人気ブログランキング | 話題のタグを見る

森昌子入院

05/02/02/水曜
昨日、森昌子さんが薬物中毒で入院! という誤報があった。まさに誤報
薬物中毒ではないのだと、今日の聖路加病院の担当医は語った。
インターネットのニュースやワイドショーでは、「担当医の歯切れの悪い言い方」などと書いてあるところもあったが、私は特にそんな感じは受けなかった。

それより、私としんちゃんは、森昌子が以前から貧血がひどくて倒れることがあったり、前にも貧血で倒れて救急車で運ばれたことがあったり、ということを聞いて、今回のも「更年期障害の一つなんじゃないの?」と言っていたのである。

そうしたら、やはり昌子さんは更年期障害の治療を受けていて、薬を処方されていたという
となると、ホルモン補充療法の薬だが、それは時間を決めてきっちり飲まねばならないものだ。
しかし、更年期障害の治療には他の治療薬がある。そっちかも。

ああ、自分が更年期で、薬のこととか調べて知っていると、手に取るようにわかるわ~~。おそらくあの薬だろう、とか、症状はこんなんだろう、とか。(まあ、憶測と大差ないんだけど)

でも、昌子さんと私は同世代。体の変化はきっと同じ。私の場合がんの手術で更年期が早く来たけど、先に体験しているからこそ、彼女の大変さがわかる。

貧血がひどかった、ということは、更年期の女性にはいろいろな原因が考えられる。

家事でも仕事でも手抜きをしそうにないタイプの女性は、一人でいろんなことを抱え込みすぎになるのかも。
夫の森進一さんは、レポーターの「昌子さんは最近、一緒にコンサートに出たりしているし、仕事が忙しすぎたんじゃないですか?」という質問に、「いえ、一月に一回くらいだし、日帰りできる場所ですから、そんなに大変じゃないです」と答えていた。
うーん、それはおそらく4年前の昌子さんなら全然問題ないスケジュールだと思うけど、今の体調ではハードだったんじゃないかなあ、と私は推測する。

とにかく体調が毎日毎日少しずつ悪くなっていく、という感じなのだ。だから、今日と昨日を比べると、そんなに悪くなっているとは思わないけど、半年前、1年前と比べると、がっくり体力が落ちているということだ。
45歳からの一年は、若いときの5年に相当する。と思う。 森さん、昌子さんの体をいたわってあげてね。

それから、レポーターたちの「更年期障害にはどんな薬を処方するのですか?」という質問に、担当医の方が「私は産婦人科ではないので・・・」と言葉を濁されていたが、まあ、確かに、内科の先生が婦人科の薬を処方することはないのだけど、でも、内科もわかる産婦人科医婦人科のこともわかる内科医という存在がないと、女性は本当に困る。

私の高脂血症も、内科で薬を出してもらうと、本当にコレステロール値を下げる薬しか出ない。でも婦人科だと漢方薬の当帰芍薬散も出してもらえる。しかしその当帰芍薬散は内科では出してもらえないのだ。

そのとき私がかかった内科の先生は「内科で精神科の薬が出せないように、婦人科の薬も出せないんですよ」なんて言ったのだが、コレステロールは女性ホルモンと深い関係があるのだし、当帰芍薬散は女性ホルモンの代わりをしたりするわけだ。実際に私がその病院にかかっていたとき、当帰芍薬散を飲みつつ食事療法をしたら、医師も驚くくらいコレステロールが下がったのだ。

そういうことを考えると、内科にも婦人科の薬がわかる医師がいて欲しいと思う。
まだまだそういう先生は少ないみたいだから、今日の森昌子さんの担当医も、まあ仕方のない、当然の答えだったのだと思うけどね。

それより、明日は節分。太巻き買ってきて食べるぞ~~!
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/1906522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2005-02-02 22:41 | 更年期 | Trackback | Comments(0)