回のウールの着物には合わないと思ったけど、冬用ウソツキを作るのが面倒だったので流用。ま、見えないし。つか、見せないようにしたし。

そして帯。
後ろ姿はこんなんなってます~~・・・。
b0019674_2162446.jpg

はい、単なるスカーフを、帯板に巻きつけただけ。
正面から見るとそんなに違和感は無い、、、、、、はず。
b0019674_2435263.jpg

で、後ろ側はお太鼓もなくて、羽織を着てごまかすとはいえ、背中がペッタンコになるのをごまかすため、帯枕を使ってふくらみを出すというコワザも。

その帯枕が、また、、、、。
b0019674_219332.jpg

ボディ用のスポンジをストッキングに入れただけという。
姉が作ったのをちょいと借りてみた。(姉は一応、着付け師のお免状を持ってますから!)
姉曰く、椅子に座って背もたれにもたれかかったとき、スポンジだとつぶれるのでラクチン、なのだとか。

帯は木綿のスカーフで象の模様だから、帯揚げも写真のような象模様にしたかった。
(実際はちょっとしか見えないので象模様ってわからないんだけどね)
タイシルクのスカーフで、半分に切って横長になるようつないである。
が、実際に使ったのは普通の帯揚げ。出掛けにバタバタして探す時間が無かったのだ。

ステキな大正ロマン風のお嬢様に「お太鼓見せてください」と言われてびびったのもご理解いただけると思います・・・。
とりあえず、お太鼓じゃなくて、こんな風になってるのよと、羽織をまくって見せてあげた。羽織の季節だけの手抜きだから、と言って。
こういう手抜きしつつ、キモノを楽しむのだけど、これもまた一つの楽しみ方だと思ってください・・・(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-15 19:06 | キモノ | Trackback | Comments(4)

千葉美でキモノ

13日は千葉美術館で開催中のKimono Beauty へ行って来た。
この展覧会は着物で行くと2割引になり、しかもプレゼントまでもらえるという、嬉しい企画。
b0019674_1342598.jpg

このプレゼントは浮世絵付きのバンドエイド。他に栞や定規もあって、そっちにすればよかったかなあ。浮世絵のついたバンドエイド、もったいなくて使えないし…。

Kimono Beauyの内容は、ボストン美術館、ピゲロー・コレクションの着物が初里帰りということで、江戸時代からの日本の着物が展示されていた。
これがまた美しくて、華麗で、手仕事のすばらしさ、色のきれいさ、日本のデザイン感覚のすばらしさに本当に見惚れてしまった。

海外で保管されていた日本の古い着物は、まるでタイムマシンから出したかのように保存状態が良く、とてもきれいだった。日本に置いてあったら湿気でカビたり、虫食いが出ていたかもしれない。

他にも個人蔵のものや、日本国内の美術館に所蔵されている着物も展示してあり、江戸、明治、大正、昭和の着物の流れがよくわかるいい展覧会だった。

今回はきものを着て行くと割引という、粋な計らいもあって、着物姿の女性をたくさん見かけた。
このお二人、すごくステキで、思わず声をかけて写真を撮らせていただいた。ブログ出しOKの許可もいただいたので、公開します。
b0019674_150381.jpg

千葉美術館は昔、銀行だった建物を使っているとかで、この二人の雰囲気にぴったり!
まるで大正時代にタイムスリップしたみたい!
建物の状態がもっとわかるのも一つ。
b0019674_1514436.jpg

いいでしょう~~~!? 
お二人、まだ若い20代くらいなのに、こんなに着こなして、ほうっ…。と、ため息。

しかし、その後、黒い羽織の女性に「羽織いいですね~、お太鼓見せてください!」と言われてしまった…。
うっ、こんなきれいに着こなしている二人に私のお太鼓を見せるなんて…!
このビビルワケは、ツイッターでご存知の方もいらっしゃるでしょうが、続きはwebで、つか、明日のお楽しみっ!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-14 19:21 | キモノ | Trackback | Comments(0)
昨日はお茶の水のクリニックに行く日で、帰りに横浜美術館まで足を延ばして国芳展を見に行った。
国芳展の感想はまたいずれ書くとして、晩御飯の様子をアップ。
場所は中華街の謝甜記。
ここはお粥が美味しい店で、国芳を一緒に見たあじさんも一緒。

謝甜記に着くと満席で、20分くらい待ちますが、、、と言われて、迷わず「待ちます!」と。人気のお店だけあって、私たちの後からも5~6組が外の寒風吹きすさぶ中で待っていた。
ようやくテーブルについてオーダーしたご馳走の数々。
b0019674_141448.jpg

一番手前が豆苗の炒め物。超ウマー!! 真ん中が鶏の唐揚げ梅ソース付き。唐揚げにほんのりカレーの風味が!これも衣がカリッ、肉がサクッと噛み切れるのにジューシー、美味しい!
奥のちょっと持ち上げているのがレバニラ炒め。レバー美味しかった~~。厚くて旨みがあって、プルプルで…。
その横にある椀は夫がオーダーした五目粥。

私は鶏粥。鶏の旨みと、揚げパンの油のコク、少しの塩味がついていて、そのままでも美味しいけれど、ちょっとザーサイを足すとまたいい感じ!
b0019674_143486.jpg


ピータン3人前。
b0019674_146271.jpg

ピータン、とろりとして美味しかった~。鶏粥に入れて鶏ピータン粥としても美味い!

水餃子。皮がやや厚めでモチモチしている。ちょっとお酢をかけていただくと美味しかった~。
b0019674_1471453.jpg

以上、3人で目いっぱい食べて、一人2千円くらい。この味、この量、この満足感で2千円は安いと思うなぁ・・・。ふ~、満足、満足!

低糖質ダイエットをやっているのにお粥だの、餃子だの、炭水化物を摂ってもいいの?と聞かれるんだけど、そんなキッツキツの厳密なダイエットをやっているわけではない。
「今日は横浜に行くんだから、絶対、謝甜記に行こう、お粥食べよう!」と、朝から楽しみにしていたので、朝、昼は炭水化物の無い食事にして、夜に備えたわけだ。

最後は中華街をちょっと散歩して、あじさんに教わったマーラーカオの美味しいお店でマーラーカオを買って帰宅。
国芳もよかったけど、謝甜記もよかったね~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-13 20:34 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)

髪がツルツル~

頭が、じゃないですよ!
髪の毛がいつに無くツルツルさらさらなんです!

いや~、ねんどのリンスを使ったら、ホントつるつる~、サラサラ~!
b0019674_123682.jpg

今回は炭シャンプーも使ったけど、それよりねんどのリンスの効果のほうが高い気がします。

いつもは髪を固形石けんで洗って、地肌をしっかり洗ってアワアワにすればそれだけでツルツルになっていたんだけど、冬はそれだけだと乾燥するのでオイルをつけてました。
このオイルがちょっと量の加減が難しくて、今使っているオイルはどんなに少なくつけてもなぜかネットリべたつく感じになってたし。(やっぱり椿油に変えよう・・・)

で、今日はねんどのリンスを使ったので、仕上がりはどうかなと、オイル無しにしたら、ツルツルサラサラ~♪
よかった~。久々に髪に自信が持てる仕上がり!

ねんどのリンス、いいですよ~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-12 20:41 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(4)

ムーちゃんの一周忌

明日はムーちゃんの一周忌。
去年のお正月、いや、一昨年の暮れから毎朝起きるたびに「ムーちゃん、ちゃんと生きてるかな」と猫ベッドを確認するのが日課になっていた。私たちの寝る場所も、2階の寝室から、猫用ケージを置いているリビングに移して、毎朝、ドキドキしながら猫ベッドのムーちゃんを確認していた。

去年の1月12日、朝、ムーちゃんは動かなくなっていた。
でも、ムーちゃんは亡くなる前に、夫の枕元に来て、頭をペロペロなめてくれたそうだ。
しばらく夫と一緒に寝ていたムーは、そのあと猫ベッドに自分でもどったらしい。

朝は猫ベッドのペットシーツの上でちょっとお漏らしして、そのまま動かなくなっていた。
トイレにもどったのかな・・・。

ムーちゃんは夫になついていて、よく頭の毛(の残っているところ)をペロペロ毛づくろいするように舐めるのが好きだった。
最後に挨拶に来てくれたのかな・・・。

明日はお墓にお花を供えよう。
ムーちゃんに似合いそうなピンクと黄色の花をメインに選んでみた。
b0019674_23195031.jpg

明日は晴れるといいなぁ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-11 23:11 | ペット | Trackback | Comments(0)

おなかが空かない

2日の夜に食べたモノがちょっと悪かったらしく、、、、。
夫は何にも無いのに私だけおなかを壊してしまった。
今日(1月3日)はほとんど絶食。おなかが空かないので苦しくはない。

ツイッターやフェイスブックでも「胃腸炎になった」とか、「ノロに感染した」という話しがちょくちょく出てくるので、私ももしかしたらノロ!? とびびったのだけど、単なる食べすぎと、、、多分、白カビのチーズが合わなかったのだと思う。

そういえば、大晦日に向いのイシダさんちで年越し宴会をしたとき、庭で犬のウンチを踏んでしまった・・・。こういうときは「運がついた!」と喜ぶしかない。

年が明けておなかを壊すのも「運がたくさん来た!」と喜ぶべき話・・・・・・かな・・・。
まあ、今日はおなかが空かないので、苦しまずに目標体重に達しそうでありがたいし。

今年は運のいい年にしたいです・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-04 00:22 | 飲む食べる | Trackback | Comments(8)

今年の抱負

明けましておめでとうございます。

今年の抱負は、ダラダラはやめようよー、です。
抱負というには小粒だけど、まあ、ダラダラしてたら時間がいくらあっても足りないし。
ダラダラするよりモノ捨てろ、ダラダラしている暇なぞないぞ、寿命が来たとき残った荷物は誰が整理するんだ、モノ減らせ、というのが裏に隠れてます。

過去20年はアッと言う間だったし、これからの20年、30年はそれよりも体感速度は速くなるし。
25年後、30年後、身内が私の荷物を見て呆然とする映像が目に浮かびます。ガラクタばかり、価値のあるもの、役に立つものはほとんど無いし。

さて、今年はダラダラせずにテキパキできるでしょうか。
なるべく、ダラダラせずにテキパキ・・・できるかなー・・・。かなー・・・。かなー・・・ (フェードアウト) 
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-01-01 19:52 | 時事 | Trackback | Comments(3)