漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

新野と英語

デザフェスやコミケには、今や海外からのお客様も多く、出展すると英語でやり取りをすることが多々あります。

今回のデザフェス(2017年5月27~28日)に、私は出なかったけど、夫が一人で出展し、海外のお客様ともやり取りをしたそうです。

「猫を作ってたら、外国人のお客さんが来て、いくら?って聞くから、ツーサウザンドエン(2千円)と言ったら、アンビリーバボー、って言うんだよ。やっぱ信じられないくらい安いんだよなー」

「外国のお客さんが2つ買ってくれたんだよ。その人、猫4匹飼ってたんだって。そのうちの1匹がオールドで、死んでしまったんだって。日本にはフォーイヤーズ住んでるんだって」

「その人の猫が、ブラックの模様があるって言うから、それは日本語ではブチ、ジャパニーズ、ブチって言ったら、オー、ブチ!って言ってた」

「これは誰の絵だ、って聞かれたから、アイ、ディスピクチャー、ペイント、って言ったら、驚いてた」

「オレ、英語できるのかな~? 会話出来てたような気がする」など、楽しそうに話してくれました。

しかし、そう言って、喜んでいた夫でしたが、次第に弱気になってきて…
「あれ? もしかして、相手の人、日本語で話してくれたのかなあ?」だって。

それは、猫を買ってくれた外国の方は、日本に4年いたなら日本語けっこう話せるかもしれない、という話になってですね…。そのあとから夫は、「オレは英語で話してたつもりなのに、もしかして日本語だったのかも…?」と弱気になったのでした。

そういえば、昔、テレビで見た「外国人による日本語の弁論大会」で、こんな面白い話があったのを思い出しました。

日本に長く住んでいる英語圏の人が、いかにも西洋人という外見のために、日本語で話かけているのにみんなが「ノーノー、英語ダメ」とか、「アイキャントスピークイングリッシュ」と言うんだそうです。

そして、ある田舎道で、日本人のおじいさんに道を尋ねたら(もちろん日本語で)、そのおじいさんは親切に道を教えてくれて、そのあとに「俺は英語ならったことないのに、英語ができた!」とすごくうれしそうに叫びました……という話でした。

そういうことがあるのなら、夫が、自分では英語で話をしていたつもりなのに、実は相手が日本語を話していた、ということも、可能性としてはゼロではないのかも……? 

な~んてね。
いえいえ、そんなことはなくて、夫はちゃんと会話していたと思います。

もし相手が日本語で話しかけていたら、夫も「ツーサウザンドエン」と言わずに「2千円です」と言っただろうし、「自分でこの絵描きました」と日本語で返事していたはずです。相手の方が英語で聞いてきたからこそ、新野も英単語をつなげて返事をしたのだろうし、それがちゃんと通じたから、そのあとも相手の質問が続いて会話になっていくわけです。

日本人、意外に英語力ある! というのが私の持論。しゃべる機会がないだけで、潜在的な単語力はそこそこあるんです。もちろん、ネイティブ並みに話せるわけではないけれど、簡単なことなら単語をつなげて何とかなります。

英語で世界経済や科学や文化の話をしろ、ってわけじゃないのですから。単語を並べるだけなら、そこそこできるし、最初はそれでいいじゃん、と思っています。

さて、しんちゃん、次回のデザフェスで、もっと英語で売り込めるよう頑張ってくれ!よろしく~~!!







[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-05-29 17:48 | 英語 | Trackback | Comments(0)

デザフェスでした

5月27日、28日はデザインフェスタでした。
新野の作品がかなり注目されたようで、私もうれしいし、本人も喜んでいました。
特にこの白猫が、大勢のお客様の目に留まり、みんなパッと見て立ち止まり、「描いてある! 写真かと思った~!」と感嘆の声をあげてくれたそうです。
b0019674_01410597.jpg

「~だそうです」という伝聞調なのは、私は今回体調悪くてデザフェス行ってないのです。新野も体調悪くて、今回は事前の準備も全くできてなく、今まで作りためた羊毛フェルトの猫と、今年の春先に描いた猫の絵をもってとりあえず出た、という感じ。
b0019674_01515959.jpg
写真ではわからないけど、これは手のひらに乗るくらいの小さい猫たち。籠は私が作り、猫は新野作。こういうのが可愛くて、外国人のお客様にもずいぶん受けたそうです。
b0019674_01500632.jpg


b0019674_01501597.jpg

作品数も少ないし、ディスプレイやる体力も気力もなかったし、なんの飾りも用意していなかったので、新野は空いたスペースで羊毛をちくちく刺して、猫を作るところを実演していました。そうしたら、その実演を見て、お客さんたちが驚いていたそうです。

「そんなに刺すんだ~」「えーーーっ、丸から猫の形になっていく~」「どうやったら猫になるんですか?」「フェレットにできませんか?」(←と頼まれたので、新野、その場でフェレットの写真を見ながら刺し方を変えてフェレットを作成)「どうやったら猫からフェレットになるんですか!!??」

私は新野の造形能力っていつも見ているので驚かなかったけど、初めて見た人は超驚いたみたい。羊毛を刺しているだけで指先から猫やフェレットが出現するんだから。

私が作った猫の香り袋も一つ二つ売れたみたいです。
b0019674_02082017.jpg
古い着物の端切れで猫を作り、中にエッセンシャルオイルを垂らしたコットンが入っています。ほんのり香るのがいい感じの猫です。

買っていただいたお客様、ありがとうございました!
次は8月のデザフェスに出展する予定、、、、ですが、まだ申し込んだばっかりなので、当選はしてません。
出展が決まったらまたお知らせします。
よろしくお願いいたします!





[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-05-29 02:14 | 人形・小物 | Trackback | Comments(0)
6月1日にNHKのごごナマ http://www4.nhk.or.jp/gogonama/ に出演しま~す!
NHK総合 月曜~金曜 午後1時5分~4時の番組ですが、私の出演部分は午後3時台です。


内容はセスキの使い方、汚れ落としのやりかたなど!
司会は船越英一郎さん、美保純さん、阿部渉さん。

汚れ落としだけでなく、人生相談コーナーにもちょいと顔出しさせていただきます。
さて、家の汚れは落とせるけど、心の汚れはどう落としましょうかね。

私のキャッチフレーズが、「心の汚れ以外はなんでも落とします!」なのですよ。
心の汚れって、自分で決めることだから、ねたみそねみうらみつらみなどがいっぱい詰まった汚れた心を、どうやってきれいにするか…。

それは当日、スタジオでお話ししましょう!(……って、できるかな…)

何はともあれ、6月1日はごごナマ、見てね!




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-05-25 16:43 | 仕事 | Trackback | Comments(0)