漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2015年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

なんでいきますか?
なにでいきますか?

友だちのバイト先でこんな言葉遣いをする若いコがいるそうです。
Aさん、私の友だち。40代女性。B君、大学生。

Aさん「○○を160gで6個作ってください」
B君「はい」

しばらくして
B君「○○はなんでいきますか?」

この文脈だとどう聞いても○○を作る道具のことを聞いているように思えます。
Aさんは○○を作る道具(ボウルとか、桶とか)の説明をしたら、B君は怪訝な顔をして黙っているのだそうです。

Aさん「もしかして何グラムか、ってこと?」
B君「あ、あ、、はい」
Aさん「何グラムなのか、というのが聞きたいのなら、そう言ってくれないとわからないから。なんでやりますか、だと道具だと思うよ」
B君「はぁ・・・・・」(あまり納得していないようす)

B君は以前にも同じようなことがあって、Aさんが「▼▼を10個作ってください」と頼んだら、やはりしばらくして「▼▼はなんで行きますか?」と聞いてきました。

その時も、道具かと思って説明したら、実は個数を聞いていたんだそうです。

こういうわけのわからない聞き方をされるので、困ったAさんは、B君と同じ年代のCさん(大学生の女性)にちょっと相談したら、、、、なんと、Cさんは

「それって、若者言葉なんですかねー? 私には違和感ないです」という反応!!

こういう文脈で「なんで行きますか?」という聞き方をされたら、グラムや個数を聞いているとわかるのって、若者だから??????

で、あれこれ考えて、私はAさんに尋ねました。
「その子たちって、どの道具を使うかを訊ねるときはどうやって聞いてる?」
するとAさん、
「そういうときは『なにで行きますか?』ですかね?」と。

そ、それだ!!

若いコたちは、グラムや個数のときは「なんぐらむ」「なんこ」と言うので、「なんでいきますか?」はグラム(または個数)のことだ、と区別しているんじゃない??

Aさん、驚愕の表情!
「あああああ! そうかも!!!」

確かに、なにグラムとか、なに個とは言わない!! グラムや個数の時は、絶対「なん」ですわ!!

道具の時も「なんでいきますか?」と言うことはあるんだけど、きっと彼ら(若いコ全般とは言わない。そのバイト先の若いコたち)は、「なんで」をグラムや個数に取っておいて、道具類に関しては「なにで」と使い分けているのではないか。

いや~、、、そんな使い分けしなくっても…。
ちゃんと「これ、何グラムで行きますか?」と聞いてほしい。グラムという言葉を省かないでほしい。じゃないと、間違いの元だから。仕事場では言葉は省略しない方が無難なんだから。

その前に、何グラムで何個と指示されているんだから、あとから聞きなおすなよとか、「~~で行きますか?」じゃなくて、「何グラムで作りますか?」と正しく聞いてほしいとか、そういう突っ込みもあるけど、ま、そこまで言うと、口うるさいおばさんになってしまうので、それは言わないでおきましょうかね。

追記
フェイスブックで、この記事に対するコメントがたくさんついて、それがとても興味深いので、付記しておきます。
https://www.facebook.com/tamiko.akaboshi/posts/883796198326541?pnref=story

FBって、時間経つと検索が全然ダメなんだもんなー。こうやって記録しておくとイイネ!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-31 00:01 | 言葉 | Trackback | Comments(4)

キッズルーム

3月19日は美術弾丸ツアーでした。
グエルチーノ展、スイスデザイン展のあと、牛込神楽坂のギャラリー・ロムマアイで、キッズルームという面白い企画を見てきました。

これは、美術展とか子供と一緒に見られるものが少ないね、というアーティストたちの意見を受けて、子供も一緒に楽しめる展覧会ということで企画したんだそうです。

ステンシルアーティストの赤池完介、漆造形作家の相賀実規、イラストレーターの大西洋、木工家の垣本圭子、近藤順と立岩朝子によるデザインオールラウンダー、漆造形作家の西山陽、陶芸家の山口奈那子、陶芸作家の山下岳、デザイナーの吉森太助(敬称略)が参加して、いろんな作品が展示、販売されていました。

これは陶器。
小ぶりの、手にすっぽり収まる大きさ。温かみのある色合い。
b0019674_2175782.jpg


これはコーンスープみたいなフタ…? フタかと思ったら、飾りで作ったとのこと。でも、こういうコーンスープみたいなフタがあったらカワイイよね。
b0019674_114737.jpg


子供の姿を描いたTシャツ。これがまたカワイイ。自分の子供を描いたイラストだそうです。だからリアルでかわいいんだなぁ。
b0019674_1142750.jpg


ドット絵でやっぱり自分のお子さんを描いたもの。これも、実際にお子さんを見ていると、そっくりなんだって。
やはり、自分の子供を題材にするとイキイキするんですね。
b0019674_2253361.jpg


こちらも自分の子供やおもちゃを描いたイラスト。
b0019674_2323596.jpg


子供たちがゴロゴロ出来る場所には人工芝が敷いてあって、そこに手作りのアヒルのぬいぐるみ。
これもまた子供たちに大うけ!
b0019674_229154.jpg



子供と一緒に楽しめる展覧会っていいねえ。

ロムマアイは友達が作ったギャラリーで、こちらも見てね!
「2013年11月24日 カッコイイなあ!」
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-30 00:05 | アート系 | Trackback | Comments(0)
3月は5月の顔を持っている、、、とかなんとか、誰か、詩人が書いていたはず。だれだったかなあ…

どういう意味だろうと考えていたら、別のルートから、なるほど、ということが分かりました。
天気予報の番組で、「3月は5月と変わらないくらいの紫外線量です。日焼けに注意しましょう」と言っているのを聞いて、なるほど、これのことか!と思いました。

3月は5月と同じ顔、というのは、3月は紫外線量が増えて、光が強くなる、ということかな。冒頭の詩人は、3月にはすでに5月と同じくらい明るく、強い日差しが射す、ということを感じていたのでしょう。
詩人の観察力、ってやつはスゴイなあ、と思ったんだけど、この詩人、だれだったっけ。
なんという詩だったっけなあ。

誰かご存知ないですか?
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-29 01:58 | 言葉 | Trackback | Comments(0)

アンのドレスのデザイン

「赤毛のアン」の中でアンが最初にもらう美しいドレス。
これはどんなデザインだったのか、訳と原文を読んで、自分なりに考えてみた。
それがこういうデザイン。
b0019674_23301935.jpg

でも、本の挿絵に載っているのはこういうデザイン。半袖なのだ。
b0019674_2331878.jpg

赤毛のアンが日本に紹介されたのは戦後だし、その当時、ちょうちん袖というと、日本では半袖が一般的だった。長袖のパフスリーブって、例えば鹿鳴館で社交ダンスをしているようなご婦人方が着ていたくらい? だから、昭和になってパフスリーブ、ちょうちん袖と言うと、半袖しかイメージできなかったのかも。イラストレーターも、編集者も。

自分で考えたデザインに、ちょいと色も付けてみた。
これは、私にしては珍しく、フォトショップで着彩したのではなく、紙に描いた線画に、透明水彩で着彩。
b0019674_23393017.jpg

これは一応スキャンもしてみたんだけど、カメラで撮影したもののほうがなんとなく「絵」の感じが出るような気がしたので、撮影したものをアップ。

実際に、プリンスエドワード島の赤毛のアン記念館では、茶色のドレスが展示してあるそうで、その実物の写真をもとに絵を描いてみた。
これも紙に透明水彩で着彩。
b0019674_23414347.jpg


私の想像よりもパフスリーブを仕切っているリボンが大きいのと、袖そのものも大きい感じ。なので、このほうが華やかになるなあ。
なるほど、これはマリラが「袖だけでブラウス一枚分はある」と細かいことを言いそうなデザインだ。

紙に絵を描いて、水彩で着彩するって、ホント最近はなかなかやらないけど、これも面白かった。

また描こうかな。

(と思って、さっき、大塚家具のお家騒動で有名になった家具屋姫を描いてみた。
b0019674_23474140.jpg

うーん、水彩でチャチャチャッと色付けするのは、丁寧にやるよりかえって難しいかも。)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-28 00:02 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(0)

暮れなずむ国分寺

所用で国分寺の武蔵野美術大学へ。
正面玄関にはこんな猫たちが。

石の上に鎮座する猫。かなり年季の入った猫の像だった。
b0019674_121722.jpg


こちらは受付の窓口にいる猫。↓↓
左の猫の頭の上にハチ割れの小さい猫がいるのがわかるかな。
b0019674_121155.jpg


武蔵美から国分寺駅前へ戻り、喫茶店でコーヒー。
b0019674_1241396.jpg

中は昔のジャズ喫茶のような、純喫茶のような。懐かしい雰囲気だった。

打ち合わせを兼ねて食事。
国分寺の刺身は美味しかった~。ほかにも美味しいものがたくさんあったのに、写真撮るのを忘れていた。
b0019674_1255744.jpg


食べ物の写真を撮るのを忘れる、というのが、実は一番美味しい、ってことだよね。
行き帰りの電車内では、iPadで電子書籍を読む。片道2時間の読書タイムは、電子書籍なら数冊の本が読めるので、やっぱり便利かも。
紙の本と電子書籍、これからどうなるのかなー。
その話はまたいずれ考えて書いてみよう。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-27 01:30 | 行ってきました | Trackback | Comments(0)

アンの茶色のドレス

最近、赤毛のアンを読み返していると書いたけど、いや、ホント面白い!アンの性格とか、子供の頃とは違った目で見ているので新たな発見もあるし、意外な事実に気付いてびっくりすることもある。

そんな中、赤毛のアンの中で、私が一番好きなエピソードをご紹介。

それは何と言っても、アンが袖のふくらんだ茶色のドレスをもらう話だ。全シリーズを通して、一番好きなエピソードである。

アンはいつもシンプル(と言えば聞こえがいいけど)で、地味で、人並みではない服装をしていた。それに気づいたマシューが、マリラには言わず、近所のリンド夫人に服を作ってくれないかと相談する。

するとリンド夫人はアンに最新流行の型のドレスを縫ってあげると約束し、マシューが帰った後、はこうつぶやく。

「あのかわいそうな子がはじめて人並みのものを着るなんて、ほんとにいいあんばいだ」(中略)

「あんなみじめななりをさせて、それでアンにへりくだりの気持ちを持たせようとするつもりらしいが、かえてうらやみと不満の気持ちを起こさせるだけさ。あの子もきっと身なりのことではひけ目をかんじてるに違いない…」
(訳・村岡花子)

このリンド夫人の気持ちが、読んでいてホッとするし、スカッとするのだ。それまでのマリラの、服装に関するあまりにも厳しい、頑固な態度に嫌気がさしていたので。

そして、アンはクリスマスの朝、袖のふくらんだドレスをもらう。だけど、そのドレス、どんなデザインだったのだろう?

私の持っているポプラ社版ではアンがドレスを手にして喜んでいる挿絵があるんだけど、これがなんと、半袖のパフスリーブ!
クリスマスプレゼントなのに半袖ってことは無いでしょう~~~?

村岡花子訳ではこんな描写だ。

つやつやとした、素晴らしい茶色のグロリア絹地! 優美なひだや縁取りのあるスカート、最新流行の型で、ピンタックのしてあるブラウスで、首にはうすいレースの飾りがついている。それよりも袖、素晴らしいのはスリーブだった。長い肘のカフスの上には、茶色の絹のリボンを蝶結びにしたので仕切ってある、二つの大きなふくらみがついていた。

ほら、「長い肘のカフスの上には・・・」という一文があるから絶対半袖ではない。

どんなデザインだったのか、あれこれ調べてみたら、カナダの赤毛のアン記念館にちゃんとそのデザインのドレスが展示してあるというブログがヒットした。

おお、まさにこんな感じ!と、私が想像していたようなドレスだった。(もちろん長袖)
そのまま出すわけにいかないので、いずれイラストにしてアップしようかな、。

・・・・・・。
って、なぜ今頃になって時ならぬアンブームなのか?
NHKの朝のテレビ小説、「花子とアン」の時は読み返したりしなかったのに。今になって急に・・・。

いや、ホント、私のマイブームは突然始まるので、自分でも予測立たない。とりとめなくてすみません(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-26 02:16 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(0)
3月24日、佐倉市の国立歴史民族博物館で開催中の「大ニセモノ博覧会」に行ってきました。

すげーー面白かった!
日本のニセモノ文化、ニセモノの歴史が詳細に語られ、展示物の一つ一つに「教授の一言」がついていて、これがまた面白かった!

展示物のキャプションを面白くする、というのは、ここ数年のはやりだけど、これは単に流行りに乗っただけではなくて、本当に面白いキャプションだったし、学芸員の方たちのしゃれっ気も面白かった。

詳しいことはまたいずれ。

うう、まだ19日のアート弾丸ツアーの話も終わってないのに…。
その1 グエルチーノで息切れ
その2 グエルチーノの時代とマンガブーム
その3 そしてまだまだ続く弾丸ツアー(まだ19日)

赤毛のアンのドレスの話も書きたいのに…。
うちの猫のカワイイ話も書きたいのに…。
美味しくて簡単なケーキのレシピも書きたいのに…。

今日もまた、息切れです。すみません(-人-)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-25 01:59 | アート系 | Trackback | Comments(0)
3月19日は上野の西洋美術館から初台のオペラシティに移動して、スイスデザイン展へ。
b0019674_153755.jpg


中では写真撮影可のものが二つあり、これがその最初の作品。
b0019674_1542723.jpg

入口を入ってすぐのところにあった、スイスの国旗を模したオブジェ。

これを見て、日本のオリンピックのユニフォームを思い出した。
60年代から80年代初頭まで、オリンピックの日本チームのユニフォームはたいてい日の丸の赤と白が使ってあった。さあ、国旗をデザインに取り入れましたよ、赤と白、どうですか、このセンス、いいでしょ? 的な・・・

日本に限らず、アメリカチームもよく星とストライプのデザインのユニフォームを着ているような気がするんだけど、国旗を模したデザインって、なんか難しい…というか、オシャレに見えない。

(あっ、これは国旗をデザインに使ったオリンピックのユニフォームの話ですから! スイスデザイン展そのものはすごく面白くて、カッコよくて、センス良くて、素晴らしかったんですよ!)

あと、こちらは入口入ってすぐの撮影可の作品。
というか、日本の江戸小紋の型紙を使ってデザインしたもの。
これはすごく美しかった~。
b0019674_154444.jpg


スイスのデザインは、全体的にスッキリした形とはっきりくっきりした色使いがオシャレだった。
それでいて木目も美しいし、北欧の家具デザインともつながるようなテイストもあり、樹脂の鮮やかな色づかいもあり、バラエティに富んでいる。

b0019674_244713.jpg
 
このポスターの真ん中あたりにある「折りたたみ椅子」が印象に残っている。
青、赤、オレンジの物体が折り畳み椅子。折りたたむと薄くペタンとした平面になるのに、開くと立体になっているというもの。

この折りたたむという機能を極めたのがアーミーナイフ。このポスターのナイフはそれほどたくさんではないけれど、展示品の中には小さなパーツが20通り以上あるんじゃないかと思うくらい、たくさんついていてぼってりと厚みのあるナイフもあった。
ほかにも農業用とか園芸用とか、用途によっていろんな形のナイフがあり、大量に展示してあるのを見ると、「刃物」は人間にとって、最初の、一番大事な道具だったんだろうなぁ…と思った。刃物に対する工夫のすごさ、改良する貪欲さ、すごい。

あとはこちらのスキー場のポスターがカワイイ。
ニットの手袋がまた懐かしい編み込み模様で、それでスキー場の広告なんて、楽しいポスターになっている。
b0019674_254367.jpg


このほかに、靴もたくさん展示してあって、これがまた、アガサ・クリスティのドラマに出てくるような靴。(という説明でわかるだろうか?)
アールデコっぽいドレスを着た女性の足元を華やかに彩る靴。
いかにも上流階級の貴族の方たちがダンスをするために履くような、そんな靴がずらりと並んでいて、壮観、壮観!

と、私の説明を読むより、スイスデザイン展の公式サイトの、こちらのページを見るほうが、よくわかると思う。
展示会場が順番通りに画像で紹介されていて、ここまで丁寧に紹介してある展覧会のサイトって、ほかにあんまり見たことない。
(靴はこのサイトの写真にも出てこないので、実際見たほうがいいと思います)

3月29日までなので、見に行く人はお早めに!
会館時間 11時~17時 金、土は20時まで。(最終入場は閉館の30分前まで)
入場料 一般1200円 大・高校生 1000円 中学生以下無料 です。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-24 00:04 | アート系 | Trackback | Comments(0)
グエルチーノに限らないのだけど、ルネサンス以降のヨーロッパには、天才画家が、綺羅、星のごとく存在している。とにかく、あの国にもこの国にも、天才画家がたくさんいる。
b0019674_1455529.jpg

(西洋美術館、常設展での展示作品あれこれ)
b0019674_1472096.jpg

(こちらも常設展での作品あれこれ)

なんでこんなにたくさんの天才がヨーロッパ全土から出てくるんだろう? という話をしていたら、「パトロンが多かったからな」と、夫。

有名どころではメディチ家。
銀行家、政治家として、莫大な資産を持っていたメディチ家は、ルネサンス期のイタリア・フィレンツェに君臨し、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ヴァザーリなどの画家たちのパトロンとして、彼らを支援していた。

ほかの国でも王侯貴族たちが、自分たちの権威や富の象徴として美術品を飾ることが多く、そのため、作家に作品を作らせるという、結果的に芸術家たちを支援していた。いい時代だなあ・・・

「金が集まるところに天才は集まるからな」

「そうだよね! 日本のマンガが70年代~80年代にものすごく発展したのは、その頃は雑誌が売れて、漫画という文化にお金がどんどん入ってきたし! 天才、集まるよね!」

その前の60年代は、映画に多くの人材(人財、と言ってもいい)が集まっていた。日本ではその時代、映画最盛期で、多くの映画が撮られていた。日本人の最大の娯楽でもあった。そんな時代だから、映画をやりたい人がどんどん映画の世界に入ってくる。流入する人材が多ければ多いほど、山の裾野が広ければ広いほど、山は高くなる。つまり天才も輩出してくる、というわけ。

そして、日本ではそれ以前からマンガの分野にいた天才たちが、60年代から徐々に売れ始めていた。それまでもいい作品をどんどん書いていたけれど、売れる、儲かる、と言う時代になったのは60年代くらいからかな。雑誌も多く創刊されたし。

そして、70年代に漫画に人材が集まってきたのは、マンガというジャンルがすごく面白くて、それだけ流入してくる人材がどんどん増えてきたこともあるし、それプラス、やはりマンガが儲かっていたから。

雑誌を買ってくれる読者が多かった。つまり、読者の一人一人が漫画家のパトロンになっていたのだ。

一人の人間が億単位のお金を出して芸術家を支えるのではなくて、極端に大勢の人間が雑誌代という数百円を支払って、作家を支えてくれたのだ。
いい時代だなあ。本当にいい時代だった・・・。私ですら、その多くの読者のパトロネージュにより、漫画家生活が成り立っていたわけだから・・・。
(私の単行本を買う人は少なかったけれど、雑誌を買うこと(ほかの作家目当てだけど)ことによって、私にも原稿料が入ってきた、というわけ)

作家とパトロンのいい関係が中世ヨーロッパの芸術ムーブメントにあり、それと同じものがと70年代日本のマンガブームにも!

な~んてね、ちょっと(いや、かなり)こじつけてますが、雑誌が売れないこの時代、グエルチーノの時代の作家の名前をあれこれ見ていて、こんなことを思ったのでした。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-23 01:49 | アート系 | Trackback | Comments(0)

グエルチーノ展で息切れ

3月19日、友だちのajiさんと美術弾丸ツアーへ。

まずは上野の国立西洋美術館で開催中のグエルチーノ展へ。
b0019674_23243147.jpg

グエルチーノ、本名はジョヴァンニ・フランチェスコ・バルビエーリ。ステキな本名があるのに、なぜグエルチーノかと言うと、、、
グエルチーノの肉体的特徴を表しているニックネームだとか。
現代ではそういうニックネームを付けるのはいかがな物か、と言われそうな意味なんだけど、16世紀はそれで通っちゃったんだね…。
b0019674_0154039.jpg

これが自画像。その特徴はこの自画像ではわからないけれど。

さて、グエルチーノはイタリアのチェントという村で生まれたバロックの画家。
ものすごい速描きで有名だったとか。

グエルチーノは弟さんが経理とかやってくれてたんだって。
でも、弟が先に亡くなり、その後は自分で経理をやった、、、という展示の説明を読んだとき、「これはきっと杜撰な経理、どんぶり勘定になったに違いない!」と決めつけてしまった。

だって、芸術家ってお金の計算が苦手な人多いし。

ところが!グエルチーノ、自分でもきっちり帳簿を付けていて、きちんとお金を清算し、結構な財を成したそうです。

絵の金額を決めるのもきっちりルールがあって、人物一人を描くのにいくら、上半身のみだといくら、全身像だといくら、と決めてあったそうです。しかも速描きだし!

なるほど、これはイイネ!

・・・・・と、ホントは、グエルチーノの時代と、日本のマンガブームの共通項を書こうと思ってたんだけど、話題があっちこっちに飛んでしまって、それはまた明日。

しかし、3月19日はこのほかにも常設展も見て、スイスデザイン展、キッズルーム(友達のギャラリーでやってる「子供も一緒に見られる展覧会」)にも行き、その話も書きたかったのに、息切れです。
翌20日には岡崎京子展、ペタコさんのイベントにも、、、

ちょっと息を整えて、また書きます。
よろしく~。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-03-22 00:11 | アート系 | Trackback | Comments(0)