「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドンペリで復活!

ちょっと難航中と書いた、夫の体調ですが、もうすっかり良くなりました。
血液検査の結果がすごい数値だったので医師に驚かれたりしたけれど、まあ、なんとか大丈夫です。ご心配をおかけしました。

私も、病院に駆け込むほどの胃腸炎は久々でした。
救急病院では、なんとドンペリを処方されたんですよ!
あの、ドンペリ! やっぱり、アルコールでばい菌を殺菌するのね!な~んてことは無くて、ドンペリとはこれのことです。
↓↓↓
b0019674_104776.jpg

てへへ、ドンペリ丼・・・いえ、ドンペリドンという薬のことでした!

消化管の運動を整える、おなかの薬。
なのに、ドンペリ丼。まるでドンペリをぶっかけた丼物みたいでしょ!
名前が面白いと、つい反応してしまうのでした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-12-31 01:02 | 健康/美容 | Trackback | Comments(4)

復活!

22日の夜に夜間救急病院へ行くくらい、体調悪化していた我々夫婦ですが、私のほうは24日夜にはなんとか持ち直しました。でもその日と翌25日はちょっと仕事が詰まっていて、バタバタ仕事。26日朝に、ようやくホッと一息つきました。

しかし、新野のほうはちょっと難航中。
24日に近所の病院で診てもらったところ、まだ治ってない、とのこと。本人も始めての膀胱炎で、あのいや~なシクシクチクチクズーーンという痛みに、すっかり参っていました。24日にちょっと無理して仕事をしたこともあって、熱が出て、昨日今日と寝込みました。
が、26日夜になってようやく元気が出たようです。

まだ完治とは言えない状態のようですが、後はゆっくり休んで体力を増強するしかないですね。
と、何か看病しているよき妻のような発言ですが、基本、夫は自分で自分の看病をして、一人で寝ています

それにしても寝込むほどの病気になったのは久しぶり。
色々あって、身体が冷え切ったのがよくなかったのだと思います。冷えは万病の元ですね。皆さんお気をつけください。

今年もあとわずか、健やかな気持ちで新年を迎えましょう。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-12-27 02:07 | 健康/美容 | Trackback | Comments(2)

夜間救急病院

ここ一週間ほど、あれこれあって、疲れていた。北海道の義父と義母の入院、それにまつわるあれこれ。いや、疲れた。

とにかく、北海道で精神的にも肉体的にも疲れて、もどってきてからは家が冷え切っていたので、どこにいても冷えた。

それに加えて、21日の朝、佐倉駅始発の電車に乗ったら車内が冷え切っていて、東京駅に着くまでの1時間、身体がものすごく冷えた。体の半分(窓側)が冷えて、背中もゾクゾクする。脚もつま先も氷のように冷えた。いや、大げさじゃなく。

北海道での疲れと、帰ってきてからの冷えで、夫が熱を出し、血尿まで出して、私も熱を出し、吐き気と下痢。22日の昼過ぎからは動けなくなった。

昼過ぎに二人で倒れるように寝込んだのだが、夜7時ごろ起きて、夫は夜間緊急病院をネットで探して電話していくことにした。私もこの吐き気をどうにかしてもらいたいと、一緒に行くことに。

行く途中、夫の車の運転は荒かった。残尿感と頻尿、時には血の塊まで出るというし、排尿時の強い痛みがあるので、ふらふらになりながら運転し、病院へようやくたどり着いた。

夫は膀胱炎、私は感染性胃腸炎で、薬をもらって帰ってきた。
帰りの車の運転は、診断はされたけど治療はしてもらってないので、やはり辛い中の運転でふらふらだった。(痛み止めも処方されたけど、運転前だから飲みたくないと、飲まずに帰ってからにしたのだ)

帰宅してから薬を飲み、二人とも倒れるように眠りこけた。

今朝は昨日よりはまだマシだけど、まだ二人とも熱が下がらない。どうなることやら・・・。

いや、身体が冷えるって、こんなにも免疫力を落すんだなあ・・・。
多少のばい菌や多少の大腸菌なんて、自分の免疫力が普通にあれば感染しないものなのに。

それにつけても、日本の夜間救急病院、ありがたい!本当にありがたかった!治ったらまた病院へ行って、「先生、ありがとう!」ってハグしたいくらいだ。しないけど。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-12-23 12:35 | 健康/美容 | Trackback | Comments(3)
ケイティ・ペリーのアメリカン・ミュージックアワードでのパフォーマンス。
日本大好きなケイティのショーなので、いたるところに日本風なものが出ている。

障子、鳥居、三味線、着物風ドレス。

youtubeのコメント欄には、レイシストじゃないのか? とか、日本を侮辱しているんじゃないのか?みたいなコメントも出ていた。
確かに、このドレスを「これが日本のキモノですよ」と言われたら、うーん、ちょっと・・・となるんだけど、ね。まあ、日本大好きな外国人が通る道のひとつではある。

で、「クールジャパン」を「現代日本の中にある現代日本風なもの」だと考えると、ケイティ・ペリーのパフォーマンスより、こちらの方が「クールジャパン」じゃないかと思う。イヤ、クールかどうかは別として、こっちのほうがすごく日本っぽく感じるんだけど。

マイリー・サイラスの曲が、というより、後ろのスクリーンでかわいい子猫が口パクして(擬人化された子猫や、異様な猫好きは現代日本の特徴のひとつだと思う)いるところとか、衣装の猫模様とか、日本っぽいなあと思ったのだけど。

いや、彼女がどういうつもりでこの衣装と映像を作ったのかは知らないけど、日本人のセンスにすごく似てるし、こういうKAWAIIものって日本的な気がするのでした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-12-02 18:43 | Trackback | Comments(2)

なぜ私に道を聞く

在宅の仕事で、外に出ることがそもそも少ない私なのに、外出すると道を聞かれることがけっこう多い。それも外国人に・・・。

日本一の方向音痴の私に、なぜ道を聞く?
よく知っている場所ならまだしも、初めて行ったところか、よく知らない場所で道を聞かれるという、この不条理。なぜ、私に聞く!?

今日も電車に乗っていたら、ドアから走りこんできた女の子が一目散に私の目の前に立ち、「おおおかやま? これ?」と聞くではないか。
一瞬、「おおお、加山?」かと思ったけれど、「大岡山」のことだと推測した。

が、初めて乗った路線で、自分の目的地の駅名しかわからない私になぜ聞く!?
大岡山がこの路線にあるのかどうかもわからないのに!
と思ったけれど、車内の路線図を見て、大岡山発見。
「大丈夫、行きますよ」と教えてあげた。

顔立ちは日本人ぽいけれど、持っていた地図が英語と中国語で書かれたものだった。言葉も片言だったので、中国から来て間もないのだろうと思う。

すごく心配そうに、「おおおかやま、なんぷん?」と聞くので、駅の数から推測して「そんなにかからないと思いますよ」と答えた。でもすごく心配そうな目で私を見るので、「たぶん、、、10分くらいかな」と言うと、ホッとした様子だった。

不安なんだろうなあ、、、。私も自分が方向音痴だから、道を間違えた時の心細さと、若い頃海外旅行をしたときに電車やバスで降りる場所を間違えたらどうしよう、、、というあの不安な気持ちを思いだしてしまった。

降りる駅のちょっと手前で、「次が大岡山ですよ」と教えてあげたら、彼女は嬉しそうにうなずいた。
降りるとき、彼女は私の両腕に手を置いて、ギュッと握り、ものすごく明るい嬉しそうな笑顔で「ありがとございました!」とお礼を言ってくれた。

あの笑顔、こっちまで嬉しくなったなあ。

・・・と、すごくいい話風に終るけど、今回はちゃんと教えて上げられたからいい話だけど・・・。
こういういい話で終らなかったことも、実は多々あるのだった・・・。その話しはまたいずれ・・・。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2013-12-02 02:12 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(4)