漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

石鹸の溶かし方

部屋干しのニオイをなくすにはどうしたらいいのか、いろいろ聞かれます。

煮洗いも効果的だし、除菌・殺菌剤、漂白剤を使っても、一時的には効果があります。

でも一番いいのは、衣類やタオルに皮脂汚れを残さないこと。汚れをしっかり落とすこと。

そのためには合成洗剤でも粉石けんでも液体せっけんでも、よ~~~~~く溶かすことが大事です。

そんな手間かけるなんて嫌だ、と思っている人でも、一回でいいですからやってみてください。違いに驚くはずです。

さて、そのやり方は、空の洗濯機にぬるま湯(できればお風呂の残り湯30度~40度くらいあるといいですが、最低でも20度はほしいです)をためて、粉石けんでも液体せっけんでも合成洗剤でもいいので入れて、10~15分攪拌する。これだけです。

やり方は私の本にも詳しく出ていますが、私のサイトにも画像付きで出ています。
赤星コム←ここをクリックして、赤星コムのトップページへ飛んでください。

b0019674_23045070.jpg
↑↑トップページの画面の上にメニューバーがあります。その中の「エコ・石けん画像」をクリック。

↓↓すると、下のような画面になります。
b0019674_23100705.jpg
左側のメニューの中の、「アワアワ洗濯」をクリックすると、縦型全自動洗濯機での粉石けんの溶かし方が出てきます。

粉末の合成洗剤でも同じです。液体洗剤でも、事前に溶かすことを強くお勧めします。液体だから溶けていると思っている方も多いのですが、液体洗剤、液体石鹸は、濃度が高く、どろりとしているのでなかなか溶けないのです。

とにかく、液体だろうが粉だろうが、よく溶かしてください。
上記のページでは3分ほど攪拌とありますが、あのページを作ったのが10年以上前で、当時の洗濯機はまだ攪拌力が強かったのです。

最近の洗濯機は攪拌力がとても弱いので10~15分は攪拌してみてください。

とにかく!洗いあがりが全然違ってくると思います。
思ったほど変わらなかった、、、という方は、まだいろいろコツがありますが、それは私の本にも書いてありますので、ぜひご覧ください。図書館で借りたり、人に借りてもいいですから!

とにかく、ニオイのないバスタオル、衣類で、快適に過ごしてもらいたいのです。頑張ってください。

セスキ&石けんでスッキリ快適生活

きれいに暮らす簡単石けん生活―洗濯物が真っ白、台所ぴかぴか…シンプル家事のすすめ

赤星たみこの石けん達人 
(漫画です。kindle版もあります)

気持ちよく暮らす簡単家事生活



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-14 19:32 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)
日本の洗濯機は世界一攪拌力がソフトだと思います(個人の感想です)。
さらに、最近の洗濯機は節水機能も付いています。

新しい製品は古い製品の欠点を解消したものである、と思っていませんか?
いえいえ、そんなことはありません。

新発売の最新の機能がたくさんついた洗濯機だからきっと大丈夫! と思って使い始めると、衣類がどんどん黒ずんで来たり、今まではにおわなかったのに、ニオイが出るようになった、という悩みをよく聞きます。私のサイトや個人メールには「ニオイがとれない、どうしたらいいでしょうか?」という相談や質問がよく来ます。

そんな時は、答えは二つ。
衣類を入れる前に洗剤をよ~~~~~くとかしてから入れること。
入れる衣類の量を半分以下にすること。

よ~~~く溶かすと、それだけで問題が解決することもあります(縦型全自動の場合)。

でも斜めドラム式などの、極端に節水に走った機種だと、衣類を半分以下にすることも大切です。それだと節水にならないじゃないか、と批判も受けるんですけどね、洗濯って、衣類の汚れが落ちてなんぼ、でしょ。汚れが落ちない洗濯機って、ただの水の無駄遣いです。いくら節水しても、無駄に使った水ですよ、それは。ちゃんと汚れが落ちるように使ってこその洗濯機です。

衣類を入れる前に石鹸や合成洗剤をよ~~~~~く溶かすこと、ってどうやればいいの? という質問もよく受けます。

明日、とりあえず書いてみようと思いますが、ぜひ、私の本を図書館でいいですから、借りて読んでみるのもいいと思います。どの本にも丁寧に書いてあります。

セスキ&石けんでスッキリ快適生活

きれいに暮らす簡単石けん生活―洗濯物が真っ白、台所ぴかぴか…シンプル家事のすすめ

赤星たみこの石けん達人 
(漫画です。kindle版もあります)

気持ちよく暮らす簡単家事生活



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-13 19:25 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)

石けんの話、続きです

うちのバスタオルは体を拭いても嫌なにおいがしません。
それも2回、3回と使っても、まったく嫌なにおいがしないのです。

体をふいたバスタオルを脱衣所のタオル掛けにかけておくと、翌日はからりと乾いていて、無臭だしふんわりしているし、何度も使っています。が、それを言うと「うわ~、信じられない!」「臭くないの??」と驚かれることがあります。

バスタオルは臭うものだ、と思い込んでいる人が多くてびっくりしています。

もうずいぶん前のCMですが、ある合成洗剤のCMで、「部屋干しするとにおいませんか? あれは落ちきれなかった皮脂汚れにバクテリアが繁殖して臭うのです」というセリフがありました。

そう、皮脂汚れがちゃんと落ちていれば、バクテリアも繁殖せず、ニオイも出ないのです。
うちのタオルが臭くないのは、ちゃんと汚れが落ちているから。

それは、石けんをよ~~~~~~~~~く溶かしてから洗濯しているから。

石けんでも合成洗剤でも、よ~~~~~~く溶かしてから洗濯すると、汚れ落ちがものすごくよくなります。
よく溶かした石けん液で洗濯したバスタオルは、ふんわりしてにおいもなくて、お風呂上がりの体の水滴をスッと吸い取ってくれて、体がさらりとします。

バスタオルから合成洗剤の香料や柔軟剤の香料がいい香りが漂っていても、体をふいて濡れると、なんだか嫌な臭いがしてくる…。そんな経験はありませんか?

乾いた状態だとわからなかったニオイが、濡れるとパーッと立ち上ってくるのです。

でもね、汚れがちゃんと落ちていると、においません。
洗剤を変えたり、漂白剤や消毒液や殺菌剤を使うより、洗剤や石けんをよ~~~~~~く溶かすことのほうが絶対に効果ありますからね!



[PR]
by akaboshi_tamiko | 2017-04-10 23:48 | 石けん/洗濯 | Trackback | Comments(0)