「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2015年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2015年も終わります

2015年最後の日も、もうすぐ終わろうとしています。
今年もいろいろありました。

長い一年だったようで、短かったような気もするし。

お世話になった方々、ありがとうございました。
遊んでくれた方々、楽しかったです!

来年もよろしくお願いいたします!

さあ、来年はいい年にしなくちゃ!
頑張って、楽しく実り多い一年にしなくちゃ。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-31 23:20 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(2)

今年の一文字

今年も残すところあとわずかになりました。
毎年恒例の私版「今年の一文字」を考えてみます。

公的な2015年の今年の一文字は「安」でしたが。

私版「今年の一文字」は、「空」かなー。
大空のようにパーッと広がる気持ち、、、、(に、なりたいな、と)。

そうだ、うちの猫の名前、そら吉も、元々は「空吉」です。
b0019674_1555183.jpg

そら吉のように、可愛く凛々しく生きたいものです。

と、今年の一文字は、私のことを表すというより、願望の一文字でした。

私自身を表す部分も無くは無いんだけど、それは、空っぽ、空虚など、「何も無い」意味のほうかな。空しい、とかね。
ちょっと空しいこともいくつかあって。

今年の一文字、いい面と、ちょっとネガティブな面と両方ありました。
来年はいい文字になるよう、頑張らねば!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-30 19:40 | 言葉 | Trackback | Comments(0)
映画バックトゥザフューチャー(BTTF)に出てくる未来が2015年。今年はまさにその2015年だったおかげで、いろんなBTTFのイベントがありました。

テレビでもまとめて再放送されて、このところずっと観てました。
BTTFの1は1985年製作で、車型タイムマシンの燃料はプルトニウム。核融合システムを使ったタイムマシン。

そして、BTTF2では2015年にタイムトラベルするわけですが、その時の燃料は生ごみ。うーん、忘れてたけどデロリアンは核エネルギーからバイオマスエネルギーに進化していたんだ!

そして、BTTF3では、エメット博士は1885年へ飛ばされてしまいます。それを追って過去へ行くマーティ。
あれこれあって、未来へ帰ろうとすると、1885年当時は、デロリアンの速度を上げるためのガソリンがまだない! で、どうしたかというと、蒸気機関車に押させるという技を使います。

その蒸気機関の燃料効率を上げるためにエメット博士は薪を圧縮した燃料(これもバイオマスエネルギー!)を作っています。

この当時(1885年)はまだガソリンもないので、簡単に手に入る材料ですごいエネルギーを出すものを作るには、薪しかない、という時代なんだけど、石炭よりももっとハイカロリーな燃料にしあげているのが、バイオマスエネルギー好きな私としては嬉しいです。

ラスト、1985年へ戻ってきたマーティの前にまたエメット博士が未来からやってきます。その時乗っていたのが蒸気機関車型のタイムマシン。これもおそらくバイオマスエネルギーを使っているはず。バイオマスなら過去へ行っても燃料がないとか、ガソリンが出来るまで待たねばならないということがないし。

そんな、バイオマスエネルギーに関する夢にあふれた2と3。制作されたのが1990年というのにはちょっと意味があるのかな。
チェルノブイリ原発事故が1986年ですから、その4年後に制作された映画だと、やっぱり核エネルギーをバリバリ使うよりもバイオエネルギーに行くのは当然だったのかもしれません。

バイオマスエネルギーは、この映画で表現されているほど万能ではないけれど、でも、将来、ものすごいエネルギーとなるかもしれないという夢、そういう夢を語ってくれる映画は、やっぱり楽しいものです。

こういう映画を見て、将来そういうエネルギーを開発しよう!と思ってくれる若い研究者がどんどん出てきてくれないかな。日本は、鉄腕アトムを読んで科学者になった人が多いんですからね! 
若者よ、映画を見て理系に進んでください。よろしく~!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-29 21:06 | 読んだ観た聴いた | Trackback | Comments(0)

赤ちゃんの仕事

今日、電車に乗ったとき、赤ちゃんをだっこしたお母さんと、3~4歳くらいの女の子が座席に座っていました。私はその女の子の隣に座って本を読んでいました。

女の子は小声で歌を歌ったりしてご機嫌な様子。だけど、赤ちゃんのほうはときどきぐずっています。
しばらくすると赤ちゃんがウエーーンと大きな声で泣き始め、手足もバタバタ動かして暴れ出しました。
お母さんは慌ててアレコレあやしたけど、なかなか泣き止みません。

えーっと、どうしようかなあ、懸命にあやしているお母さんを焦らしちゃいけないし、でも私の出る幕はないし、、、、と思ったんだけど、ふと先日乗った新幹線で、友だちが子供にガンガン話かける姿を思い出しました。
そうか、おばちゃんは子供に話かけても怪しまれない!

チラリと女の子のほうを見ると、その子も私をちらりと見あげています。
「あの子、弟クン?」と聞くと「うん」とこっくりうなずく女の子。
「そっくりだねえ」「うん」(やっぱりよく言われてるんだろうな)

「赤ちゃんは泣くのが仕事だからね」
「どうしてー?」
「赤ちゃんはね、言葉ができないから、泣いて、ここが痛いとかかゆいとか眠いとか教えるの。それが仕事なの」
「うん」
「泣いてるときはね、仕事しているから、弟クンに『働き者だね』って言ってあげて」
「うん」
「あとね、お母さん、疲れているから、お母さんのお手伝いもするんだよ」
「うん」
(この時、泣き声がひときわ大きくなる)

「赤ちゃん、いっつも仕事してるね」
「ねてるときも?」

おお、いい質問ではないか!

「寝てる時はね、赤ちゃんはみんなを楽しくさせる仕事してるの。赤ちゃん見てると楽しいでしょ?」
「うん」
「だからね、赤ちゃんは寝てる時はお笑いの仕事をしてるの」
「テレビにでるみたいに?」
「そうそう」(カンのいい子だなあ)

「赤ちゃんいると楽しいよね」
「うん」

この頃には赤ちゃんはすっかりご機嫌になっていました。
そして、この家族が降りる駅に到着。お母さんは私にちょっと会釈して、女の子は「バイバーイ」と手を振って降りて行きました。

それにしても、大人はいつも「赤ちゃんは泣くのが仕事だから」とか「子供は寝るのが仕事だから」という言い方をするけど、それって大人同士にしか通じない言い方なんだなぁ、と思いました。

漫画家も、寝るのが仕事だったり、マンガ読んでダラダラするのも仕事のうち! ということにしておこう。多くの人には通じないかもしれないけど。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-28 23:20 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
過炭酸塩とか洗濯とかの話が続いているので、二槽式洗濯機の話を一つ。

今年、10年以上使った二槽式洗濯機が壊れました。
本来、二槽式洗濯機は作りがシンプルなので壊れにくいはずなのですが、うちの場合、、、ちょっと使い方に問題がありましてね...。

洗濯槽に付いているパルセーターが動かなくなり、外して点検したら、、、、
なんと、本来そんなところに入りこむはずのないネジが入っていて、それが故障の原因でした。

それって、、、ホントに不注意な、ズボラな使い方をしたからそうなったのだと思います。ポケットの中身をキチンと全部だしてから洗濯すればいいものを、以前にもドラム式洗濯機を使用中、百円玉が絡んでスゴイ音が出たこともありましたからね。その時は夫がメーカーに電話をして、電話で話を聞きながら分解掃除して直しましたが。

今回のはネジの厚み分、パルセーターが浮いている感じで、かなり状態が悪いようで、買い替えすることになりました。

でもね、二槽式洗濯機って、どんなに高くても4万円くらい。安いものだと1万円台であります。
これで、ポケットのものをキチンと出して洗う、ということを心掛ければ、15年、20年使えるはずです。実際、私が昔使っていた二槽式は20年以上ちゃんと動きましたから。

さて、家電量販店で買った二槽式を配送してもらったときのこと。配送員は若い男性二人。

うちは浴室が二階なので、洗濯機置き場も二階です。でも、二槽式は軽いので、配送のお兄さんたち二人ともラクラク運んでくれました。

その子たちに「今どき二槽式なんて運ぶことないでしょ?」と聞いたら、なんと、「結構売れてますよ。何回か運びました」というではありませんか!

「特に、共働きの家が多いです。洗いながら脱水できるんで、結局早く終わるって、便利だと言ってましたよ」

おお! やはり、二槽式のいいところは、そこですね! うちも洗いながら脱水し、脱水したものをすすぐ、という循環でやってますが、全自動より早く終わります!それに何と言っても洗浄力が高い!

「汚れ落ちがいいって言ってましたね」と、この点も、ちゃんと知っている配送のお兄さんたち。
いや~、若い男性が、二槽式の魅力を良く知っているって、ホント嬉しいです!

というわけで、二槽式洗濯機の買い替え、今年最大の嬉しい出来事だったかも! なんてね。 
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-28 02:06 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(3)
今日の話は昨日の続き、過炭酸塩=酸素(さんそ)系漂白剤での煮洗いのことなんですが、一見関係ないような、人形の写真を真っ先に出しておきましょう。
b0019674_0161358.jpg

こういう繊細な造りの人形を包むのには柔らかな布が必要なんですが、その話も後で。

さて、過炭酸塩=酸素(さんそ)系漂白剤で煮洗いをすると、長年使っても布巾がボロボロになりません。
うちの布巾は結婚したときにウイリアムソノマの通販で買ったもので、28年も現役で使っています。
b0019674_072615.jpg


でもね、結婚当初、夫が塩素系漂白剤を使って漂白したものが2~3枚あるんですよ。それを見つけたとき、私は「塩素系漂白剤は使わないで!!」と、夫をきつく叱り飛ばしたので、まあ、28年間、ここまで持ってくれました。

こちら↓↓↓が塩素系漂白剤で漂白したことのある布巾。何回もやったわけではないですよ。1~2回やったんじゃないかなあ? それでもこんなに穴が開いてしまいました。
b0019674_0104547.jpg

この、傷んでしまった布巾、捨てようかと思っていたんですが、いい使い道を思いつきました。

そう、最初に出したあの人形!
あれを包むのにつかおう!

というわけで、あの人形たちはこの28年使った布巾で包まれて搬入・搬出されています。
穴が開いても、使い道はあるもんですねえ。

でも、過炭酸塩で漂白したものは、傷みにくいので、ホント長持ちします。28年かー・・・。よく持ったなあ…。
いえ、布巾だけじゃなくてね、我々夫婦も、よく持ったと思います。

やはり、結婚生活を長持ちさせるのは、過炭酸塩、ですね!(ちょっと違…
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-27 17:46 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)

過炭酸塩で煮洗い!

過炭酸塩=酸素(さんそ)系漂白剤のことです。

わざわざさんそとふり仮名を振ったのは、

酸素(さんそ)系漂白剤を、酵素(こうそ)系漂白剤と間違える人がものすごく多いからです。

とあるコラムで「酸素系漂白剤」と書いて原稿を送ったら、「酵素系漂白剤」と直されたことがあります。
(↑↑↑上の文章、どっちがどっちかパッと見てわかりますか? 酸素と酵素、どちらも見分けがつきにくい文字ではありますけどね)

でも、原稿をデータで送ったのだから、コピペするだけだから間違うはず無い、と思っていたのに、素(こうそ)系となってしまったのは、全部人の手で文章を打ちなおしていたのかなあ? 

まあ、洗剤のCMとかにはよく「酵素配合!」とか出てくるし、洗剤や洗濯の話しだし、酵素系漂白剤だろうな、と思いこんだのでしょう。

でも、みなさま! 私がいつも本に書いたり、実際に使っているのは「酸素(さんそ)系漂白剤」ですからね! 

(そういえば、酸と酵、あまりにも何度も間違われるので、漢字じゃなくてカタカナにしようと、「サンソ系漂白剤」と書いて出したら、今度は「エンソ系漂白剤」となっていて、悲しかったことがあります・・・。
そんなにもサンソ系漂白剤は知られてないんですね…。塩素系漂白剤ならみなさんも耳にしたことがあるでしょうが、サンソ系漂白剤って、ホント知られてないんですよ…)

ああ、話しが愚痴になってしまった。酸素系漂白剤があまりにも知られていないことを愚痴ってもしかたないですね。

というわけで、最近は、酸素系漂白剤の正式名称である「過炭酸塩」を使うことが多くなりました。

過炭酸塩(カタンサンエン)=酸素(さんそ)系漂白剤のことです。何度も言いますが、覚えておいてソンはないですから、ぜひ覚えてください。

さて、過炭酸塩を使った煮洗いをすると、布巾が真っ白になるのはもちろん、布地が傷みにくいんです!
これが煮洗いの様子です。
b0019674_22365525.jpg

9リットル入る琺瑯の容器に水と石けんを入れて火にかけます。水が温かくなってきたら手でかき回して石けんを良く溶かし、その後、Tシャツ(黄ばみやシミアリ)や布巾や、バナナのシミのついた衣類などを入れて軽く煮ます。

沸騰する前に過炭酸塩を入れてさらに加熱すると泡がぶわ~~~っと立ってきて、ふきこぼれそうになるので、そこは注意してください。
吹きこぼれる前に火を止めて、あとは冷めるまで放置します。

そうすると、黄ばみもシミも真っ白に!

石けんと過炭酸塩を一緒に混ぜると、過炭酸塩が石けん(これも有機物です)に反応してすぐに酸素が発生して無駄になります。本来は、石けんで衣類をきれいに洗って汚れを落とし、それでも残ったシミを、過炭酸塩だけを溶かしたお湯(50℃くらいがベスト)浸け込んで放置するのが一番無駄がありません。

が、まあ、とにかく、煮洗いをすると衣類真っ白、シミもニオイもキレイに取れます。しかも!
布が傷みにくい!!

と、その話も書こうとしたんだけど、気力と写真が尽きました。
この続きはまた明日!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-26 17:40 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)

電車の中で、アレコレ

昨日は東京のクリニックへ。
行きの電車内で、私から見える範囲でのスマホまたは携帯を触っている人たちは12人いました。文庫本を読んでいる人って、めっきり減りましたね。

あ、そんなことより、こんなことが。
えっと、途中で電車を乗り換えたら、そこは始発駅で、車内はガラガラに空いてます。私は長い座席の一番端に座りました。

バッグから本を取り出して読みはじめ、ふと目を上げると、私の真ん前の座席に座っていたおばさんが、ちょうど人差し指を鼻の穴に突っ込んだ、その瞬間を目撃してしまいました。

いえ、ずっぽり入れたわけじゃなくてね、第一関節までいかないくらい、ホントに人差し指の先端、爪の半分程度が鼻の穴をかすった程度、、、だと思います。

こういうときは相手と目が合わないように、スッと目をそらして、私は何事もなかったかのように、黙って本に目線を落としたのでした。

その後、人前で鼻の穴に指を突っ込む場合、どの程度なら許されるのか、、、ということをずっと考えてみたり。

いや、、、人前では1ミリたりとも鼻の穴に指を入れちゃいかん、という人もいるでしょうが。

でも、ちょっと鼻の周りを触ることとかあるじゃないですか。そんなときうっかり鼻の穴に指が入ってしまうこともあるでしょう??? そんな時、何ミリなら恥ずかしくなくて、何ミリ以上なら恥ずかしいか、やはり第一関節までいれると恥ずかしいよね、5ミリまでならオッケーかも?? というようなことをずっと考えていたら目的地に着きました。

おかげで退屈しませんでした。よかった、よかった。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-25 17:46 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
今日はクリスマスイブ。
ロールケーキを焼こうと思っていました…
ものすごく美味しいロールケーキのレシピを持っているんですよ。

でもね、今日、いつものクリニックに行って検診の結果を聞いたところ、コレステロールが激増していました・・・

卵なんてもってのほか!
イカもコレステロールが高いのでやめましょう、とか、いろいろアドバイスをいただいてですね・・・

ケーキを焼くのは中止しました。

でも、実は22日に先にクリスマスっぽいディナーはやってたんですよ。
クリスチャンでもないのに。

とりあえず、うちにあるクリスマスツリー型のキャンドル立にろうそくをともしました。
b0019674_2340218.jpg


そして、ローストチキンとサラダとスープ。
b0019674_23415850.jpg

このチキンは2キロ以上、たしか3キロ近くありました。
これを、大人3人でほとんど食べつくすという暴挙・・・いや、快挙!

チキンには柑橘系の果物をあわせると美味しいので、今回は日向夏をあわせてみました。
これにゴルゴンゾーラもつけて食べたら、超美味しかった!!

というようなディナーを22日にやっといてよかった・・・
今日は検査結果のひどさに、あっさり系晩ごはんになりました。

昼間はラーメンでした。これも22日のローストチキンの骨を煮こんで作ったスープストックを使ったラーメンで、超美味しかった~~!チキンをキチンと全部使いきったので良しとしましょう。

これからしばらくはあっさり系食事にするぞ!
と、宣言しつつ、、、、、
卵たくさん買ったんだよね… ケーキ焼こうと思って。まだたくさんあるのよね… ロールケーキ、久々に焼きたいのよね…
でも、コレステロール高いから、これ捨てロールケーキ、ですかね。

でも、作りたい、、、

というわけで、業務連絡
ご近所さんへ
ケーキ、作るだけ作るので、食べに来て~!
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-24 23:48 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

猫アレコレ

うちの猫の最高齢はギョロ。2004年生れなので11歳。来年12歳になります。
b0019674_23294440.jpg

ちょっと凛々しい感じのギョロ。

こちらは子猫の頃の小町。小さ~い。
b0019674_23352013.jpg


ギョロと小町が一緒に仲良くしているのは珍しい。
b0019674_2342135.jpg

ギョロの後ろのドアに、後ろ向きの黒猫が。猫型のドアノブです。

そら吉はいつも一人でいることが多いので、なかなか写真が撮れません。
b0019674_2348935.jpg

ちょっと不機嫌かも?
b0019674_2346321.jpg

そら吉は私の膝の上になかなか来てくれないんですよね。

やっぱり、私の膝の上に来るのはギョロか~。
b0019674_23525822.jpg

ギョロ、一番上の写真と顔つきが違って見えますね。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-12-23 23:55 | ペット | Trackback | Comments(0)