漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

梨のコールスロー

梨は秋の味覚だと思うけれど、今年はまだ暑いうちから梨が出ている。
ありがたい。さっそく梨のコールスローを作った。
b0019674_20582902.jpeg
コールスローとかサラダにリンゴを入れるのは割とよく聞くけど、梨は出回る季節が限られているせいか、よく驚かれる。でも、みずみずしくて甘い梨は少し入れるだけで爽やかな甘さのサラダになる。

前にも書いたけど、私はサラダに砂糖を入れるのはなんとなくイヤだけど、果物を入れるのは大好きなのだ。

作り方をよく聞かれるので写真撮ってみた。
b0019674_21422741.jpeg
キャベツの千切りと梨。キャベツは葉が3〜4枚。梨は丸ごと一個だとちょっと多いかな。この梨は甘かったので4分の3くらいにした。
b0019674_21424087.jpeg
梨も千切り、と言うかザク切りでもオッケー。口に入れたときあんまり大きくなければ大丈夫。
b0019674_21425719.jpeg
マヨネーズを適当に入れ、塩胡椒で味を調える。味をみて、よく混ぜれば出来上がり。

今夜はこのほかに新野特製ジンギスカン。マトンを買ってきて適当に味をつけて、野菜を同じタレで炒め煮したもの、生椎茸の岩塩焼きも。
b0019674_21520551.jpeg
ジンギスカンと野菜がコッテリしていたので、梨のコールスローがさわやかないいアクセントになって、美味しい晩御飯でした。

梨のコールスロー、友だちの目白花ちゃんは、タマネギと梨とか、ホタテを入れたりしてるそうです。ホタテ!美味しそう!
今度やってみよう!

みなさんもぜひ!






[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-29 21:55 | 飲む食べる | Trackback | Comments(0)
骨折してほぼ4週間、ギプス生活が続いている。

本来なら松葉杖だが、シルバーカーを使って移動することにした。これが超便利で、松葉杖を使うより移動も楽だし、両手が使えるのも便利。

しかし、シルバーカーならどれでもいいわけではない。
最初に使い始めたものが奇跡的に私の体格にピッタリだったのと、作りも良かった。

脚を乗せて移動するために使うなら、車輪の幅が重要。
というわけで、使い方心得を。
b0019674_20525068.jpeg

こういうシルバーカーは、車に乗せて運ぶ事もあるだろうから、折りたたみできるようになっている。なので、前輪と後輪、どちらかの車輪幅が広く、片方は狭くしてあり、たたんだ時に間に収まるようになっている。

私が買ったのは座面側の車輪幅が狭くて、脚を置きやすかった。

ところが、昔、義母用に買ったものが納戸の奥から出て来たのだが、これは座面側の車輪幅が広いタイプ。これは使いにくかった!しかも座面の高さが高すぎた。
b0019674_20533055.jpeg

私の使い方はあくまでも変則的なものなので、もし同じように使いたい方がいらしたら、自己責任でお願いします。
決してメーカー推奨の使い方ではないし、ほんとに数センチの高さの違いでも使い心地や安全性、危険度は全然変わってきます。

私はたまたま、いい具合に体に合ったものを奇跡的に見つけただけですので、即真似をすると危険です。

しかし……、
本音を言えば、メーカーがこういう場合に使えるカートを作ってくれないかな、とも思います。ほんとに便利だったのでね…

足が治っても、将来またこのシルバーカーを、今度は本来の使い方で押して使うと思います。それまで傷まないよう手入れして保管しなくては。



[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-24 23:57 | 健康/美容 | Trackback | Comments(0)

水のソムリエ懇親会 

私の所属しているアクアミネラーレ協会主催の懇親会が7月7日に開催されました。
その様子がアクアミネラーレ協会の公式サイトにも掲載されたのでお知らせします。

↓クリックして、内容を見てください。楽しい様子が出てますから!

いや~、楽しかった!
水を何種類か用意して、その水のテイスティングをしたり、コーヒーを東京の水道水と、コントレックスとでいれて、味の違いをみたり。

コントレックスは硬度が1468mg/Lという、かなりの硬水。そのまま飲むと苦味もあるし、あまりおいしくない。
だけど、コーヒーを入れるとおいしくなるのだ!

コーヒー豆は、うちで使っている、スーパーで買ったごく普通の豆。私はコーヒー豆をスーパーで買うときは一番安いものにしている。高い豆も買ったことがあるけど、一番安いもののほうがおいしかった。多分、この近所で豆を買う人たちは、そんなにこだわりがなく、値段で選んでいるはずだ。そうすると回転がよくて、その分新鮮だったのかもしれない。
(こだわりの専門店で買う場合はまた違うのだろうけど)

うちの水道水でゆっくり丁寧にいれると、それなりにおいしく飲めていた。(うちの水の硬度は200mg/Lくらい)
でも、この利き水の会で、同じ豆を使って、お店の水道水とコントレックスで入れたコーヒーを皆さんに試飲してもらったら、圧倒的にコントレックスコーヒーがおいしいという声があがった。

Mさんいわく、水道水で入れたコーヒーは普通のカフェの味、コントレックスのはこだわりの珈琲専門店の味、だそうだ。

同じ豆なのに!!

最近はうちでもコーヒーをコントレックスで入れている。水道水より甘く感じる。特に、ミルクを入れると甘さが引き立つ感じ!

カフェオレはフランスで生まれた飲み方だけど、やっぱりね、と思った。フランスは硬水の国だし。
硬水で入れたコーヒーにミルクはすごくあう。フランスで生まれたのにはわけがあったんだなぁ。

水って面白い。去年、アクアソムリエに挑戦してよかった~!
あっ、私はまだソムリエじゃなかった! アクアアドバイザーでした!

詳細はこちら。




[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-21 01:21 | 水のソムリエ | Trackback | Comments(0)

骨折三種の神器&お役立ちグッズをご紹介。


1シルバーカー

2大人の粉ミルク

3猫と日光浴

b0019674_15331837.jpeg

家庭内移動にはシルバーカーが便利。(使い方、注意点は別途書きます)

膝をつくのでニーパッドは必須。(ワークマンで購入)

ギプス装着用のニット腕抜き。(これもワークマン)


私の場合、骨折部位をしっかり圧迫しなくても良いとのことだったので、ギプスをニットの腕抜きで固定。これだと適度な緩みがあるので踵が痛くなったりしにくい。

(ずーっと座っていると踵に圧力がかかるのでジンジンと痛くなることがある)


大人の粉ミルクは、カルシウム補給に。味も美味しいし、コーヒーに入れて飲んでいる。


カルシウムを骨に固定するには日光浴が必須。夏なら木漏れ日で紫外線を一日30分ほど浴びるのがいいらしい。猫で気持ちを癒してもらいながら太陽にあたるのは確かに気持ちがいい。


ここ二日は湿度が低かったのでほんとに気持ち良かった。

漫画家生活で日にあたるなんてハワイに行ったときぐらいだ。圧倒的に日光が足りない生活を40年もしていたし、運動不足も深刻だし、骨折が治っても粉ミルクと日光浴は続けようと思う。


[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-18 15:44 | 健康/美容 | Trackback | Comments(2)
先日ご紹介した、シルバーカーの新しい使い方ですが、いろいろ留意点があります。

私があのシルバーカーを買ったときは、介護用品売り場でいくつか試してみて、一番体に合ったものを選びました。
1万8千円程度のものです(消費税込み)。

家の中でものすごく便利に使っています。家の中なので、周囲に壁や家具もあり、万が一よろけてもすぐ手が届くので、転倒の危険性はだだっ広いところよりは少ないと思います。また、床にはウレタンのマット(ジョイントマット)が敷いてあり、リノリウムの床よりは滑りにくいと思います。

昨日、納戸の奥から義母が使っていたシルバーカーが出てきてました。あったことをすっかり忘れていたのです。(義母も結局買ったはいいが使ってなかったのです)

義母のシルバーカーを使ってみたところ、新しく購入したものと、使い勝手が全然違いました。
これは危ない!

とにかく、義母モデルは私の身長や脚の長さ、手の長さと、全然合わなかったのです。使いにくくて、前につんのめりそうになったりしました。

ちょっとした違いでこんなに使い勝手が違うんだ…と、びっくりです。

もし、私のやり方を見て「自分も使ってみたい」とか、「買ってみようかな」と思う方がいらしたら、ちょっと待ってください。まずはいろいろ試すことと、あくまでも自己責任でお願いします。

どういう形が私にあっているのかは、また詳しく図解しようと思いますが、それでも人それぞれ使い勝手は違うと思います。
締め切りが過ぎたら、新たにアップしますので、それまで急いで購入などなさいませんよう、お願いいたします。

もし、今持っているシルバーカーを使おうと思っている方も、くれぐれも自己責任で、慎重にお願いします。

私が買ったのは、奇跡的に体形にあっていたようです。それ以外のものではだめだ、ということに気付き、緊急のお知らせでした。
よろしくお願いいたします。

[PR]
# by akaboshi_tamiko | 2018-08-08 12:28 | 健康/美容 | Trackback | Comments(2)