人気ブログランキング | 話題のタグを見る

工業用と食用の重曹

石けん系サイトや手作り化粧品サイトなどでは、よく「食用レベル」「工業用レベル」という言葉が出てくる。

重曹や、セスキ炭酸ソーダ、炭酸塩(炭酸ソーダ)の精製度のことだ。

そういうものを化粧品に使ったり、お風呂に入れたり、食器を洗ったりするとき、工業用では危ないのではないか、食品レベルの精製度じゃないとダメなんじゃないか、と心配になるようだ。

例えば重曹だと、食品レベル、掃除洗濯レベル、工業用レベルとあるが、精製度(不純物を取り除いた度合い)は、食品レベルで98~99%、工業レベルで95~98%だそうだ。

工業用だって、そんなに不純物が入っていたら何かと不都合が出るだろうから、食品レベルとほとんど変らないくらいの純度に仕上げてくる。

あとは、工場で精製するときに、食用レベルだと容器は床ではなく台の上に置く、工業用だと床に置いてもいい、というような違いがあるらしい。
でも、工業用のものだって、床がとんでもなく汚れている工場で作られているわけではない。日本の工場のQC(品質管理)は世界最高レベルだ。

重曹やセスキ炭酸ソーダや炭酸塩を掃除用として売っているメーカーは、どこもちゃんと経営しているし、綺麗な工場でキチンと作っている。(そもそも純度98%を保つには綺麗な工場じゃないと無理だし)

というようなことを知っていると、工業用、掃除用と書いてあっても、お風呂に入れることに別にためらいは感じない。食用はすごく高いし。

しょせん、重曹・セスキ炭酸ソーダ・炭酸ソーダなどには、純度やpHが違っても毒性は無い
精製度合が95%だろうが99%だろうが、大差ないし、工業用も食用も法律で区分してあるだけで。

でも、油は別。
食用油と工業用油は、これはそもそも物質が違う。
食用油は、植物油や動物油などで、石油は絶対入ってこない。
石油は確かに食べられない。

工業用油だと、石油がメインだと思う。 油では「食用」と「工業用」を区別して、工業用を食用に使ってはいけない。

そのイメージがあるので、無機塩類までも同じように考えてしまうのかもしれない。

無機塩類、なんていうと難しく感じるけど、要するに重曹の仲間。
重曹は食品にも使われるくらい安全なもの。pH8.2程度の弱アルカリ性。
炭酸ソーダもpH11.3程度のアルカリ性で、こんにゃく作りに使われる。これも口に入れても安全なもの。
セスキ炭酸ソーダはその二つの物質のちょうど中間のpH9.8で、これも口に入れても安全な物質。

(と言っても、どれもバクバク食べるようなものではありませんから。)

というわけで、何度も言うけれど、私は掃除用として売られているセスキ炭酸ソーダをお風呂に入れてます。赤ちゃんがいるお宅にも掃除用、お風呂用としてお勧めしているし、猫がなめるような床掃除にもガンガン使ってます。もちろん食器洗いにも使っています。(多くの方が、「私もそうしています!」と返事をくれました)

ま、何事も「自己責任」ですので、そこんとこよろしく。

追記
食用にするなら、食用を使ってください。
あくまでも、工業用を掃除に使ったり、掃除用を入浴に使ったり、食器を洗ったりする場合の話です。

トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/14588922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はっぱふみふみっ at 2010-12-15 20:24 x
赤星先生、こんばんは。
普段は炭酸塩+重曹でセスキもどきにして洗濯しています。
コストコホールセールに、アームアンドハンマー社の
ベーキングソーダが超大きい袋で売られていて
1度買ったことがありますが、食用か工業用か気にした事もなかったです。
重曹を食用に使うことがないっていうのもあるのですが…。
毎回食用を買ってたら、コストがかかりすぎるように思います。
Commented by akaboshi_tamiko at 2010-12-15 21:00
★はっぱふみふみっさん
そうなんですよ、食用で掃除とか、高くてもったいないですよね。でも、赤ちゃんのいるかたとかで、「工業用が口に入っても大丈夫なの???」とおびえて考える人もすごく多いんです。
やっぱり、なじみが無いからちょっとしたことで怖くなるんだと思います。
一つずつ、恐怖心を取り除いてあげないと、なかなか広まらないですね。
Commented by akaboshi_tamiko at 2010-12-16 01:40
T様
おっしゃる通り、フードグレードでも安いものもありますが、ここで私が言いたかったのは、「工業用や掃除用という標示におびえて使えない人」に対しての考え方です。 
また、掃除用で作っているメーカーも、「これは食用にしても問題ないくらいのグレードです」とおっしゃるメーカーもあります。ではなぜ掃除用で売っているのかというと、食用という標示をしてもいいためには、申請が必要で、申請するにはかなりのお金がかかります。だから食用レベルでも掃除用で売っているところもあります。
また、精製度98%の食品用もあるし、98%の工業用もありますが、その違いは、使ってみても私にはその差がわかりませんでした。99と98の違いもわかりませんでした。
しかし、精製度1%と2%では倍の違いがあります。たかが1ポイントと言えども大きな違いが出るのは、パーセンテージが一桁とか、そういうものではないかと思います。

おびえないで!というのが今回の主旨です。T様のお話は、とてもいい話なのですが、確かに話が違う方向へいってしまいますので、おっしゃる通りに今回は非表示にさせていただきました。気を使っていただいてありがとうございました。
Commented at 2010-12-17 00:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akaboshi_tamiko at 2010-12-18 01:54
★鍵コメ様
ご丁寧にお返事いただきありがとうございました。
いろいろなご意見をいただくのは、楽しみでもありますから、お気になさらないでくださいませ。
by akaboshi_tamiko | 2010-12-15 17:41 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(5)