「ほっ」と。キャンペーン

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko
一昨日の記事、「シャリを残す人への批判への反論への提案」は、なかなか反響が大きく、けっこういろんな方から「このやり方で刺身を食べると美味しい!」と言われました。

お刺身を、カンタン酢(ミツカンから出ている甘い味のついたお酢)とか寿司酢に軽くひたしてから醤油とわさびで食べるというやり方です。一昨日はあの記事を書いたら刺身が食べたくなって、さっそく買ってきて食べました。
b0019674_3121644.jpg

いや~、美味しかったなあ…。
魚と酢って合うんですよねー。

ほら、しめ鯖もお酢で〆るわけだし、煮魚を作る時も梅干しを入れて煮ることがあるし。お寿司も魚の味を引き立てるための酢飯だと思うし。

魚の生臭さの原因物質って、アルカリ性なんだそうです。そこにお酢がかかれば中和されて臭みが消えるのでしょう。軽くお酢をつけたお刺身は、確かに生臭さが消えてすっきりさわやかな味になります。

寿司酢やカンタン酢のように甘味が入っているのも、コクが出て美味しく感じます。もううちではお酢なしでお刺身は食べられないな、と言うくらいです。

2~3年前から夫が魚を食べると生臭いとか背中発疹が出たり、体中がかゆくなったりしていたので、ずっと魚を食べていなかったんだけど、お酢を使うようになったら魚をバリバリ食べています。

なので、この一か月、いつもより魚の消費量が増えてます!青い魚には以前からアレルギーがあったので、それは無理だけど、白身の魚とかタコとかならOK。よかった、よかった。

包丁を自分で研ぐのもできるようになったし、よく切れる包丁で刺身を作るのは、ホント楽しいです。


.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-12-31 03:33 | 飲む食べる | Trackback | Comments(2)
最近、糖質制限ダイエットをやる人が多い。お米やパンなどの炭水化物を控えるという食事療法だが、お寿司を食べに行って、ネタだけ食べてシャリを残している写真がネット上に出回り、大批判が巻き起こっていた。

お米を残すとは、なんてもったいないことをするんだ! ネタだけ食べるくらいなら刺身を頼めばいいじゃないか! という、もっともな批判に対して、霧島輝星(きりしまきらら)さんという20代の女性が反論している。この反論を読んでみたら、これがものすごく面白かった。以下、私の感想。

***************
霧島さんは「私は体調管理と体形維持のためにシャリを残しています。それをもったいないと批判するなら、ラーメンのスープを残すことはどうなのか?と言っています。

確かに、ラーメンの場合、スープを全部飲むことは健康のために控えている人がたくさんいます。高血圧で高脂血症の夫は、塩分や脂肪の取りすぎにならないよう、わざわざ主治医に「ラーメンのスープは全部飲まないで半分残すとかしてくださいよ」と言われたくらいです。

これに対して「お米とラーメンのスープは違う」「お米は一粒に八十八の神様が宿っている神聖な食べ物だ」といった再反論もあります。

でも、お米を作るのにものすごい手間がかかっているから粗末にするな、と言うのなら、ラーメンのスープだって、作り手側がものすごく考えて精魂込めて作っているのですから、同じく、どちらも捨てるにはもったいないし、粗末にしてはいけないものです。

私はこの視点に関しては、霧島さんに対して反論できませんでした。おっしゃる通りです、シャリを残すのを批判するなら、ラーメンのスープを残すのも批判しないと、公平ではないです。

しかし、彼女のもう一つの意見に関しては、私は別の感慨があります。

霧島さんはもう一つ、こんなことを言っています。
「ここまで説明すると、必ず出てくる反論があります。『寿司じゃなくて刺身を食べろ』です。わからないかもしれませんが、寿司と刺身は別物なんです。私は寿司として出されたネタが好きなんです。ほんのりわさび、ほんのり酢の移り香、その双方がネタから醸す味は、刺身からは得られないのです。」

これを読んで、私は思わず「おお!!」と、声が出ました。確かに、お刺身と寿司ネタは味が違う!! 特に気にせず食べていたけど、お寿司のネタには寿司飯の酸味と甘みがほんのり移っている!!

ということは、お刺身に寿司酢をつけて食べるとおいしいのではないか??

はい、やってみました。

刺身を食べるとき、うちにあったカンタン酢を小皿に入れて準備。(寿司酢でもいいけど、うちになかったのでね)
b0019674_15371345.jpg

手前の四角い小皿の左側がカンタン酢です。
お刺身をこの甘いお酢の小皿で軽く洗うようにして、それからお醤油とわさびをつけて食べると……

う、うま~~~~~~~い!!
美味しい~~~~~~~~!!

味がさわやかになって、しかもコクが出て、本当に旨い!!

本当に、本当に、旨い!! 魚の旨味が舌の上で絡みつく!!

霧島さん、ありがとう!! あなたのおかげでお刺身をさらにおいしく食べられるようになりました!!

ってことは、霧島さん、あなたも小瓶に入れたカンタン酢を持っていけば、回転寿司屋さんでお刺身が頼めますよ! これさえあれば、シャリを残すなんてことしなくても、酢と甘みがほんのり移ったおいしい魚が食べられますから!!

そして、全国の回転寿司屋さんにお願いがあります。カンタン酢などの調味料を持ち込み可、にしてくれるか、もしくは小袋で出して欲しいということです。

ほら、ワサビの小袋が別に出てくるお店があるでしょ、あれと同じように、寿司酢の入った小袋が標準装備で出てくればありがたいです。そうすれば、「お寿司の味の移った魚が食べたい」という人が、シャリを残さずに済みますから! 

この件、オフィスユーに連載中のグランマ!にも書いてます。今、絶賛発売中です! 読んでね!

追記
寿司酢か、カンタン酢か、どちらでもおいしいですが、私の好みはカンタン酢かなー。夫は寿司酢か、むしろ何も入ってないお酢だけ、というのも好きだそうです。



.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-12-29 15:43 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
クリスマスらしいことは一切していない今年。
ちょうど甘いものがほしいと思っていたのでケーキを焼くことにした。

作りなれたスポンジケーキ。生クリームを塗ってイチゴでものせよう、とスーパーへ行くとイチゴが全然なかった。なんで??

クリスマスのケーキは市販品のほうが華やかだから手作り派より多いと思うんだけど、意外に手作り派が台頭しているのかも?

それともただ単にイチゴを食べるだけなのか、どっちなんだろう? イチゴを使ったデザートとか、フルーツパンチとか、そういうのを作っているのかなあ?謎のイチゴ売り切れ事件であった。

ところで、それは置いといて…。
作りなれていたと思っていたスポンジケーキだけど………、大失敗してしまった。

オーブンの温度設定が、うちのはもう古い機種なので数字が出るのではなく、ダイヤルで合わせる方式。これがちょっと高すぎて、出来上がったらものすごく焦げ色がついて、全体がほとんど黒に近い焦げ茶色。肝心の味は……

小麦粉が古くなっていて、ですね。半年くらい前にあけた小麦粉なんだけど、今年の夏を越したそれは、かび臭くなってて…
ま、、、不味っっっっ!!

いや、小麦粉の袋を開けたときはそんな感じはしなかった。でも、泡立てた卵と合わせて、小麦粉に湿気が移ったあたりからちょっと「ん?」と、不審な感じはしてたんですよ。

でも、これはもしかしたら砂糖のにおいかも?(ちょっと違う砂糖を使ってみたので)とか思って、型に流し込んだわけです。オーブンの予熱はすんでいるし、あとはオーブンに入れてスイッチオンするだけですよ? やめないよね、焼くよね、そのまま。

で、焼き上がりの時間も、25分~30分とレシピにあったのに、型が大きいから35分にしたら……。結局、設定温度も高いし時間も長すぎるしで、黒焦げ寸前の焼き上がりになってしまった。そしてかび臭い。

これは食えない…。ケーキ好きの私でも、これは捨てるしかなかったです。
明日リベンジしなければ。明日はうまく焼きあがるはず!>ご近所さん、いらっしゃ~い♪


.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2016-12-24 19:48 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)