漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
今日(9月4日)は、NHKのごごナマに出演してきました。
セスキ炭酸ソーダを使ったおそうじの仕方指南です。

司会は船越英一郎さん、美保純さん、阿部渉アナウンサー。今日のプレゼンターは池田伸子アナウンサー。
ゲストはメイクアップアーティストのピカ子さんと、増田明美さんでした。

セスキ炭酸ソーダは、ほんとに楽ちん掃除にぴったりの洗浄剤です。溶けやすいので、水に溶かしてスプレーボトルに入れて汚れに吹きかけて使います。今日のスタジオでも、汚れがするする落ちるのでみなさんびっくりしてました。

それで、ですね、セスキ炭酸ソーダのタグをつけた記事なんですけど、特筆すべきことがありまして…。
今回は、私がピカ子さんにメイクしてもらうという企画がありまして!

やってもらいました!! すごかったです!! 魔法、魔法!!
いや~~、本人もびっくり!

でも、たぶん、こっちが真実の私!いつものぼさぼさ髪でフェイスラインがだらっと垂れている覇気のないおばさん顔の人は、私じゃない!あれは仮の姿!
この、メイクしてもらったほうが、真実の私!……だと思いたい…。

収録のあと、写真を撮っていただきました。ブログに出してもいいですか、とお聞きしたら、みなさん快く承諾してくださいました。ありがとうございます!!
b0019674_23043600.jpg
(美保純さんがいらっしゃらないのが残念です…。お忙しそうだったので、お声をかけずに帰ってきました。返す返すも残念!)

番組では、バケツや換気扇や鍋をピカピカにしたんだけど、私もピカピカにしていただきました。ありがとうございました!


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-09-04 23:08 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(6)

二度寝とマスク

今朝は7時に目が覚めて、二階の寝室からリビングに降りてきました。
そこでちょっと横になっていたら……二度寝してしまい…

ピンポーン♪
あれ、誰だ? 
インターホンのスイッチを入れると……そこには友達の顔が!
「おはようございま~す、お迎えにきました~」

「ゲエエエエッ!! ご、ごめん、いま起きた!!」と、慌てて玄関へ飛び出すと、友達が「5分、10分くらいなら待てますよ~」と言うのです。
そう、お出かけの約束をしていたのに、その時間に寝ていたという、最悪の展開!

「ちょっと待ってて!!」と家へ飛び込み、二階に走り、目についた一番上にあった服をダダッと着て、シャカシャカ歯を磨いて、髪をゴムで縛り、財布とスマホをバッグに入れて飛び出したら、友達が「すごい!! ほんとに5分で出てきた!!」とびっくりしてました。

ノーメイクで、髪もぼさぼさなんだけど、友達が「うちの車には娘(がノーメイクで出かけるとき)のためにマスク用意してあるから!」と言って、一枚くれました。はい、マスクつけて出かけてきました。

それにしても、寝起きから5分で家を出られたなんて、自分で自分をほめてあげたい。いつもの寝起きの悪い私からは考えられない快挙で、今年一番と言ってもいいくらい特筆すべき出来事でした!

ああ、それにしても、マスクがあってよかった…。ずーっとマスクして歩きました。これはこれで楽ちんではありましたが。せめて髪の毛はもう少しまとめておけばよかった…。


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-09-02 23:25 | つれづれ日記 | Trackback | Comments(0)
アクアアドバイザーの話が続きましたが、今日はセスキの話。
汚れをラク~に、きれいに落とすことができるセスキ炭酸ソーダの使い方の実例を出しましょう。一見関係なさそうな猫の写真ですが、ムフ子のおなかみたいに白くきれいにしたいところがありまして。
b0019674_00303300.jpg
実は、台所の食器棚がかなり汚れてたんですよ。お酒とかはちみつとかを収納しているところですが、料理酒とか使った後すぐに戸棚にしまうと、ちょっと垂れてたりするんでしょうね。べたべた汚れていました。
b0019674_00390605.jpg
汚れているところへセスキ水をスプレーしました。シュッシュッと、数回スプレーして、乾いた雑巾で拭いてみました。
b0019674_00391787.jpg
雑巾で一回軽く拭いただけでこんなに汚れが取れました。雑巾の中に赤い斑点というか、ピンク色になっている部分がありますが、これは絵の具です。絵を描くときに筆を拭いたりして、その色がついて染まってしまったんですね。これは漂泊しても落ちなかったので、もうこのまま模様として使い続けるつもりの雑巾です。
b0019674_00392739.jpg
汚れたところを数回拭いたら、元のきれいな白色の棚になりました。雑巾にもこんなに汚れが移って、こんなに汚かったんだー…と、ちょっとびっくり。
見た目はうっすらとした汚れでも、広い範囲にあって、それをふき取ると雑巾真っ黒、真っ茶色になりますね。

所要時間、、、、えーと、数分ってところでしょうかね。すぐキレイになって、ごしごしこすることもなく、手間いらずでした。
セスキ、やっぱり便利です!みなさんもぜひ!セスキ掃除は簡単便利、しかもきれいになりますからね!

セスキ炭酸ソーダ…100均やドラッグストアでお尋ねください。アルカリウォッシュという商品名でも売られています。




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-09-01 19:30 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
アクアアドバイザーの講義を受けて資格を取ろう、と思ったのは、数年前からだったのですが、いろいろ忙しくてのびのびになってました。今年になってから正式に申し込みをして、8月に集中講義。これが面白かったし、私の家族にも役立つ情報を得ることができて、すごくよかった!
b0019674_23563144.jpg
写真はSOLAN DE CABRAS(ソラン・デ・カブラス)、 SAN BENEDETTO(サン・ベネデッド)、 HILDON(ヒルドン)

授業内容は多岐にわたり、中でも私が「受けてよかった!」と思ったのは、ミネラルの働きを詳しく教わったことです。
体組織を作るもの…カルシウム、リン、マグネシウム・・・から始まり、筋肉や神経の収縮、興奮を調節するもの…ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム…
など、体の中でミネラルがどういう働きをしているかを習ったのは、大きな収穫でした。


なんとなく、ミネラルは体にいいらしい、というのは漠然とした知識で持っていても、具体的に「このミネラルが、筋肉の収縮を促す」ということがわかると、いま筋肉が弱っている夫に「よし、この水を飲んでもらうか」なんて、ちょっと思ったり。(まあ、薬じゃないので病気を「治す」というわけではなく、「体にいい」というサプリメント感覚で)

日本は軟水の国なので、水でミネラル補給とか全く考えたことがありませんでした。
でも、海外の高硬度の水だと、日本の水の10倍20倍、下手すると100倍くらいのミネラルを含む水もあります。
(ミネラルによります)

そこまでミネラル分が高いと、確かにサプリメントと同等の効果は期待できます。それに水分補給とミネラル補給が同時にできるって、すごく便利。

これからもミネラルウォーターを知って、味わって、役立てていきたいです。

TDSのことも書きたかったのに、それはまた後で。
TDSって、東京ディズニーシーのことじゃないですよ、Total Dissolved Solid 総溶解固形分 のことです)



[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-09-01 00:03 | 水のソムリエ | Trackback | Comments(0)
水のソムリエとして、硬水や軟水について、いろいろ知らねばならないことがたくさんありました。
私も、水環境については詳しいつもりだったけど、水の硬度を計算する式とか、ミネラルウォーターの法的な定義とか、どのミネラルが細胞の中のどこに関与するか、などは勉強しないと知らないことばかりでした。

そういうことを集中講座で勉強したおかげで、ミネラルウォーターのラベルをじっくりみる癖がつきました。

b0019674_00352650.jpg
これが昨日紹介したHePAR(エパー)のラベル。成分が書いてあります。
この中で硬度を計算するのに使うのは、一番上のマグネシウムと、5番目のカルシウム。「水の硬度」って、味や人間の体に与える影響を測るために考案されたのではなくて、もともとは石けんの泡立ち、溶けやすさを示す指数として考案されたのです。

水の中のマグネシウムとカルシウムは石けんと結びついて石けんカスを作ります。MgとCaが多ければ、石けんがどんどん石けんカスになって、洗浄に使われる分が減ってしまいます。昔は洗浄剤といえば石けんしかなかったのだから、工業製品や衣類の洗浄にしても、水にどれだけMgとCaが含まれているかを知ることが、すごく重要だったのです。(このへんは、石けん本の著者として、すでに知ってましたよ~。エッヘン)

でも、この式は知らなかった…↓↓水の硬度を知るための計算式ですね。
Ca×2.5+Mg×4.1 mg/L 
この式を覚えるのに、どうしよう…覚えきれない…と悩んだ私は、はい、例によって語呂合わせで覚えることにしました。
Caはカルシウムと読みますが、文字通りシーエーと読むと、キャビンアテンダント(CA)のこと。訓練を受けているのでCAの方たちは、ふつうの人の2.5人分働く。うむ、これだ!

Mgも、マグネシウムと読まずにそのままエムジーと読むと、私の年代だとエムジーファイブ(MG5)という資生堂の整髪料を懐かしく思い出します。これと4.1をどう絡ませるか…。

しせいどう、だから最初の「し」をとって4、うん、いいぞ! そして「てん、いち」はどうしよう。エムジーファイブの5より小さくて、しせいどう(4)より大きい数字。ええい、とにかく4.1だ!!(ご、強引…)
とまあ、こういう風に覚えるといいよ、と同期の生徒さんに話したら、「その文章覚えるほうが大変です」と言われて、ま、まさにその通り!!

と思いましたが、その一連の会話の流れが頭に入り、ええ、覚えてます。今もこの式、何も見ずに書きましたから!

こうやってブログに書くと、またこれも記憶の定着に役立つんだろうな、と思います。
ずっと覚えておかないとね。




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2017-08-31 01:20 | 水のソムリエ | Trackback | Comments(0)