漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
みなさん、歯ブラシってどれくらいの頻度で取り換えていますか?

3か月に1本だ、いや、1か月に1本だ、とか言いますが、目安は歯ブラシの毛が外に開いてきたら取り換え時期、だそうです。行きつけの歯医者さんで聞きました。
で、その歯ブラシの毛が外に開いてくるのが1か月以内だと、それは力を入れすぎている証拠だそうですよ!
私の場合、毛が開かないよう優しく磨くので、1か月以上もつのは絶対確か。これも節約になってるなあ。

一か所10回ブラッシングをやりつつ、舌で触ってツルツルするまで磨くと、けっこう時間がかかります。なので、たいていは「ながら歯磨き」です。

例えば朝、洗濯するときは、石けんの溶かし込みをしながら、スクワットしながら歯磨き。
夜はテレビを見ながら。
仕事中、歯がざらっとしたら、ちょっと歯磨き。ネットしながら、漫画の下書きしながら、歯磨きです。(仕事机のペン立てに歯ブラシが立ててあります。それをすっと抜いて磨き、終わったら洗面所に行く、という手順)

一日に2~3回磨きますが、そのうちの1回が超丁寧にやさしく磨くだけで、あとのは3分くらいでチャチャっと終わることもあります。

あ~、歯磨きって気持ちいいわ~。このまま治療しなくて済むようだったら、8020(80歳で20本の歯を残す運動)じゃなくて、8030(親知らずを4本抜いてたので→)8028くらい、いけるかもしれない。治療費を浮かせたい!という切実な気持ちが私を歯磨きに駆り立てるのでした!




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-13 19:55 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

優しい歯磨きのコツ

歯医者さんに行くのは嫌なことの代表みたいになっていますが、私は結構好きです。
歯を磨いてもらって、歯石をとってもらって、メンテナンスしてもらったら、歯がツルツルになって気持ちいいし。

歯石をとるのも、ここ数年です。若いころはほとんど歯医者に行かないでもOKな生活で、詰め物が取れてから慌てて行っても、歯石ついてないですよ、と言われて取ったことがありませんでした。

若いころは唾液の量とか口内細菌とか、いろんな条件がいいので歯石も付きにくいんだと思いますが、30過ぎても歯石がほとんどなかったのはやっぱりブラッシングのおかげかもしれません。

私のブラッシングは、一か所10回ブラッシングを励行しつつ、歯の表面は割合柔らかなブラシ、歯と歯の間は山切りカットの硬いブラシでさらに磨く、という二刀流です。

今は二刀流どころか、もっと使うことも。柔らかな大き目の歯ブラシで全体を磨き、小さいブラシ(子供用使うことも)で細部を磨き、歯石がたまりやすいところは硬めのブラシ、さらに小さくて硬いブラシも使ったり。

自分の舌で触ってつるつるするまで磨くのは、結構時間がかかります。
一か所10回ブラッシングしていても、舌で触ってざらっとすることもあるので、とにかくつるつるするまで磨きますが、一つ注意しているのは、音がしないように磨く、ということ。

ゴシゴシと音がするように磨くのは力の入れすぎだそうです。ブラシの毛が曲がらないように、音がしないように、というのが「優しく磨く」コツだそうです。

優しく丁寧に磨いて治療費を浮かせよう!と、ケチケチ精神は健康にもいいですね!




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-12 20:00 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)
歯が痛いのは、ものすごくつらいらしい。
私は幸いなことに、そんなにひどい歯痛を経験したことがありません。

小学校の頃の定期健診で見つかった虫歯の治療をしたこと、大人になってからは、歯の詰め物が取れて行ったくらいです。

子供のころ見た歯磨き粉のCMで、宇津井健さんが「一か所10回ブラッシング」というフレーズを連呼していたのを見て以来、歯にブラシが当たる部分を10回磨くという方式をとってきました。一本につき角度を変えるので20回くらいは磨くことになるのかな。あ、裏表を合わせると1本40回。

そのおかげか、今は治療した歯が数本あるだけで、ずっと虫歯なしの生活が40年くらい、かな。

知り合いの税理士さんがインプラントを入れた話を聞いたとき、何百万円もかかると言うので、「絶対、歯磨きを丁寧にする!絶対、自分の歯のままでいよう!」と、気合を入れたのもよかったのかも。

今のブラッシングが治療費を浮かせる!
(というケチケチ精神が私を支えています)

下手すると磨きすぎになってしまうので、優しくやらないと。この「優しく磨く」というのが難しくて、これにはコツがいろいろあるんです。

それはまた明日!


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-11 20:28 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

低糖質のチーズケーキ

血糖値が高い夫のために、低糖質チーズケーキを焼いてみました。
チーズケーキって、もともと使う粉の量がスポンジケーキより少ないので、低糖質にしやすいんじゃないかなと思って。
b0019674_00493213.jpg
小麦粉の代わりに、糖質の少ない大豆粉を使えばもっと糖質が減らせます。
砂糖の代わりにラカントSを使えばさらに低糖質に!
b0019674_00502005.jpg
大豆粉は糖質73%オフということで100g中、糖質は19.3gです。私の持っているレシピだと、粉は40gなので、大豆粉40g使うと糖質は7.7g程度にしかなりません。これはいいわ~。
砂糖もラカントSにしたので、糖質ゼロ。

焼きあがったら、早速切り分けて食べてみました。
b0019674_01113705.jpg
いや~~~、おいしい!!
中がしっとりして、レモンの香りもさわやかな、おいしいチーズケーキにになりました!(ほんとは表面にアプリコットジャムを塗りたかったけど、それは我慢、我慢)

今回、大豆粉を分量の牛乳にしばらく浸しておいてからつかってみました。そのせいか、粉がしっかり水分を吸収してしっとり焼きあがったのかもしれません。

で、気になる血糖値ですが、このチーズケーキを晩ごはん後のデザートに食べて、2時間半後の9時に計測したら118でした。

高血糖の人が、ラカントSを使うのには、私は大賛成しています。健康な人が痩身目的でこればかり使うのは、低血糖になる危険性もあるし、ほどほどに使うのがいいんじゃないかな…と思っています。
 


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-06 01:45 | 飲む食べる | Trackback | Comments(3)
最近、シャツやブラウスの前だけをスカートやパンツの中に入れるという着こなしをよく見かけます。
こういうのね↓↓
b0019674_00361257.jpg
なんで前だけ入れて、後ろは出しっぱなしにするのか。どうも不思議な感じがしていたので、私は絶対やらないと思ってました。

ところが、ですね、うっかり買ってしまったブラウスとスカートが……
ブラウスの後ろも前も全部入れてしまうとなんかヘン。全部出してしまうのもバランス悪い…
こんな感じ↓↓
b0019674_00393167.jpg
それで…ですね、なんだかやっぱりこれは、前だけイン、というのもやってみてもいいかも、なんて考えてですね、はい、やってみたわけなんですよ…
はいこれ↓↓
b0019674_00403434.jpg
おお、これは!! なかなかいいじゃん、と思って出かけました。
後ろが出てるのは気にならない。前だけ入れると、スカートのベルト部分がリボンになっているもちゃんと見えて、なかなかいいではないですか!

そして、出かけて帰ってきたところ、夫が一言

「上着の前が、中に入ってるぞ」

「……」

「入ってるぞ」(明らかに、「直せば?」というニュアンスで)

「これは、入れてるの! わざと!」

「ふーん」

……。
まあ、この着こなし、オジサンにはわかるまい。私だってこのシャツを買うまでは絶対やんないと思ってた着こなしですしね。
でも、5年後に見たらどう見えるのかな。

ファッションとは、ほんとに難儀なものよのう…。



[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-01 00:47 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)