「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

8月27~28日はデザインフェスタに出てきました。

今回は羊毛フェルトの動物を新野が作り、私はスマホベッドという変わったものを作りました。

新野の羊毛フェルト人形は、人物でもペットでも、そっくりに作るというもの。
新野の作るものは、なぜか似るのです!!
b0019674_327861.jpg

この写真の右端の犬は、友人Sさんのチョコちゃん。Sさんが写真を見ただけで「あっ、チョコがいる!」と言ってくださったのです。嬉しいですね!

それから、後ろにいる眼鏡のおじさんは、新野本人。似てるねえ…

私の作ったスマホベッドはこちら。
b0019674_329137.jpg

夜はスマホも休ませてあげましょう! というものです。
これはマットレスの中にポプリが入っていて、掛布団を外すとほんのりいい香りがします。

枕元に置いておくと、自分も安眠できるし、スマホも安眠できます!
子供たちが夜中もスマホをいじっていて、ちゃんと寝ないので、スマホ布団というものが出てきた、とニュースで見ました。(でも、私はこれ、去年から作っているので、そのニュースより先に作ってたんですよ!(と、ちょっと自慢))

去年売ったときは、マットレスにガラスビーズを縫い付けました。それは、ピアスとかネックレスとか、そういうものを置いてずれないようにするため。スマホだけでなく、アクセサリーもなくならないよう、ちょっと置く場所を、と思ってつけたんです。
今回はそのビーズをつけてないので、価格はお安めに設定。前に買っていただいた方、そういうわけですので、すみません…

このスマホべド、通路を歩いている人たちが指さして「スマホベッドだって!」とニコニコしていきます。
外国人プレスの方が通りかかり、スマホベッドを見て大笑い。Very funny! と大うけ。

あっ、でもこの方たちは新野のバセットハウンドをお買い上げくださいました。
b0019674_3381432.jpg

ありがとうございます!!

デザフェスも海外の方たちが多く、急きょ英語の貼り紙を作ったら、結構立ち止まって見てくれました。
b0019674_3395628.jpg


また別の海外プレスの方が、新野の猫ランプの写真も撮ってくれました。
b0019674_3433518.jpg

ほんのり猫ランプもちょこちょこ売れてくれました。ありがたい(-人-)
b0019674_3443789.jpg

ほかの出展者たちの作品も、写真をたくさん撮って、宣伝しようと思ってますが、それはおいおい、ってことで。

ほんとはドールフェスにも出たいんだけどな…。
少し本腰入れてやらねば…と思った二日間でした。



電子書籍のお知らせ
グランマ! もっと身体美人
http://officeyou.shueisha.co.jp/CGI/comic/detail.cgi/1015/
試し読みもできますので、お気軽にどうぞ!


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-08-30 03:50 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)

スイカの皮の煮物

このところスイカの皮の煮物をよく作っています。
これがね~、おいしいの!

赤い果肉はそのまま食べるかシャーベットにして、皮は一番外側の固い部分だけ剥いて、白い皮を使います。
これは8分の1カットのスイカの皮。↓↓
b0019674_2242424.jpg

固い緑の表皮部分を剥いたら、適当に一口大に切って、シイタケの戻し汁、酒、しょうゆ、砂糖で煮ます。↓↓
b0019674_2255994.jpg

冬瓜の煮物と同じような味付けでOK。冬瓜よりもおいしいと思うなあ。シャキッとした歯触りもいいし。先によく煮て、それからうちでは油揚げとシイタケを入れるのが定番。
b0019674_230449.jpg

油揚げは味をよく吸い込むので、最後に入れてさっと味を染ませるといいですね。(最初から入れると油揚げの味が濃くなりすぎるので)
b0019674_238688.jpg

あ~、旨い!!
これがうちの、夏の定番料理です!!
こないだは豚肉とも合わせてみたけど、これもおいしかった~♪

スイカの皮のカレーも作りますが、カレーよりこっちのほうが断然美味しい。
でも、どこの編集部でも、レシピを紹介するときに、スイカの皮のカレー(スイカレー)のほうを出したがりますね。確かに物珍しいですけどね、スイカレーは。

でも、おいしさは煮物のほうが上だと思います。とずっと言ってるんだけど、カレーを紹介したがるところばっかりで、なんだかなあ、って感じです。おいしい方を紹介したいのになあ。仕方ないので個人的に紹介するしかないですね。

カレーの方は、特に変わった味はしません。スイカの皮って、味がないじゃないですか。それを入れたからと言って変わった味がするわけじゃなくて、市販のカレールーの味がするだけ。日本のカレールーって、何を入れてもカレーになるすごい調味料ですから。

まあ、スイカには体の火照りをとる漢方薬的な薬効成分があるのでね、スイカレーを食べると涼しく過ごせる、というのがありますが。でも、それだったら煮物も同じです。

繰り返しますが、スイカレーより煮物のほうが美味しいです。物珍しさに騙されず、おいしい方を作ってみてはいかがですか? 


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-08-24 02:52 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)

酸性石鹸

油脂化学辞典による、「酸性セッケン」の説明。

酸性セッケン
acid soap セッケンは、水中で一部が加水分解して脂肪酸を生成し、その脂肪酸とセッケン分子が結合して生成するのが酸性セッケンである。希薄溶液中では水に不溶なため乳濁し、濃厚溶液中では分散、可溶化されるため透明となる。


突然何かというと、まあ、この酸性セッケンというのが、石けんを使う上でちょいと厄介な物質なんです。

古い石けんユーザーの中には、石けん使用量を減らさないと環境に悪いと思い込んでいる人が多くいました。

いや、、、毎日、普通の家庭で石けんを10㎏使うとか、そこまで大量に使うと環境にも財布にも悪いんですけどね、もこもこ泡立つ程度の石けんを使うのは、酸性セッケンが分散、可溶化されて流れていくので、汚れも落ちるし排水口やパイプにくっつかないし、いいことづくめです。

これが、薄い石けん液で汚れを落とすと、べたべたしたマヨネーズ状の酸性石けんが発生するので、汚れは落ちないわ、排水パイプに白いものがくっつくわで、使用感最悪。

たいていの石けんビギナーはここでビビッて石けんを使うのをあきらめてしまうんです。

講演で「石けんで食器を洗うとべたべたして使いにくいと思った方はいませんか?」と聞くと、その場では返事をしないけれど、講演後に話に来る方がたくさんいらっしゃいます。

みなさん、石けんを使っていて、白いものがつくので、石けんの溶け残りだと思い込んで、使用量を減らしていた、という人ばかりです。いやいや、それは酸性セッケンですから! それはもうちょっと石けんを増やせば流れていくものなんですから!

ということを、ずっと言い続けています。

続きます。


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-08-20 19:07 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)

自分の目と鼻と舌で判断

昨日のパウンドケーキは、市販のミックスを使いましたが、賞味期限を8か月ほど過ぎていました。てへへ、結構すぎてますね。でも全然大丈夫でした。

乾燥している粉類は、密閉してあれば、カビたりしないし、今までの経験上、まあ大丈夫。

でも、家族内消費にとどめています。お客さんに出すにはちょっと気が咎めるのでね。

食品を入れてある戸棚には、私が買ったもの、夫が買ったもの、色々バラバラに入っているので、どこに何があるのかがわからなくて、奥の奥から数年前に賞味期限が過ぎているものとか出てくるので要注意。

実は、昨日は夕飯に賞味期限をかなり過ぎていた味付きのボイルドチキンを食べました。私一人でね。
ピッタリ密封してあるパッケージで、しかも冷蔵庫のチルド室に入れてあったもの。夫が買ってきたもので、どうしようか迷ったけど、開封してみたら匂いは全然悪くない。おそるおそる一口なめたら、悪い味はまったくしない。

というわけで、昨日それを食べましたよ。

もし、悪くなっていたらどうしよう…という不安もないわけではなかったけど、自分の舌では悪い味は感じられなかったし、ま、一日経っても何事もなく、下痢もせず、腹痛も吐き気もなく、普通に生きています。

密封してあるものはまず大丈夫。缶詰だって賞味期限は10年だしね。缶詰内に新たな微生物が侵入しない限り。
プラスチックやアルミパックのものは10年なんて長期間はないけど、金属の缶詰よりは破損の可能性が高いからかな。

でも、冷蔵庫の中でゆすられることもなくじっと静かにおいてあったわけで、包装も破損せず、新たな微生物が繁殖することもなく、傷んでなかったです。よかった…。

あっ、いや、これ、みんなに勧めているわけではないですから! 
みんな賞味期限切れのものを絶対食べねばならぬ!! と言ってるわけではないですからね。

多少過ぎても自分の目と鼻と舌で判断しても大丈夫、ってことが言いたいわけですが、この「多少」がね、せめて2~3日とか一週間以内にしといてください。3か月とか8か月過ぎたものは、まあ、私は大丈夫でしたが、ほかの人が全員大丈夫とは限らないので。自己責任で。

それに、消費期限を1週間以内にするためには、買いすぎないこと、買ったものを忘れないことが大事です。そこをきめ細かく注意深くやれば、食品の無駄が省けるんじゃないでしょうか。

逆に、賞味期限、消費期限内でも、保存方法が悪くて傷むこともあります。そんな時も、「期限内だから大丈夫」と、法律で決めた基準に従うのではなく、自分の目と鼻と舌で判断して食べましょう、ってことで。よろしく~。


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-08-18 23:00 | エコ関連 | Trackback | Comments(0)

リコッタチーズのケーキ

冷蔵庫の中に、早く使わないといけないリコッタチーズがあったので、リコッタチーズケーキを焼くことにした。

レシピを検索したら、生クリームとかレモン汁が必要だったけど、家にある材料だけで作ろうという(買い物に行くのが面倒だったのでね)、ズボラリコッタケーキがこちら。
b0019674_148367.jpg

ほんとはホイップした生クリームを加えるはずだったのに、生クリームがない分、卵白を泡立てて入れてみた。レモン汁がなかったのでパイナップルジュースで代用。
これが、結構いい感じで、冷めたときにほんのりパイナップルの香りがしておいしかった。
b0019674_159021.jpg

リコッタチーズは500gくらいあったうちの約半分強を使い、まだ200gくらい残っている。

いったん開封してしまったので、残りも早く使わないと、と思い、翌日も残ったチーズを使ってケーキを焼いてみた。

はい、残ったリコッタチーズで焼いたので、ノコッタチーズケーキね。
b0019674_235220.jpg

ノコッタチーズケーキ、おいしゅうございました。



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2016-08-15 02:06 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)