「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2015年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

SJWP(Sストックホルム・Jジュニア・Wウォーター・Pプライズ)の日本予選を勝ち抜いた都立多摩科学技術高等学校。小金井市にあります。

小金井は、黄金井と書くこともあるくらい、黄金に値する豊かな水が湧くことに由来する地名だそうです。黄金井の湧水は武蔵野段丘の崖のくぼみから湧き出ていて、これを「ハケ」と呼びます。

ハケと呼ばれる水は酸性雨を中和してくれます。じゃあ、アルカリ性なのね、と単純に思うところですが、そうそう簡単に話は進みません。多摩科学高校科学部のメンバーは、地層や水質を調査し、なにが酸性雨を緩衝させるのか、仮説を立て、研究してきました。

その地道な研究が実を結び、SJWPの日本予選を勝ち抜いてファイナリストになったのです。

8月22日、世界中から、水に関するさまざまな研究をしているファイナリストたちがストックホルムに集まりました。
そして23日は自分たちの研究を国際審査員の方々にプレゼンをする日です。出場国が多いので、このプレゼンは二日にわたります。(これは初日の23日。アルファベット順に分けてあります)
b0019674_19464489.jpg

その審査をするのがこの国際審査員の方々。世界各国から集まった精鋭たちです。
b0019674_19413591.jpg

左から4人目の背の高い男性が日本のS教授。日本からは二人目の国際審査員です。ここしばらくアジアからは出ていませんでした。

今年のファイナリストの中で、強敵はアメリカ。
重金属で汚染された水を、ナノチューブを使って浄化するというもので、そのナノチューブも自分で作った、という手ごわい高校生です。高校生なのに、たくさんの大学にメールを出し、共同研究をしてもらったり、素晴らしい研究でした。

日本の研究も、高校生たちが頑張って英語で受け答えして、観客や審査員の評価もどんどん上がっていったようです。
b0019674_19564646.jpg

23日、私は着物で応援に行きました。
これがいいのか悪いのか、悪目立ちというか、、、、ものすごい人気で、写真撮らせてくださいと何人にも声をかけられました。
そして、日本の高校生たちに描いてあげた似顔絵を見た、ほかのファイナリストたちや、スタッフの人たちからも似顔絵を描いてと頼まれ…。
b0019674_195909.jpg

結局、20人くらいに描いてあげたのですが、みんな大喜びしてくれました。それはそれでいいけど、、、主役の高校生たちはどうなるのよ、、、という突込みの矢が全方向から飛んでくるような…。
まあ、雰囲気がよくなってリラックスできた、かもしれません。

二日にわたる激闘の審査が終わり、25日はヴィクトリア王女主催の晩餐会。この晩餐会のときに、グランプリと準グランプリの発表があります。
会場はノーベル賞受賞者が泊まるホテル、グランドホテル。
b0019674_204268.jpg

ホテルの重厚な階段を上がって二階へ行くと、そこではシャンパンが振舞われ(ファイナリストたちにはノンアルコールのもの)、各国のジャーナリストやオーガナイザーたちが集まって談笑していました。
b0019674_20191658.jpg

日本チームもほかの国のファイナリストたちと楽しく写真を撮って談笑中。やはり着物は人気ですね。

そして、いよいよ階下の晩餐会会場へ。
b0019674_2021593.jpg

私たち日本の指導教授や事務局の人は19番のテーブル。大使館の方もお見えになっていました。
ヴィクトリア王女がおつきになったとき、みんな起立してお出迎え。写真を撮っている人がたくさんいましたが、私の席から出は撮れなかった…。
テーブルにつき、様々なアトラクションもあり、美味しい食事も楽しみながら発表を待ちます。
b0019674_202338100.jpg

そして、いよいよ、、、準グランプリの発表。

・・・・手に汗握り、ジャパンという声が聞こえないかドキドキしながら待ちました。

しかし、聞こえてきたのは「チリ!」
b0019674_20253196.jpg

南極圏の菌類が農業の水効率を上げる、という研究でした。ロメインレタスを使って、少ない水で生産性を上げるための研究です。ヴィクトリア王女から賞を手渡され、緊張するチリの高校生たち。

そして、、、、グランプリは、

「アメリカ!」という声が聞こえると、私と同じテーブルに座っていたアメリカのオーガナイザー(事務局の人)が、立ち上がり、歓声を上げました。
b0019674_2041116.jpg

ヴィクトリア王女の横に立っているのがPerry Alagappan君。おじいさんの代にインドからアメリカへわたってきたのだそうです。ワールドワイドな研究になったのは、そういう背景もあったのかもしれません。

グランプリを逃して、気落ちしてしまいましたが、、、
それでもまた来年がある。

日本の高校生たち、この世界のひのき舞台に立ってみたいとは思いませんか!? SJWPは、世界中から水の研究をしている若い科学者が集まり、研究発表をし、評価をもらう場です。

スウェーデン王室も、SIWI(スウェーデン・インターナショナル・ウォーター・インスティチュート)も、各国の水関連・環境関連のコンテスト関係者も、もちろん日本水大賞の関係者も、大人たちが真剣に取り組んでいるこのSJWP。ここで自分の研究を発表して、世界一になってみませんか!?

日本はかつてグランプリと準グランプリを受賞しているのですから夢物語ではありません。

今、これを読んでいる日本の高校生たち、学校関係者の方々、ぜひ、来年のSJWPの予選に応募してください。今年の雪辱戦は、今から始まっています!

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-26 19:19 | 水大賞 | Trackback | Comments(8)
現地時間の21日夜にストックホルムへ到着し、一夜明けた22日。

SJWP(ストックホルム青少年水大賞)の日本予選を勝ち抜いた都立多摩科学高等学校科学班の三人は、自分たちのやってきた研究と実験結果をポスターやカードにまとめ、ストックホルムへ持ってきています。SJWPで、その研究成果を発表する本番は23日、この日(22日)は、最後の練習の日です。

ホテルの部屋の中で、本番さながらに練習をしますが、これがすべて英語!
b0019674_7105521.jpg

実は、過去に日本から出場した高校生たちは、すべて通訳をつけて発表していたのだそうです。でも、世界中から来る高校生たちは、英語圏ではない国から来る子たちも、全員英語でプレゼンしていて、日本だけが通訳をつけていたのです。
英語圏以外の国から来る場合は通訳をつけてもいい、という規約があるので、通訳付きでいいんだけど、やっぱり英語で直接発表するほうがインパクトがあります。

というわけで、今年は、自分たちで英語でプレゼンできるよう、指導教授も、事務局も、そして本人たちもすごく頑張って、英語で発表できるまでになったのです。

この日、午前中はずっと練習です。最初の練習では、みんなかなり緊張して、英語をしゃべることに対する気後れもあるようでした。苦手意識が先に立っちゃうんですね…
しかし、指導教授が本番のように質問をぶつけ、それに答える、という練習を数回繰り返しましたが、その数回の間に、高校生たち、英語が上達していくんです!そして、声も態度も、どんどんよくなっていくんです!
b0019674_73547.jpg

午後は、高校生たちはSJWP(ストックホルム青少年水大賞)の指定のホテルへ移動。
b0019674_8122067.jpg

白いポロシャツの女性たちが、SIWIのスタッフです。
SIWIとは、ストックホルム・インターナショナル・ウォーター・インスティチュートの頭文字で、このSIWIが、ウォーターウィークのモロモロを取り仕切っているのです。
(ウォーターウィークというのは、毎年夏にストックホルムで水関係の会議やコンテストが一斉に開催される一週間。この期間中に、SJWP〈ストックホルム青少年水大賞〉も開催されるわけです)

世界各国からSJWPに出場するために集まった高校生たちは、全員が指定のホテルに泊まります。その際、同じ国の子が同じ部屋に固まるのではなく、一部屋に2~3人ずつ、各国取り混ぜてバラバラの編成にして宿泊するのだそうです。これはどうやっても外国の友達ができる! はず!!

でも、日本人はやっぱりシャイなので、なかなか話しかけられない…
というわけで、私が彼らのIDカードに似顔絵を描くことにしました。会話のきっかけになるかもしれないし。
なかなかいい感じにできた似顔絵ですが、これがのちにとんでもないことに発展するとは、その時は知る由もなかったのでした…。

さて、この日はホテルを移動したあと、午後は市内観光。高校生たちも一緒に、市内を回りました。
b0019674_75222100.jpg

ストックホルムに何度も来ている事務局のOさんお勧めのスープ屋さんで遅めの昼食。スープに入っている白っぽい物はマヨネーズです。私はサラダにしましたが、量が多くてね…。飛行機に乗ってからずっと食べっぱなしです…。夜もまたすごい量の食事でですね…。写真もあるけどこれはまた別カテゴリで書きます。

翌、23日。
プレゼン会場の前で、出場者たちの記念撮影。
b0019674_845797.jpg

後ろのテントの中で、各国の高校生たちが自分たちのやってきた実験・研究を発表します。
b0019674_8272821.jpg

日本の高校生たちの活躍はまた明日! お楽しみに!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-24 19:02 | 水大賞 | Trackback | Comments(4)
SJWP(ストックホルム青少年水大賞)に出場するチームと私は、成田⇒フランクフル(12時間)(+乗り換え待ち時間1時間半)ト⇒ストックホルム(2時間)のフライト、タクシーで市内へ、そしてホテルヘルステンへ、ようやくたどり着きました。(古風な、こじんまりしたホテルです)

先に来ていた国際審査員のS教授も合流して、晩御飯を食べにいくことになりました。
b0019674_6442390.jpg

ホテルの目の前にあるレストランで、みんなぐったりしつつ、食事となりました。
b0019674_6511630.jpg

いや~、一食分が多い! 私はシーザーサラダのチキンを頼みました。Nさんはシーザーサラダのエビ。そして、エビのサンドイッチを頼んだA君、エビがあまりにも多くて、食べるのが大変そうでしたよ。

食事のあとは近所へ、水とかモロモロの買い物。
b0019674_6542961.jpg

買い物も終わってホテルへ戻るとき、ゴミ箱マニアの私は、当然ゴミ箱の写真を撮りました。ええ、撮りましたとも!
b0019674_6554145.jpg

ゴミの分別はこんな感じ。
b0019674_6561724.jpg

スウェーデン語の表示だけど、なんとなく読めますね。プラスチックの容器、雑誌・新聞、紙、金属、透明ガラス瓶、色付きガラス瓶、とか。

この日は疲れて、みんなぐったり。明日、高校生チームは、明後日のプレゼンに向けて練習の日です。
この練習から見せてもらいましたが、、、、、
いや、詳細はまた明日。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-24 07:00 | 水大賞 | Trackback | Comments(0)
2015年8月21日、SJWP(ストックホルム・ジュニア・ウォーター・プライズ)に出場する都立多摩科学高等学校の生徒さんたちと、成田からストックホルムへ向けて出発しました。
b0019674_14244812.jpg

Nさん、M君、A君の高校生3人と、指導教授のY先生、事務局のOさん、それから高校での指導のM先生の6名が正式日本チーム。(指導の先生が写ってなかった!あとで撮らねば!)
私はおまけでついていくだけですが、高校生たちの気持ちをアップさせてくださいね、と頼まれて、責任重大…。

しかし、この高校生たち、本当にしっかりしていて、敬語もちゃんと使えるし、浮ついたところもなく大人っぽいのでびっくり。それでいて若々しいはつらつとしたところもあって、さすが、SJWPの日本予選を勝ち抜いた子たちは違うな、と思いました。

SJWPの日本予選で優勝した彼らは、これからストックホルムで世界の高校生たちを相手に戦います。
戦うと言っても、自分たちのやってきた研究を、審査員の前でプレゼンして、評価をもらうわけですが、これをすべて英語でやらねばなりません。

6月に大賞を受賞してから2か月、論文を英文にし、プレゼン用のポスターを作り、英語の特訓を受けてきた彼ら。
彼らの戦いを私は応援するために行くのです!

なんて、意気込んでいますが、、、前夜から徹夜で飛行機に乗り込むわけで、ですね・・・・・。体調に不安を覚えながらも、なんとか長いフライトを乗り切りました。
成田を午前9時55分出発、フランクフルトまで、まず12時間。
ようやく着いたフランクフルト空港。生徒たちは元気です。
b0019674_14421663.jpg

そこからさらにストックホルムまで2時間。
ようやく到着しました。
b0019674_1443848.jpg

この明るさが夜の8時くらいまで続きます。
さて、今日はこのくらいで。
続きはまたあとで書き込みましょう。こちらにいる間にこまめにアップしておかないと、かえってからはバタバタ忙しくて絶対書かないので、頑張って書き込みます、、、できるといいな…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-22 14:49 | 水大賞 | Trackback | Comments(0)
ストックホルム行の前に、着物を出して練習しました。
着付けの練習の前に、何が必要かというと、うちの場合は床のぞうきん掛けです。着物を着るときって、床に着物が付くし、帯も床につくし、床が埃だらけだと着物が汚れますからね。

しかし、雑巾がけなんて、いったい何年ぶりでしょうか…。いつも、出がらしのお茶で湿らせた新聞紙(お茶ガラの代わり)をまいて、ほうきで掃くと、かなりホコリが取れるから、雑巾がけ必要無し! と思ってたけど、借り物の超豪華な着物を広げるには、そういう手抜きじゃダメだし。

というわけで、着付けの前に数年ぶりの雑巾がけ。疲れた…。汗びっしょり…。でも久しぶりに家がすっきり! (ぬれ新聞紙で掃くのもいいけど、やっぱ雑巾がけ最強かもしれない)

家はすっきりしたけど、私の心は全然すっきりしてません。
ストックホルムの気候は、最高気温が22℃、最低気温は9℃の日もあるみたいで、服装計画が大変!! もう明日には出発なのにまだ荷物詰めてないし、行く前にあげようと思っていた仕事もまだ終わってない! ブログ書くより仕事しろ、って。

あと少し残っている仕事を、さっさと終わらせて、明日は晴れやかな気持ちで出かけたいです。
が、がんばれ、私…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-20 17:37 | キモノ | Trackback | Comments(4)

海外、着物で街歩き

ストックホルム青少年水大賞の応援としてストックホルムへ行くのですが、正式な晩餐会の時はいい着物を借りたのでそれを着ます。
が、ほかの時、街歩きのときはカジュアルな着物を着ようと思います。

こ、こんなの、、、どうでっか。
b0019674_2361871.jpg

半襟は髑髏模様のスカーフ、帯も髑髏模様、帯揚げと帯締めは黒。ついでに足袋もレースの黒。
b0019674_237415.jpg

襦袢も髑髏模様です。見えないところに凝るのは日本の美意識!

同じ着物だけど、半襟を変えて、カワイイ感じにもなります。
薔薇の半襟と、薔薇の模様の半幅帯。
b0019674_2384033.jpg

薔薇の帯は、花びらみたいに結んであります。もちろん、後ろに回します。
このバラの半襟は、ペタコさん作。超お気に入りです。バラの半襟に合わせて、襦袢の袖もバラ模様にしました。カフェカーテンで作ったウソツキの袖です。
b0019674_239533.jpg

写真を見てお分かりのように、私は半襟を細く筒状に縫っています。
これは、中に襟芯を入れ、細い紐を安全ピンで取りつけて使います。
こんな感じに。
b0019674_23271692.jpg

いわゆる美容襟の、もっと簡易版です。これで面倒な半襟を縫い付ける手間がいりません。詳しくはは簡単半襟を見てください。
袖もウソツキなので、襦袢を着なくて大丈夫(裾除けだけつける)。着物の下に着たTシャツにウソツキの袖をつければOK。

この二種類だけでもいいんだけど、、、
トランプ柄の半襟と、小鳥と葉っぱが刺繍してある帯もいいな~。
b0019674_23125315.jpg

街歩きにはこういうカジュアルな着物がいいかな。髑髏は日本では再生の象徴として縁起のいい模様なんです、と説明してこなければ。

ものすごく素晴らしいいい着物を借りて、それを着るのは、それはそれで気持ちが浮き立つけど、肩の凝らない着物もまたいいですね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-18 23:28 | キモノ | Trackback | Comments(0)
8月21日から、ストックホルムで開催される「ストックホルム青少年水大賞」に出席する高校生たちの応援に行ってきます。
日本の高校生たちが自分たちの研究成果を発表する会場にも着物で行こうかな、と考えています。

これはドレスコードは何もないので、紬とか木綿の無地の着物でOK。でも洋服よりちょっと気が重いのは、洋服だとどんだけ動いても歩いても、どれくらい疲れるか、移動にかかる時間とか、大体の予測が立つのに、海外で着物だと、どれだけ歩くか、どれだけ疲れるかがちょっとわからないのが難点。

それから日にちによっては、そのあとパーティが・・・。立食のカジュアルなパーティと、フォーマルな着席のパーティと、いくつかあります。

紬(または木綿の色無地)を着て出かけた日、またホテルに戻って着替える時間があるかどうか…。
そういうスケジュール調整もしないといけないので、うーむ、、、と頭を悩ませているところです。

あと数日で出発ですが、思い切って、行き帰りの飛行機だけ洋服で、あとは全部着物にするか、、、、いやいや、着物は式典だけにするか、、、うーむ。

それにしても男性はスーツさえ着てネクタイしてればなんとかなるので便利ですよね。
私の場合、洋服の外出着はチノパンとカットソーとか、ジーンズにチュニック、というレベルのふだん着しかもってなくて、スーツ持ってないんですよ。スーツ持ってればそれ着て発表会場に行くのにな…。(いえ、ね、昔持ってたけどサイズが合わなくなってですね…、服のほうが縮んだんだと思います、はい。)

私の持っている「着る物」は、寝間着(ジャージとよれよれTシャツ)、チノパン、ジーンズ、チュニック、カットソー、ややきれいめのTシャツ、という、ものすごくカジュアルな「普段着」と、あとは着物しかないんです…。

ホント、ちょっとしたところに出席できるスーツがあればね、、、悩まなくて済むんだけど。
高校生たちの発表会場に行くのにカットソーとかチュニックでいいかなあ。オシャレなら何でもいい、とは思うけど、どう見てもオシャレに見えないから困ってるんです。一応、これならまあまあかな、と思う服も無くはない、んだけどね...。着物のほうが受けるだろうし、、、、

でも、どんだけ疲れるかわからないし、、、、。な、悩む…
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-17 01:07 | キモノ | Trackback | Comments(0)

和風髪飾り

着物に合う髪形を、自分で作ってみたら、かなりの反響がありました。
見た目は凝っているけど、実は簡単、という髪形なので、実際にやってみた方からも「うまくできました!」というメッセージなどいただいています。

生来のデブ症、、、いや、出不精なので、美容院まで出かけて頭をやってもらうことがとにかく面倒臭い私は、出かけなくていいよう、頭も自分でやる、ということをまず考えます。
着付けを覚えたのも、ネットで自宅で一人で練習して覚えたんだけど、これは着付け教室に出かけるのが面倒だったから。それに、一人で着られればお金もかからないし。

うーむ、デブ症、、、いや出不精だけでなく、ただのケチの成せる技か…。

明日、ちょっと着物でお出かけするので、予行演習としてあの髪形で出かける予定です。ちょいと地味なので、櫛をつけてみました。プラスチックなので、実際の晩餐会にはつけないかも。
b0019674_16245131.jpg

金色の桜の花がなかなかいいんだけど、チョイ派手。若好みです。
反対側はこういう模様。
b0019674_16261943.jpg

こっちのほうが地味で、粋かも。

チョイとつけてみました。
b0019674_16285036.jpg
b0019674_16285935.jpg

笹の葉のほうが地味だけど、粋ですよね。
地味なササを表にして、派手な桜を裏にしようっと。

日本のデザインって、地味な羽織だけど裏地が派手とか、着物は地味~だけど、襦袢が派手とか、そういうのって多いですよね。侘び寂び、ってやつ?(若いコの着物はまた別だけど)

プラスチックの櫛だけど、晩餐会につけていって、こういう話を隣に座った人にしてみようかなぁ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-14 17:00 | キモノ | Trackback | Comments(0)
たまたまつけたテレビで、高校球児のオコエ瑠偉君の話が出ていました。
ものすごい俊足、肩も強い、打撃も強く、チームを勝利に導いたということで、朝のニュース番組ではどこもオコエ選手の話題で盛り上がってました。

で、彼のプライベートも紹介していて、なんと、彼はボウリングが得意なんだそうです。220点は出すそうですよ。

しかも、カラオケもうまく、EXILEを熱唱すると!

こ、これは!!

2020年のオリンピックの公式種目にボウリングとカラオケを組み合わせた「ボウカラ」を入れてはどうか、と提唱してみましたが、ボウカラに野球も入れて
ヤボウカラはどうですかっ!?

野球は3イニングくらいにしておいて、次はボウリング! そしてカラオケでは後半の点数が1.5倍。逆転に次ぐ逆転で、勝敗の行方はまったくわからない! これは面白い!! はず!!!

オコエ選手も2020年までにボイストレーニングも受けておけば、高得点は確実!

野球って、ヨーロッパでは人気が無くて、オリンピック競技から外されたこともあるし、ヤボウカラにすれば毎回の正式種目になるのは間違い無し! 

……な~んてね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-12 08:43 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

着物に合う髪の作り方

昨日紹介した自分で作るアップの髪型、これがすごく簡単で、慣れると5分くらいで出来ます。凝ったように見えるけど、実は簡単。

作り方、ご紹介しますね。
b0019674_124421.jpg

そもそも、この髪形、NHKの番組で、忙しい朝、簡単にできる髪形、というのを紹介していて、それが1~3だったんです。
両サイドの髪を一房取って、後ろで結び、結び目の中に房をくぐらせるとオシャレですよ、と。

それを見て、たらした髪をその結び目の中に入れたらアップになるなー、と思ってやり始めたのがこれです。

きれいに作るには、Uピンを使って留めることと、ソフトタイプのデップローションやジェルをつけるとバッチリ決まります。
b0019674_181233.jpg


さあ、襟足を剃るべき、と、姉のアドバイスもあるので、剃ることにしよう。でも、伸びかけの状態がちくちくするとイヤなので、一回剃るとずっと剃り続けないといけないかも。

まあ、晩餐会までは剃りますかね…。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-08-11 01:10 | キモノ | Trackback | Comments(0)