人気ブログランキング | 話題のタグを見る

携帯電話、色使い難しい

義母に携帯電話の使い方を教えるとき、色でつまづきました。
いや、ちょっとしたところなんですけどね…

携帯電話、色使い難しい_b0019674_2414266.jpg

かかってきた電話を受けて話をするときは、斜めになっている緑色の受話器のマークを押します。
通話が終わるときは赤い受話器が水平になっているマークを押します。

これを覚えてもらうのに、信号の色に例えて教えました。
携帯電話、色使い難しい_b0019674_30457.jpg


ところが、、、これにランプがつくと、
携帯電話、色使い難しい_b0019674_248226.jpg


さっきまで「進め」の意味だった緑色の受話器、これに赤いランプが点くんですよ!!

ずーっと「進めは緑だから。止まるとき、やめるときは赤だから」と教えて、ようやく通話終了のボタンを覚えてもらったのに、通話ボタンが赤になると困るんです!
ここで義母がまた混乱して、「難しいねえ・・・」とため息をつくのです。

OKボタンなんか緑色のランプが点いているんだから、通話ボタンも緑色にするなんて簡単なことじゃないですか。なぜそれをわざわざ赤くするんでしょう? 
どうしてこういうところを統一してくれないんでしょう?

いや、若い人、携帯になれている人なら、統一感がなくてもちゃんとわかりますよ。でも、世の中には生れてはじめて携帯を持つ80代の人もいるんです。老眼で小さいマークは見えにくく、これは緑だけど、でも途中から赤に変わりますよ、なんてことがあると、それだけで「難しいねえ…」と混乱する人もいるんです。

かかってきた電話を受けるにはOKボタンを押せばいいじゃないか、緑色のランプも点いていることだし、と言う人もいるでしょう。でもね、OKボタンの機能は他にもあるんですよ。それを覚えさせ、さらに通話もこれで、となるとまた煩雑なんです。

電話を受ける、話す、切る、というのはすべて受話器のマークで、と、シンプルに教えてようやく覚えてもらったんです。「普通の電話機と同じだよ、ほらこれ、受話器のマークでしょ、ね?」と。なのになんで「電話受けるときはOKボタンでもいいんだよ」と、言わねばならないのか。とにかく覚えることはシンプルにしないと、なかなか覚えきれません。

しかし、そもそも、この受話器のマークにも問題があります。
この細い受話器、高齢者には覚えにくい形ではないでしょうか?
携帯電話、色使い難しい_b0019674_374532.jpg

この携帯に出ている受話器のマークは、あんまり通話してるようには見えないんですよね。それはなぜだろう、と考えていたんですが、受話器の角度が、これだと電話機本体からちょっと持ち上げただけ。

でも、↓↓↓このような角度だと、ちゃんと横に顔が想像できるし、こちらの方が話している感じがしませんか?
携帯電話、色使い難しい_b0019674_3145484.jpg

まあ、ホントにちょっとしたところばかりなんですが、高齢者に携帯の使い方を教えるのは、大変でした。少なくとも、色の統一感があれば、そこで混乱を避けることができたのにな、と思います。

高齢者は、混乱させると、それだけで自信をなくすし、もうダメだ・・・と、やる気もなくしてしまうこともあるので、出来るだけ混乱させないようにしてあげてください。お願いします、メーカーの方!
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/24521037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2015-06-04 00:01 | 姑・実母・健康管理 | Trackback | Comments(0)