漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石けんの講演で、「部屋干しのニオイが気になる人はいませんか?」と聞くと、これには手をあげない人でも、「お風呂上りにバスタオルを使うと、濡れたバスタオルがちょっと臭うことはありませんか?」と聞くと、手をあげる人が増えます。

または、「洗濯したての衣類を着たときはわからないけれど、ちょっと汗をかいて衣類がぬれると嫌なニオイがする、という経験のある人はいませんか?」と聞くと、これもまた多くの人が手をあげます。

さらに、「夏の終わりに白い衣類を洗濯して箪笥にしまい、翌年の夏に出してみると、洗ったはずなのに黄色い染みが出来ていた、という経験のあるかたは?」と聞くと、これもまた多くの人が手をあげます。

これらはすべて「落ち切れなかった皮脂汚れ」が原因です。

もうずいぶん前になりますが、ある合成洗剤のCMで、「部屋干しするとニオイませんか? それは落ち切れなかった皮脂汚れにバクテリアが繁殖して臭うのです」というフレーズがありました。
私はこのCMを見たとき、ものすごく驚きました。

だって、この合成洗剤メーカーは、皮脂汚れを落とせない、ということを認めているんですよ!? そんな正直な合成洗剤メーカーがあるなんて!! と、この話、いろんなところで書いたり話したりしました。
すると、そのCM、すぐに終わってしまいました…。

そして、そのあとは「部屋干しのニオイはニオイ菌のせいです」とか、「ニオイ菌を除菌しましょう」といったCMがどんどん出てきたのです。

ニオイ菌を除菌と言っても、菌やバクテリアなんて空気中にいくらでもいます。洗濯槽の中だけ除菌しても他所からいくらでも飛んできます。

だったら、バクテリアを除菌するよりも、皮脂汚れを落としたほうが手っ取り早いと思いませんか? 

実際、私の家では、せっけんを使って汚れをしっかり落としているので、部屋干しのニオイなんて嗅いだことがありません。家じゅうバクテリアなんてたくさんいるはずですが、汚れが落ちていれば臭いません。脱水機の中で丸々二日くらい入れっぱなしにしたこともありましたが、その時もニオイませんでした。汚れが落ちていれば菌も繁殖するためのエサがないのでね。

それから、バスタオルも、何日使っても臭くなりません。汚れがしっかり落ちていれば、風呂上りのきれいな身体を拭いたくらいの水分ではニオイません。

15年くらい前に、ある新聞で家政学の教授が「日本では汚れていない物まで洗われていて、その代表がバスタオルである」というようなコラムを書いていました。私もまったく同感です。お風呂から上がってきれいな体についた水滴を拭いただけのバスタオルを、すぐ洗濯するのは、汚れていない物を洗うことになって、もったいないと思うのです。

それを私も自分が連載している新聞のコラムで書きました。そうすると、すぐに反論のお手紙をいただきました。

「毎日洗い立てのバスタオルを使うのは庶民のささやかなぜいたくです。バスタオルを毎日洗うことに目くじら立てる人がいる、ということが信じられない、そんなことに文句を言うなんてどうかしている」というような内容でした。(文言は丁寧でしたが)

私はその手紙を見て、「バスタオルを何度か続けて使うことがそれほどイヤなことなのだろうか???」と、ものすごく不思議に思ったものです。

しかし、あるとき、夫の実家でバスタオルを使ったとき、あの手紙を書いた方の気持ちがわかりました。

湿ったバスタオルから、イヤ~~~~なニオイがモワ~~~~~ッと出てきたのです!!

うわ、これは毎日洗いたくなるわ!! これを数日使うなんて、私もいやだわ!! 
そう思いました。(当時、夫の実家では全自動洗濯機で合成洗剤をサッポイピッ方式で使っていました)
(サッポイピッとは、洗濯機に衣類をサッと入れ、洗剤をポイと入れ、スイッチをピッと押す洗濯法)

うちのタオルは何日使っても臭くならなかったので、濡れると臭くなるタオルがある、ということを知らなかったのです。

落ち切れなかった皮脂汚れをしっかり落とすには、まず、石けんでも合成洗剤でも、よ~~~~~~~~~~~~~~~く溶かすことが基本。衣類を入れない洗濯機に水を溜め、洗剤を入れて15分撹拌。しっかり溶かしてから衣類を入れる。これだけです)

この手間をかけることで、プレケア(襟や袖に洗剤を塗りつけたり、靴下のもみ洗いをするなど)をしなくても汚れが落ちます。さらに、部屋干しのニオイも無くなるし、バスタオルも臭くならないし、そして半年間しまいこんだ白い衣類に出てくる黄色い染みも無くなります。あれは 落ち切れなかった皮脂汚れが半年の間に酸化して黄色くなって浮き出てきたもの、です。合成洗剤の場合は蛍光剤が衣類を白く染めているので白くなったような気がしますが、実は汚れが落ちていなくて、それが浮き出てくるわけですね。

洗濯をしていると、部屋干しのニオイに気が付かなくても、いろんなところで小さなトラブルがあるはずです。でも、みんな「衣類ってそういうものだ」「タオルってそういうものだ」と思いこまされているのではないでしょうか? ぬれたタオルが臭うのは仕方がない、そういうものだから。とか。汗をかくとTシャツのわきのあたりが臭うのは、自分が臭いからだ、とか。

そんなことないんですよ。一度きっちり汚れをおとしてみてください。15分撹拌して石けんや合成洗剤をよ~~~~~~~く溶かすだけです。嫌なニオイがしなくなるのできっと驚くと思います。

合成洗剤メーカーも、除菌洗剤を作るより、「ちゃんと溶かせばニオイしなくなりますよ」というCMを打ってほしいです。その方が確実なんですけど、、、ねえ。どうしても消費者に手間をかけさせたくない、という思いがあるのでしょうね。その思いやりが逆に消費者に別の手間をかけさせている、ということに気付いてほしいです。(部屋干しのニオイをごまかすために強い香りの柔軟剤を使わねばならないとか、襟や袖や靴下の汚れを落とすためにプレケアをしなければならないとか。先に溶かすことで衣類はふんわりして柔軟剤要らず、プレケア洗剤要らずだし!)









はっ!! よ~~~く溶かすことで洗浄力が上がると、柔軟剤やプレケア洗剤が売れなくなる!! 大打撃!? そうか、そういうことか!!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-30 15:20 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
11月28日はつくば市で石けんの講演でした。

石けんがどれだけ洗浄力があるのか、どういうふうに使えば洗浄力がキチンと発揮できるのかなど、石けんの正しい使い方を2時間たっぷり話しました。
講演の前に、主催者に用意していただいた汚れた換気扇カバーを石けん液に浸け置きしてみました。
それが、、、20分くらいでこんなにきれいになってまして。全然こすらず、ただ浸け置きしただけ。
b0019674_22314314.jpg

もちろんビフォーアフターを見せるためにわざと半分だけ浸け置きしたのですが、普通のご家庭なら全部浸け込めば手間いらずでスッキリきれいになります。たわしやブラシでこすれば、新品同様になりますからね!

換気扇洗いだけでなく、洗濯の仕方もいろいろ話しました。とにかく、石けんをよ~~~~~~~~~~~~~~~~く溶かすこと、これが一番大事なことで、洗濯機を15分撹拌してから洗うこと、排水の直前まで泡が残っている状態であること、これが出来ていれば完璧。

これと、あとは温度。もし、よ~~く撹拌しているにも関わらず何らかのトラブルが出たのであれば、お湯を使うことでたいていは解決します。(炭酸塩入りの粉石けんの場合。無添加石けんや液体石けんの場合は石けん不足も考えられます)

というような話をして、終わったあとには「うちに帰ってすぐ洗濯したくなりました!」とか、「今までうまく行かなくて合成洗剤に変えたんですけど、石けんの使い方間違ってました! ちゃんとやってみます!」という言葉をいただき、とても嬉しくなりました。

とにかく、ちゃんと使えば石けんは衣類をきれいに真っ白にしてくれますから!

2015年3月、うちに石けんの取材が来て、衣類を洗ったときの写真も出しておきましょう。黄ばんだ衣類を持ってきてもらい、うちの洗濯機(二槽式)で粉石けんで洗ったものです。
まずはビフォー。
b0019674_1253569.jpg

写真ではよくわからないかもしれませんが、全体に黄ばんだワイシャツです。襟もちょっと汚れが蓄積しています。
これが粉石けんで洗うと…
b0019674_2381629.jpg

襟も袖も真っ白!!
靴下も白くなっています!
長袖Tシャツも白くなっていましたが、これはかなりの年季もので、ちょいと手ごわい相手でした。でも、これも煮洗いすれば真っ白になったでしょうね。
取材の日はそこまでする時間がなかったのと、持ってきてくださった方が「ここまできれいになったら、これ以上はいいです」とおっしゃっていたのでやりませんでした。(もう小さくなっていて、着る人がいない服だったそうです)

ワイシャツも、ちゃんと洗えば真っ白になります。
でも、それを信じない方もいます。
ご主人のワイシャツを石けんで洗って黄ばませて、ご主人から「俺のワイシャツは絶対石けんで洗うな!」という石けん禁止令が出た、という家も多いと思います。うちがそうでしたから。(うちの場合は白いTシャツ。ワイシャツはまず着ないので)

石けんは間違った使い方をすると、白いものが黄ばんだり黒ずんだり、油臭くなったりと、失敗がすぐにわかります。それは確実に失敗なんです。でも、「石けんとはそういうものだ」と思いこんでいるかたには「失敗」だとは思えず、「やっぱり石けんって黄ばむのよね~」「石けんって汚れ落ち悪いのよね~」という感覚になるだけなのでしょう。
そんなことはありません!
ちゃんと使うと真っ白になりますから!ワイシャツも、白いTシャツも、白いワンピースも、白いパジャマも、全部白くなりますからね!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-29 23:24 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
文化放送のキャンサーカフェ~みんなでがんを考えよう~という番組に出演します!
毎週日曜、朝8時~8時半の番組です。

私の出演する日は、12月6日と13日です。日曜の朝8時からの番組なので、ゆっくり寝ている方も多いかと思いますが、よかったらぜひ聞いてください。

私は1997年に子宮がんの手術を受けています。
もう18年経ったんですねえ…

がんとの向き合い方、どうやって情報収集するか、いろんなことをお話します。
よろしくお願いいたします!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-28 00:13 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

二人展、イラスト部門

赤星たみこと新野啓一の作品展は、新野の人形と靴、そして私の作る小物などがメインの出品物でしたが、私の描いたイラストもありました。

フォトショップで描く水彩画風のイラストも、プリントアウトして額装したら、プリントアウトに見えないと言われて、ちょっとニンマリ。嬉しいなあ。いかにもPCで描きました、という絵ではなく、手描きに見えるように描くことに苦心したので。

それとは別に、まったくの手描きイラストも。

これは、2013年6月に町田市立国際版画美術館で開催されていた「空想の建築―ピラネージから野又穫へ―」を見に行って、ものすごく触発されて描いた絵です。

ちょっとこれを見てください。グーグルで「空想建築」と検索すると、なんと野又穫さんやピラネージと言った錚々たる芸術家の絵に混じって、私のイラストが出てくるんです!
b0019674_0495339.jpg

いや、そういうタイトルでブログ書いたから、検索に引っかかるのは当然なんだけど、芸術家の中に混じって出てくるって、なんだかスゴイ感じがします!! 小さいので密度が上がって、なんだかいい感じだし!

『空想の建築』展を見た後、ものすごく楽しくなって、いろんな空想建築物をコピー用紙の裏にガンガン描きました。
b0019674_113817.jpg

特に、小島というか、岩礁の上に建つお城は、給水塔を作らないと生活できない、それはどの位置にあるのか、岩の形はどうなのか、を考えながら側面図を作製。
給水塔の高さに樽に入れた水をあげるのに人力では大変だから波力の水車を作ってみよう、なんて設定を入れ込んでみたり。
b0019674_173882.jpg

基本的にこれは昔の設定で、電気は無し。人力と水力(波力)と風力くらいしか使えない、という設定。
水を運ぶには、陸からだから、その陸とどのくらい離れているのか、城の配置図と俯瞰図も。
b0019674_130988.jpg

そんなの現実にはありえねーよ、と思うかもしれませんが、そこがホラ、空想建築だから。
と、そんなことを考えながら2年前にスケッチを何枚か描いたのでした。

それをもとに着彩したのがこちら。
b0019674_143466.jpg

この絵をパッと見て「ちゃんと給水塔まである!」とすぐに言ったのはイラストレーターの後藤和実さん。細かなこだわりに気づいてくれると、嬉しいですねえ!

石垣の角のほうは大きな石を使ってあるけど、運ぶのが大変なので、他の部分は小さめの石を使ってあります。崖の色が変わっているところが満潮時の潮位。岩窟の中は砂地になっていて、小舟の船着き場になっています。(岩や水を運ぶ大きな船は島の裏に船着き場があります。と、細かな設定を考えるのがすごく楽しかった。

誰がすんでるの? とよく聞かれるんだけど、「時の権力者」としか答えようがない。でも、時の権力者が捕えてきた敵の殿様とか姫君を幽閉している城、というのもいいな。幽閉城のほうが面白い。兵糧攻めに弱そうな城だけど、凧を使って食料を運ぶこともありかも。ホラ、どんどんいろんな設定が思い浮かびます。空想だから、ね。

空想の建築展を見て、「絵って、自分の好きに、自由に、絵空事を描いてもいいんだ!」と、当たり前のことに気付いたのが、このシリーズの始まり。絵に描いた絵でいいんだ! 空想なんだもん。

というわけで、こちらは空飛ぶ美術館。そんな大きなものがどうやって空を飛ぶんだ、という疑問なんかどうでもいいの、空想だから。
b0019674_121153.jpg

子供の頃、山奥の田舎に住んでいたから美術館なんて行ったことがなかった。だから、美術館の方から田舎へ来てくれれば楽しいし!
かぼちゃの美術館、きゅうりはミュージアムショップかレストランでもいいかな。玉ねぎは資料館。
この大きな建造物が空を飛んで、日本中、世界中どこでも行ってくれて、着地する場所がなければ海に浮かべてもいいし。
いいなあ、そんな美術館、出来ないかな~。

そんなことを説明していると、お客様もニコニコして聞いてくれました。
ああ楽しかった!

スケッチはまだあるので、また描いてみよう。次の展示会はいつやるの?と聞かれて、これも嬉しかった。次はまだ全然決まっていないけれど、その時はきっと空想建築物がもっと増えていると思います。

お楽しみに~!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-19 09:40 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)
わたくし、赤星たみこと、新野啓一の作品展、「二人展」にご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!

作品は、私のイラストや漫画原画、それから新野啓一の作った人形、ミニチュアの革靴、羊毛フェルトの人形がメイン。

下の人形はどれも「似顔」になっています。和紙製の高倉健、川端康成、ガンジー。着ている着物も和紙で、これは私(赤星)が作りました。(写真・大村椿さん)
b0019674_1944144.jpg

この人たちを選んだのは、目ヂカラのある人たち、というくくりだそうです。(新野談)
というか、似顔人形作りますよ、というプロモーションなので、誰が見てもわかる人を選んだら、こうなった、というわけです。

そして、下は新野作の自分人形。
b0019674_19471934.jpg

(写真・大村椿さん)
人形の顔とボディは新野が作れるけど、洋服は作れないので、洋裁の得意な友達に発注しました。このシャツなんか、見てください!人間のシャツと同じように作ってあります。細かなチェックを選ぶのが大変。人形は小さいので、人間の服と同じ柄だと、ものすごく大きな柄になってしまいます。細かな柄の布を見つけないといけません。

この友達は、リカちゃん人形、ブライスの洋服も作っていて、minneで販売する予定です。その際はまたお知らせします。こまやかで丁寧な縫製の服を作っています。
b0019674_19512260.jpg

上の写真の真ん中ほどにある洋服掛けにかけてあるのは、すべてリカちゃんとブライスが着られる服です。ブライスがちょっと見えているのがわかりますか? 牛のような悪魔のような角の生えた帽子をかぶっています。この服と帽子は私が作りました。
全身像がこちら。
b0019674_207362.jpg

このブライスが履いている黄色いブーツは新野啓一の作ったもの。本革で、人間のブーツと同じ手順で作られています。デザインもなかなかカワイイでしょう?

ブライスの洋服を、私の作ったハンガーにかけてみました。針金をクルクル曲げてハンガーを作り、市販のアクセサリーホルダーを洋服掛けにして。ここにかけてある花柄のワンピースは、すごく評判がよくて、欲しいという方がたくさんいたのですが、まだ売値を付けてないのと、minneに出すものが無くなるので、ちょっと待ってもらいました。
b0019674_2019231.jpg

左端にいるのは私の作った人形。顔と服を私好みに作り、新野の作ったブーツをはかせたら立ちました! 一応、これは赤星をかたどった自分人形です。髪形と眼鏡がそっくりにできました!(でも新野には不評。顔が未完成でバランスが悪いとボロクソに言われましたがね。ふん)

それにしても、新野の作ったブーツは、どれも精巧に出来ていて、リカちゃんや小さな人形が履くとちゃんと立つのです。ブライスはさすがに頭が極端に大きいわ、中に仕掛けが入っていて重いわで、バランスが取れず立ちませんが、普通のバランスの人形なら立ちますね。
b0019674_20332157.jpg


これを見たお客さまたちが、「なんで立つの?」と不思議そうでしたが、新野はリカちゃん人形が立たないということを知らなかったので、靴をはかせて立てたら普通に立ってしまって、何の不思議にも思わなかったそうです。でも、女の子はみんな知っていました、リカちゃんが自立できないということを。

昔、マグネット付の靴で、金属の上に立たせるという仕掛けのある靴も出たそうですが、この革靴は人間の靴と同じように作ってあるので、バランスがとてもいいのです。それで立つんですね。
自立した大人リカちゃんにはやっぱり本革の靴ですよね!

と、靴の話ばかりになりましたが、あとは私のイラストなども展示し、いろんな方にほめていただいたり、すごくうれしい4日間でした。

全員が、「楽しかった!」「面白かった!」と言ってくださって、とても感激しました。

新野も「オレはいろんな個展とか見に行ったけど、『楽しかった』と言われる個展って、そうそうないぞ」と言って、ちょいと目を潤ませていました。
私たち、こういうものを作って面白いかなあ、受けるかなあ、レベル低いって言われないかなあ、と、不安になりながらの準備期間だったので、本当にホッとして、本当に嬉しかったのです。

まだまだほかの作品や、来てくださった方のこともあれこれ書きたいので、ちょっと続きます。
お楽しみに!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-18 20:42 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)

二人展準備中

11月12日~15日は赤星たみこ新野啓一 二人展です。
場所は牛込神楽坂のロムマーイ(Rom maai)というギャラリーです。

その準備の合間に漫画の締切、石けんの講演の準備、石けんの取材などをバタバタとやってます。

今日は新野啓一の作った高倉 健の人形に着物を着せました。
粘土で作った健さん人形にあれこれ手を入れて(この辺、複雑な手順があれこれ)、樹脂で型をさらにつくり、そこに和紙を貼って人形の顔、ボディ、手足を作り、組み合わせて人体を作ります。(超省略した説明!)

健さん人形(和紙製に、和紙の着物を着せる予定ですが、いきなりいい和紙で作ると失敗したらもったいないし、和紙は丈夫で固いので、ふんわりと体に沿ってくれません。体にどういう具合に沿ってくれるのか、本当の和紙よりもっともっと柔らかな紙で試作してみないといけません。

というわけで、柔らか~~~~~な紙で、着物を試作してみました。
b0019674_2295714.jpg

着物のおくみ部分が小さいのと裄が短いのはご愛嬌。
この白いキモノは、、、、、、、

な、なんと、トイレットペーパーなんですもの……。(人形は何度も言いますが、和紙製です)
b0019674_22125462.jpg

(↑↑↑ 上の写真の人形は、和紙で出来ています。来ている着物がトイレットペーパーです)
反物って、ロールになってるしね、このトイレットペーパー反物を使って着物を作ってみたわけです。手前にチラッと見えているのはやはりトイレットペーパーを折ってアイロンかけて作った帯。
ちゃんと、後ろで貝ノ口に結びました。

これはあくまでも試作です。本番では着物を和紙で作る予定です。和紙のボディ、和紙の衣装、ちょっと面白いものができそうです。

それから、以前も紹介した川端康成とガンジー(制作・新野啓一も、同じ作り方で和紙の顔とボディを作って、和紙の服を着せる予定です。
b0019674_22162278.jpg

川端康成もボディを作って着物を着せます。和紙の質感が川端の乾いた質感にマッチするような気がします。

b0019674_22163230.jpg

ガンジーは白い布を体にまとっていて、これは簡単そう・・・に見えて、実はちょっと複雑な結び方をしている衣装でした。こちらはもうボディは出来ています。和紙のボディ、和紙の衣服は、なかなかいい感じ。

あと、私の父と新野の父の似顔人形(制作・新野啓一もあります。
私の父の顔は、一目見て、「お父さん!!」と声をかけてしまうくらい似ていました。
もちろん、舅の新野父も。

二人とも鬼籍に入りましたが、写真で見るより立体で見るほうが、かつて生き生きと動いていたころのことが生々しく思い出されます。遺影よりも遺影人形もあっていいかもしれません。

私の作品は遅々として着々と進みつつあります。
あともう少し、頑張ろう…。

その前に、グランマ!だ。今回は超美味しいサツマイモのスイーツです。年末年始のパーティにぴったりです!お楽しみに~。

あっ、それからロムマーイ(Rom maai )の地図とロゴを出しておきます。
b0019674_22262620.jpg

b0019674_22274122.jpg

この小粋な門が目印です。

11月12日~15日、よろしくお願いいたします。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-11-03 22:32 | 人形・小物 | Trackback | Comments(2)