人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アナウンス効果

先日、ある新聞社から、今度の選挙の、各党の票数を予想して欲しいという依頼があり、私なりの予想を書いて送りました。

今回は民主党が優位だと言う人が多く、今度こそ政権交代が成る、と言われています。
私もそうなって欲しいと思っています。それは強い願望です。
でも、願望と予想とは違うんです。

願望は願望として持っているけれど、今、自民がこんなに不利だと言われていると、同情票が集まる可能性もあります。
いわゆるアナウンス効果というものです。

候補者Aが苦戦しているとう報道が多くなると、同情票や激励の票が集まる。
候補者Bが優位に立っていると報道されると、「自分が入れなくても大丈夫だ」と思って選挙に行かない人が出る。

こんなに民主党が優位だとアナウンスされると、「じゃあ、私が行かなくてもまあいいか」と思っていかない人が出てくる可能性が出てきます。今までも、アナウンス効果で、予測が覆った選挙を何度か見てきました。

また、私は今まで、ずっと政権交代を夢見て投票してきたけれど、その夢はいつも破れましたよ。社会党が政権をとった時期もあるにはあるけれど、ものすごく短期だったし……。日本国民の多くは変化を望んでいない、という気がします。

政権交代がいよいよ実現しそうだとマスコミが喧伝すればするほど、私は「アナウンス効果」が心配になります。

そういう状況から、私は最悪の結果を予想しました。どの野党、どの無所属と連立するか、その選択によってはぎりぎりで民主が負けるかも? という結果です。

(記事の冒頭には、「こうなって欲しくないんですが…」という枕詞をつけたのですが、それがちょっとわかりにくかったようで)「自民党びいき」と誤解した方から、批判のメールをいただきました。

しかし、私は今まで一度たりとも「一党独裁の政権政党」に投票したことはありません。

自民党が嫌い、というよりも、「政権政党が長すぎること」に異議を唱えたくて。私が選挙権を得てから、ほとんどずっと、自民党が政権政党でしたし(それ以前からも)、そろそろ変わってくださいよ、という思いから。

長く政権を取っている人たちに「もういい加減弊害も出てるんだから、代わってよ」とか、「おかしなことをしたら落とすぞ」という脅しをかけることができるのが、「選挙」です。

力が拮抗している二つの政党があって、その二つが切磋琢磨して政を行うのが、いい政府だと思います。
一つだけ傑出しているのは、しかもそれが長く続くのは、弊害がたくさんありますよ、そりゃ。

時々変わって、空気を入れ替えないと、癒着や汚職が出やすくなるし。

今度、政権交代が実現したとして、その交代した政権政党が長く続いて、その後おかしなことをしたら、私は迷わず、別の政党に投票する。何度も言うけれど、「おかしなことをしたら落とすぞ」という意思表明が投票であり、それは権利だし、義務でもあると思います。
Commented by くまくま at 2009-08-21 10:20 x
知事や市町村長に確かな政党というよりも野党といっている共産党に当選して欲しくないけど、抑止力の意味で市町村都道府県国議員にいる意味はあるかな?
個人的には消去法でいくと与党であろうと野党であろうと売国でなければいいかなぁ~
Commented by akaboshi_tamiko at 2009-08-22 03:40
★くまくまさん
私が得票予想をした記事では、ほかにもいろんな人が予想していて、その中のドン・小西さんの意見が私は好きです。
小西さんいわく「(政権交代すると)自民60年の膿は出るし、国民も痛みを受けるだろうが、一度ぼろぼろになって次世代に明るさを残せばいい。この先の百年のため、私は苦しい十年の覚悟している」

民主が政権とっても、すぐに社会が明るくなるわけじゃないし、景気回復するわけじゃないけれど、それでも膿を出す時期は必要だと思います。その時期の痛みを、どう覚悟するかが問われますね。
by akaboshi_tamiko | 2009-08-17 21:25 | 時事 | Trackback | Comments(2)