漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

食器洗い、タワー方式って知ってますか?

以前、読売オンラインに連載していた「赤星流エゴロジストな暮らし」に、食洗機のほうが手洗いより節水になる、という話の矛盾点を突いた記事を書きました。
私の実験では、食洗機より手洗いのほうが断然節水になったのです。

でも、ほとんど全部の食洗機が、手洗いより節水になる、と書いてあります。
どうやって手洗いの水量を出しているのか、調べてみると、次のような計算で出していました。(日本電機工業会より)

「10リットルのお湯(約40度)に食器をつけ置きし、洗剤を使って洗い、毎分6リットルの流水で、食器1点あたり13.5秒、小物は5.5秒すすぐ」

この算出方法だとものすごく水を使うことになります。私が自宅で食器を洗って使用水量を計測したら、10.8リットルでしたが、この算出方法で計算すると、64.4リットルという計算になります。(詳しくはこちらの記事をご覧ください)

毎日食器を洗っている人で、水道代を考える人なら、水をそんなに太く出さないし、食器も一個ずつすすぐんじゃなくて、タワー方式ですすぎます。そうすればそんなに使用水量は増えないんですよね。

タワー方式とは、水道の下に洗った食器を何枚も重ねて置き、上から順にすすいでいく方式です。
b0019674_2014355.jpg

わざわざ「タワー方式」なんて名前を付けなくてもいいんだけど、まあ、呼び名があった方が何かと便利なのでね、どこかネットかなんかで見た「タワー方式」という呼び名を私は使わせてもらってます。
(以前は、「シャンパンタワーみたいな洗い方」と言ってたんですが、これだとちょっとわかりにくいし)

とにかく、食器洗いは細い水を出してタワー方式ですすげば、食洗機よりは節水になると思います。

いえ、食洗機全否定しているわけじゃないんですよ。うちにもありますし。食洗器は、家事労働軽減のためにはいいモノだと思います。でも、エコとか節水で売るのは、ちょっと違うと思っています。

というわけで、「タワー方式」のやり方、覚えていて損はありません。

タワー方式より、こうすればよりエコかも?という提案をいただいたこともあるのですが、その件についてはまた明日。お楽しみに!!

あっ、そうそう、石けんで食器を洗っている方の中には、石けんの場合は水がかからないようにすすがねばならない、と思っている方がいるのですが、石けんもタワー方式でいいんですよ!
詳しくはこちらの記事→http://www.yomiuri.co.jp/otona/life/ecolife/20120329-OYT8T00704.html?from=twを読んでください。

[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-07-24 00:03 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/24686635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。