人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ちょいと弾丸美術館巡り

今日は川村記念美術館と歴史民俗博物館と千葉市美術館を巡ってきました。

川村記念美術館では「絵の住処-作品が暮らす11の部屋-」と題した展覧会が開催中。と言っても11日までだったので、今日、駆け込みで間に合いました。M子さんありがとう!
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_225459.jpg


川村は常設の所蔵作品をまず見てもらい、そのあと特別展を見る、という構成になっています。いつものあの作品を見に行く、という気軽さがあります。
(いや、うちから近いのでね。気軽に行けるけど)

印象的な作品、、、というか、いつ行っても同じことを思ってしまうのがマーク・ロスコ。
正方形の大きなキャンバスに赤系の二色の色が面構成されているもの。
これを見るたび、、、

ああ、こんなラグが欲しいな、と思います。
広いリビングに大きなラグだとカッコイイと思う。

でも、多分、結局、うちだとこんな感じになるんだろうな...
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_2235226.jpg

こたつ布団とホットカーペットカバーをロスコにしてみました。カッコイイ!! のか??

ジャクソン・ポロックを見ると、これもまたいつも思うのは、、、、
高校の美術部で油絵を描いていた子たちのパレットとか、筆洗器みたいだなあ、ということ。
パレットはうまく使うとこんな感じじゃないんだけど、筆洗器は絵の具が飛び散って、まさにポロック。
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_2272071.jpg

だから、私に取ってポロックは、高校時代の美術室のニオイとか雰囲気を想起させてくれる画家なんです。

そして、今回はジャスパー・ジョーンズの作品も展示されていました。
その中の「ハイスクールの日々」は、60年代くらいのアメリカの高校生が履いていたような靴がレリーフになっています。
リアルなレリーフで、靴の形はちょっとくたびれたような感じ。
そのつま先に丸い鏡がついていたのです。

いろんな解釈ができると思います。いかにも高校生が履いていたような靴。その靴に鏡。高校生が鏡を見ては自分の髪型を直したり、自分を見つめたりする、肥大しつつある自意識を鏡に象徴させている、、とかなんとか。

でも、私は靴の先に鏡をつける、、、、というところで
ほかの想像も…
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_2333778.jpg


ま、多くは語らず、次に行きましょう。
川村記念美術館では、お茶室があって、お茶と和菓子をいただくことができます。
窓からは庭が見えて、落ち着いた雰囲気。
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_2355294.jpg

あっ、キレイな池や芝生の庭が映ってない! ホントはもっときれいな庭園です。

今回のお茶菓子は、鏑木清方をイメージした、簪と銀杏の生菓子でした。
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_237204.jpg

私は銀杏と煎茶のセットにしました。抹茶と組み合わせてもOK.

こちらは簪。
ちょいと弾丸美術館巡り_b0019674_2372941.jpg

お茶室に入る前に鏑木清方の絵を見て、それからこのお菓子とお茶。
ぜいたくな時間でした。

このあと、歴博と千葉美へ。それはまた明日!
トラックバックURL : https://akaboshi.exblog.jp/tb/25257418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akaboshi_tamiko | 2016-01-10 23:59 | アート系 | Trackback | Comments(0)