「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

横浜中華街・ギャラリーソコソコで開催される春節猫展、1月27日からです!
出品する小物や絵をご紹介せねば。
あ、その前に場所をお知らせします!
b0019674_23193918.jpg

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町81-6
TEL:045-232-4980
みなとみらい線「元町・中華街駅」2番出口から徒歩2分。

一度行けば忘れない、覚えやすい場所なんですが、初めての方は迷う方も多いので、「あれ?ここ?」と思ったら迷わずドアをノックしてみてください。

さて、その春節猫展に出すイラストを紹介。
雪原の青い湖 新野啓一
b0019674_2327175.jpg

白い雪の平原に冷たい水を満々と湛えた二つの青い湖。そんなイメージの白い猫の絵です。
キャンバス・アクリル・グロスメディウム

マンマ・ミーアは夢を見るか 新野啓一
b0019674_23321697.jpg

このマンマ・ミーアはイタリア語の「俺のかーちゃん」ではなく、マンマ(飯)ミーヤ(猫の鳴き声)、ごはんを欲しがってみゃーみゃー言う、うちの猫、小町のこと。緑と赤のイタリアンカラーの中で、小町はごはんの夢を見るている。
キャンバス・アクリル・グロスメディウム

リアルな絵の後に出すのはちょっと気が引けるけど、こちらは私の絵。
モフ・ザッハ
b0019674_23374586.jpg

キャンバス・アクリル・ジェッソ
モフモフしたポイントカラーの猫。カンバスの表面をザラザラ、ザッハザッハした感じにしたので、タイトルもモフ・ザッハ。

それから羊毛フェルトの猫たち。
b0019674_2342135.jpg

かごは私が作り、中の猫は新野作。

あとは私の作る猫型バッグなど。まだ出来上がってないので、今日はこの辺で。


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-01-26 23:45 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)

猫グッズ着々

私も新野も、春節猫展に出品する猫グッズを作り続けています。
白猫がどっさり入っている籠の中に黒猫も入れたいと、新野が黒い子猫を作りました。
b0019674_21461767.jpg

黒猫に黒い眼を入れると光ってくれないので、この黒目の下には白い羊毛を入れてあるそうです。
その眼のアップ。
b0019674_21475862.jpg

光ってる、光ってる!

このどっさり白猫入り籠の写真を撮りたい、雪景色の背景の前で撮りたいと思い、背景を久々にパステルで描いてみることに。
手順をちょっと紹介。
写真にはほとんど映らなかったけど、まずは色鉛筆でうっすら下描き。
b0019674_2149457.jpg

空にセルリアンブルーを薄く塗り、白も混ぜてとにかくうっすらと色を付けていきます。遠景の山並みにもプルシャンブルーを塗ります。手前にある茶色い部分は雪解けでフクジュソウが咲いているところにしようかな、と思ってました。
b0019674_21512992.jpg

山並みと手前の木立はパステルで濃い色を広く塗り、細かな枝は色鉛筆で。
b0019674_2155639.jpg

この枝に雪をかぶった白い枝ぶりを入れていきます。これはポスターカラーの白を面相筆で。フィキサチーフをかけてあるのでそんなに擦れないけど、ここはやはり腕枕の出番。手が直接画面に触れないのでやりやすい。
でも、腕枕用の棒がなくて、細いラワン材しかなくてちょっとたよりなかった。
b0019674_2158527.jpg

右側の写真は、枝ぶりを入れるのに、手の動きが逆になったほうがきれいに描けるので、絵を上下反対にしてあります。

パステル画は失敗しても修正しやすいので、結構のびのびと描けました。紙の白を生かすので、描く部分少なくて済んだのもよかった。
b0019674_2211719.jpg

フクジュソウは結局使わないだろうということで描かずに、ちょっと雪解けしているだけの感じに。

絵を立てかけてホリゾント状にして、籠猫を置いて撮影。所要時間40分くらいだったかな。撮影入れて1時間。パステルで描くのは久々で、ちょっとまごついたけど、楽しかった。またやってみよう!


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-01-21 22:11 | 人形・小物 | Trackback | Comments(2)
私は中学生になったころから急に頭皮がべたつくようになり、AKSという病気に悩んでいた。(A頭・Kかゆい・S症候群、私の造語です)

20代前半のころ、ふと、子供のころ石鹸で洗っていたころのことを思い出し、石鹸で頭を洗うようになったら、AKSから解放された。一週間洗髪しなくてもかゆくならない!!

これはとてもよかったのだが、地肌の脂っぽさは変わらなかった。私はそういう体質なんだ、仕方がない、、、と、あきらめていたのだ。とにかく頭がかゆくないだけでも大助かりだった。

39歳で子宮ガンの手術を受け、子宮だけでなく卵巣も二つとも摘出して以来、女性ホルモンがガクッと減り、おかげで髪がどんどん薄くなっていった。40代半ばで、5歳年上の姉よりも髪が薄くなっていた。今も同年代の友達より髪が断然薄くて、結構な悩みになっている。髪そのものもものすごく細くなった。おまけに抜け毛も多い。髪を洗うとごっそり抜けるので、それもかなりな恐怖…。

地肌の脂っぽさは相変わらず。べたべたするので毎日洗いたい。でも洗うと抜け毛が多くて毎日洗うのは怖い。まあ、石鹸で洗っているのでかゆくないのが幸いだけど。出かけない日はもう洗わない。でもねっとりするので気分はよくない。ハリー・ポッターに出てくるスネイプの髪ってこんなのかな、、、と思うくらい。

あるとき、湯シャンにしてみた。(湯シャン=お湯シャンプー。お湯だけで洗うこと)
地肌がこんなに脂っぽいんだから、石鹸じゃないとダメだと思っていたのだが、洗面器のお湯の中で地肌をじっくりもむようにして脂をお湯に溶かしだすようにしてあらったら、結構汚れも脂も落ちて、そこそこスッキリ。そして、なんと、これを続けていたら、地肌の異様な皮脂分泌が収まってきたのだ!!

地肌に限らず、洗顔しすぎて肌の脂をごっそり取ってしまうと、肌は乾燥させまいと、脂の分泌を頑張ってやってしまう、だからかえって脂っぽくなってニキビ(乾燥ニキビと言うらしい)ができたりする、ということを聞いてはいたけど、それと同じことが私の地肌で起きていたのだと思う。

それで、ここ数年は湯シャン(中にクエン酸を入れて酸性のお湯にしている)を続け、たまに石鹸で洗う、というローテーションにしていた。これで結構うまくいっていたのだが…

湯シャンだと髪もしっとりして艶も出て、いいんだけど、スッキリ感は薄い。たまに石鹸で洗うとものすごく爽快だ。
それに、湯シャンで脂汚れを落とすには、かなり時間がかかる。洗面器のお湯のなかでじっくりモミモミ、地肌の汚れをもみ出さないといけない。結構手間なんだな、これが。

それで、ふと思いついて、石鹸で洗ってすっきりしたあと、地肌にオイルを塗ってみた。脂っぽい地肌なんだから、地肌にオイルなんてご法度と思い込んでいた。でも、脂がごっそり抜けて乾燥しているので地肌が頑張って脂を分泌するわけでしょ、だったらその前にオイルをぬってみたらどうだ?

石鹸で洗ってすっきりしたところへ、ヘアオイルを指先につけて地肌に直接すり込んでみたら、皮脂の分泌が今まで程ひどくない!!

このケアをやり始めてまだ二回目なんだけど、今後どうなるか検証してみよう。石鹸で洗うのは脂がすぐにとれて爽快感がある。そのあと脂の分泌を抑えるオイルのコンビネーション。これは湯シャンの手間より断然ラクチン。

卵巣切除のあとの女性ホルモン激減という、かなり激烈な体調の変化から、髪が薄くなっていったわけだけど、同じ悩みの人もきっといると思う。更年期による女性ホルモン減少よりももっと激烈だった。髪の悩みは神様しか治せない、、、わけじゃなくて、いろいろ工夫してみよう。
同じ悩みの方、一緒に改善しましょう! なにか情報があればお寄せください。よろしくお願いいたします!


.

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-01-20 11:16 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

春節猫展チラ見せその2

横浜中華街・ギャラリーソコソコの春節猫展に猫関連作品を出展します!
開催期間は1月27日~2月5日です。

今、作品を鋭意作成中ですが、ちょこっとチラ見せ
b0019674_353641.jpg

うちの小町のイラストです。(新野作)

羊毛フェルトで作る猫。黒猫、まだ顔だけ。
b0019674_3295466.jpg

半分だけ口をゆがめてイヤンな顔してる猫。時々こういう表情しますよね、猫って。
b0019674_3314592.jpg

私は布でちっちゃなぬいぐるみを作ってみました。しっぽに針金を入れたので曲げ方自由自在。
b0019674_3322539.jpg

可愛いんだけど、小さいので作るのにものすごく手間がかかります。もう少し大きくして、中に精油をしみこませたコットンを入れて、匂い猫にしようかな、と思ってます。

そんなこんなであれこれ作るのは楽しくて、時間があっという間に過ぎていきます。

さて、仕事と小物作り、頑張らねば!



.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-01-04 03:35 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)

新年のご挨拶

昨年はいろいろありまして、特に秋から年末にかけてバタバタといろんなことがありました。皆さまには大変お世話になりました。ありがとうございます。

今年の一文字」も考えていたのですが、いくつかの別れがあって、「別」にしようかなと思っていたら何年か前にも同じ「別」を選んでました。なので、2016年の今年の一文字は「離」にしようと思います。

年末年始はどこにも行かず、ただコツコツ手を動かしていろんなものを作りました。
1月27日から2月5日まで横浜中華街のギャラリー・ソコソコ春節猫展というグループ展をやるので、その出展作品です。

ちょっとだけチラ見。
b0019674_0241599.jpg

羊毛フェルトの猫たちがカゴに入ってます。このカゴは私が作成。猫は新野作。
b0019674_0274122.jpg

壺みたいなカゴにすっぽり入っている猫。
b0019674_0275921.jpg

このほかにも、油彩(風)の猫イラストなど盛りだくさんの作品を作る予定です。
春節猫展
ギャラリーソコソコ
b0019674_348640.jpg


小さなカゴを編むので指先が痛くなったり、目が痛くなったりしながら、年末年始が過ぎています。いろいろ連絡事項もあるのですが、皆さまちょっとお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします!


.
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-01-03 00:39 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)