「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

先週、東京へ行った時のこと。
最初の用事が早めに終わり、次の目的地まで行くのに30分以上余裕があった。

乗換の神保町駅で電車を降りると、キャリーバッグを引いた80代くらいの女性が降りてきた。私たちが歩いている先には階段がある。

この階段、キャリーバッグを引きながら降りるのは無理じゃないか? そう思って「お荷物おもちしましょうか」とつい声をかけた。

すると、その女性は「あら、ありがとう、いいのいいの、これ軽いから」と言って、片手でするする引いて、階段も片手で持ち上げながら降りていく。

大丈夫かな、と思って、数段降りるの見ていたら、ほんとに軽いものらしい。難なく歩いているのを確認して、私は自分の目的路線のほうへ向かったのだった。

次の電車に向かいながら、これが時間に余裕がないときだったら声かけたかなあ、と考えた。
その時は、電車2~3本くらい遅れても大丈夫なくらいの時間のゆとりがあった。だから声をかけたけど、急いでいたらどうだっただろう? 電車一本でも見逃してしまったら遅刻してしまう! というときだと、大丈夫かな、と思いながら足早に通り過ぎるだけだったかもしれない。

乗換案内のサイトがいくつかあるけれど、最近は乗換時の徒歩時間を「速め」とか「ゆっくり」に設定できるものがある。

もし「ゆっくり」に設定したら、荷物を持った高齢者と一緒に歩くくらいのゆとり時間は取れるだろうか? いや、そこまでのゆとりは無いんじゃないかなあ? せいぜい次の電車に乗り換えるとき焦らずゆっくり歩くだけ。

だったら、乗換案内に「ゆっくり」だけじゃなくて、「手助けモード」をつけたらどうだろう!? どんな駅でも、困った人を見かけたら声をかけて荷物を持って一緒に歩く時間(大体20~30分くらいの余裕)が取れるような時間配分の乗換案内。いいじゃん!!

手助けモード付き乗換案内! これはいい!! まるで世紀の大発明をしたかのようにウキウキしながら、私は次の電車に乗ったのだった。

・・・・・・・・・。

だけど、わざわざそういうモードを作らなくても、30分くらいのゆとりをもって早めに家を出れば済むことかも・・・。
だよね・・・。

***********************
おすすめお役立ち本のご紹介
http://akaboshi.exblog.jp/25856167/ よかったらこちらも見てね!


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-31 00:59 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
5月23日、ビジネス社より「親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法という本が刊行されました。

著者・永峰栄太郎 漫画・赤星たみこ 1300円+税

です!!

「親の財産」というと、ものすごくお金持ちの話に聞こえるでしょうが、いやいや、どんな場合でも、財産はあります。
私なんか、「うちの親の財産って、そんな相続税がかかるほどないんだから、気にすることないよ」と思ってました。
でも、どんなに微々たるものでも、それは財産と呼ぶのです。

そして、相続税だけの問題ではないんです! 親の葬儀、銀行や保険関連の諸手続き、いろいろあります。

この手続き、予備知識がないとものすごく混乱します!
著者の永峰さんは、ご自分のお母さまが亡くなった後、いろんなことを体験し、その体験をもとにアドバイスしてくれます。
b0019674_140469.jpg

b0019674_1275414.jpg

親が亡くなった後は、いろんなことをたくさんやらねばなりません。そんなときに相続放棄の手続きは3か月以内にやらないとダメなんて、知らなかったです!!

親の死後はそんなことを考える余裕なんてないです!
相続税の手続きは10か月以内しなくちゃいけないってことも知りませんでした。

親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法」という本は、こういう細かな、普段あまり気が付かないようなことを教えてくれます。

漫画を描かせていただいて、すごく勉強になりました。
そして、こういう固い内容の本に、私なりの誇張したマンガチックな絵を入れてみました。
親がなくなる話は、楽しい話ではありませんが、いずれ必ず来る話です。

その日は突然やってきます。そのうちに、、、、と思わずに、今からいろいろ準備しておくといいことがたくさんあります。
マンガ以外の本文には、永峰さんが取材した情報が満載です。
b0019674_1373046.jpg

よかったらぜひ手に取ってお読みください。
きっと役に立つと思います!!



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-30 01:46 | 仕事 | Trackback | Comments(2)

若冲の色使い

2009年10月に皇室の名宝展を見に行き、若冲の作品も間近で鑑賞した。
あの時すでに若冲ブームだったけど、でもほとんど混んでなくてすんなり見られて、本当によかった!

ソコソコの混み具合だったけれど、私と夫は単眼鏡か双眼鏡を持っていったので、大きな画面の一番上の筆致までしっかり見ることができた。

以前、友達と展覧会に行って、私と夫が単眼鏡で絵を見て、筆遣いの話で盛り上がり、友達にその単眼鏡を貸して「これで見るとよくわかるよ」と勧めたのだけど、その友達は恥ずかしがって使ってくれなかった…。確かに、その時の展覧会では単眼鏡とか持っている人は見かけなかったけど、皇室の名宝展では、いましたよ、ほかにも。

大きな絵の場合、上の方の筆遣いとかを見たい人たちが結構が単眼鏡使っている。若冲の前でもそういう人がいました。きっと筆遣いとか、色の組み合わせとか、下地の色がどれくらい見えてるのかを見たいひとなんだろうな、と思う。

最近、うちでは単眼鏡より双眼鏡にすることが多い。老眼と近視のミックスなので細かな筆致を見るのがつらくてね、単眼鏡より双眼鏡の方が目が疲れずによく見えるし。

あっと、話がそれてしまった。

さて、若冲はどうしてあんな色使いをしたのだろう?
若冲が生きていた当時の江戸の画風は、もっと地味なわびさびの色使いが多かったはずだ。派手なものもあるけど、その派手さは金箔を使ったりしたもので、黒と赤、緑など、補色を使ったカラフルさではなかったように思う。

若冲の派手さは補色が効いているから、かなあ?70年代のポップアートに似ている気がする。

なんにせよ、若冲は当時の画風とは異質な絵を描いていて、異端視されていたとのこと。確かに、ほかの絵師とは違う画風だと思う。

若冲の鶏の絵を見ると、赤や黒がくっきり入ったカラフルな色使いで、ちょっと70年代の漫画雑誌の色使いを思い起こさせる。雑誌全部が全部、赤黒じゃないけど。あ~、これは横尾忠則の少年マガジンの表紙のイメージがどこかにあるのかも。

で、ふと思ったのだけど、伊藤若冲と横尾忠則は色味が似てない??
と、ちょっと検索。
伊藤若冲検索結果
b0019674_191492.jpg

横尾忠則検索結果
b0019674_193037.jpg

まあね、「似ているかも?」と思って検索したから、色味が似ている部分を切り取ってしまった。
昨日検索した若冲の画像はどうだろう?
b0019674_1112093.jpg

うーん、似てるといえば似てるかな。

夫は若冲や尾形光琳や俵屋宗達を象徴主義だと言う。この件はとても面白いので、またいずれじっくり書いてみるつもりです。
よかったら、お待ちください。いつになるかわからないけど…



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-24 20:57 | アート系 | Trackback | Comments(0)

伊藤若冲展行列長し

話題の伊藤若冲展、きょうは210分待ちだったとか。
すごい人気だ。
生誕300年記念 若冲展The 300th Anniversary of his Birth: Jakuchu
数年前は「いとうじゃくちゅう」と打っても正しい漢字が出てこなかったけれど、今はちゃんと「伊藤若冲」と変換できる。「じゃくちゅう」だけ打っても「若冲」と変換できるので、文字を打つだけでも楽になった。

以前はサンズイじゃなくてニスイの漢字はなかなか出てこなかった。
若冲の「冲」、山岸凉子先生の「凉」も、IMEパッドでニスイの漢字を検索して出したものだった。
あっ、ニスイの漢字の話になってしまった。若冲の話だったのに。

伊藤若冲は色味が独特で、江戸時代の絵師とは思えぬポップな色使いだと思う。ちょっと検索したらこんな色味。補色、多いなあ。
b0019674_0462980.jpg

2009年、東京国立博物館で「皇室の名宝―日本美の華」という素晴らしい展覧会があった。

皇室が所蔵している美術品、名宝を惜しみなく見せてくれる展覧会で、これもそこそこ混んでいたけれど、何時間も並ぶというほどではなかった。

このとき、若冲も出品されていたので、今思うとすごくラッキー。あんまり混んでいない状態でじっくり見られたし!!
ほかの絵画や工芸品も素晴らしかったし、さすが皇室の名品展!!

こんなに素晴らしい美術品を、散逸させることなく、きちんと保管してくれて、ありがとう!! と、皇居と正倉院のあたりを(方向音痴なのできっと方向間違ってたとは思うが)向いて、心の中で手を合わせたのだった。(いいの、気持ちだから。方向が間違っていても)

皇室の名宝展は、並ばず見られて、しかもどの作品も間近で見ることができて本当によかった。あの時も若冲ブームと言われていたけれど、今年はそれ以上のブームだったのね。混んでると近くで見られないのと、並ぶと今病み上がりの私としてはつらいので、今回はいけそうにないかも。

皇室の名宝展見たからいいや、と、負け惜しみ言いつつ、次回は若冲の色味考を書いてみようかな、と思ってます。よかったら、お楽しみに!


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-24 00:56 | アート系 | Trackback | Comments(2)

windows10はどうですか

なんだか周りに評判の悪いウインドウズ10です。
パソコンを開いてうっかりそのままにしておくと、うっかりインストールされてしまうこともあるようで、最近はちょっと席を外すときは必ずパソコンを切っています。

10にしたら、画像ソフトとの相性が悪くなったとか、よく聞きます。
後、今まで使えていたものが使えなくなったとか。

その対処法とか、ちゃんと使うための方策もあるんでしょうが、使い勝手とか仕様がちょっと変わる部分もありそう。そうすると、それだけでイラスト描くとき戸惑うんですよね…。

今まで使えていた機能が使えなくなった時のあのがっかり感といったら…!! たとえ別の機能があったとしても、あの機能のあの使い心地がよかったのに!! と思うこと多し。

私がイラストを描いたり漫画の着彩をするのにはフォトショップ6(CSでもなく、ほんとに古いバージョン)が一番使いやすかったのに、バージョンが上がったら、筆のタッチが変わって、がっかり。

まあ、慣れるしかないので仕方なく使い続けて、今はもう、慣れたといえば慣れたんだけど、でもちょっとした使い勝手が変わっていて、前の方がよかったのになあ、、、、、と、恨みつらみばかり募ります。
恨みつらみというと大げさだけど…。

フォトショ6だと、ブラシツールの鉛筆とブラシを変えるとき、ショートカットキーが使いやすかったのに…。(前はBを押すとブラシツールの鉛筆、Jを押すと筆だったのが、今はJが使えなくなってしまった…、がっかり…)

なにか設定をいじるとJが使えるようになるのかなあ。
使えるようになったら便利なんだけどなあ…。

と、話がウインドウズ10から離れてしまった。

最近は、若い世代がPCを使えなくなっていると聞いて驚いています。若い人なら機械はなんだってサクサクできるんだろうな、と思ってたのに、びっくりです。

今の50代は、けっこうPCの黎明期から使っている人も多いので、意外にPC得意です。

タブレットもいいけど、やはり私はパソコンのダブルモニターが一番使いやすい。
以前も書いたけど、こんなの。
b0019674_282869.jpg

この写真のときはノーとパソコンにまでモニターをつないでダブルにしてたんだった。しかもそのノートパソコンが台の上でちょっと手が届かないので、キーボードまでつないであるし。(ノートパソコンがPC本体になってる、って感じ)

モニターが大きくて広いほうが絶対見やすい。タブレットやスマホのフリック入力で文章書くのも、できなくはないけど、資料を出したり、比較したりするのに、モニターが大きいほうが使いやすいと思います。
ああ、また話がウインドウズ10からどんどん離れていく・・・


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-23 02:12 | 時事 | Trackback | Comments(0)

厄日かなー

今日は毎月通っている都内のクリニックに行く日だった。
2~3か月ごとに血液検査をやったり、アドバイスを受けたりしながら長年通っている。

毎年、誕生月にはがん検診やほかの検診も受けることにしている。今回は、疲れやすいことなどいくつかいつもよりも症状が多かったので、採血する量もいつもの倍くらい多く取った。肝臓、腎臓の検査も追加。

採血問診を終え、支払いのとき、財布を見るとお札がたくさん入っているので当然払えると思ったら、な、な、なんと、千円札ばかり!!

でも、そのお金で普通なら支払えるんだけど、今回は検査項目が増えて、診察料がいつもより高くなっていたのだ!!
なんと、たったの680円足りない!! いや、10円玉とか使えば500円くらい足りないだけなんだけど、それがない!!

カードで支払えばそれで済むんだけど、ここは現金のみ。慌てていると受付の人がすぐ近所のATMの場所を教えてくれた。

早速コンビニのATMに行ったのだが、、、、、
私は銀行のキャッシュカードは持ち歩いていない!! クレジットカードでのキャッシングをやらねばならない。

数枚入っているクレジットカードの会社のマークがそのATMの機械に出ているので、使えるだろうと入れてみたらこのカードはお取引できませんと出た。ええっ。どういうこと!?

別のクレジットカードを入れてみると、今度はそのカードのパスワードがわからない!! どの番号に設定したのか忘れてる!! 自宅に電話して夫に聞くも、夫もわからない。

夫は「今からお金持っていくよ」というのだが、1時間はかかる。その前にクレジットカードの暗証番号、いくつか番号を試してみたけど、あんまりやるとカードが使えなくなる可能性もあるので、その前にやめておいた。

仕方がない、都内に住んでいる友達に電話して、お金を貸してもらうことにした。

電話したらすぐ来てくれることになって、クリニック近くの交差点で待っていると、車でやってきてくれた。
ありがたい~~~~~(-人-)

千円とか600円借りれば足りるんだけど(帰りの電車賃はスイカがあるから大丈夫。そうだ、スイカに1万円チャージしなかったら診察代あったんだよ!!)

でも、5千円を借りて、支払い後、一緒にお昼を食べることにした。
5千円もゆとりがあるので、わざわざ来てくれた友達にお昼をおごることにして、そのあと本屋で文庫本を買って帰ることにした。

帰りの電車で、買ったばかりの本を読んでいたら車内アナウンスを聞き間違えて、乗り換えがすごく煩雑になってしまった。事故で途中止まっている、と聞いたのが、それは私が乗っている路線ではなかったみたい。そのまま終点まで行って京成線に乗り換えられたのに、途中が止まっていると勘違いしてしまったのだ。
なので、途中駅で降りてJRで帰ろうとしたのだけど、それがものすごく遠回りになってしまった。

お金は忘れるわ、乗り換えは時間かかるわ、なんだかついてない一日だった。
厄日、というほどではないのかもしれないけど、小さなトラブルが重なって、意気消沈する一日だった…。がっくり…。明日はいい日にしたいなぁ…。




[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-22 00:50 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

買い物支援

冷蔵庫に野菜が一切なかったので買い物に出かけた。

以前は地産地消を目指して、千葉産のものをかごに入れることが多かった。

野菜などはその土地で作られたものをその土地で消費するほうが、輸送にかかるエネルギーやお金が少なくて済むので、エコ的にも経済的にもいいのだ。

それは今でも同じだけど、最近は支援のために熊本産を買うことが多い。
今回、たくあんを買おうとあれこれ見ていたら、九州産と銘打ってあるものがあって、かごに入れようと手を出した。
裏をみると、、、あら、熊本産じゃなくて宮崎産だった。

宮崎は熊本ほどの被害はなかったけれど、やはり大きなくくりで「九州産」だから支援になる!なんて考えて買うことにした。(と、エラそうなこと言ってるけど、ほんとは、宮崎出身なので単なる身びいきで買った、というほうが正しいかも)

お米もそろそろ切れるので買うことにして、これは福島産。こちらも支援として。
地産地消は大事だけど、支援も大事。長く続けられる支援を、少しずつ続けようと思う。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-21 20:18 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

野菜に対する認識

先日、お昼を作るのに夫に買い物を頼み、「野菜買ってきて」と言ったのに餃子とかソーセージとか買ってきて、野菜は全然入ってなかった。
忘れたのかと思ったら、「餃子の中に野菜入ってるからいいと思って」と言う。

そうか、こういう人(メタボで肉好きな人)にとって、野菜とはその程度の認識なのか。買い物に行くと、買うものがどうも違う、と思っていたのだが、野菜に対する認識が違っていたのかと、納得。

一回の買い物で数回分済ませたほうが効率いいじゃん。
餃子の中に野菜は確かに入っているけど、ニンジンや小松菜や水菜やセロリやレタスや蕪やナスや大根なんかが入っているわけじゃない。

餃子だけ食べるわけじゃないんだし、おひたしや野菜入りの味噌汁やサラダや煮物も作りたいじゃないか。そのとき同時に、じゃなくて、その日の昼食、晩御飯、翌日の朝食、昼食、晩御飯に野菜必要じゃないか。

昭和の時代、買い物かごをもってその都度その都度買いに行くような生活って確かにあったけど、今はそんな時代じゃないし、スーパーまで車で行くような地域に住んでいるんだから。遠いんだよ、スーパー。一回の買い物である程度済ませようよ。

という言葉を飲み込み、裏の畑からネギを一本抜いてきて、ネギぬたを作った。
餃子とそうめんだけで昼を済ませるのは、私の感覚ではマジありえねー。なにか野菜が一品ほしいのだ。

野菜に対する認識の違う人、しかもその人が料理上手で、作るものがものすごく美味しい、ときたら、野菜不足の生活になる。野菜がちょっと少ないな、と思いつつ、おいしいから、ま、いっか、となる。

野菜に対する認識が違う人と暮らしている、ということを改めて自分に言い聞かせて、野菜不足を何とかしなければと思う今日この頃。

コレステロールも体重も増えているしね。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-20 20:26 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)

立法府の長・・・怖い

安倍晋三内閣総理大臣が、2016年5月16日の衆院予算委員会の審議中、「私は立法府の長であります」と発言した。

えっ…。
立法府って国会のことじゃないの? 
内閣総理大臣は行政府の長じゃないの?

と、すぐに検索。はい、ウキペディア便利です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%A8%A9%E3%81%AE%E9%95%B7
・・・やっぱり立法府の長は衆議院だったら衆議院議長、現在は大島理森氏、参議院議長は山崎正昭氏だった。

安倍晋三内閣総理大臣はなぜこんなことを言ったのか、ちょっと考えてみた。三権分立も知らない単なる無知なのか、それとも・・・

安倍氏は、自分のことを現内閣で一番上の位の人間である、と考えているのではないか?(いや、まあ、確かに内閣総理大臣は立場的・権力的には内閣で一番上の立場なんですけどね)

その強烈な自負・プライドがあるので、内閣と議員が集まって議論をする場(つまり国会)で、「俺は一番偉いんだぞ!!」という気持ちがあふれてしまい、「この場(国会の審議の場)で一番偉い人」=「立法府の長」と思ったのではないか。

それって、単なる無知で間違ったより、もっとたちが悪い気がする。

いくら彼でも、さんけんぶんりつ という言葉くらいは知っているはずだ。

彼は無意識に、自分のことを「三権分立を超えたスーパーパワーの持ち主」と思っているのではないか・・・。としか思えん。

だからなんでもやってOKと思ってるんじゃないか・・・。憲法改正(いや、改悪)してもOK、だって俺、えらいもん。とか思ってるんじゃないか・・・。とかね。

それ、マジヤバくね?

と思う初夏の一日だった。外はさわやかだったんだけどね…



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-18 20:46 | 時事 | Trackback | Comments(0)
デザフェスに出たり、体調崩したりで、告知が遅れましたが、NHK Eテレ「まる得マガジン」の「セスキ プラスαでピカピカ! 激落ち掃除術」が再放送中です!
月曜~木曜の4日間×2 全8回。
今週の月、火、水曜分は終わりましたが、明日また水曜分の再放送がありますし、本放送を見逃してもテキストがあれば大丈夫!

テキストもわかりやすいと好評です。
ぜひ手に取ってお読みください。
b0019674_23525431.jpg

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-05-17 23:53 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(4)