人気ブログランキング |

赤星たみこの戯言・放言・虚言日記♪

akaboshi.exblog.jp
ブログトップ

洗濯用石けんで食器を洗う

洗濯用粉石けんで食器を洗うことについて、いつもご質問をいただきます。
中には、語気鋭く、「洗濯用で食器を洗うなんてもってのほかです!何を考えているんですかっ!」と言う方もいます。

ええ、確かに、洗濯用の合成洗剤で食器を洗うのはダメです。そんなことやってはいけません。

というのは、合成洗剤はどれも、多かれ少なかれ毒性があるんです。
毒性の高い物で食器を洗ってはいけないですよね。

でも、石けんは毒性無しです。
石けんの正式名称は「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」です。主に固形や粉石けんが「脂肪酸ナトリウム」で、液体石けんは「脂肪酸カリウム」です。

とにかくどんな形状、どんな用途、どんな名称でも、石けんはこの二つの種類しかありません。そしてその二つは毒性がありません。

しかし、合成洗剤はものすごくたくさんの種類があり、毒性の高い物から低い物まで、多種多様です。その数、数百種類ともも数千種類とも言われています。あんまり多いので、覚える気もないくらい。(使わないから覚えなくても特に問題ないです、私にとっては)

昔、合成洗剤が無かったころは、どの家でも石けんでなんでも洗っていました。体も顔も髪も、食器も洗うし、衣類も、家の掃除も、すべて石けんでした。

そこへ合成洗剤が世に出てくると、毒性の高い物を食器や体に使うのはまずいだろう、ということになり、用途を明記しなければ売ってはいけない、と言う法律ができました。

毒性の低い物で食器や体を洗い、高い物で掃除や洗濯を、ということなのでしょう。

石けんは毒性が無いので、どれもこれも石けんで洗ってOKなんですが、同じ洗浄剤ということで、合成洗剤用の法律がついでに適用され、用途を明記しないと販売できなくなってしまったのです。

台所用の石けんも、洗濯用の石けんも、掃除用の石けんも、実は同じ脂肪酸ナトリウムなんです。(液体だけ脂肪酸カリウムですが)

洗濯用にはそのほかに「炭酸塩」という助剤が入っています。炭酸塩はアルカリ性の無機塩類で、洗浄力をアップするために入っています。洗浄力が高いので、油ベトベトの食器でも汚れた換気扇でも、スッキリ洗いあがります。

普通の台所用として売られている石けんよりは洗浄力が高く、私はおススメなんですが、肌の弱い人は手がカサカサするかもしれません。でも、あとでよくすすいでハンドクリームなんかちょっと付けておけば大丈夫。

と、石けんの話は書けば書くほど面白くてどんどん長くなりますが、良かったら私の本もご覧くださいね。

「セスキ&石けんでスッキリ快適生活」できました!
洗濯用石けんで食器を洗う_b0019674_13283430.jpg
追記
炭酸塩はこんにゃくを作る時にも用いられるもので、食用としても使われています。
食用の炭酸塩と、掃除用の炭酸塩の違いは、せいぜい精製度くらいの差です。
この無機塩類(重曹など)の精製度の違いについての私の見解はこちらをお読みください→ 工業用と食用の重曹
(読むのめんどくさいという人には先に言っておきますが、工業用でも食用でも、製品に大差ありません。そもそも毒性のない物質ですから)

トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/24430027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2015-05-05 00:21 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)

漫画家・赤星たみこの日記です。 


by akaboshi_tamiko