漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

マンガdeパンフ アップ

Jotoテクノのサイトで連載中の広告漫画、マンガdeパンフ アップしました。
マンガdeパンフ、というだけあって、商品説明のマンガですが、このページの右端にある「特集コンテンツ」の中から「赤星エッセイバックナンバー」をクリックしてみてください。
過去に書いた『住宅』に関するエッセイがあれこれ読めます。

家に関するエコロジーを重点的に扱う「イエコロジスト」として、住宅のメンテナンスや長持ちさせる方法など、いろんなこと書いてますので、お時間のあるかたはぜひ読んでみてくださいませ。
よろしくお願いいたします! 
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-21 02:10 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

着物、邪道?

普段着の着物をちょいとアップ。
b0019674_157462.jpg

グレイの格子の着物は古着屋さんで300円だったと言う、格安のウール。
上っ張りは義母がくれたもの。前掛けは姉がパートに行っていたお店の物を貰ってきたもの。
上っ張りで見えないけれど、帯も古着屋で買った半巾のニットみたいなカジュアル帯。
足袋は臙脂色のネルで、これは30年ほど前に友達と伊豆の温泉に行ったとき、温泉街のお店で買ったもの。

当時はああいう厚手のネルの足袋とかけっこうどこでも買えたんだけどなー。最近見かけないですね。

ところで。
夫がなかなか着物を着て外出してくれません。袖が邪魔で運転できん!というのですが。

私もなかなか袂捌きが身につかず、袂でコップをひっくり返したりドアノブに引っかかったりという、プチ事故をよく起こします。
そっと袂に片手を添えてお皿を取るようにすれば、見た目も上品だし事故も起きない。そういう上品な所作を身につけることが着物に慣れる、ということなのでしょう・・・。

が、わかっちゃいるけど根が上品になれない、、、つか、根が下品な私はどうもそれが身につかないんですよ。

と言うわけで、私は、袂をくるりと腕に巻きつけ、その上から腕抜きをするという荒業に出ました。
b0019674_1465148.jpg

はい、これが袂をくるりと腕に巻きつけたところ。

そして、その上から腕抜き。これはホームセンターで売っていた腕抜きです。事務用というより、農作業用。
b0019674_1473730.jpg

これがね、超便利!!
料理をしていても、漫画を描いていても、袖が全然邪魔にならない!
トイレ掃除も、猫のウンチを片付けるときも、運転も(多分)大丈夫!

(運転は、私はペーパードライバーなのでね…。やってないけど、もし着物で運転することがあれば、腕抜きと、草履はちゃんとスニーカーに履き替えて運転するでしょう)

夫にはコレより太い腕抜きを作ってやろうかと画策しています。襷がけよりも邪魔にならず、家事やデスクワークをやるにはもってこいの腕抜きです。いいアイディアでしょ!

と思ってますが、・・・邪道ですかね…?

やっぱり襷がけにするか割烹着を着用すべきでしょうか・・・。

襷がけもけっこう袖がシワシワになるし、それに比べるときれいに腕に巻きつけてあれば襷よりもシワにならないような気もしますが…。

まあ、日常着だし、家で仕事するときの格好だから、誰に何を言われてもいいんですけどね・・・。着物って、洋服よりも「傷ませたくない」「ちょっと丁寧に扱ってあげたい」という気持ちが強くなるんですよね、なぜか。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-18 02:15 | キモノ | Trackback | Comments(0)

バレンタインディナー

一昨日のバレンタインの食事とデザートを昨日の日記でアップしようと思ってたら、昨日は檀蜜効果であたふたしてました。
檀蜜効果とは、今話題の檀蜜さんが性に目覚めたマンガとして私の「アマピン」を揚げていた、という話。詳しくはこちらを読んでね! いや、びっくり!

さて、14日の夜はなんとなく洋風にしようか、ということになり、ローストチキンにしました。
b0019674_122594.jpg

肉のハナマサで買ってきたチキンは1kgチョイ。ちいさっ。
ターキーと比べたら小さくて可愛いチキン。スタッフィングは、家に玉葱もニンジンもなんにもなくて、冷蔵庫に大根が少し、長ネギが少し。
仕方が無いので大根をコロコロに切ってバターソテーした物をチキンに詰めました。

これが意外にも美味い! 大根のバターソテー、最近のヒット作でちょくちょく作ります。和風にしないでバターを利かせるのがコツ。美味い!

そしてデザートはやっぱりチョコ系がイイネ! というわけで、ココア入り牛乳寒天を作りました。普通の牛乳寒天にココアを混ぜただけ。
b0019674_1272197.jpg

一見チョコレートムースみたい。水を使わず牛乳だけで作ったのでコクもあって美味しかった!
甘みはラカントSという甘味料を使ったので糖質制限中でも大丈夫。
あ~、美味しかった!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-16 01:30 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
赤星流エゴロジストな暮らし、今週は
見直したい「薪ストーブ」の効果 です。

先週は アワアワでラクラク 簡単楽しい網戸掃除 
先々週は 牛乳パックは、貴重で優秀な再生資源 でした。

どちらもよろしく~!

来週にはJOTOテクノの「マンガdeパンフ」も更新します。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-14 23:35 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
いや~、いい着物を着たら、着物熱が上がりますね!

琉球紬の着物を着て、オレンジ色のウールの着物を着て、大島を着ました。

そして昨日(2月10日)はデニムの着物を着てお出かけしましたよ、佐倉市美術館のルパン三世展へ。
b0019674_234225.jpg

ふふふ、不二子ちゃんのポジションに私が!

なぜデニムかというと、2月10日は太物の日だから。
太物とは呉服(絹織物)に対する言葉で、木綿やウールや麻などの繊維の太い織物のことだそうです。2月10日を2(ふ)10(と)という語呂合わせで「太物の日」に。

ルパン三世展はすごく面白かったんだけど、その話はまたいずれ。

デニムの翌日は青い紬を着ました。
b0019674_2395784.jpg

これはリサイクルショップで5千円もした紬です。私の持っている古着の中では高いほうですね。(いつもは300円とかだから)

帯はポリエステルでバラの模様が入っています。
半巾なのでヤの字に結んだのですが、ヤの字って帯締めしたほうが体にしっかり密着するので締めてみましたよ、ベルトで。

青い皮のベルトで、バックルのところにバラの花がついています。
b0019674_242895.jpg

まあ、こういう着こなしは外に出ないからやれるけど、外出するとなるとどうかなあ?
このベルトの帯締めで外出する勇気でるかなあ?

もう2~3年前だったら何にも考えず出てたけど、最近はちょっと「いい年してみっともない」って思われるかも?というためらいが出てくるんですわ。情けない。真っ当な着付けではない、ちょっと変った着付けをするにはちょこっとパワーが要りますね。

そうそう、これが夫婦で着物着る人たちなら、それはそれでカッコイイんだけどね。
夫も一時は着物にはまってくれたけど、最近は「運転できん!」という理由でなかなか着てくれません。
なので、ルパン三世展も洋服で。
b0019674_2473597.jpg

着物ならかっこよかったのにねえ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-12 02:48 | キモノ | Trackback | Comments(7)

大島四角尽くし

昨日は東京のクリニックへ行く日。
大島のいい着物をいただいたので、これを着て行くことにしました。クリニックと言っても問診と血液検査だけなので着物でも大丈夫。

大胆な四角い模様が入った大島なので、他のものも四角を入れてみました。
ピンクの半襟には菱形の模様が刺繍で入っています。写真ではちょっと見えないか・・・。
b0019674_19415818.jpg

帯は義母にもらった綴れ織り。着物の臙脂の模様と同系色。
帯揚げはスッキリと帯と同系色。
帯締めは半襟と同系色のピンク系で、四角い石の帯留めをしました。

ぞうりも四角い印伝風の模様入り。
b0019674_19505929.jpg

と、四角尽くしでコーディネート。

道行がね、、、模様が四角じゃなかったのがちょいと残念。
b0019674_1953285.jpg

って、そんなにたくさん持っているわけじゃなし、有るものを組み合わせて着るのが私流。
まあ、道行は襟元が四角、ってことで、これも四角尽くしに入れましょう。(と、こじつけるのが着物の醍醐味)

この大島も、琉球紬をくださったM子さんからのもの。
お母様が縫ったという、その縫い目が細かくて美しくて、「手仕事の美しさ」にしみじみ感じ入りました。

しつけのかけかたたとても丁寧で、びっくり。普通のしつけの縫い目は長い縫い目があって、その後に小さな縫い目が三つくらい、という繰り返し。でも、この着物の仕付け糸は、長い縫い目のあとの小さな縫い目が5~6目。丁寧でしっかりしたしつけは、ほどくのがもったいないと思うくらいでした。

これもまたとてもいい着物なので、呉服屋さんにふらりと入って自慢してこようと思います!

今後、「いい着物~Mコレクション~」として、着物の写真をアップしていきますのでお楽しみに!(そのほかに「安い着物~リサイクルコレクション~」「手抜き着付け」等もありますので、そちらもお楽しみに~)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-10 20:14 | キモノ | Trackback | Comments(2)

服のシワ、襞の描き方

グランマ!の原稿が上がりました。
マンガの仕事が一段落するとホッとしますね。

今回はストールをかけた姿を描いたので、ストールのシワとかドレープの描きかたが難しく、手作り模型を使って、シワの様子を観察して描いてみました。

手作り模型って、これです。
b0019674_421690.jpg


キッチンペーパーホルダーがちょうどいい大きさだったので、それにトイレットペーパーをストールみたいに巻きつけてみました。
腕を曲げるとどうなるか。トイレットペーパーを折り曲げてセロテープで留めてみたり。
紙を丸めて細い棒にし、折り曲げて腕の代わりに取り付けてみたり。

衣類のシワとか襞って、描くのはなかなか大変。
模型を使ってけっこうきっちり描けました。
今月23日発売のオフィスユーに載りますから、見てくださいね!
よろしく~。

・・・・・・・
追記
うわー、アップして初めて気づいたけど、パソコンのモニターに私と夫が映りこんでいる!
びっくり~。
皆さん、心霊写真じゃないので、驚かないように。
よろしく~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-09 04:23 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

グランマ!執筆中

オフィスユーの連載マンガ、「グランマ!」描いてます。
その途中に、読売オンライン連載中の「エゴロジストな暮らし」を書きました。
今回は網戸掃除の仕方です。

今日(木曜)にはアップされますのでぜひご覧くださいませ~。

前回の記事もぜひご覧ください。牛乳パックはまな板代わりに使うと、どうしても捨てられちゃうし、それはちょっともったいないです。

ついでにHPのレイアウトも変えてもらいました。ちょっとあれこれ移動したり、ブログのスキンを変えたり、ここ1~2日、めまぐるしくブログもHPも変ったけれど、これで落ち着くと思います。

あ、それから、一昨日、いい着物を着たので、私の中の着物熱がまた上がり、昨日は着物着て仕事しました。
b0019674_4562114.jpg

オレンジ色のウールの着物は日之影の実家の近所の家からいただいたもの。
昔はこういう色は50過ぎた人は着なかったと思うけど、今なら着るね。着るはず。ええ、絶対着る人いるはず!(家の中にいるだけだから、そんな断らなくてもいいんだけどね)
帯は琉球紬の着物をくださったM子さんからのもの。
どちらも頂き物。
朱色の帯締めはリサイクルショップで購入。
着物の色と帯の中にも朱色があるからあわせてみました。

帯はヤの字に結んでみたんだけど、これでよかったっけ?
b0019674_458267.jpg

ヤの字、久々に結んだので忘れていたような。多分、合ってる、、、かな。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-07 04:52 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

すっごくいい着物!

いただき物の着物と帯を着てみました。
b0019674_2214375.jpg

緑と茶色の格子柄は、ちょうど茶色の色とぴったり合う襦袢を持っていて、それを中に着ました。
帯に可愛い柄が入っているので、半襟は凝らずに白のまま。帯上げ、帯締めは緑で統一してみました。
和の着こなしは、まったく逆の色をあわせるらしいんだけど、私が着付けを覚えたのはネットだし、本格派の和の着付けより、同系色で合わせる洋風のコーディネートのほうが好きなので。

この着物、今日届いたばかり。包みを開いた瞬間に、わあステキ!と感激してその場で着てみました。ちょっと着るだけ、のつもりが、あまりにもいい着物なので、うちの中だけではもったいない、食事にでも出かけよう!と、成田のイオンへ行ってきました。

(あ、この写真を撮ったときは黒いタビックスをはいてますが、出かける時はちゃんと白足袋にしましたから!)

成田イオンには呉服チェーン店の「やまと」があります。
やまとで足袋でも買うかな、とお店に入ったら、キラリと目を光らせたお店の人(多分、職人さん?作務衣着てました)が近づいてきました。

「いい着物ですねえ! 琉球紬ですか?」
「頂き物なんでちょっとわからないですけど、いいものだと思いますよ」
「でしょうねえ、すごくいいですよ、これ。見る人が見たら、おおーっと思いますよ
「やっぱり!?」
「いいもの見せてもらいました」
と、職人さんがお礼を言うほど。

そうか、私も着物歴が浅く、見る目は無いけれど、袖を通してすぐに感じたのはしっとりとした重み、それでいて張りのある布の感触。素人目にもいいものだとわかります。

そして、縫い目の美しさ! 物凄く丁寧な縫い目でした! 私が持っている中でもダントツに美しい針目。縫ったのはこの着物をくださったM子さんのお母様。

そ、そんな思いのこもったものをいただいていいものやら・・・。と思いつつ、でも、やまとさんの職人さんにも褒められて、鼻高々で帰ってきました。

琉球紬のこの着物、大切に着ます。長く着られそうです。M子様、ありがとうございました!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-04 22:40 | キモノ | Trackback | Comments(2)

今年の恵方巻き

低糖質ダイエッターとしてはお米の恵方巻きではなく、おからで作ってみようということになりました。

スーパーでもう出来ている味付きのおからを買って適当に海苔で巻くだけにしようと思ってたんだけど、結局夫がおからの炊いたのを作りました。
それが、スーパーでおからと蕗の佃煮を買って来て、うちにある佃煮とか色々あるものをいれて炒め煮しただけという、簡単おから。美味しければそれで良し、ってことで。

その味付きおからに玉子焼きとキュウリを芯にして海苔で巻いたのがこれ。
b0019674_21242177.jpg

今年は巻き簾があるし!
怖れずしっかりギュッと巻いたので、けっこうきれいに巻けたと思いますッ。

とりあえず4本巻いてみました。
b0019674_21251870.jpg

奥にいるの猫はそら吉。

断面はこれ。見た目はあんまりきれいじゃないけど、今まで巻いた中では一番きれいに出来たかな。中に入れたのが玉子焼きとキュウリだけですが、おからに蕗やシイタケや牛蒡などが入っているのでよしとしよう。
b0019674_2127721.jpg

味はバッチリ! 美味しかった~~!
おからそのものが美味しかったので、玉子焼きの味はちょっとひかえめにしてよかった。キュウリのさっぱり感とあいまって、美味しい恵方まきになりました。

恵方巻き、最初にやったときはそんなに定着するかなと思ってたけど、関東でも定着しましたね。いつから始めたか、、、、うーん、うちで始めたのは久米宏のニュースステーションで見てからだから、、、、。何年前?

ま、いつからでもいいけど、美味しいものが組み合わさったイベントは定着するもんですね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-02-03 21:32 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)