人気ブログランキング |

漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

セクハラというより、侮蔑

塩村文夏都議に対するセクハラヤジを最初に聞いたとき、あまりのレベルの低さにめまいを覚えた。なんだこれ、幼稚園児か?

そして、塩村議員を揶揄するような記事がいくつかネット上に出てきたのだが、それらを書いた人たちは、自分たちが、野次った都議と同じレベルだということに気付いていないのがスゴイ。

「『早く結婚した方がいい』と言っても、塩村議員はべっぴんさんだから結婚できないとは思えない、だから傷つかないだろう」なんて書いていた人もいた。
なんじゃそれ!

それって二重三重に人を馬鹿にしている。
女性を、じゃなくて、人間を馬鹿にしている発言だとなぜ気づかん!?
自分が女性を美醜差別していることにまず気づいていない。
そして、その言葉の裏には「男ってきれいな女性しか選ばない(外見しか見ていない)」と、男性をも差別している意味が隠れているって、気づけよ。

それと、ヤジを受けた塩村議員が、最初は「はぁ…」と苦笑しただけだったのに、「あとになって涙ぐんだのも、それは彼女も相当なものではないか、思わず涙声になれる才能がある」と書いているのも的外れ。

私だって、真面目な発表の時にくっだらないヤジが飛び、それを諌める人が一人もいない上に、周りも一緒になって笑っていた、という状況だったら、苦笑しつつ、あとになって情けなくて情けなくて涙が出てくるかもしれない。

塩村議員が泣いたのは、自分に対してヤジが飛んだから、ではなく、あまりにもくだらないヤジ(しかも、今自分が発表していることに対して正反対の意識の表れのヤジ)に周りが同調していたことに対する深い深い失望からだと思う。

失望の涙って、ホントつらい。

議会って、いろんなことに優れた、選ばれた人が集まってやるもの(のはず)でしょ?
なのに、こんなにレベルが低いって、実際にヤジを受けた塩村議員じゃなくても、私ですら失望するわ。
情けない。

塩村議員も、ヤジった鈴木章浩議員が謝ってきたとき、「私だけでなくほかにも傷ついた人がいると思います」じゃなくて、「私ではなく、すべての女性に対して謝ってください」と言うべきだったと思う

もっと言えば、私の友人のココロある男性たちも「あんなヤジを言う人間と同じにしないでほしい」と語っているので、鈴木議員は(セクシスト以外の)すべての人間に対して謝るべきだったのだと思う。
by akaboshi_tamiko | 2014-06-24 00:00 | 時事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/22826966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ohta2000 at 2014-06-24 05:18 x
女性にしろ、男性にしろ、この問題に関して温度差があるのも事実ですよね。こんなこと議会では当たり前だ、とか、やはり個人同士の問題としてしか捉えられない人とか。
どうして海外でも話題になってしまうほどの問題になったのかが判ってない人がいることに愕然とします。

今回はたまたま映像が残っていたのも良かったんでしょうね。

しかし本当に鈴木議員はわかってない。
「結婚しないのかは言ったけど、産めないのかは言ってない」の発言を聞いて子供か! と思いました。
あの一言に、ことの重大さが判ってないことがよく現れてましたね。
上から言われたからとりあえず謝って会派を離れて終わり。
きっと何ヵ月後かにしれーっと講演か何かで「いやー、私もね、不適切発言でこういうことになりましたがね、彼女、美人でしょ?なんで結婚しないのかなーって本当、思ったんですよ」とか言ってそうですよね。
だからその意識の低さがダメだっつーのよ…
Commented by akaboshi_tamiko at 2014-06-24 12:35
★オータさん
ホントホント、何か月後にはそれ、言ってそう!