漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

皆さま、大変申し訳ありませんが、6月1日のNHKごごナマ出演は、国会中継が入ったため、延期になりました。

また別の日に出演する予定ですが、予定日はまだ確定しておりません。
日程が決まり次第、すぐに告知いたします。

楽しみにしていたかた、予約録画をセットなさっていた方、申し訳ございません。
新たな出演日が決まるまで、お待ちください。
よろしくお願いいたします。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-31 23:18 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

新野と英語

デザフェスやコミケには、今や海外からのお客様も多く、出展すると英語でやり取りをすることが多々あります。

今回のデザフェス(2017年5月27~28日)に、私は出なかったけど、夫が一人で出展し、海外のお客様ともやり取りをしたそうです。

「猫を作ってたら、外国人のお客さんが来て、いくら?って聞くから、ツーサウザンドエン(2千円)と言ったら、アンビリーバボー、って言うんだよ。やっぱ信じられないくらい安いんだよなー」

「外国のお客さんが2つ買ってくれたんだよ。その人、猫4匹飼ってたんだって。そのうちの1匹がオールドで、死んでしまったんだって。日本にはフォーイヤーズ住んでるんだって」

「その人の猫が、ブラックの模様があるって言うから、それは日本語ではブチ、ジャパニーズ、ブチって言ったら、オー、ブチ!って言ってた」

「これは誰の絵だ、って聞かれたから、アイ、ディスピクチャー、ペイント、って言ったら、驚いてた」

「オレ、英語できるのかな~? 会話出来てたような気がする」など、楽しそうに話してくれました。

しかし、そう言って、喜んでいた夫でしたが、次第に弱気になってきて…
「あれ? もしかして、相手の人、日本語で話してくれたのかなあ?」だって。

それは、猫を買ってくれた外国の方は、日本に4年いたなら日本語けっこう話せるかもしれない、という話になってですね…。そのあとから夫は、「オレは英語で話してたつもりなのに、もしかして日本語だったのかも…?」と弱気になったのでした。

そういえば、昔、テレビで見た「外国人による日本語の弁論大会」で、こんな面白い話があったのを思い出しました。

日本に長く住んでいる英語圏の人が、いかにも西洋人という外見のために、日本語で話かけているのにみんなが「ノーノー、英語ダメ」とか、「アイキャントスピークイングリッシュ」と言うんだそうです。

そして、ある田舎道で、日本人のおじいさんに道を尋ねたら(もちろん日本語で)、そのおじいさんは親切に道を教えてくれて、そのあとに「俺は英語ならったことないのに、英語ができた!」とすごくうれしそうに叫びました……という話でした。

そういうことがあるのなら、夫が、自分では英語で話をしていたつもりなのに、実は相手が日本語を話していた、ということも、可能性としてはゼロではないのかも……? 

な~んてね。
いえいえ、そんなことはなくて、夫はちゃんと会話していたと思います。

もし相手が日本語で話しかけていたら、夫も「ツーサウザンドエン」と言わずに「2千円です」と言っただろうし、「自分でこの絵描きました」と日本語で返事していたはずです。相手の方が英語で聞いてきたからこそ、新野も英単語をつなげて返事をしたのだろうし、それがちゃんと通じたから、そのあとも相手の質問が続いて会話になっていくわけです。

日本人、意外に英語力ある! というのが私の持論。しゃべる機会がないだけで、潜在的な単語力はそこそこあるんです。もちろん、ネイティブ並みに話せるわけではないけれど、簡単なことなら単語をつなげて何とかなります。

英語で世界経済や科学や文化の話をしろ、ってわけじゃないのですから。単語を並べるだけなら、そこそこできるし、最初はそれでいいじゃん、と思っています。

さて、しんちゃん、次回のデザフェスで、もっと英語で売り込めるよう頑張ってくれ!よろしく~~!!







[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-29 17:48 | 英語 | Trackback | Comments(0)

デザフェスでした

5月27日、28日はデザインフェスタでした。
新野の作品がかなり注目されたようで、私もうれしいし、本人も喜んでいました。
特にこの白猫が、大勢のお客様の目に留まり、みんなパッと見て立ち止まり、「描いてある! 写真かと思った~!」と感嘆の声をあげてくれたそうです。
b0019674_01410597.jpg

「~だそうです」という伝聞調なのは、私は今回体調悪くてデザフェス行ってないのです。新野も体調悪くて、今回は事前の準備も全くできてなく、今まで作りためた羊毛フェルトの猫と、今年の春先に描いた猫の絵をもってとりあえず出た、という感じ。
b0019674_01515959.jpg
写真ではわからないけど、これは手のひらに乗るくらいの小さい猫たち。籠は私が作り、猫は新野作。こういうのが可愛くて、外国人のお客様にもずいぶん受けたそうです。
b0019674_01500632.jpg


b0019674_01501597.jpg

作品数も少ないし、ディスプレイやる体力も気力もなかったし、なんの飾りも用意していなかったので、新野は空いたスペースで羊毛をちくちく刺して、猫を作るところを実演していました。そうしたら、その実演を見て、お客さんたちが驚いていたそうです。

「そんなに刺すんだ~」「えーーーっ、丸から猫の形になっていく~」「どうやったら猫になるんですか?」「フェレットにできませんか?」(←と頼まれたので、新野、その場でフェレットの写真を見ながら刺し方を変えてフェレットを作成)「どうやったら猫からフェレットになるんですか!!??」

私は新野の造形能力っていつも見ているので驚かなかったけど、初めて見た人は超驚いたみたい。羊毛を刺しているだけで指先から猫やフェレットが出現するんだから。

私が作った猫の香り袋も一つ二つ売れたみたいです。
b0019674_02082017.jpg
古い着物の端切れで猫を作り、中にエッセンシャルオイルを垂らしたコットンが入っています。ほんのり香るのがいい感じの猫です。

買っていただいたお客様、ありがとうございました!
次は8月のデザフェスに出展する予定、、、、ですが、まだ申し込んだばっかりなので、当選はしてません。
出展が決まったらまたお知らせします。
よろしくお願いいたします!





[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-29 02:14 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)
6月1日にNHKのごごナマ http://www4.nhk.or.jp/gogonama/ に出演しま~す!
NHK総合 月曜~金曜 午後1時5分~4時の番組ですが、私の出演部分は午後3時台です。


内容はセスキの使い方、汚れ落としのやりかたなど!
司会は船越英一郎さん、美保純さん、阿部渉さん。

汚れ落としだけでなく、人生相談コーナーにもちょいと顔出しさせていただきます。
さて、家の汚れは落とせるけど、心の汚れはどう落としましょうかね。

私のキャッチフレーズが、「心の汚れ以外はなんでも落とします!」なのですよ。
心の汚れって、自分で決めることだから、ねたみそねみうらみつらみなどがいっぱい詰まった汚れた心を、どうやってきれいにするか…。

それは当日、スタジオでお話ししましょう!(……って、できるかな…)

何はともあれ、6月1日はごごナマ、見てね!




[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-25 16:43 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
「毛細血管で細胞力は上がる」 という本に漫画を描きました!
著者は、熊本市民病院主席診療部長の橋本洋一郎先生です。 
b0019674_00392185.jpg
人間の血管の長さは約10万km、地球約2周半にもなり、そのうちの95%が毛細血管なんだそうです!
この本を読むまで、血管とは静脈と動脈がメインだろうな、くらいにしか思ってなかったのですが、実は毛細血管のほうが断然多いのです! 95%って、知らなかった~~!

毛細血管は、37兆個もある細胞と栄養や老廃物を出し入れしているのです。細胞と直接取引ができるのは毛細血管だけ、なんだそうです。

そんな毛細血管を元気にする方法、いたわる方法など満載のこの本、本当に面白かったです!
私の漫画もちょっとお手伝いをしていますので、ぜひお読みください!
b0019674_00390258.jpg
以下、リンクを張っておきます。
毛細血管で細胞力は上がる 小学館 橋本洋一郎著 1200円+税
ほかにも私の仕事をいくつか。よかったらお読みください。
グランマ!女を上げる節約術オフィスユーコミックス 電子書籍400円
グランマ! もっと身体美人 オフィスユーコミックス 電子書籍500円
グランマ!おばあちゃんの知恵袋 オフィスユーコミックス 電子書籍400円
赤星たみこの石けん達人オフィスユーコミックス 電子書籍500円
以上、漫画です。試し読みもできますので、お気軽にどうぞ!

石鹸本はこちら → すっきり快適生活 青春出版社 1404円
挿画&漫画
親の財産を100%引き継ぐ一番いい方法 著者・永峰栄太郎 漫画・赤星たみこ 1300円+税
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-22 01:22 | 仕事 | Trackback | Comments(0)
昨日買った二槽式洗濯機はハイアールというメーカーの4キロ洗いという、小さなもの。

でも、日本製の洗濯機よりももっと攪拌力が強くて、ものすごい勢いでガーッガーッと回ってくれます。おかげで石鹸もよく溶けるし、汚れ落ちもよくて、万々歳!

写真はまた後でアップしますが、とにかく小型でかわいい二槽式です。

4キロしか洗えないけど、どっちにしても白いもの、色物、黒いもの、色落ちするもの、雑巾類と、わけ洗いをするので、かえっていいかも。

一人暮らしとか、二人くらいの人数だと、一回石鹸を溶かしておけば、最初に汚れの少ない白い衣類を洗い、そのあといろんなものを分けて洗えば、色移りもしないし、雑巾とか便座カバーも分けて洗えるし、気持ち的にもすっきりします。

4キロ洗いでも、3回回せば12キロ洗えます!(でも、本当は、全自動でも、二槽式でも、ドラム式でも、表示してあるキロ数より少なめに洗うほうがきれいに洗えます)

二槽式を買ったら、実家に帰ってくるのが楽しみになりました。さあ、次はいつ帰ってこようかな。ふふっ。


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-05 23:46 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
母が一人暮らしをしている実家では、縦型全自動洗濯機を使っています。
今回のゴールデンウィークに帰省して、その全自動洗濯機を使ってみたら、、、、

うーん…。二槽式に慣れた身には、すごく難しく感じました。

石鹸洗濯に限らず、合成洗剤をお使いの場合でも、衣類を入れる前によ~~~~~~~~く溶かすのは、洗浄力アップの最大のコツです。
液体せっけん、液体合成洗剤でも同じです。

とにかく、10分~15分くらい(「洗い」モードの全部を使うといいです)を溶かし込みに使います。

実家の全自動の場合、ふたを開けたままだと水が出ないので(一回蓋を閉じてからだとちゃんと水が出ます)、ほんとに些細なことですが、ちょっと戸惑いました。

あと、最初の「洗い」(つまりこれは「溶かし込み」です)が終わって、衣類を入れてから洗濯を始めようとすると、また水が出てくるんです。せっかくちょうどいい石鹸液ができているのに、また水が入ったら温度は下がるし、せっけん液が薄まるし、これはやめてほしいのに、なぜか出てきます。洗濯物の量をまた感知しようとしているのかな。でも水が入っているので、重さ感知で、水が最高位に設定されなおすみたい。なので、ついていて、水位を設定しないといけなかった。

まあ、水位の設定だけで済むのでよかったけど、友人知人の話によると、「洗い」を終えて、もう一度「洗い」モードにすると、せっかく溶かしこみした石鹸液が排水されてしまう、という機種もあるそうです。その設定を切るのに大変な苦労をした、という話を聞いたことがあります。

それから、うちでは石鹸液を3~5回くらいは使いまわすのですが、二槽式だと、いったん洗ったものを脱水機に入れ、次の衣類を洗いながら脱水するということができます。

全自動で石鹸液を二度三度使いまわすためには、濡れた衣類をいったん外に出さねばなりません。これって、本当に大変・・・・。

実家の洗濯機置き場はお風呂場のすぐ横なので、浴室の床に置いたりできたけど、それでも大変でした。

とてもうれしいことに…、いや残念なことに、この実家の洗濯機、脱水機がちょっと壊れているんですよ。一応回るんだけど、脱水しているとき、ものすごく大きな音が出るんです!

先日初めてその音を聞いた時は、あまりの音の大きさに、びっくり仰天!! これは買い替えないとダメだ!!

というわけで、はい、今日、二槽式洗濯機買ってきました!
お店に一台だけありました!

よかった~~~~~、帰省しているうちに買えて! 超うれしい!!

買ったのはちょっと小ぶりの洗濯機。小型でも、洗濯液を何度も使いまわせば結局はかなりの量を洗えるんですよね。

母も一人分の洗濯をするとき、汚れの種類、色落ちするかどうかなどで分け洗いができるのはうれしいことでしょう。新しい全自動やドラム式などは、多機能すぎて使えないらしく、二槽式なら昔から使ってきたものだし、すぐ慣れるでしょう。

私たちも帰省した時、洗濯が楽になります。八方丸く収まりました! めでたしめでし!


[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-04 17:34 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
5月3日は密度の濃い一日でした。

詳しく書くとすごく長くなるので、ラインで書いただらだらの文章を流用。

9時半頃、高千穂駅に行ったらスーパーカート満席で乗れなくて、同じく乗れなくて困っていた香港から来た観光客をナンパして岩戸神社案内してたら、偶然イナバウアーに会って、イナバの友達がやってるイベントを見に落立神社に行き、11時20分のスーパーカートに乗って、買い物して帰った。
帰ってから昼食、その後、友達の家に行ってお小遣いをもらって、また帰ってきて、仕事した。


ナンパとか、お小遣いもらう、とかわけわからないので、写真もつけておきましょう。

香港から来た二人と私。真ん中がサマさん、右がコイさん。

b0019674_01342240.jpg

落立神社。日本最古の神社ということです。すごいなあ。
b0019674_01364081.jpg
これがスーパーカート。初号機は数人乗りだったけど、今はたくさん乗れます。
b0019674_01374213.jpg
みなさん笑顔です。高千穂鉄橋を渡るときは、真ん中で停車してくれます。
b0019674_01390042.jpg
幼馴染のお兄さんが、お小遣いをくれました。好きに使っていいぞ、と。すごい!! 
b0019674_01395701.jpg
(もちろんこれはおもちゃですよ!大きさがちょっと小さいし、真ん中に玩具銀行と入っていますから!)
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-05-04 01:30 | ふるさと関連 | Trackback | Comments(0)