漫画家・赤星たみこの日記です。 

by akaboshi_tamiko

食器洗い、タワー方式と拭き取り方式

食器洗いに関してタワー方式(食器を水道栓の下に重ねて置いて一番上から順にすすいでいくやりかた)ですすぐと節水になりますよ、という記事を何度か書いています。

これだと上の食器をすすいだ水が下の食器にかかり、泡をどんどん流して行ってくれるので、最後のほうではほとんど泡が無くて、すすぎが早く終わるのです。

この記事を読んだ方から「スポンジで洗った後、泡をいったん紙か布でふき取るのはどうでしょうか」という提案をいただきました。

私の率直な印象は、
●拭き取るのは手間対効果を考えると得策ではないかも?
●水と泡と汚れのバランスが崩れるので、かえってすすぎ性が悪くなるかも? というもの。

でも、これは、私の単なる「印象」なので、私の印象が正しいかどうか、ちょっと実験してみました。

******************
実験は以下の通り
1)二枚のお皿ABにサラダオイルを同じ分量塗って石けんで洗う。AB、二枚とも泡がたっぷりついている。
2)Aの皿を普通にすすぐ。
3)Bの皿はいったん泡を紙でふき取ってからすすぐ

結果
*Aの皿は泡がサッと流れていった。

*Bの皿は泡を拭き取った分、すすぎ時間が短くなるかも? と思っていたので、Aよりちょっと短い時間でやめたら皿の表面に油膜が見えた。結局Aと同じ時間か、それよりもやや時間がかかった。

面白いことに油膜はAには見えなかった。泡がたっぷりあったので、その泡が流れていけば、そのあとはすっきり。
Bは、泡は少ないけれど、流した後に油膜が見えるので、それを流すのにまた時間がかかった。コツを掴めば同じ時間ですすぐことは可能だと思う。でも、すすぎ時間が同じなら、拭き取らないほうが手間が無い。さらに紙や布がゴミになることを考えると、拭き取らずにすすぐ方が無駄が少ない。
******************
という具合に、私は結論づけました。

しかし、この実験、面白かった。長年、毎日食器を洗っていると、こういうやり方は思いつかないので、違う発想の洗い方って、やってみると面白いですね。

油汚れは界面活性剤で水になじみやすくなっているのだから、素直に水で流したほうがいい、というのはなんとなく感じていたことですが、拭き取ると油膜が見えるとか、その油膜は水よりお湯のほうが流れやすいとか、実際やってみるといろんな発見がありました。

実験と言うほどの実験ではないけれど、こうやって実証するのも大事だなあ、なんて思いました。
[PR]
by akaboshi_tamiko | 2015-07-25 00:36 | 石けん/セスキ/過炭酸塩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/24693255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。