人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

体調もどらず…

今年の春先に頸椎ヘルニアという診断を受け、その後どうも体調が戻らずにいます。

4月に受けた仕事がどうしても取り掛かれず、本当に心苦しく、情けない思いでいっぱいです…。

回復の兆しはあるものの、痛みでどうしても長く集中できず、なかなか終わりません。
あと少し、あと少し、頑張ります。

どうか、あと少しお待ちください。

# by akaboshi_tamiko | 2019-11-25 23:03 | 健康/美容 | Trackback | Comments(1)
所用があって昨夜は東京で友人宅に泊まり、今日の夕方自宅に帰ってきた。

私がいない間に、小町(猫6歳)がウンチをトイレの外にしていたと、夫が大怒り。

それは… 私がいないから怒っていたのかな?
寂しくて怒って、トイレの外に何度もウンチをしていたのかも? そんなわけないか…。

しかし、所用で出かけて、いつもより歩いたせいか、すごく疲れてしまった。仕事にならん…。

疲れ果てて夕方ベッドに入ったらうっかり寝てしまった。
ふと目が覚めたらグランメゾン東京が始まった。2時間ほど寝てしまったようだ。

何気なくテレビを見ていたら、小町がこそっとやってきて私の上にべったり貼りつくではないか。
頭を私の首や顔にスリスリしてくる。
b0019674_00522732.png
それを見ていた夫が「異常ななつき方だ。俺にはやらんのに」と悔しそうに言うので、やはり小町の粗相は私がいない寂しさからだったのね!(内心大喜び) 
うふふ~。
b0019674_00522253.png
猫にべったりされると、体の痛みも疲れも吹っ飛ぶような、ありがたい感じ。
首や肩や腰の痛みも和らいで、明日は仕事ができそうな気がする!

いろいろお待たせしている仕事がありますが、ようやく体調も戻ってきたので、取り掛かります!

# by akaboshi_tamiko | 2019-11-18 01:00 | Trackback | Comments(1)

性教育は3歳から

先日、テレビで「性教育は3~4歳から始めるべき」という話を見た。
私は大賛成。

思春期になって恥ずかしさが出てくる頃だと、性教育はなかなか難しいと思う。親も子も学校の先生も、テレが出るしね。

早いうちに教えると、「教えたことで『やってもいい』と思ってしまう子が出てくるのでは?」と言う人が出てくるのだが、それは違うでしょう~~~!!

「性行為のやり方」を教えるのが性教育ではなくて、「性行為とは相手の同意がないとやってはいけない」ということを教えるべきだと思う。
それは、小さなころから繰り返し繰り返し教えて、心の中に染みついて絶対守る掟になるようにするのが正しい性教育なんじゃないの?

「相手の同意が必要」「相手の嫌がることはしない」ということは、性行為に限らず、他人とのコミュニケーションの中で大事なことだ。性教育って、結局は人とのコミュニケーションを教えることになると思うんだけど。

なのに、性教育=性行為のやりかたを教える、という思いがあるから、へんな話になるんだと思う。

日本では、若い人たちにむやみに性行為に走らせないよう、昔は「性病が怖いからやっちゃいかん」と教えていたと、いつだったか雑誌で読んだ記憶がある。これはかなり昔の記憶だ。

あと、80年代後半だったと思うけれど(確か87年以降)、NHKのテレビ番組で、ある中学校での性教育のドキュメンタリーを見た覚えがある。

そこでは熱血先生が、生徒の前で「セックスをするならちゃんとコンドームをつけなさい!」と熱く語っていた。
傷つくのは女子、妊娠させないためにちゃんと避妊すること! 避妊ができないとやってはいけない! と教えていた。

確かにそれも大切なんだけど、避妊だけをがっつり教えるのは、コンドームつければやってもいいだろ、という話にすり替えることが可能な教えだ。

もちろん、その先生は「避妊だけ」を教えていたのではないと思う。でも、そこがすごくインパクトが大きくて、30年も前に見たテレビで、そこだけがすごく印象に残っている。

避妊しようがしまいが、同意がなければだめなんだよ。とにかく、セックスはコミュニケーションの一つであり、お互いの同意のもとに行われるもの、ということを、すべての人がキチンと分かっていることが大事なんだと思う。


# by akaboshi_tamiko | 2019-11-15 02:25 | Trackback | Comments(3)

グランマ!執筆中

グランマ!の原稿描いてる最中。
小町が邪魔をしに来る。
b0019674_11564694.jpg
あくびしてるのがちょっと腹立つわ~。

ちなみに上のモニターに映っているのは2ページ目の完成原稿。
居酒屋を描くときはフリーハンドとカケアミを使う。
オシャレ~なバーとかクラブ(平坦アクセントの)を描くときは定規ツールとトーンを多用する、というのが何となく私の中のルール。

あと少し、頑張ろう!!

# by akaboshi_tamiko | 2019-11-11 12:01 | 仕事 | Trackback | Comments(0)

食通にはなれないね…

無塩バターをうっかり買ってしまい、味がないのでトーストにつけるときは岩塩を振りかけて食べてみた。

これがすごくおいしかった。
無塩バターは確かに塩味はないけれど、牛乳の味が濃いような気がした。

ふつうの有塩バターは普通に塩気があって、普通に美味しい。

無塩バターに塩を足した味は、牛乳の味と塩の味が別々にやってきて、徐々にミックスされていく感じ。牛乳の味がダイレクトにわかるのはこちらかもしれない。

友達に聞いたところによると、食通の人はトーストにはあえて無塩バターを使い、塩を振りかけて食べるのだそうだ。

おお、期せずして食通の人と同じことをやっていたのか!

しかし、食通の人はそのやり方を貫くんだろうな…。美味しさを追及するためには手間を惜しまないから。

私と夫は、「無塩バターに塩をかけるのは確かにおいしいけど…。塩を振るのがめんどくさい」ということであっさりやめた。我々、食通にはなれないね…。

写真はバターケーキの最後の一切れ。
ちびちび食べている。食べ過ぎに注意しよう…。
b0019674_00135997.png




# by akaboshi_tamiko | 2019-11-09 00:27 | Trackback | Comments(0)