漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

簡単着物で簡単お出かけ

仕事が一段落して、ようやく気持ちが落ち着いたので、いつものジャージとかスゥエットとじゃなくて、ちゃんとした服でご飯食べに行こうと思い立った。

ちゃんとした服、というのが…。これが無いんだなあ…。
ここ数か月の不摂生、というか、歩かなさで(骨折してたからね)、体脂肪率グンと跳ね上がり、服が入らない。

というわけで黒いウールのチェックの着物を着ることにした。
着物も、ちゃんと帯を結ぶと苦しいので(体脂肪率が~~~…)、帯ではなくベルトにしてみた。
b0019674_00572122.jpg
このベルトも、伸縮性のあるベルトなので楽ちん。
着物にベルトだけだと後姿がちょっとやばいので、羽織を着ることに。羽織紐は友達にいただいたもので、超かわいい天然石のもの。

足元はブーツにした。
外は小雨で寒いし。草履だと防寒にならない。
b0019674_00572654.jpg
期せずして、全部チェックになっている。羽織も着物もブーツもチェック。
あ、バッグもチェックだった。
b0019674_00573128.jpg
別にそろえようと思ってそろえたわけではないんだけど、全部チェックのコーディネート(したわけじゃないのに、うっかりそろった)。

太いベルトを帯代わりにつけると、ほんと楽ちん。着るのも早い。帯結びも慣れているとは思っていたけど、それよりベルトのほうが断然ラクだ。

半襟は 刺繍和小物の富士商会の、ペタコさん作。
それから、着物と羽織はペタコさんにもらったもの。(換気扇掃除のお礼として! エビで鯛を釣ったね!)

ほんとは半襟はバラじゃなくて幾何学模様にしようと思ってたんだけど、付け替えるのが面倒で、手近にあった半襟つけっぱなしの襦袢を着たのだった。今度はちゃんと幾何学模様のにして写真撮るぞー。

********************
セスキ・石けん・過炭酸塩で清潔暮らし
辰巳出版より12月14日発売です! 価格:税抜き900円
よろしくお願いいたします!
b0019674_01470085.jpg


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-12-12 01:33 | キモノ | Trackback | Comments(0)

日本水大賞委員会でした

今日は来年度の日本水大賞の第一回委員会だった。
(第一回といっても、日本水大賞は1999年から始まった歴史と権威のある賞で、今回は来年度の第21回水大賞へ向けての一回目の会議、ということです。)

私は第一回から審査員を拝命し、途中から委員に昇格し、今は審査員と委員を兼任している。

日本水大賞の名誉総裁は秋篠宮殿下(来年は皇嗣となられる)という、権威のある賞だ。

権威の高さというと、この賞は大賞だけでなく、国土交通大臣賞、環境大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、文部大臣賞、経済産業大臣賞と、6省の大臣賞があり。6省の大臣賞があるのは、確か、日本ではこの日本水大賞だけだったはずだ。
(このほかに市民活動賞、国際貢献賞、未来開拓賞、審査部会特別賞という賞もある)

と、権威づけを長々と書いたのは、日本水大賞の知名度が、一般の方たちにはまだまだ広まっていないのではないか、という懸念があるからだ。

環境関連の活動をしている人たちにはずいぶん広まってきたけれど、それ以外の人たちにももっと知ってもらいたい。
時々水大賞関連の記事を書くのはそういう思いから。

と、高尚な思いもあるのだが、今日は委員長の毛利衛さんから、いろいろ面白い話を伺ってきた。会議のあとの懇親会なので、いろいろ出る出る。すげー面白かった!

毛利先生以外の委員の方たちも、大学教授、環境や水関連の研究所の所長、理事、技術顧問といった専門職の方ばかり。
普段付き合う漫画家や出版関連の人たちとは全く違う世界の人たちで、懇親会の話は超面白かった。特に、有名な学者の先生の裏話とか…。

が、書けない話も多くてね…。どの業界も、内部の話は超面白いんだな、と思った夜だった。
(結局何にも書いてない。思わせぶりな記事になりました。すみません)てへっ



[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-12-10 23:19 | 水大賞 | Trackback | Comments(0)

鉄の卵と茄子とリング

ここ何か月か、私は鉄分をたくさん摂っている。

もともとは、ためしてガッテンでやっていた 肌の輝きの決め手は 赤血球の色!という特集を見て、鉄分摂ろう!と思ったからだった。

番組では、食事で摂る方法(鉄分豊富な食材)を紹介していたけれど、食材だけで摂るのは大変。それで、鉄なべや鉄瓶、鉄のフライパンなどを使うと、料理の中に鉄分が溶け出して摂取する鉄分量も増えるというのも紹介していた。

おお!うちには鉄瓶あるぞ!
b0019674_23413334.jpg
うちで使っている鉄瓶。(でもこれは冬しか使ってなかった)
あと、鉄のフライパンと中華鍋を使っているが、調理全部をそれでやるわけではない。ステンレスの鍋やアルミの片手鍋などが多い。

そこで、鍋に入れる鉄のリングをネットで買ってみた。
b0019674_23422271.jpg
これがそのリング。これを鍋に入れて普通に味噌汁や煮物を作ると、味は全然変わらず、料理に含まれる鉄分の量がすごく多くなるという。
実際作ってみたけど、味は変わらずだった。

b0019674_23413891.jpg
それから鉄の卵と茄子
左のヤカンに入っている卵は、もともと使っているもの。もう20年以上使っているけれど、コーヒーを入れるときは口の細い小さいヤカンを使っている。なので、コーヒーヤカン用に茄子型の鉄を買った。

ネットでこのリングと茄子を買ったのが9月の終わりか10月アタマくらいだったかな。
いつになく鉄分が多い生活がだいたい2か月続いているわけだけど、怒涛の11月(睡眠時間3~4時間というハードワーク)を乗り切れたのは、鉄分のおかげかもしれない。

以前、取材した更年期外来の病院の先生がおっしゃっていたのは、鉄分の重要性だった。
更年期障害で来院した女性に、詳しく血液検査をして、ホルモン剤ではなく鉄分を処方すると体調がよくなることもあるとのこと。女性はどうしても鉄分が不足しがちで、もともと疲れやすいし、冷え性にもなりやすいとのこと。

というわけで、今月はあったかいせいなのか、鉄分のせいなのかわからないけど、びっくりするほど手足が冷えない!!
今までのひどい冷え性が嘘みたいに、ほんとに冷えない!

鉄分、おそるべし!
鉄道オタクの鉄分はゼロだけど、血液中の鉄分は、いま多いはず! 
調理器具だけで鉄分摂取量が増えるので、鉄卵、鉄茄子、鉄リング、便利でおすすめです!


追記
鉄の過剰摂取は弊害もありますので、気を付けてください。
サプリメントも併用すると過剰摂取なるかもしれません。
また、調理している鍋に鉄のリングを入れっぱなしにしないようにしてください。

閉経前の女性は過剰摂取になるのはあまりないらしい(失血で過剰な鉄分が失われるため)が、男性は過剰摂取になる可能性があるので、鉄の高濃度サプリメントと併用しないでください。
閉経後の女性も、鉄の高濃度のサプリメントと併用しないでください。

******************
セスキ・石けん・過炭酸塩で清潔暮らし 12月14日発売、税抜き900円
よろしくお願いいたします(-人-)


b0019674_11541449.jpg


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-12-07 00:37 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)
イラスト300点越えの超わかりやすい石けんとセスキの本が辰巳出版より発売されます!

悩んでいたニオイや汚れも簡単スッキリ!
セスキ・石けん・過炭酸塩で
  清潔暮らし
 
b0019674_11541449.jpg
発売日:12月14日
価格:税抜き900円(税込み972円)

「すごーい!魔法みたい!」とか「まるで魔法のように汚れが落ちる!」というのは、ほんとにわたしの石けんやセスキを使った掃除・洗濯を見た人の言葉です。

魔法使いになるには石けん、セスキ、過炭酸塩をよく知ること!
その指南書がこの本です!

すごくわかりやすくて、掃除と洗濯が楽になると、関係諸氏からお褒めの言葉をいただいています。

それから、セスキや石けんって、ペットにも安心ですから、こんなイラストも入ってます!
b0019674_22474897.jpg
…いや、このイラストは、私が掃除もせずに猫とだらだらしています、というイラストでした…。ずぼらで何にもしなくても、いざとなったらすぐ汚れが落ちるんです。

12月14日、書店でどうぞお買い求めくださいませ!
よろしくお願いいたします!


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-12-03 20:54 | Trackback | Comments(0)
今回の本で描いたイラストの中で一番のお気に入りはこちら~。
My favorite illustrations are here.
b0019674_20451440.jpg

猫が吐いた毛玉の掃除やトイレの掃除はけっこう憂鬱。でもセスキがあればすぐにきれいになります。
そんな簡単掃除のやり方を紹介する本を書きました。

タイトルは
悩んでいたニオイや汚れも簡単スッキリ!
セスキ・せっけん・過炭酸塩で
 清潔暮らし
発売日は12月14日です! (辰巳出版社より)
セスキだけでなく、過炭酸塩と石けんの使い方も詳しく書きました。

洗濯するとき、衣類を入れる前に洗剤の溶かしこみをやると合成洗剤で洗ってもニオイや汚れがよく取れます。
柔軟剤を使わなくてもふんわり柔らかく洗いあがります。

合成洗剤で溶かしこみに慣れたら、次は石けんに変えてみると、さらに汚れ落ちがよくなります!
いきなり石けんはハードルが高い、という人も多いので、まずは合成洗剤で「溶かし込み」。

b0019674_22540381.jpg
石けんでも合成洗剤でも、よ~~~くとかして洗うと、ほんときれいになりますから!
タイトルは
悩んでいたニオイや汚れも簡単スッキリ!
セスキ・せっけん・過炭酸塩で
 清潔暮らし
発売日は12月14日です!(辰巳出版社より)
よろしくお願いいたします!

Translation for my American, English and, Canadian friends:
(Please excuse my poor English!)

We have to clean our cat’s litter box; it is so depressing. Luckily, we have sesquicarbonate! It is very useful when cleaning!

I have written a book about how to clean your house and clothing. (I drew over 300 illustrations in 2 weeks!)

In a few days, I will announce the title, price and, release date. Please be patient.

Not only did I write about sesqui (sesquicarbonate) but, I wrote about sodium percarbonate and soap too! (soap referring to soap, not detergent.)

If you dissolve the soap completely, fabric softener becomes unnecessary.

“Dissolving detergent or soap completely” will bring you a comfortable life! Your towels will be soft and fluffy and, will not smell.
[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-12-02 23:06 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)